アク ティベーション ロック 強制 解除。 アクティベーションロックの解除方法|突然iPadやiPhoneロックされても慌てないこと

iPadを初期化後アクティベーションロック!AppleID忘れたときの問い合わせ先は?

アク ティベーション ロック 強制 解除

Contents• iPhone のアクティベーションロック解除方法 アクティベーションロックとは何か アクティベーションロックとは、 iPhone、iPadなどのアップル製品が盗難された時にデバイスを守るための仕組みです。 簡単に言うと、 奪われたiPhoneが勝手に初期化されないようにするための仕組みです。 アクティベーションロックがオンの状態だと、 初期化時に持ち主が設定していたApple IDとパスワードが必要になります。 初期化 リセット 前の準備 iPhoneは初期化(フォーマット)すると、 データは全て消えます。 なので、端末のデータを残したい方は バックアップを取りましょう。 を参考にして下さい。 パソコンとiPhoneをケーブルで繋ぎましょう。 ダイソーなどの100均で売っているiPhone向けのケーブルは 充電しか出来ない場合があります。 iPhoneとパソコンをケーブルで接続して反応がないときは、 Apple純正のケーブルまたは、Apple認証のケーブルを用意しましょう。 アクティベーションロックの解除方法 バックアップが終わったら アクティベーションロックを解除しましょう。 iOS7移行、iPhoneには アクティベーションロックが導入されています。 初期化前に、あらかじめアクティベーションロックを解除しておかないと、 初期化をしてデータを全て消してもiPhoneにロックが掛かった状態となってしまいます。 初期化後のロック解除は面倒なので、 初期化前にアクティベーションロックの解除を行いましょう。 アクティベーションロックの解除の手順• iPhoneの「設定」を開く• Apple ID(設定画面の一番上)のアカウントを選択• 「探す」を選択(この項目がない場合はiCloudを選択)• 「iPhoneを探す」を選択• iPhoneを探すの項目を「オフ」にする• AppleID のパスワード入力が求められたら入力• iPhoneを探すが「オフ」になったことを確認 これで アクティベーションロックが解除されます。 ここまでの準備が整ったら iPhoneの初期化を始めます。 iPhone 初期化の手順 iPhoneの電源ボタンを長押しし、 iPhone の電源を切ります。 パソコンでiTunesを一度起動し iTunes が最新バージョンであることを確認して、いったんiTunesを閉じます。 iPhone をパソコン側のケーブルと繋ぎ iTunes を開きます。 リカバリモードでiPhoneを起動します。 iPhoneは機種によってリカバリモードでの起動方法が異なるので、やり方はしてください。 iPhone側でこのような表示になっていれば iPhoneリカバリモードでの接続は成功です。 パソコン側でリカバリーモードのダイアログが表示されます。 「復元」を押して、初期化を始めます。 後は画面の指示に従って、 iPhoneのデータを消去しましょう。 パスコード(パスワード)なしのiPhone初期化後 今回紹介した方法で パスコードなしでのiPhoneの初期化が可能です。 iPhoneのデータは完全に消去・リセットされています。 もし、先にアクティベーションロックの解除を行わずにiPhoneをパスコードをなしで初期化した場合は、 iPhoneを再利用する際にアクティベーションを求められます。 これは、 他人にiPhoneを勝手に初期化されて不正利用されてしまうことを防ぐための仕組みなので仕方ありません。 譲ってもらったiPhoneを初期化するときは気をつけましょう。 その場合は、初期化前に iPhoneに登録されていたAppleIDとパスワードが必要になります。 どのような表示になるかはでご確認下さい。 対処方法も記載されています。 ここまで、パスコード使わないiPhone初期化方法をお伝えしましたが、パスコードを覚えている場合はを行って下さい。 こちらの方が手間は少ないですし、 パソコン無しでiPhoneを初期化出来るのでおすすめです。

次の

iPadのアクティベーションロック解除方法&パスコード強制初期化法

アク ティベーション ロック 強制 解除

2016年10月5日、Apple Watch Series2を購入したため、それまで使用していた初代Apple Watchはヤフオクで販売することとした。 めでたく相場なみの価格で落札されたのはよかったが、商品を送った後、購入者から、アクティベーションロックがかかっているのでペアリングできないという問い合わせが入った。 え、ちゃんと初期化したはずなのに!と、とまどったが、確認してみるとやはりロックは解除されていなかった。 今後もApple Watchを転売、譲渡する可能性があるので、今回の顛末と今後の対策についてまとめておきたい。 ヤフオク出品前にApple Watchを初期化した 今回、ヤフオク出品にあたり、Apple Watchの初期化を行った。 このときApple WatchのiPhoneとのペアリングを解除せずに初期化を行った。 ヤフオクで出品した後、商品ページの閲覧者から質問が来た。 「アクティベーションロックは解除されていますか」、「シリアルナンバーを教えてください」、という内容だ。 そこで初めてApple Watchを他人に譲渡する際は、アクティベーションロックを解除しなければならないことを知った。 この質問を受けた時点ではすでに初期化済みであったので、AppleCareに電話して確認を取った。 「初期化していればアクティベーションロックは解除されています」という回答であった。 後日この対応は不十分だったとAppleサポートのスペシャリストから謝罪された。 無事落札され商品を購入者に送付したが・・・ めでたく落札され、すぐに商品を購入者に送付した。 その後なんと、「ペアリングができません。 アクティベーションロックがかかっているようです」との問い合わせが購入者から入った。 購入者から親切に遠隔での解除方法のリンクまで送られ、すぐに試してみた。 しかし、該当のApple Watchはリストには出てこない。 その時点で夜中だったので購入者に明日Appleサポートに問い合わせると連絡してその日は終了。 翌朝からAppleCareに電話して対応を依頼した。 Appleサポート担当者と僕のPC画面を共有しながら、から遠隔解除を試みるも、昨晩と同じで、該当のApple Watchはリストに現れない。 そして該当のがあり、確認してみるとアクティベーションロックがオンになっていることがわかった。 本来であれば、前回僕が電話をしたときにその確認をするように指示をして欲しかった。 ここで担当がスペシャリストにチェンジ。 引き続き画面共有でいろいろ対応を行ったが、やはり解除はできなかった。 他のAppleIDの存在について何度も聞かれたが、今回のApple Watchを購入してから別のAppleIDがあったことは考えにくい。 なぜ解除できないのかと原因を問うたが、別のAppleIDに紐付いている可能性が一番大きいが、スペシャリストもわかりかねるとの返答だった。 遠隔での解除はできず、次の手段は 次の手段として、Appleでロックを解除をするので購入を証明できるレシートを送って欲しいと言われた。 レシートは購入後きちんと保管していたが、今回の販売にあたって、Appleサポートでのアクティベーションロックについて問題ないとの回答を信じて、AppleCareの書類以外のレシートは処分してしまっていた。 スペシャリストからは大手の電気店であれば、さかのぼって領収書を再発行してもらえるとのアドバイスがあったので、購入店舗のヨドバシカメラに電話してみると、ポイントカードを利用していればデータが残っているので店舗で再発行できるとの回答だった。 また購入店舗でなくても、どの店舗でも可能とのことだったので自宅から一番近い秋葉原店に出向いた。 一番近いとはいえ1時間はかかったので貴重な時間をつぶしてしまった感が強い。 サービスカウンターにてデータを確認してもらい、さいわいに領収書を再発行してもらうことができ、AppleCareにデータを送付した。 し、し、しかし、このあと、Appleでの審査、作業が最短4日、長くて7日かかると!!! 購入者はさぞかし激怒するだろうとブルーになった。 正直に事情を伝えたことろ、待っていただけるとの返答であった。 購入者が寛容な人で救われた。 その日はこのように日中の大半がAppleCareとのやり取りと、ヨドバシカメラへの往復などでつぶれてしまった。 今後の対策は その後10月20日にAppleサポートよりアクチペーションロックの解除が完了した旨の連絡がきた。 今後は アクティベーションロックの有無はきっちりとシリアルで確認してから出品することが必須だと痛感した。 初期化しても、今回のようにアクティベーションロックがオンのままで、しかも遠隔でも解除できない場合は、えらく手間と時間がかかってしまう。 これはオークションやフリマサイトで売る方、買う方、両者が注意しなければならないことだ。 Appleサポートのアクチペーションロックに関する記事 カテゴリー• 264• 101• 356• 193• 123• 221• 112• 165•

次の

iPadを起動したら突然アクティベーションロックがかかり、Apple IDもパスワードも曖昧で解除に戸惑った話し

アク ティベーション ロック 強制 解除

iPhone、iPad、iPodTouchなど、Apple製品を使うユーザーは多く、そのユーザーの多さでも、国内のシェア率はアメリカよりも高いため、日本はApple製品大国とも言われている。 そのユーザーの多さに比例してApple製品での トラブルや 不満は多い。 そういったニーズに応えるべく、Apple製品のサービスはいろいろな業者が事業サービスとして展開している。 特にiPhoneやiPadではそのようなサービスが多い。 そのなかでも、中古Apple製品のトラブルとして多い傾向にある 「アクティベーションロック解除」のサービスについてここで取り上げ紹介していこう。 アクティベーションロックとは? では、さっそくアクティベーションロック解除サービスの説明や紹介をしたいと思うが、その前に、このアクティベーションロックなるものが どのような状態のことを指すのかを知っておいたほうがいいだろう。 このアクティベーションロックに関して勘違いしている人は多いようだ。 理解しているという人も、まずはアクティベーションロックの正しい 基本知識をおさらいし、自分の知っている情報が正しい知識なのかどうかを確認しておくといいだろう。 また、基本知識を身につけておかなければ 損をしてしまったり、トラブルになったりする リスクも伴うものでもある。 アクティベーションロック=情報保護・盗難防止対策 このアクティベーションロックは、 iOS7から始まったものである。 なぜこのようなシステムを導入したのかという経緯だが、これは プラバシー保護、iPhone、iPad、iPodTouchの盗難防止などの対策として実装されたシステムなのである。 このシステムがあることで、デバイス内にある 情報が守られているのだ。 アクティベーションロックは「iPhoneを探す」機能ONで有効に では、具体的にアクティベーションロックがどのようなシステムなのかを掘り下げて説明していこう。 このアクティベーションロックというのは、端末内の設定にある 「iPhoneを探す」「iPadを探す」「iPodを探す」をオンすることで有効になる。 この機能を有効にすることで、 利用しているiPhoneと Apple IDがひも付けられる。 そのことでiPhone、iPad、iPodTouchなどの情報の復元や、iOSアップデートなどをした時にApple IDによるパスワードの入力認証を行わない限り、端末のアクティベーションはできず、 パスワード入力以外は一切できなくなるのである。 ちなみに、このような状態を日本では俗に 文鎮化したなどということが多い。 アクティベーションロックで不正使用・転売は一気に激減した 例えば、iPhoneをどこかに落としてしまっても、このアクティベーションロックが有効であれば、第三者がiPhoneを拾ってアプリや情報データの削除をしようと思っても、 AppleIDとパスワードが求められるためホーム画面までたどり着けないのだ。 このような機能があるため、 紛失したiPhoneの転売防止策になっている。 あくまで、 ユーザーのセキュリティーを考えて実装された仕組みなのである。 当初のiPhoneなどでは、このような機能がないためにiPhoneが盗難にあったり、落としても戻ってこなかったりという問題が多発していた。 そのような問題を受けてApple社がこのようなシステムを実装したのである。 このシステムのおかげで 不正な使用・転売は一気に激減したと言われている。 アクティベーションロックを解除したい人の傾向 上記で、このアクティベーションロックがどのような仕組みになっているのか説明したので、基本的な知識としてしっかりと押さえておくといいだろう。 次は、 アクティベーションロック解除を希望する人の傾向について触れていこう。 なぜアクティベーションロック解除サービスがあるのかを知る上で重要なことでもあり、今後に役立つ知識や情報でもあるだろう。 ネットオークションやフリマアプリで出回るアクティベーションロックの掛かった端末 どういうことかというと、中古市場、特に ネットオークションや フリマアプリでの取り引きでは、このアクティベーションロックが掛かった状態のiPhone、iPodTouch、iPadを、 偽った説明文などで売っていることもあるようだ。 購入後に使えないことが判明する事例 そのため、購入後にアクティベーションロックが掛かって全く使えないといった事例が多く、所有者へ連絡を取っても音沙汰がないため、 やむを得ずアクティベーションロック解除サービスを利用するといったケースは多い。 そのほかの理由も解除したい理由はさまざま また、このアクティベーションロック解除を希望する人は さまざまな理由があるだろう。 多く見受けられるケース 以外と多いのは、ID・パスワードどちらとも忘れてしまって「iPhoneを探す」などの機能をONにしたまま初期化を行っていまい、ID・パスワードを求められるが、忘れているため文鎮化してしまったケースだ。 また、AppleIDの2段階認証で登録した電話番号を忘れたり、なくなったりしてアクティベーションロックから抜け出せないなど、そのほかの理由もさまざまある。 一般の人では解除はできない アクティベーションロックは上記で説明したとおりセキュリティー機能となるため、かなり 厳重な仕組みとなっており、強制的に解除をするとなると、まず 一般の人では解除はできないだろう。 アクティベーションロック解除サービスとは では、最後にアクティベーションロック解除サービスがどのようなものなのかについて紹介しておこう。 強制的にアクティベーションロックの解除を行なう アクティベーションロック解除サービスは、上記のようなアクティベーションでAppleID・パスワードを求められても、 特殊な方法でその認証を無視して強制的にアクティベーションロックの解除を行なう方法である。 一般の人では、まずこのような解除行為を行なうことはできない。 そういったニーズに応えるべく、各業者がこのアクティベーションロックを強制的に解除するサービスを 有料で行っている。 遠隔で行われるサービス また、アクティベーション解除サービスは データベースの更新となるので、特に端末を譲渡して行なうものではなく、 そのまま遠隔で行なうサービスである。 基本的に入金をして確認がとれたら、業者が作業を開始して依頼者は 連絡を待つだけという流れになる。 アクティベーションロック解除サービスの利用は難しいものではなく、誰でも簡単に利用はできるので安心していいだろう。 ただし、紛失・盗難品は絶対にNG ただし、業者のアクティベーション解除サービスであっても、 紛失届けや盗難届が出されてアクティベーションロックされている端末に関しては、業者は 依頼拒否を行っているので、そういった製品ではないか、オークションなどで購入した人は確認しておくといいだろう。 確認方法は遠隔アクティベーションロック解除を行っている 「小龍茶館」のブログ内で説明があるので引用で紹介しておこう。 真ん中と右のように、「紛失され、消去されました(英語ではlost and erased)」と表示されているものはNG!解除できません。 以下の画像を参考にしてください。 なお、また、紛失され、消去されました(英語ではlost and erased)と表示されていなくても、元のオーナーからこちらに連絡してくれと連絡先が書いてあるものもNGです。 まとめ ここまで、iPhone・iPad・iPodTouchのアクティベーションロック解除サービスについて紹介してきた。 申請すれば利用できるアクティベーションロック解除 このアクティベーションロック解除を利用する場合には、特に難しい申請などはなく、 注意事項をしっかりと確認していきながら申し込めば、あとは返信を待つだけである。 簡単なものではあるが、費用などもそこまで安いものではないため、 信頼できる業者へ申し込むといいだろう。 盗難や紛失品でないか確認しておのは非常に重要 アクティベーションロック解除では、ネットオークションやフリマアプリで購入した端末では、特に 盗難品や 紛失品なども少なくないようなので、購入する際にはしっかり確認しておこう。 また、アクティベーションロック解除サービスへ依頼する際にも、上記で説明した判別方法で、 法に抵触する行為とならないか確認しておくべきである。 知らないでは済まされないので、 最善の注意を払っておくことが必要である。 安心して利用できるフリマサイトで中古iPhoneを入手しよう ネットオークションやフリマアプリで中古のiPhoneを購入するときは紛失・盗難品でないことをしっかり確認して購入する必要がある。 ここでオススメするのは中古スマートフォンの売買に特化したフリマサイトであるだ。 販売されている中古iPhoneは 品質チェック済みで、盗品や紛失品を購入してしまう心配もない。 また、 返金保証サービスを提供しており、購入後万が一初期不良があった場合でも 返金保証があるため安心して購入することができる。 スマホの即時買取サービスも利用しよう スマホの買取するなら、スマホ端末の即時買取サービスがおススメ。 スママDASHなら、 面倒な手続きなく売りたいときに即時現金化が可能となっている。 端末に残っている個人情報の流出が心配な人のために無料で消去してくれ安心して利用できるのも特徴だ。 眠っているスマホがあれば早めに スママDASHを利用してみよう。

次の