リクルートエージェント 変更。 【転職エージェントの担当変更は可能?】変更時の電話方法などを紹介

個人情報は削除される?リクルートエージェントの退会方法

リクルートエージェント 変更

総合ランク リクルートエージェントはIT転職を行う際に、 必ず登録しておきたい転職エージェントの一つです。 理由としては、 IT業界の求人数が他と比べて圧倒的に多く、求める条件にマッチした求人を紹介してもらえる可能性がかなり高いです。 また、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは優秀な人が多いので、スピーディに良い案件を出してくれます。 一方でリクルートエージェントならではの、悪い評判もあります。 それについてはで解説します。 まずリクルートエージェントの総評を一言でいうと、とにかく求人数と実績は圧倒的。 なんだかんだ言っても、業界No1の実績のとおり、最初に登録しておいて間違いない転職エージェントです。 実は私もリクルートエージェント経由で1回転職に成功しています。 レスポンスが悪い 求人が質よりも量 ブラック企業ばかり紹介する 対応が冷たい あっさり 入社 面接 させようとする これらの評判はリクルートエージェントの社風もありますが、 転職エージェントの業界の仕組みによるところも大きいのです。 では、悪い評判は本当なのか、その理由について詳しくみていきましょう。 レスポンスが悪い レスポンスが悪いのは 担当者の能力に依存するためです。 リクルートエージェントは優秀な人が揃っていることで有名ですが、中には仕事の処理能力の問題でレスポンスが悪い人だっています。 また、仕事の能力が高くとも、リクルートエージェントでは 1人の担当者 キャリアアドバイザー が20人以上の求職者を担当しています。 そのため 忙しい時期には一人一人にじっくりと時間をかけて対応することが難しいという事情もあります。 これはリクルートエージェントの特徴といえます。 出される求人が質よりも量 これは キャリアアドバイザーの裁量次第です。 リクルートエージェントには、大手からベンチャーまで多くの求人があるので「質の良い求人」「質のよくない求人」とにかくたくさんあります。 質が悪いものしかないということはありません。 キャリアアドバイザーが、とにかく量をこなして売り上げを上げようとするタイプだったり、求職者のタイプによって量で攻めたほうがいいという場合には、質より量といわれることはあるでしょう。 ブラック企業ばかり紹介する これは誤解ですね。 わかっていてブラック企業を紹介するというキャリアアドバイザーはまずいません。 なぜなら、転職エージェントには早期に退職されると企業に返金しなくてはならないので、仮にブラック企業に無理やり入社させてもすぐに辞めてしまったら一切売り上げがなくなってしまうのです。 そもそも ブラック企業の定義というのはとても曖昧です。 口コミをした人がブラックだと思えばブラック企業になってしまうので、 本当にブラック企業かどうかの判断は難しいのです。 対応が冷たい リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、優秀な人が多いため テキパキとこなす姿が人によっては冷たいと感じるようです。 また、 1人のアドバイザーが多くの求職者を担当しているので1人にじっくりと時間を欠けられないという事情もあります。 もっとじっくりと転職活動をしたいという人はリクルートエージェントはやめて親身になってくれるエージェントに登録するのがいいでしょう。 キャリアアドバイザーが親身に対応してくれる転職エージェントとしてはパソナキャリアなどが有名です。 早く入社 面接 させようとする 内定が出たところに 入社を促すのは、どこの転職エージェントでもあります。 彼らはそれが商売ですから。 リクルートエージェントだと、「これ以上の企業はありませんよ」「今入社しないと後悔しますよ」なんて強く言われた人もいるようで、傾向として入社を煽ってくることはあるようです。 ただ、これも 本当に親身になっていってくれているのか、自分の成績のために推し込みたいのか判断が難しいので、各々のケースで判断するしかありません。 性格的に流されやすい人だと、 決断を急かされて決めてしまうこともあるので、多くの転職エージェントに相談して自分に合うところを選ぶといいでしょう。 転職が急かされない、そもそも転職が必要かまで考えてくれる転職エージェントとしては、レバテックキャリアなどがあります。 IT転職でのリクルートエージェントの評判 IT系の転職ではリクルートエージェントの評価はとして以下のようなものが多いです。 とにかく求人が多いので条件に合う案件を紹介してもらえる キャリアアドバイザーがエンジニア出身ではない人が多い 業界の大まかな知識については詳しいですが、実際のエンジニアの内情についてわかっていない人もいて、なかなか本当の希望をくみ取ってもらえないという不満は出るようです。 そのため、リクルートエージェントで エンジニアに寄り添った親身な相談やアドバイスはあまり期待しない方がいいかもしれません。 案件の検索や提案を中心にして専門性の高い別の転職エージェントと併用するのが上手な使い方です。 口コミ・評判が登録者によってバラバラな理由 リクルートエージェントに限らず、 転職エージェントの口コミ、評判は人によって異なります。 これは、転職エージェントの評判と一括りにされてしまいがちですが、 実際は担当のキャリアアドバイザーの評判だからです。 確かに転職エージェント各社の方針や事情により大まかな傾向というのはあります。 しかし 実際に求職者との面談、対応はキャリアアドバイザーのやり方が大きいので人によって評価がわかれてしまうのはしかたがないのです。 IT転職でリクルートエージェントを上手に使うポイント リクルートエージェントでIT転職をする際の注意点についてまとめました。 担当者が合わないと思ったら変更してもらう 思っていること、不安なことはすぐに言う 紹介される数が合わない場合は、条件を増やす 減らす 担当者が合わないと思ったら変更してもらう リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは優秀な人が多いですが、 元ITエンジニアという人は多くありません。 IT業界全般については詳しいですが、 あなたの経歴の技術的には疎かったり、マッチしない求人を出すようなら遠慮なく担当の変更をしてください。 リクルートエージェントの担当変更はネットからできるので、気まずい思いをすることもありません。 合わない担当者と不満を持ちながら活動するのは効率が悪いです。 思っていること、不安なことはすぐに言う 不安に思っていること、希望と方向性がずれていれば、早めにキッチリ言うことが大切です。 リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、仕事の能力は優秀なので 転職できそうと思えばガンガン進めていきます。 言われるがままに流されて、面接や入社を決めて後から「やっぱりやめた」となると相手企業や担当者に迷惑がかかってしまいます。 あなたの転職なので キャリアアドバイザーの売上や成績に気を遣う必要はありません。 紹介される数が合わない場合は、条件を増やす 減らす 人によっては全然案件を出してもらえない、逆に多すぎてうるさすぎるという場合は条件を少し変更してください。

次の

転職情報メール(メールマガジン)について│ FAQ(よくあるご質問)│お問い合わせ|転職のリクルートエージェント

リクルートエージェント 変更

リクルートエージェントで担当変更は可能! 結論から申し上げますと、リクルートエージェントで担当変更することはできます。 担当変更を申し込む際に下記のような点に注意していく事が重要です。 担当変更したい理由を説明する• 担当者本人に連絡することは避けた方が良い• 変更後の担当者に求めることを話す 上記の3つの注意点に関して詳しく説明していきます。 担当を変更したい理由を説明する まず、担当を変更したい場合、しっかりとした理由を説明することが重要です。 「なんとなくそりが合わないから」のようなあいまいな理由ではなく、具体的な事例を挙げて、説得力のある理由を説明しましょう。 担当者本人に連絡する事は避けた方がよい また、担当者本人に直接申し出るのも避け、リクルートエージェントのお問い合わせフォームから担当変更の申し出をするようにしましょう。 変更理由をはっきりと申し出る必要があるので本人だと言いづらい部分がある可能性が高いからです。 変更後の担当者に求めることを話す そして、最も重要なことは、変更後の担当者に求めることをしっかり話すことです。 これをしておかないと、また同じことの繰り返しになってしまう可能性があります。 言いにくいことでも、自分の要望を伝えておくことが大切です。 関連相談• リクルートエージェントは対応が悪いの? リクルートエージェントは業界最大手であり、取り扱っている案件の数もトップクラスです。 しかし、大手であるがゆえに、かどうかはわかりませんが、担当者の質にはムラがあることで有名です。 リクルートエージェントはうざい? リクルートエージェントに対するネガティブな口コミとしては、案件に応募するようしつこく電話で連絡をしてきたり、内定が出るや否や早く入社するよう執拗な説得をされたりするというものがあります。 こういったところも担当者によって違いがあるようです。 担当者の対応での見極め方 担当者の変更を考える上でどういった点を見ていけば良いのでしょうか。 返信やレスポンスが早い• 職種や業界に関して詳しい• 相性が合わない このような点を重要視して担当者の対応を考えていく必要があるでしょう。 特に業種に詳しいと内部情報や他の人では知らない情報も知っている事があるので有利に進める事ができます。 関連相談• リクルートエージェントの退会方法 急に友人の紹介や他の転職エージェントで並行して行っていた就職活動で転職先が決まったなどの理由から、とりあえず大手のリクルートエージェントに登録はしていたけれども必要なくなった、なんてこともありえます。 そういった場合、リクルートエージェントを退会することはできるのでしょうか。 リクルートエージェントは退会可能 リクルートエージェントは退会できない・・・ということはなく、公式サイトの転職支援サービス退会(キャンセル)フォームというところから退会手続きをすることができます。 リクルートエージェントは電話では退会できない 退会(キャンセル)の手続きは、個人情報保護の観点から、本人確認したうえで手続きをすることになっており、すべてウェブ上からの手続きになります。 したがって、電話で退会手続きをすることはできません。 リクルートエージェントの個人情報は削除される 個人情報に関しては、リクルートエージェントのプライバシーポリシーによると、「個人情報はサービスを終了した後も法令等の定めに従い一定期間保管します。 保管期間が経過した個人の情報は速やかに消去します。 」とされています。 そのため、すぐには削除されませんが、法令に則って適切に削除されるようです。 関連相談• リクルートエージェントのサポート期間 では、リクルートエージェントのサポートはどのくらいの期間行ってくれるのでしょうか。 転職エージェントのサポート期間 結論としては、リクルートエージェントの転職サポートの期間は、原則として3ヶ月になります。 その理由は、リクルートエージェントの利用者のほとんどがその期間内に転職先を決めることができているからです。 これはリクルートエージェントに限らず、他の多くの転職エージェントも同じ理由からこのくらいの期間制限を設けているようです。 リクルートエージェントは3ヶ月後延長できる? もっとも、場合によっては多少の延長をすることができます。 例えば、すでに書類選考や面接が進行中である場合などです。 基本的には3ヶ月で打ち切られてしまうのでその期間で転職を勧められるようにしましょう。 リクルートエージェントの打ち切り条件 ただし、サポート期間を延長できるのはあくまで例外的で、基本的には3ヶ月でサポートを打ち切られてしまいます。 逆に言えば、登録後3ヶ月間は転職先が決まらない限りサポートを打ち切られることはありませんので、その期間は集中して転職活動に取り組めるように準備しておくことが大切です。 関連相談• 転職エージェント変更もおすすめ 担当変更ではなく、リクルートエージェント以外の転職エージェントを利用してみるのも一つの手です。 転職エージェントを変更する理由 担当者うんぬんではなく、リクルートエージェント自体に不信感や肌の合わなさを感じた場合には、思い切って転職エージェントごと変えてしまうのが有効といえます。 完全に切ってしまうのにも不安があるのであれば、リクルートエージェントの登録を残したまま、他の転職エージェントを利用するのもありです。 おすすめの転職エージェント リクルートエージェント以外の転職エージェントでおすすめなのは、DODA、パソナキャリア、マイナビエージェントが挙げられます。 これらの転職エージェントは求人数も多く、いずれも大手といってよいでしょう。 リクルートエージェントが合わないと感じたらまずこれらの転職エージェントを試してみるのがおすすめです。 リクルートエージェントとDODAの違い 中でも、DODAはリクルートエージェントと併用する方が多いことで有名です。 では、どのような違いがあるのでしょうか。 簡単に言えば、DODAはリクルートエージェントよりもサポート体制が充実しているという点が大きな違いになります。 具体的には、DODAは転職希望者1人につきキャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当の2人の担当者が付き、それぞれの立場から総合的なサポートをしてくれます。 担当者の質としても、リクルートエージェントよりも親身になって相談に乗ってくれるという口コミが多く見られ、高いといえるのではないでしょうか。 の記事もあるのでぜひ参考にしてみてください。 doda公式HP:.

次の

リクルートエージェント

リクルートエージェント 変更

リクルートエージェントの担当変更の基準 リクルートエージェントの公式HPには 担当の変更が可能と記載がありますが、状況によっては変更が難しい場合もあります。 希望する業界・職種に詳しいキャリアアドバイザーが他の求職者で手一杯• 転職を希望する地方にキャリアアドバイザーが少ない …など 明確な基準は公表されていないので、担当の変更を希望するなら一度リクルートエージェントに相談してみましょう。 リクルートエージェントの担当を変更するべきかの判断方法 リクルートエージェントでは何度も担当者の変更はできません。 変更を依頼する前に「本当に担当を変更するべきか」もう一度よく考えてみてください。 担当者を変更しない方が良い場合 下記に当てはまる場合は優秀なキャリアアドバイザーの可能性が高いため、 担当変更をしても状況が悪くなってしまうかもしれません。 面談での聞き取り能力が高い• レスポンスが早い• 希望の業界に詳しい 1. 担当者の聞き取り能力が高い 面談時に今までの経歴やスキル、転職に求める条件を十分すぎるほど伝えられた場合は、キャリアアドバイザーの聞き取り能力が高いと考えられます。 ヒアリングに注力してくれるキャリアアドバイザーは、あなたの 希望条件を細部まで理解した上で求人を紹介するため、ミスマッチが少ないです。 担当者のレスポンスが早い リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントで、多くの登録者を抱えています。 キャリアアドバイザーは、1人で抱える求職者の数がどうしても多くなりがちです。 大勢のサポートに追われてレスポンスが遅くなる傾向がありますが、それでもレスポンスが早い場合は、あなたを「すぐに転職が決まりそうな人材」だと優先している可能性大。 求人紹介や面接対策など 他の求職者よりも手厚いサポートに期待できます。 担当者が希望業界・職種に詳しい 転職の希望条件が明確に決まっている場合、キャリアアドバイザーがその業界・職種に詳しいと転職活動が有利です。 会社の内部事情や実際に働いている人の雰囲気など、ネットでは知りえない生の情報を教えてもらえるので、担当変更は踏みとどまった方がいいでしょう。 担当者を変更した方が良い場合• 希望業界に詳しくない• マナー・態度が良くない 1. 担当者が希望業界・職種に詳しくない 希望業界・職種の知識が乏しい場合は 改善は難しいので担当変更を依頼するべきです。 業界・職種に精通しているほど求人のマッチング精度も高くなります。 担当者のマナー・態度が良くない 担当者のビジネスマナーが悪い、担当者が求職者に対して失礼な態度をとるのは問題外。 あまりにもひどいようなら、すぐに担当の変更を依頼しましょう。 複数回の担当変更は難しいですが、正当な理由があれば相談は可能です。 合わせて読みたい リクルートエージェントの担当変更前の注意点 誠実な対応を心がける どうせ変更前だからいいや、と横柄な態度をとるのは避けましょう。 引継ぎ等で、求職者の様子は変更後の担当者にも伝わってしまいます。 今後より良い求人を紹介してもらえなくなる懸念もあるので、リクルートエージェントの不手際があったとしても最後まで誠実な対応を心がけるのが賢明です。 リクルートエージェントの担当変更前に適性診断で効率アップ 自分にどんな仕事が向いているか今すぐ診断しませんか? リクルートエージェントの担当変更前に、「自分にどんな仕事が向いているか」適性を把握しておけば、担当変更後にスムーズな転職活動が可能です。 自分の仕事の適性を今すぐ診断したい求職者は、リクナビNEXTのを利用しましょう。 簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに 仕事の向き不向きの適性をチェックできます。 合わせて読みたい リクルートエージェントの担当変更の方法 リクルートエージェントの担当変更方法は以下の3つです。 メール• 問い合わせフォーム 文字入力が手間な人は電話での変更を、話すのが苦手な人はメールやお問い合わせフォームを利用してください。 電話やメールで簡単に依頼できるとはいえ、内容をおろそかにするのはNGです。 しっかりと変更理由と自分の希望を伝えて、担当者を変更してもらいましょう。 電話での担当変更 あなた: お世話になっております。 大変恐縮ですが担当アドバイザーの変更をお願いしたく連絡致しました。 この後はリクルートエージェント側の指示に従い受け答えすれば問題ないです。 メールでの担当変更 例 お世話になっております。 この度、大変恐縮ですが、担当アドバイザーの変更をお願いしたく連絡致しました。 お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 例 貴社で転職支援サービスを利用しております。 この度、大変恐縮ですが、担当アドバイザーの変更をお願いしたくお問い合わせしました。 お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 リクルートエージェントの担当変更後の転職成功法 新たな担当者に面談を申し込む 前の担当者とすでに面談している場合でも、実際に新しい担当者と会ってどんな人かを知る、自分を知ってもらわないと、求人紹介にミスマッチが起こります。 より良い企業に転職するためにも、再度面談して新しい担当者と希望条件をしっかりとすり合わせましょう。 担当者へのレスはこまめに 担当者から転職活動の状況確認などで電話やメールが頻繁にあります。 担当変更直後には特に意識して早めのレスポンスを心がけると、転職意欲も伝わりより手厚いサポートが受けられるでしょう。 担当者に希望をはっきり言う 「営業はできれば避けたい」など曖昧な表現ではなく、「技術職のみで探している」など、 担当者に希望をできるだけ明確に伝えるとマッチングの制度が上がります。 リクルートエージェントには、自社の都合を優先して求職者の希望から外れた求人を紹介してくる担当者も少なからずいるようです。 希望条件から遠い求人でも担当者からの提案をどんどん受け入れてしまえば的外れな求人ばかり紹介されるかねないので、担当者には常に希望をはっきり伝えてください。 リクルートエージェントの担当変更に失敗した場合の対策 もし要望を伝えて担当を変更しても、新しい担当者と合うとは限りません。 そもそも、あなたが転職に求める希望条件がリクルートエージェントでは実現しない可能性もあります。 転職活動の効率を上げるためにも、担当変更の良し悪しに関わらず他の転職エージェントの利用も検討しましょう。 特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、自分に合う転職エージェントをピックアップしてください。 登録・利用は すべて無料です。 転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。 複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。 リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No. 1のと、専門分野に精通するです。 自分の市場価値がわかるや自分の仕事の適性がわかるも利用すれば転職成功率はさらに上がります。 登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了! 転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。 転職成功実績No. 1!非公開求人多数!! 圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。 特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。 充実の面接対策も人気!.

次の