高速バスネット。 高速バス・夜行バス・深夜バスの予約・格安情報|高速バスドットコム

福岡・福岡空港 〜 別府・大分 (とよのくに号)|高速バス路線・時刻検索(福岡県内・下関/九州島内)|高速バス情報|バス情報|西鉄グループ

高速バスネット

1 低価格 最大のメリットは、何と言っても料金が安いことです。 東京 - 大阪間の片道料金を、高速バス・飛行機・鉄道の交通機関で比較してみました。 さらに、バス便数の多い路線では、最安値から最高値の料金幅も1万円以上あり、格安便から高級な個室型のバス便までニーズに合わせて幅広い選択肢があることも特徴のひとつです。 2 アクセスが良い 高速バスとは? 「高速バス」とは「新高速乗合バス」のことです。 主に、高速道路・自動車専用道路を利用して、都市間の移動をする「乗合バス」と、都市と都市または観光地間の移動をする「貸切バス」のことを指します。 バス比較なびでは、空港と都市部の主要駅を結ぶ「空港リムジンバス」も高速バスとして掲載しています。 昼行便、夜行便って? 昼行便 朝・昼・夕方に出発し、その日のうちに目的地に到着する高速バスのことを指します。 近距離路線に多く見られます。 夜行便 夕方から夜中に出発し、車中泊をして、翌朝に目的地に到着する高速バスのことを指します。 中・長距離路線に多く見られ「夜行バス」とも呼ばれています。 予約は必要? 中・長距離路線の場合は乗車券を事前に予約・購入してから乗車する便がほとんどです。 高速バスは法律によりシートベルトの着用が義務付けられており、座席数以上の乗車はできません。 予約時に座席の指定ができる予約サイトも増えていますので、あらかじめ予約・購入してから乗車されることをおすすめします。 近距離路線では、一般の路線バスのように予約が無くても交通系ICカード(SuicaやPASMOなど)や現金、回数券で乗車できる路線が多くあります。 ただし、乗りたいバスが満席だった場合は次のバスを待つことになります。 クレジットカード決済 予約と同時に決済されるため、お急ぎの場合は特に便利です。 コンビニ決済 予約後にコンビニ店頭で支払えます。 銀行決済(振込・引き落とし) ゆうちょ銀行や都市銀行、ネットバンクなどから支払えます。 その他 Yahoo! ウォレット決済、auかんたん決済、予約サイトのポイント制度を使う等々、様々な支払方法が用意されています。 電話予約、窓口予約の場合 基本的には現金決済ですが、クレジットカードが利用できることもあります。 領収書について 予約・販売サイト及びバス会社と、乗車券の支払い方法によって発行される方法が異なります。 メールやFAXで領収書発行依頼をして郵送される場合には、別途手数料が必要になる場合もあります。 領収書の受け取り方法は、事前に予約・販売サイトやバス会社に確認しておくと良いでしょう。 インターネット予約の場合 クレジットカード決済、 銀行決済、キャリア決済など 会員一人ひとりの専用ページ(マイページや会員ページなどと呼ばれています)に領収書発行ボタンが設置されていて、帳票を印刷できることが多いです。 コンビニ決済 レジでの料金お支払い時に領収書が発行されます。 窓口や券売機でお支払いの場合 乗車券購入時に窓口や券売機で発行されます。 乗車券の種類 トランクに預けられる荷物の目安 総重量 30kg以内 総容積 概ね3辺の合計150cm以内 個数 基本的に1人1つ• バス会社によって異なります。 乗客全員分のスペースがある訳ではありません。 コンパクト化に協力しましょう。 基本的に車内に持ち込んだ荷物や手まわり品は、紛失・盗難、棄損があった場合でも自己責任となります。 貴重品の扱いにはご注意を!• トランクの無い車両もありますので、予約・販売サイト及びバス会社サイトで確認しましょう。 バス停・バスターミナルについて バスタ新宿のような巨大高速バスターミナル、鉄道駅のバスターミナル、一般幹線道路脇の停留所、高速道路の本線車道上やパーキングエリア・サービスエリアまたはインターチェンジに設けられているバス停等々、乗り場には様々な形態があります。 乗車日当日に慌てないよう、乗車地・降車地とも、バス乗車前に詳細を確認しておきましょう。 安全性について 多くのバス会社が、事故を未然に防ぐためにさまざまな取り組みを行ない、安全対策を強化しています。 バスを選ぶ際には、価格面だけではなく安全で信頼できるバス会社を選びましょう。 各社の安全への取り組みは、会社ウェブサイトで公開されていることが多いので、予約前にチェックしてみましょう。

次の

東京駅発 − 多賀・日立 − 高萩行き / 高萩・日立線

高速バスネット

高速バスネットで発券されたバス指定券の例 「」などののJRバスの座席は、からの鉄道との関連性(やなど)から、用の座席予約システムであるで管理を行っていた。 マルスはインターネットやなどに設置されていると接続されておらず、やの「」でしか扱えない、列車用のマルスでは輸送単位の少ないバス特有の販売事情に対応しにくいという問題点があった。 、、、 によって、マルスとは別のバス専用の座席予約システムの共同開発が行われ、2006年3月から稼動を開始した。 一方、全国に渡る複数のバス会社(主に・専業系)を横断するのによる座席予約システムとして、による「」が1998年から稼動し、JRバスも路線によっては「発車オ〜ライネット」で座席を販売するようになった。 2006年11月より「発車オ〜ライネット」と「高速バスネット」が接続されており、一方に空席がなくなった場合に、システム間で空席を融通することが実施されている。 ただ、発車オ〜ライネット枠を廃止して高速バスネット枠に統一する路線も東京 - 京阪神系統を中心に増えている(特にJRバス同士の共同運行路線)うえ、マルス枠も廃止する路線も徐々に増えてきている。 サービス提供開始当初は、及びを除く、JRバス各社と、共同運行会社16社で運行する87路線が対象だった。 現在、開発に携わったJRバス関東、JR東海バス、西日本JRバスの路線が中心に収録されている。 この3社が運行支援も含めて関与していない路線は2013年8月現在ではのみ収録されている。 かつてはも収録されていたが、2013年3月15日乗車分を最後に削除された。 は全く参加しておらず、や方面も少ない。 また、一部、案内上の路線名称と予約発券管理上の路線名称が異なったり、元々路線名称が無く発着地名をそのまま路線名称とした路線がある。 JR系以外では、が運行する大阪定期観光バス『』が2016年の路線改編時より大阪駅JR高速バスターミナルを発着地とするとともに、西日本JRバスに予約・発券業務を委託しており、高速バスネットにて予約が可能である。 も箱根線、東京線、御殿場プレミアム新宿号で2015年10月1日乗車分より本システムを使用している。 予約したバス乗車券は、コンビニ決済、インターネット上のクレジット決済、バス会社の窓口決済などが可能である。 さらに、2010年11月24日より・での決済が可能となった。 ただし、この決済は交通系ICカード・電子マネー相互利用の対象外であってSuica以外の交通系ICカード(モノレールSuica・りんかいSuicaを含む)は利用できないほか、Suicaであっても無記名式Suicaなどは利用できない。 固有の機能 [編集 ] 割引 [編集 ] 高速バスネットには、以下の割引制度が存在する。 路線により、割引条件は異なる。 以下の割引は「」()で購入した場合は適用されない。 早期購入割引(早売り) 早期の予約・購入において、「高速バスネット」で予約・購入した場合や、バス会社の直営窓口で購入した場合に適用される。 路線や乗車日によって何日前までに購入する必要があるかは異なる。 ネット割 ウェブ上で決済した場合に適用される。 たとえ高速バスネットでの予約であっても、窓口で購入した場合は適用されない。 適用される路線では、乗車区間に関わらず適用される。 お気に入り路線 会員(予約をする際に必要、入会金・会費などは無料)が予約前に「お気に入り」登録すると利用回数や利用額に応じて割引となるサービスである。 ただし、登録できない路線もある。 乗客によるオンライン座席選択 [編集 ] ウェブにて予約と決済を同時におこなう場合に限り、乗客が予約時に空席の中から好きな座席をあらかじめ指定することができるようになった(一部路線を除く)。 WEB乗車票 [編集 ] オンライン決済を行った予約について、ウェブ画面上で乗車券を表示しプリンタで印刷することができる。 窓口や券売機、コンビニなどに出向いて受領する必要がない。 そのほかに、一部のコンビニ(2013年4月現在はデイリーヤマザキ・スリーエフ)ではコンビニ決済でもWEB乗車票を印刷する場合がある。 現在は乗車時に WEB乗車票を提示し(クレジットカードの提示は行われていない)、降車時に他の乗車券と同様に回収する。 WEB乗車票 携帯 [編集 ] WEB乗車票を携帯電話の画面に表示させた例 購入した乗車票を携帯電話の画面に表示させ提示することで、窓口で発行される乗車券や印刷した WEB 乗車票を用意しなくても利用できる。 印刷の手間を省き、紛失を防ぐことができる。 なお、発車時刻の30分より前には携帯電話で表示させることはできない。 また、発車した後も表示できないので、発車前に表示させたら画面メモ機能で保存しなければならない(到着時にも呈示を求められるため)。 乗車変更 [編集 ]• 高速バスネット(サイト上)でクレジット決済・購入をした場合は、3回までサイト上で無手数料で変更可能。 変更した場合は当初の予約番号が無効となり、新しい予約番号となる。 乗車券をプリントアウトする場合は注意が必要。 早期割引(早売り)で購入した場合は「乗車変更不可」という路線もある。 サイト上や乗車券に表示されている。 変更する場合は、手数料を支払い払い戻してから再度購入する。 高速バスネットで予約後、バス会社きっぷ窓口で支払い・購入した乗車券の場合は、1回のみ窓口で無手数料で変更可能。 乗車変更できる範囲は同じ路線の同じ行き先で、日付・便・座席位置に限られる。 同じ路線でも上り便から下り便などの方向(行き先)変更や他路線への変更はできない。 その場合は一旦払い戻した上で、別途購入する(要、払い戻し手数料)。 脚注 [編集 ] []• 日経情報ストラテジー、2006年11月17日• 朝日新聞 2006年02月07日 朝刊 「高速バス割引サイト ジェイアール東海バス、ネット予約・カード決済」• - 近鉄バス 2018年4月13日閲覧。 2010年12月5日閲覧。 2010年12月5日閲覧。 高速バスネット、JR東日本• ウィラートラベルなど他社のシステムも座席選択機能を有するが、一定以上の頻繁な利用実績(いわゆるゴールドメンバー)を持つ利用者のみ、その特典として座席を選択できる。 誰でも座席を選択できるシステムは「高速バスネット」とが運営する「両備高速バス予約システム」のみである。 なお、「両備高速バス予約システム」では、予約時(決済前)に座席が選択できる。 関連項目 [編集 ]• - の高速バス座席予約システム。 - 株式会社が運営する高速バス座席予約システム。 外部リンク [編集 ]• この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 この項目は、やに関連した 書きかけの項目です。

次の

きっぷの購入方法

高速バスネット

TIPS 1 高速バスの選び方 高速バスを選ぶ際の4つのポイント 【1】料金 夜行バスなど高速バスの料金は、運行会社、シートタイプ、予約時期の違いによって変動します。 運行会社、バス内で提供しているサービスや、バスの車両設備などによって異なります。 同じ運行会社、同じ発着地でも、お盆や正月、祝前日に運行するバス料金は、平日に比べて高くなる傾向です。 バスの運行会社によっては、早期予約や直前予約で割引が行われることがあります。 割引期間を把握して予約できれば、通常の価格よりもお得にバスを利用できますよ。 【2】快適度 高速・夜行バスでは、車中の快適度は非常に重要です。 <シート> 長時間走行している間、体を任せる座席は、できるだけクッション性の高いものがおすすめ。 <トイレ> 高速バスや夜行バスでは、一定の距離・時間で休憩時間が設けられ、サービスエリアやパーキングエリアでトイレ休憩もできます。 <フリーWi-Fi> 高速バスの長い移動時間では、Wi-Fiが強い味方! Wi-Fiが利用できれば、暇つぶしに映画を観たり、ネットサーフィンを楽しんだり、音楽を聴いたり…。 予約する前に、フリーWi-Fiが設置されているかどうかを事前にチェックすることを忘れないようにしましょう。 【3】スケジュール スケジュールは、移動時間も含めて、仕事や旅にできるだけ合った便を選ぶのがポイントです。 その際には、停留所の位置、出発から到着までの乗車時間がポイントとなってきます。 停留所の位置 目的地に到着するための次の交通手段を調べ、高速バスの停留所から目的の駅までどれくらい離れているのかを知ることが大切です。 高速バスの停留所と、次の移動手段で使う交通機関の駅との距離、移動手段について、事前に計画しておくのがおすすめ! 出発から到着までの乗車時間 バスが通るルートや停留所の数によって、目的地が同じでも乗車時間が異なることがあります。 バスが出発してからどこを経由して、何時に着くのか、所要時間をあらかじめ調べておくと旅の計画が立てやすいはずです。 【4】安全性 夜行バスを含む高速バスの運行については、実は法律で決められている基準があります。 交通事故の防止に対する運行会社の意識の高さは言うまでもありませんが、運行会社独自の安全対策があれば、より安心して利用できますね。 事故防止のためのシステムの有無、運転手の体調管理などバス車両や運行方法の安全性に関わる施策が行われているかあらかじめ下調べしましょう。 TIPS 2 高速バスのメリット、デメリット メリット1料金が安い 新幹線、飛行機と比べて、かなり料金が安いのが特徴です。 メリット2自分好みのシートタイプを選択できる 自分好みのシートや車内設備に合わせて高速バスを選ぶことができます。 メリット3目的地へ直行で行ける 例えば、テーマパークで人気の、やといった場所へは直行できる便が多数あります。 そのため、乗り換える必要もなく移動が楽です。 メリット4夜行バスならホテル代が節約できる 夜行バスは車中泊となるため、ホテルの宿泊料金がかかりません。 そのため、財布に優しく、とってもエコノミーです。 年間を通じて何度もテーマパークに行く方は夜行バスがおすすめです。 デメリット渋滞の影響を受けやすい シーズン、天候によって道路の交通状況が変わるため、渋滞の影響を受けやすいのが特徴です。 そのため定刻通りに到着しない可能性があります。 旅行プランでは、あらかじめ余裕をもった計画をたてることをおすすめいたします。 TIPS 4 高速バスでWi-Fiは使えるの? 高速バスの運営会社によってはWi-Fiを無料で完備していることがあります。 バス会社の公式HPなどに記載があれば利用できると考えて良いでしょう。 場合によっては、利用する車両によってWi-Fi搭載有無が異なる可能性がありますので、事前の確認が大切です。 WILLERのWi-Fiサービスについて 以下、WILLER EXPRESS昼行便のみ、Wi-Fiを搭載しています。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ WILLER THEATERアプリ利用で、動画コンテンツなどが無料で楽しめる WILLER EXPRESS内 Wi-Fiサービス最大の特徴は、専用アプリを通して今話題の動画コンテンツなどが無料で楽しめます。 というアプリをご自身のデバイスにダウンロードし、携帯やタブレットなどを通して今人気の海外作品から国内の動画、バラエティやオーディオブックをご視聴いただけます。 TIPS 5 高速バス・夜行バスには休憩はある?休憩時間と回数、過ごし方 高速バス・夜行バスに休憩時間はあるの? 休憩の時間 各休憩時間の長さについては、15分~30分であることがほとんど。 休憩についても、「旅客自動車運送事業運輸規則第21条」に記載があり、連続運転時間4時間ごとに30分の休憩の確保が定義されています。 また、実車距離500km超の運行については、1時間以上 1回20分以上で分割可 の休憩が求められます。 休憩の時間 高速バスや夜行バスなどの走行中には、2~3時間に1度、休憩時間が設けられています。 高速道路を運行する場合、厚生労働省により推奨されるルールがあるためです。 厚生労働省によると、連続2時間程度の運行ごとに10分以上の休憩を設けることが提案されています。 高速バス・夜行バスでの休憩の過ごし方 ・トイレに行く ・軽食や飲料を買う ・お土産を選ぶ ・体を伸ばす 休憩中は、お手洗いや気分転換などお好きに行動できます。 停車時間や時間帯によってはお土産購入や飲食なども楽しめるでしょう。 高速バス、夜行・深夜バスの予約 WILLER TRAVEL WILLER TRAVELでは、東京、横浜、大阪、京都、名古屋、仙台、金沢、福岡など主要な都市はもちろん、全国の高速バス・夜行バス・深夜バス・昼便バスの快適プランをご用意しています。 日本全国225路線以上、毎日2,192便以上の路線を取り扱っており、年間400万人以上のお客さまにご利用いただいています。 最安値料金を参考に、お得なプランをお探しください。 お得なキャンペーンや、WEBクーポンの活用で、格安の料金でご乗車いただけるなど様々な施策を行っています。 人気テーマパークへのアクセスはもちろん、フェリーや各種ツアー、宿泊のネット予約も可能です。 お得な情報をメルマガや、Twitter、Facebook、LINEでも発信しているので、是非ご登録ください。

次の