グローバル ヘルス ケア クリニック。 東京の性病専門パーソナルヘルスクリニック

水野泰孝医師の経歴とプロフィール 学歴や結婚、子供はいるの

グローバル ヘルス ケア クリニック

また、オンライン診療も行っていますので、ご希望の方は当院ホームぺージをご参照ください 処方薬を郵送することも可能です。 KARADA からだ 内科クリニック院長の佐藤昭裕です。 「内科疾患・感染症にかからないカラダを実現し、すべての人が当たり前に健やかで豊かな生活を過ごせる社会を目指します」という医院理念を掲げ、五反田地域の皆様が気軽にカラダのことを相談できるクリニックになるように日々努力してまいります。 私は大学病院で総合内科・感染症科で勤務をしておりました。 総合内科は内科医として一つの臓器にとらわれず、カラダ全身を幅広く診療し、患者さんのお悩みをまとめて拝聴し、検査・治療を行うという診療科です。 高血圧や不整脈などの心臓の病気や、糖尿病や高脂血症などの代謝の病気、盲腸や胃潰瘍など消化器の病気を網羅的に診療してきました。 その経験を活かし、長崎県で離島医療にも携わりました。 「感染症」というと恐ろしい伝染病を想像されるかもしれませんが、風邪やインフルエンザ、肺炎、胃腸炎、性病なども感染症であり、非常に身近な病気です。 カラダ全身を幅広く診察するとともに、感染症専門医の知識を活かし、診療に全力であたりたいと思っていますので、お気軽にカラダのことはKADARA からだ 内科クリニックへご相談ください。 生活習慣病の診療は、まず患者さんの生活背景・考え方・困っていることについて耳を傾け、その方に合った自己管理法や治療選択肢についてご説明し、最善の治療方法を患者さんと一緒に考えるという方針で行っています。 また、治療を行う意味やメリット・デメリット、今後の見通しについても分かり易くお伝えすることを大切にしています。 生活習慣病の多くは症状が無いため、ともすると何のために治療をしているのかわかりづらく、その結果患者さんが治療に受け身になってしまっているケースが少なくありません。 治療の目的を十分ご説明することで、患者さんが納得した上で主体的に治療に参加し、ひいてはベストな結果が出せるようにしていくことが医師の役目だと私は考えています。 また近年、特に糖尿病では治療薬の選択肢が増えてきており、重症度や合併症に応じて適切な薬を選択することが重要になってきています。 当院では常に薬の情報をアップデー トし、患者さんの生活スタイルも考慮して、効果的かつ続けやすい治療法を提案いたします。 当院では動脈硬化の診療にも力を入れており、血管年齢検査 CAVI ・頸動脈エコー・動脈硬化リスクの採血検査 LOX-index と多角的な動脈硬化検査が可能です。 「血圧やコ レステロールが高めと言われたけれどもどうすべきかわからない」という方は、まず検査で現在地点を明らかにし、今後の方針を一緒に考えましょう。 最後になりましたが、通院が億劫になる要因が待ち時間の長さや待合室の居心地の悪さ・スタッフの感じがあまり良くないといった、医療そのもの以外であることは往々にして あります。 これらは患者さんにとって非常に重要な事だと考え、当院は診療レベルを高めるだけでなく、居心地が良く通院が楽しくなるクリニックを目指しています。 当院エントランスはバリアフリーであり、ベビーカーの方や足元が不安な方も安心してご来院いただけます。 是非私たちとご一緒に、楽しく健康管理に取り組んでいきましょう。 この度、この経験が直接生かされる医療サービスを多くの皆様に提 供できるようにしたいと考え、プライマリケアを行う診療所を開設することを決意しました。 千代田区麹町を選択した理由は、私が七年間顧問医として勤務した国際協力機構 JICA 本部をはじめとして、諸外国大使館や外資系企業が数多く存在し、グローバルな医療を必要とする方々が多く、一方で閑静な住宅街には学校も多く、小さなお子さんから年配の方々までを総括した健康管理を担う、かかりつけ医としての役割も同様に必要であると考えたからです。 このような背景から「グローバルヘルスケアクリニック」と命名致しました。 また、新しい時代の幕開けとほぼ同時期に新規開業できることは、大変光栄に思っております。 「Patient first」の理念に基づいた診療を行ってまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。 品川駅港南口から直結していますの で、雨に濡れることなくご来院いただけます。 身体について気になることを気軽に相談できるホームドクターとして皆様の健康をサポートいたします。 高血圧、心筋梗塞などの虚血性心疾患、糖尿病などはよく耳にする成人にみられる慢性の疾患です。 それらは、生活習慣病と呼ばれていますが、その名の通り、日常生活の習慣から芽生え、やがて障害をおこす疾患になって行きます。 食習慣、運動習慣、休養の取り方などは、無意識の下で行動しているため、なかなか改善しようとは思わないものです。 年に1度は人間ドックを受け、ご自身の生活習慣を見直してみませんか? また、トラベル科では海外旅行や海外出張に行かれる前に、渡航先の国では流行している感染症や風土病などに罹らないように予防接種や予防薬、現地滞在中に注意したいアドバイス、発熱したらなど海外生活を楽しく過ごせるよう、海外の医療に詳しい専門医や看護師が詳しく診察いたします。 今のご自身の体の治療から病気にかからないよう予防医学まで幅広く専門医が診察し、全力で身体のことを管理いたします。 心配事があれば気軽に立ち寄れるホームドクターしてご利用ください。 参考情報: C型肝炎, 肥満, 高血圧, 漢方, 糖尿病, 肝疾患,... 東京都の感染症内科の中でも、を絞り込んで探すことも可能です。 感染症内科以外にも、東京都の腎臓内科、歯科口腔外科、心療内科、耳鼻いんこう科などのクリニックも充実。 また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。 目黒区 0• 世田谷区 0• 中野区 0• 北区 0• 練馬区 0• 台東区 0• 墨田区 0• 江東区 0• 荒川区 0• 葛飾区 0• 江戸川区 0 多摩南部地域• 八王子市 0• 町田市 0• 日野市 0• 多摩市 0• 稲城市 0• 立川市 0• 武蔵野市 0• 三鷹市 0• 昭島市 0• 調布市 0• 小金井市 0• 小平市 0• 東村山市 0• 国分寺市 0• 国立市 0• 狛江市 0• 東大和市 0• 清瀬市 0• 東久留米市 0• 武蔵村山市 0• 西東京市 0 多摩西部地域• 青梅市 0• 福生市 0• 羽村市 0• あきる野市 0• 西多摩郡瑞穂町 0• 西多摩郡日の出町 0• 西多摩郡檜原村 0• 西多摩郡奥多摩町 0 島嶼地域• 大島町 0• 利島村 0• 新島村 0• 神津島村 0• 三宅島三宅村 0• 御蔵島村 0• 八丈島八丈町 0• 青ヶ島村 0• 小笠原村 0 同じ地方の都道府県.

次の

グローバルヘルス緩和ケア研究会|国立国際医療研究センター病院

グローバル ヘルス ケア クリニック

回 日時 テーマ 演者 ポスター 41 2020年 2月13日• 多職種で考える呼吸困難へのもうひと工夫」 呼吸困難へのもうひと工夫• がん・感染症センター 東京都立駒込病院 緩和ケア科 部長 田中 桂子先生 40 2019年 11月7日• がん医療における家族ケア・遺族ケア ~緩和ケアに携わる医療従事者に期待されること~• 国立がん研究センター がん医療支援部長 加藤 雅志先生 39 2019年 9月12日• がん患者に使う漢方薬 ~がん疼痛治療医の実践~• 医療法人 沖縄徳洲会 中部徳洲会病院 がん疼痛治療科 統括部長 服部 政治先生 38 2019年 7月11日• 慶應義塾大学医部 循環器内科 特任准教授 河野 隆志 先生• 医療法人社団ゆみの 理事長 弓野 大先生 37 2019年 2月14日• 「在宅・病院の緩和ケア及びコミュニーションギャップを考える」 -より良い連携から協働を目指して-• 東京勤労者医療会 東葛病院 緩和ケア科 木下 寛也先生 36 2018年 11月8日• 「AYA世代の緩和ケア」• 国立がん研究センター中央病院 緩和医療科長 里見 絵理子先生 35 2018年 10月11日• 「あなた自身のケア、していますか? ~医療者自身の心のケア、マインドフルネスを活用して~」• 昭和大学医学部 医学教育学講座 教授 髙宮 有介 先生 34 2018年 9月13日• 「認知症の緩和ケア」• 国立がん研究センター東病院 精神腫瘍科科長 小川 朝生 先生 33 2018年 7月5日• 「在宅医療と救急医療の協働が,地域包括ケアシステムを充実させる ~最終段階での補液:いつ、どのように、する、止める~」• 医療法人社団 親樹会 恵泉クリニック 院長 埼玉医科大学 総合医療センター 高度救命救急センター 客員教授 東京女子医科大学東医療センター 在宅医療部 客員教授 太田 祥一 先生 32 2018年 2月8日• 「がん疼痛治療のヒントーオピオイドの使い分け Tipsー」• 慶應義塾大学医学部 麻酔学教室 准教授 緩和ケアセンター センター長 橋口 さおり 先生 31 2017年 11月9日• 「医療従事者が知っておくべき精神的サポート」• 埼玉医科大学国際医療センター 精神腫瘍科 教授 大西 秀樹 先生 30 2017年 10月12日• 『「がん治療」から「BSC」の時期における緩和ケアのコツとポイント』突出痛のマネジメントと輸液栄養治療の考え方• 東北大学大学院医学系研究科 緩和医療学分野 准教授 中島 信久 先生 28 2017年 7月13日• 日本赤十字社医療センター 緩和ケア科 部長 的場 元弘 先生 27 2017年 5月11日• 緩和医療とがん漢方• 芝大門 いまづクリニック 院長 今津 嘉宏 先生 26 2017年 2月16日• 緩和ケア医からみた生老病死• 立正佼成会附属佼成病院 緩和ケア科 部長 林 茂一郎 先生 25 2017年 1月12日• ターミナル期におけるグリーフケア• 上智大学グリーフケア研究所 特任所長 髙木 慶子 先生 24 2016年 11月10日• 在宅医療における緩和ケアと栄養管理 ー自験例での実際• 医療法人社団 鴻鵠会 理事長 城谷 典保 先生 23 2016年 9月8日• アドバンス・ケア・プランニング -もしもの時に備えていのちの終わりについて話し合いをはじめる-• 神戸大学大学院 医学研究科内科系 講座先端緩和医療学分野 特命教授 木澤 義之 先生 22 2016年 7月14日• 緩和ケア領域における漢方の役割• 東京女子医科大学東医療センター 薬剤部がん包括診療部統括薬剤師 薬剤部長代行 伊東 俊雅 先生 21 2016年 5月12日• がん性疼痛の薬物療法の実際• NTT東日本関東病院 緩和ケア科 部長 鈴木 正寛 先生 20 2016年 2月18日• 緩和ケアは「がん医療」を支える• 東京医科大学 麻酔科学分野・緩和医療部教授・部長 田上 正 先生 19 2016年 1月21日• マサチューセッツ総合病院 MGH の成果を再現できるか? ~在宅がん緩和ケアの視点から~• 医療法人社団 三育会 新宿ヒロクリニック 緩和ケアセンター長 向山 雄人 先生 18 2015年 11月12日• 緩和医療における東洋医学的展開• 星ヶ丘医療センター 緩和ケア科 部長 川原 玲子 先生 17 2015年 10月15日• 疼痛治療のスキルアップ レスキュー薬使いの達人になる!• 埼玉県立がんセンター 緩和ケア科 科長 余宮 きのみ 先生 16 2015年 9月17日• 痛みを聴く ナースの心• 昭和大学大学院 保健医療学研究科 教授 梅田 恵 先生 15 2015年 7月9日• 薬剤師の取り組み ~緩和ケアチームのニーズに応える~• 慶應義塾大学病院 薬剤部・緩和ケアセンター専任薬剤師 金子 健 先生 14 2015年 5月21日• 緩和ケアチームの取り組みと最近のトピック• 東邦大学医療センター大森病院 緩和ケア医療センター センター長 大津 秀一 先生 13 2015年 1月22日• 私、いつまで生きられますか?• 埼玉医科大学総合医療センター 呼吸器外科准教授・緩和ケア推進室 室長 儀賀 理暁 先生 12 2014年 11月6日• がん診療における消化器症状のマネジメント• 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 臨床腫瘍分野 教授 三宅 智 先生 11 2014年 10月9日• 緩和医療における漢方治療• いかに緩和ケアの地域連携を進めるか• 患者中心の包括的がんケア• 国立国際医療研究センター病院 緩和ケア科 医長 徳原 真 先生• 東京大学医科学研究所附属病院 緩和医療科 特任講師 岩瀬 哲 先生• 東京大学医科学研究所附属病院 緩和医療科 特任助教 石木 寛人 先生 10 2014年 9月18日• 国立国際医療研究センター病院 小児科 チャイルドライフ・スペシャリスト 大曲 睦恵(CLS 9 2014年 7月24日• 鎮痛補助薬の使い方• 癌性腹水に対する新たな治療戦略 ~KM-CARTによる積極的症状緩和とオーダーメイド癌治療への活用~• 国立国際医療研究センター病院 がん性疼痛看護認定看護師 ICU 高野 裕美子師長• 要町病院 腹水センター 腹水センター長 松崎 圭祐 先生 8 2014年 6月24日• オピオイドの使い方• スピリチュアルペインとディグニティセラピー• 鳥取大学医学部がんセンター センター長 教授 辻谷 俊一 先生• 水戸協同病院 総合診療科 科長 金井 貴夫 先生 7 2014年 2月4日• がん治療における骨マネジメントの重要性• 国立がん研究センター 乳腺・腫瘍内科 企画戦略局長 藤原 康弘 先生 6 2014年 1月28日• 緩和医療の現状と新規オピオイド鎮痛薬の特徴およびその役割• 東京慈恵会医科大学 大学院医学研究科 緩和医療学 教授 腫瘍センター 緩和ケア室 室長 下山 直人 先生 5 2013年 11月26日• 漢方によるがん治療の奇蹟• 公益財団法人 がん研有明病院 漢方サポート科 部長 星野 惠津夫 先生 4 2013年 10月22日• 緩和医療の現状と今後の展望-新規オピオイドを含め• 東京慈恵会医科大学 大学院医学研究科 緩和医療学 教授 腫瘍センター 緩和ケア室 室長 下山 直人 先生 3 2013年 9月17日• がん疼痛と呼吸困難感の緩和的薬物療法• 帝京大学 医学部内科学講座 緩和ケア内科 教授 有賀 悦子 先生 2 2013年 7月30日• 骨転移マネージメントにおける整形外科の役割• 骨転移薬物療法の過去・現在・未来• 東京大学医学部附属病院 整形外科 助教 篠田 裕介 先生• 東京医科大学病院 乳腺科 教授 河野 範男 先生 1 2013年 4月16日• がん性疼痛の治療 ~オピオイドによる薬物療法~• 聖路加国際病院 緩和ケア科長 林 章敏 先生.

次の

グローバルヘルスケアクリニック 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

グローバル ヘルス ケア クリニック

阪神電気鉄道株式会社 株式会社ソシオン ヘルスケア マネージメント 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)と株式会社ソシオン ヘルスケア マネージメント(本社:東京都千代田区、社長:細川慶人)は、今秋、医療と美容を提供する都市型クリニックモール「インターナショナル・メディカルスクエア(合計7テナント)」を、交通利便性の高い大阪・西梅田のハービスPLAZAにオープンします。 このクリニックモールを構成する医療施設は、内科、漢方内科、皮膚科、美容皮膚科、海外渡航外来、健康診断、消化器内科、耳鼻咽喉科、眼科、アレルギー科、ペインクリニック整形外科といった一般的にもニーズが高く、かつ幅広い分野を取り扱っており、さらに、メディカルビューティサロン、メンタルヘルスケアサポートなどの施設も併設することで、ご利用いただく全ての皆さまにご満足いただける施設となっております。 「インターナショナル・メディカルスクエア」の概要は、次のとおりです。 さらに、各クリニックの女性ドクター、検査技師、看護師、薬剤師のウェアも同ブランドで統一するなど、優雅で上品な空間を演出します。 5 テナント紹介 a. 医療法人瑞和会 ラッフルズメディカル大阪クリニック シンガポールの国際的医療機関"ラッフルズメディカルグループ"の支援を受けて、グローバルスタンダードの予防医療と総合診療をご提供します。 患者さまお一人おひとりに寄り添うかかりつけ医が、カラダとココロの健康はもちろん美容もサポートする都市型ホームクリニックです。 苦痛やストレスの少ない検査をコンセプトにカプセル内視鏡検査も実施します。 医療法人華風会 ボー・クリニック 短い待ち時間、最新の画像診断と治療機器により、日常的な悩みとなる眼科・耳鼻科・ペインクリニックのやっかいな疾患を分かりやすい診断と最適な治療を行います。 慢性疼痛には衝撃波治療を導入します。 キリン堂薬局 ハービスプラザ店 健康に関するどんな悩みでもご相談いただける街のかかりつけ調剤薬局です。 併設のセミナールームでは、健康セミナーや相談会を定期的に実施致します。 アイエムエフ株式会社 大阪支社 企業のストレスチェック制度運営から、カウンセリング・管理職へのコンサルテーションなど総合的な職場のメンタルヘルス施策を丁寧に支援し、安心をお届けする専門機関です。 自由診療(自費診療)の内容と開始日に関しては、各クリニックにお問い合わせください。

次の