幼稚園 の 先生 資格。 幼稚園教員

【最新版】幼稚園教諭と保育士の違い

幼稚園 の 先生 資格

「幼稚園の先生になりたい!」「こども達と関わっていきたい!」このような希望を持った方は多く、幼稚園の先生は今も昔もとても人気のある職業ですよね。 そんな幼稚園の先生になる夢を叶えるためには、どうしたらいいのでしょう。 今回はそのような事をご説明します。 幼稚園教諭免許状を取得しましょう 幼稚園の先生になるには、幼稚園教諭免許状が必要となります。 また、その免許状には3種類あります。 養成課程のある大学などで必要単位を修め、卒業することによってこれらの免許状を取得することが出来ます。 少し特殊な上に、一種免許状ではなく二種免許状となりますが、他にも取得方法があります。 ・養成課程ではない学校を卒業した方であれば、授与されている学位を資格とし、最小限の単位数を修める ・保育士の資格を所持し、3年以上の実務経験がある場合には、教員資格認定試験に合格する このような方法もありますので、ご自身が目指しやすい方法で免許状を取得するようにしてください。 一種免許状と二種免許状 先ほどご説明したように、幼稚園教諭免許状には、専修と一種と二種があります。 これらの免許状の中で、二種免許状ではなく一種免許状の方が幼稚園の先生になりやすいのではないかと思う方もおられるでしょう。 実は、幼稚園の先生として働いていくのであれば、二種免許状で十分なのです。 では、一種免許状を取得したほうが良いと言われる場合があるのはなぜかといいますと、給料や待遇、就職の有利さといった面での違いがあるためです。 また、将来幼稚園の園長先生になりたいなどの希望があれば、一種免許状が必要になります。 それ以外で、一般の幼稚園の先生として働きたいということであれば、二種免許状で十分なのです。

次の

幼稚園の園長になるために持っておくと有利な資格 | ゆめほいくブログ

幼稚園 の 先生 資格

保育士と幼稚園教諭にはどんな違いがある? 保育園や幼稚園に務める際には、「保育士」や「幼稚園教諭」の資格が必要になります。 その際に、保育士や幼稚園教諭にはどのような違いがあるのか知りたい保育士さんもいるのではないでしょうか。 保育士と幼稚園教諭の具体的な違いは• 仕事内容• 資格の取得方法• 給与 などが挙げられます。 まずは、保育士と幼稚園教諭の仕事内容いについて詳しくみていきましょう。 働く場所や子どもを預かる時間などの違いについて紹介します。 働く場所の違い 保育士と幼稚園教諭の働く場所は、国の管轄によって違いがあります。 保育士の管轄は厚生労働省であり、児童福祉法をもとに、保育園や児童養護施設や母子生活支援施設、企業内保育所など、「福祉」の観点から、主に生活の場が活躍する場となっています。 一方、幼稚園教諭の管轄は文部科学省であり、学校教育法をもとにした免許です。 主に教育の場の私立や公立の幼稚園などに勤務します。 このように国の管轄や定められた法律に違いはありますが、全国で保育士や幼稚園教諭が不足している中で、幼稚園で保育士のみの資格保有者を募集している場合もあります。 施設や企業によって求めている人材に違いがあるため、求人票などをよく確認するとよいかもしれません。 出典: 出典: 子どもを預かる時間の違い 保育士や幼稚園教諭の勤務時間については、正社員、パートなどによって違いがあるものの、正社員の場合は労働基準法に基づいて保育士、幼稚園教諭同様、原則8時間となっています。 保育活動を行う中で、子どもの預かる時間について保育園と幼稚園で違いがあります。 幼稚園については、幼稚園教育要領に定められた一日の教育時間は4時間のため、子どもたちを預かる時間についても4時間が基本となります。 また、保育園については原則8時間として、幼稚園よりも子どもを預かる時間については長いといえるでしょう。 ただ、幼稚園の中には働いている保護者のニーズに応え、預かり保育を実施しており、園によって子どもの保育時間が長い場合もあります。 預かり保育専任のアルバイトやパートを雇用している園もあるため、幼稚園によって一人ひとりの幼稚園教諭が子どもを預かる時間については違いがあるようです。 出典: 出典: 日常的な保育活動の違い 保育士と幼稚園教諭の仕事内容は、働く保育園や幼稚園によって違いがあります。 保育園の場合は、0歳~5歳までの子どもたちを預かり、年齢に応じて昼寝をするなど生活の場として子どもたちが過ごしやすいような環境づくりを考えることが多いかもしれません また、幼稚園の場合は満3歳から子どもを預かり、教育の場として、勉強や運動などを取り入れている園もあり、園によって保育内容も変わってくるでしょう。 子どもと関わるうえでは、保育士も幼稚園教諭も、日中の保育を中心に遊びや日々の養護を通じての関わりを中心に仕事を進めていきます。 クラスを持つ担任になれば両者ともクラス運営を担当しますし、保育補助やサポートに回れば、園の環境整備や掃除、保育教材の準備などを担当する点も同じ場合もあるようです。 近年では幼稚園も保育園同様、延長保育や低年齢の預かりを進めていることから、幼稚園や保育園の違いがあるというよりは、各施設で異なる保育の方針や方法の違いがあるかもしれません。 年間行事の数の違い 保育園や幼稚園の年間行事については、園によって差はあるものの保護者の方が参加する行事やイベントが保育園よりも幼稚園のほうが多いようです。 参観日やバザーなど保護者の方が関わる行事が多い場合は、土日に出勤することもあるかもしれません。 私立幼稚園では、宿泊学習などを企画している園もあり、園独自でさまざまなイベントを開催することもあります。 年間行事の数に違いがある場合は、日々の指導案の作成数などについても、違ってくるかもしれません。 キャリアアップの違い 保育士や幼稚園教諭についてキャリアアップに違いはあるのかを見ていきましょう。 保育士や幼稚園教諭のキャリアップの一例を紹介します。 このように保育士や幼稚園教諭のキャリアアップについては大きく変わらないようですが、独自のキャリアアップの形態を構築している施設もあるため、働く場所によって確認するとよいかもしれません。 資格の内容についてくわしく解説します。 保育士資格 保育士資格とは、2003年11月29日に改正された児童福祉法により、 「この法律で、保育士とは、第18条の18第1項の登録を受け、保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者をいう。 」と定義されています。 児童福祉法第18条の4には、 「保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者」 として、この資格がない場合は、保育士と名乗ることができません。 保育園などの児童福祉施設で、家庭に変わり子どもの生活の場の中でを保育することができる資格となっています。 出典: 出典: 幼稚園教諭 幼稚園教諭は保育士の「資格」とは違い、教員職員免許法によって定められた「幼稚園教諭免許」を申請し、授与されるものです。 幼稚園教諭の免許には定められた期間内に更新する必要があります。 幼稚園などの子どもたちを教育をすることを目的とした免許となっています。 保育士資格と幼稚園教諭免許の資格内容に違いがありますが、取得方法についても異なります。 両資格の取得方法の違いについてみていきましょう。 com 保育士資格と保育園教諭の資格の取得方法にはどのような違いがあるのでしょうか。 保育士資格の取得方法 保育士の資格の取得方法については、• 年2回実施される保育士資格試験(筆記・実技)を受験して、合格する• 厚生労働大臣が指定する保育士資格が取れる専門学校、短大・4年制大学で、所定の単位を取得し卒業する という、上記の2パターンがあります。 保育士資格試験を受ける場合は、独学や資格試験の通信講座受講やスクールに通うなどして学ぶ方がいるようです。 出典: 幼稚園教諭免許の取得方法 幼稚園教諭免許は、保育士資格とは違い、第1種免許状、第2種免許状、専修免許状の3種類があります。 それぞれ取得するには、• 1種免許状の場合:4年制大学にて幼稚園教諭養成過程を修了し、卒業する• 2種免許状:短大・専門学校を卒業する(通信教育でも可)• 専修免許状:4年制大学を卒業後、大学院にて修士課程を修了する という形になります。 幼稚園教諭の免許状については、文部科学省「 幼児教育の現状」の資料によるとによると68%が二種免許状であり、他の免許状に比べて多くなっています。 基本的にどの資格でも仕事内容に違いはありませんが、多少お給料に差が出る場合があるようです。

次の

幼稚園教諭教員資格認定試験とは? 受験資格や取得できる免許は?

幼稚園 の 先生 資格

保育士資格 一方、保育士に関しては、資格試験(筆記試験+実技試験)に合格する必要があります。 試験科目は社会福祉、児童福祉、発達心理学、精神保健、小児保健、小児栄養、保健原理、教育原理、用語原理、保育実習理論と幅広く、全ての科目で6割以上の点数が必要です。 筆記試験の合格者のみ「実技試験」を受けることができ、一般保育・言語・音楽・絵画製作から2科目を受験することになります。 実技に関しても6割以上が合格ラインと言われています。 実際、 資格試験の合格率は平均20%前後と低く、しっかりと勉強した上で試験に臨む必要があり、資格取得は容易ではありません。 年度 受験人数 合格者数 合格率 平成29年 62555 13511 21. そして「卒業 = 必要な知識や技能を習得した」とされるので、学校を卒業すれば「無試験」で取得できる仕組みとなっています。 保育士資格を目指している人からすると何ともやり切れない部分ですが、国が定めているものなのでどうしようもありません。 (容易)幼稚園教諭免許 > 保育士資格(難解) 少し言葉は悪いですが、幼稚園教諭免許は学校にさえ入ってしまえば勝ちなのでこの結論になります。 また、幼稚園教諭免許には「取得が容易」であることに加えて、もう一つ利点があります。 それは、 保育士の資格試験を学科免除で受験することができるという点です。 (幼稚園教諭免許状を有する者に対する特例制度に該当する場合) 特例該当者の合格率はほぼ100%であり、これは、「幼稚園教諭免許を持っていると、保育士資格も取得しやすい」ということを示しています。 逆に、保育士資格から幼稚園教諭免許はこれほど簡単に取得できません。 そのため、 あなたがどちらも選べる状況にあるのであれば、幼稚園教諭免許の取得がオススメです。 ただ、保育士資格にも利点があります! それは、試験さえ合格するればOKなので、学校に通う必要がなく、独学(書籍、問題集、ユーキャン)でも取得可能な点です。 つまり、コストを大幅に抑えることができ、個々の状況(社会人など)を選ばず、あらゆる人に可能性があるということです。 最後にお伝えしておきたいことは、 2つの資格(免許)に優劣はなく、どちらも社会から求められているものであるということです。 あなたの現在の状況から最適な資格を選択し、子供たちの未来のために力を尽くして欲しいと思います。

次の