断片 類語。 独断専行の意味とは?使い方や類語・対義語を解説

「あたかも」の意味、漢字、使い方を例文付きで解説!類語や英語表現も紹介

断片 類語

「あたかも」の意味と漢字 「あたかも」の意味は「あるものが他に似ている意」と「ちょうどその時」 「あたかも」の意味は二つあります。 「あたかも」の意味一つ目は、「 あるものが他に似ている意」です。 「さながら」「まさに」「ちょうど」「まさに」というような意味合いをもち、「特対象となるものを、何かに見たてて表現する場合」に使用します。 多くの場合が、「あたかも」の後に「~のようだ」などを伴います。 二つ目の意味は「 ちょうどその時」です。 ある時刻や時期にちょうどあたる意を表し、「ちょうどその時」というニュアンスをもちます。 この場合は「時あたかも午前零時」というように、 「時あたかも」という使い方をします。 「あたかも」の漢字は「恰も」「宛も」 「あたかも」は漢字で,「 恰も」または「 宛も」と書きます。 「恰」は、音読みで「こう・かっ」訓読みで「あたかも」と読み、人命常用漢字なので名前に使用することもできる漢字です。 「あたかも」以外では、「恰好」や「恰幅」というように、外から見た姿や状態を意味する言葉に使用されます。 「宛」は、音読みで「えん」訓読みで「あてる・ずつ・あたかも」と読みます。 どちらも「あたかも」と読める人のほうが少ないと考えられますので、「あたかも」を使用する場合は平仮名で表記することが望ましいです。 「あたかも」の使い方と例文 主に「あたかも〜ようだ」「あたかも〜ような」の形で使う 「あたかも」は、物事の形・ありさま・性質などをほかの言葉やたとえを言い表す「~のようだ」「~のような」といった形容する言葉を使用して、 「あたかも〜ようだ」「あたかも〜ような」の形で使用します。 「あたかも~のようだ」「あたかも~のような」は、「あたかも」と組み合わせて使うことが最も多い言葉です。 「ようだ」「ような」は、例えば「その美しさは、あたかも宝石のようだった」というように、似た物に例えるという表現方法になります。 同じように形容する言葉の例として「あたかも〜かのように」があげられます。 「あたかも~のように」は、「あたかも兄弟かのように仲が良かった」といったように、動作や状況を例える場合に使用される言葉です。 「ごとく」「ごとし」は漢字で「如く」「如し」と書きます。 「ごとく」「ごとし」は、「~のようだ」という意味で、 比喩的な表現をする時に使用される言葉です。 例えば、「汗が滝の如く流れでる」というように使用し、「汗が滝のように流れでる」という意味になります。 同じく「あたかも」と一緒に使用し、比喩的な表現になる言葉に「あたかも〜かのごとく」があります。 「かのごとく」は、動作や状況を他のものに例える場面で使用されます。 「彼らは嵐のごとく過ぎ去っていった」というような使い方をします。 「あたかも」はあまり口語表現では使わない 「あたかも」は、 あまり口語表現では使用されません。 理由として、「 文法的に使用方法があまり理解されていない」ということがあげられます。 「あたかも~のようでだ」とう 例えも難しいものが多いので、堅苦しい表現になりがちです。 「あたかも」は、どちらかというと 文語表現に近いとされています。 あまり使われない表現方法ではありますが、「あたかも」は敬語表現としても認められている言葉なので 目上の人やビジネスシーンでも使用することができます。 しかし、型ぐるしい表現方法なので、「まるで」や「さも」など状況によって言い換えてもいいでしょう。 「時あたかも」は日常的にはあまり使われない 「時あたかも」は、 日常的にはあまり使われません 「時あたかも」という言葉を知らないひとのほうが多いという理由が考えられます。 「時あたかも」を使用するよりも、「12時ちょうど」というように、「ちょうど」や「ぴったりに」という言葉を使用したほうが、意味が伝わるからです。 難しい言葉を使用するよりも、相手に分かりやすい表現で伝えたほうが、会話がスムーズにいき印象もいいです。 「あたかも」を用いた短文・例文 「あたかもこの世の終わりのよ顔をしている」 「彼女はあたかも恋人がいるような口ぶり話をしていた」 「あたかもそれが本当に真実であるように人を洗脳させるのが上手かった」 「時あたかも19時、最終の夜行バスが出発した」 「あたかも」の類語 「あたかも」の類語は、形状・様態・性質などが、似ている物事にたとえて形容する語があげられます。 いくつか代表的なものを紹介します。 まるで 「まるで」の意味は、「 ほとんど同じようであるさま」です。 「まるで」は、漢字で「丸で」と表記します。 「彼の笑顔はまるで太陽のようだ」というように、 「まるで」を使用する場合は後に「ようだ・みたいな」といった比況表現を共ないます。 〇「まるで」を用いた例文 「彼の運転さばきは、まるでレーサーのようだった」 「彼女はまるで歌手のように歌がうまい」 「まるで恋人のような距離の近さ」 言わば 「言わば」は、 「言ってみれば」「しいて言うならば」という意味です。 「言わば」は、「言う」の未然形に接続詞の「ば」をつけたものです。 例えを示してわかりやすく言い換えたり、極端に結論として示したりする場合に使用されます。 「いわば~だ」のといった使い方をします。 〇「言わば」を用いた例文 「言わばその行動は将来の自分に繋げる為の行動なのに!」 「それを可能にするのは言わば神しかいないだろう」 「仕方がないよ、言わば彼にとっては遊びでしかなかったんだから」 ちょうど 「ちょうど」の意味は、「 数量・大きさ・時刻などが、過不足なく一致する様」です。 また、「 その時と、ある物事が行われている時と重なるさま」を「ちょうど」といいます。 「ちょうどその時」といった使い方をすることができ、「ぴったり」というニュアンスを持ちます。 例えば、「年が明けたちょうその時、わたしはキッチンにいた」というような使い方をします。 〇「ちょうど」を用いた例文 「電車に乗ろうとしたちょうどその時、扉が閉まった」 「午前10時ちょうどに出発するから遅刻しないでね!」 「私が家に入ったちょうどその時、雷が落ちたようだ」 折しも 「折しも」は、「 おりしも」と読みます。 「折しも」の意味は、「 ちょうどその時」です。 副詞的に用いられる場合が多く、「しも」は、本来強めの助詞として使われる言葉です。 例えば、「折しも月が雲に隠れた」というような使い方をすると、「ちょうどその時、月が雲に隠れた」という意味の文章になります。 〇「折しも」を用いた例文 「折しも彼はすでに眠りについていた」 「家を出ようとしたのはいいが、折しも雨が降ってきてしまった」 「折しも出発予定時刻に間に合わないと連絡がはいったのだった」 まさに 「まさに」の意味は、「 あることが起こる・行われる直前であるさま」です。 また、 「ぴったりと当てはまるさま・ちょうど」という意味や、「疑いのないさま・確かに」という意味があります。 「まさに太陽が沈むとき」というような使い方をすると、「太陽が沈むちょうどその時」というような意味合いになります。 〇「まさに」を用いた例文 「まさに完成しようとしていたパズルを落としてまった」 「ゴールしたまさにその瞬間を写真に撮ることができた」 「今まさに歴史が変わった瞬間だといえるでしょう」 いかにも 「いかにも」の意味は、「 物事の認定が、ぴったりと一致しているという気持ちをあらわす」です。 「どこからどう見ても」や「どう考えても」といったニュアンスです。 また、「 相手の言葉をうけて、その通りだと同意する意」という意味もあります。 「いかにも」は、漢字で「如何にも」と表記します。 例えば、「如何にもその通りである」というような使い方をした場合、「まったくその通りである」というようなニュアンスになります。 〇「いかにも」を用いた例文 「富士山の山頂の白さは、いかにも冬の訪れを感じさせた」 「集合時間の1時間前に到着するのは、いかにも早すぎる」 「いかにもその通りなので返す言葉がありません」 さながら 「さながら」は、「 他に例えるならば、それがぴったり」という意味です。 多くの場合が比況の表現を伴って使用される言葉です。 「さながら」を漢字で表記すると「宛ら」となります。 「さながら~のようだ」「さながら~のように」といったように使用します。 〇「さながら」を用いた例文 「さながらプロ野球選手のような試合を続けてる」 「子どもの寝顔絵はさながら天使のようである」 「本番さながらに、音を出してリハーサルをした」.

次の

独断専行の意味とは?使い方や類語・対義語を解説

断片 類語

「ヘラクレイトス」とは? まずはじめにヘラクレイトスについて紹介します。 ヘラクレイトスは「イオニアの自然哲学者」 ヘラクレイトス(紀元前540年頃~480年頃)は、古代ギリシャの自然哲学者で、「万物は流転する」の言葉でよく知られています。 ソクラテス(紀元前469年~399年)とすれ違いに生き、「ソクラテス以前の哲学者」と呼ばれます。 ソクラテスはギリシャのアテナイにいましたが、ヘラクレイトスはギリシャではなく、現在のトルコの南西部に位置する「イオニア地方」で活躍しました。 イオニアは古代ギリシャ人が植民した地方で、多くの都市国家が栄えていました。 ソクラテス以前の哲学はギリシャ本土ではなく、イオニア地方で花開いたのです。 「万物の源は水である」と言い、「哲学の父」と呼ばれるタレス(紀元前624年頃~546年頃)もイオニア地方の哲学者です。 タレスやヘラクレイトスなどのイオニアの哲学者は「自然哲学者」と呼ばれ、自然界をテーマに探求を深めていました。 さらにその強い個性と、箴言(しんげん)めいた文体などから、紀元前3世紀の初め頃から「闇の人」あるいは「謎をかける人」といった評価が定着していました。 ヘラクレイトスにはたくさんの逸話や伝説が伝えられていますが、そのほとんどは、ヘラクレイトスを快く思わない人の作り話だとされています。 特に、病気を患いそれを自分で治そうと牛糞にまみれて死亡した、という逸話は創作の可能性が高いでしょう。 「ニーチェ」はヘラクレイトスを高く評価した ニーチェ(1844年~1900年)はギリシャ哲学の研究者でもあり、ソクラテス以前のギリシャ哲学を高く評価していました。 ニーチェは、現にここで生きている人間、その人間自身の探求を行い、ヘラクレイトスの「私は、自分自身を探求した」という言葉を大切にしていました。 ニーチェの、世界は何度も繰り返すという「永劫回帰」の思想は、ヘラクレイトスら、ソクラテス以前のギリシャ哲学への回帰を意味していました。 また、ハイデガーやショーペンハウアーなどもヘラクレイトスを尊敬していたことで知られています。 「ヘラクレイトス」の思想とは? 次にヘラクレイトスの思想について紹介します。 ヘラクレイトスの「万物流転説」:世界は絶えず変化し続けている 「万物は流転する」という有名な言葉は、「世界はたえず変化し続けていている」という意味で、「変化」を問題にしている思想です。 例えば人間は時間とともに細胞が入れ替わり、変化していますが、同じ「私」であることに変わりはありません。 「人は同じ川には足を2度入れることはできない」「同じ川にわれわれは入っていくのでもあり、入って行かないのでもある。 われわれは、存在するとともに、また存在しないのである」というヘラクレイトスの言葉があります。 セネカは「ものが変化すると言っている間に、当の私自身も変化しているのであって、それがヘラクレイトスのあの言葉の意味なのです」と述べています。 ヘラクレイトス以前の哲学者は「万物の根源とは何か」を探求しましたが、「世界とは何か」に彼の問いは発展していきました。 ヘラクレイトスは世界は「在る」ものではなく、世界は対立するものの調和によって「変化しながら成る」ものだといい、その学説は万物流転説と呼ばれます。 運動こそが万物の真相であるとしたのです。 ヘラクレイトスは変化する世界を「火」として把握した ヘラクレイトスは、絶えず変化しながらも同じ姿を保ち続ける「火」として世界を把握しました。 ヘラクレイトスにとっての世界とは「永久に生きる火」そのものであり、次のように述べています。 万人にとって同一のものたるこの宇宙秩序は、いかなる神も、人も造ったものではない。 それは常にあったし、今もあり、これからもあるだろう。 それはとこわに生きる火であり、一定の分だけ燃え、一定の分だけ消える。 ヘラクレイトスの考え方は「弁証法」の出発点となった ヘラクレイトスは闘争を万物の父とし、矛盾対立や対立こそが真実であると主張しました。 例えば戦争があるからこそ平和があると考えたのです。 この考え方はのちにヘーゲルが確立した「弁証法」の出発点ともなりました。 問題を解決する際に対立する2つの事柄について両者を切り捨てることなく、より良い解決方法を見つけ出す思考方法です。 「パルメニデス」は世界を不動と捉え「ヘラクレイトス」を批判した 紀元前515年頃に南イタリアに生まれたパルメニデスは世界を「存在」するものだと捉え、世界を「変化」するものであり「われわれは存在するとともに、また存在しない」としたヘラクレイトスを批判しました。 パルメニデスは「有るものはあくまでも有り、無いものはあくまでも無い」と言い、存在するものは変化してもしなくても存在し続けると主張しました。 変化や消滅とは、存在するものが存在しなくなり、ある存在が他の存在になることであるため、パルメニデスによればヘラクレイトスの論理は不可能なことだったのです。 例えば、ヘラクレイトスは、川は常に新しい水が流れ、たえず変化してゆくものと考えますが、パルメニデスは、川は川であり、水が流れていても川は川として変わらず存在しているという主張です。 パルメニデスのように「存在」という概念で世界を探求した哲学者たちを「エレア学派」と呼びます。 また、ヘラクレイトスとパルメニデスの対立は、弁証法と反弁証法の対立ともいわれます。 ソクラテス以前の哲学者の思想は「断片集」にまとめられている ソクラテス以前の哲学者とは、紀元前6世紀から紀元前4世紀の哲学者のことをいいます。 その時代の哲学者についてのまとまった著作は現存せず、断片のみが伝わっていました。 ドイツの古典学者ディールスがそれらの断片をまとめ、『ソクラテス以前の哲学者』を刊行して研究の土台を作りました。 のちにクランツがこの作業を継承したため、ディールス・クランツの断片集と呼ばれることもあります。 「ヘラクレイトスの言葉」を断片集から紹介 最後に断片集からヘラクレイトスの言葉を紹介します。 なお、ヘラクレイトスは「万物は流転する」と直接は述べておらず、その思想を表した言葉が伝わっています。 魂にとって、水となることは死である。 また水にとって、土となることは死である。 しかし土からは水が生じ、水からは魂が生ずる。 火は土の死を生き、空気は火の死を生き、水は空気の死を生き、土は水の死を生きる。 道は上りも下りも同じ一つのものだ。 太陽は日々に新しい。 反対するものが協調する、そして異なる音から最も美しい音調が生じ、万物は争いによって生まれる。 デルフォイに神託所をもつ主なる神は、あらわに語ることも、またかくすこともせずに、ただしるしを見せる。 ひとを笑わせるのもよいが、自分自身が笑われるようになるのはいけない。 よく思われるには、よくなるのが一番だ。 智を愛し求める人は、実に実に多くのことを探求しなければならない。 まとめ 「万物は流転する」とヘラクレイトスが直接述べたのではありませんが、世界は絶えず変化し続けているというヘラクレイトスの万物流転説は、自然界をテーマとした自然哲学と呼ばれています。 古代ギリシャの自然哲学者たちは、人間も自然の一員であると認識していました。 ニーチェは、自然の一員としての自分自身を探求するソクラテス以前の哲学に強く憧れていました。

次の

断片的の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

断片 類語

体系化はなぜ大切なの? 知識や情報を体系化することで、日々のノウハウとしてすぐ活用できる知識にすることができるメリットがあります。 また、自分以外の誰かのためにマニュアルを作ったり、指示をおこなって動いてもらうときには説明しやすくするためには必ず体系化の作業が必要です。 1 目的を決めて情報収集する まずはあるテーマを決めて情報収集します。 ここで重要なのはテーマを具体的にブレイクダウンしておくことです。 例えば「プレゼンテーション」に関する情報を集めるとします。 漠然とプレゼンで検索して記事をみたり広報系のメディアの記事を眺めてたりしてもわかった気になるだけで全く後から役に立ちません。 プレゼンテーションだとしたら「話し方」「身振り手振り」「資料作成」「練習のやり方」など細かいテーマにブレイクダウンしてから調べ始めましょう。 2 収集した情報を抽象化してまとめる 細かい情報収集ができたらそれらの具体的な事例を抽象化して自分の目の前の仕事に当てはめてみましょう。 例えば「プレゼンテーションの資料フォーマット」だとしたら内容は違うけどこのデザイン・ページ数・レイアウトは真似してみようという使い方ができます。 よく「できる人は真似るのではなく盗む」と言いますが、真似るはただ事例をそのままやるということですが、盗むは事例を抽象化して自分の目の前の仕事に当てはめて実行することをさします。 3 日々の業務に落とし込む 抽象化して目の前の仕事に当てはめたら次は実践してみましょう。 実践すると「記事でみた通りにできない・自分的にはこっちの方がいい」と言った感想が出てきます。 そしたらここで自分なりのアレンジを加えてみるのです。 そうすれば自分が実際に使える知識になります。 ここまでやると体系化は完了です。 体系の使い方と例文 体系化(する) 体系化は、体系に接尾詞の化がついた言葉です。 体系とは、個々のものを秩序のもと統一した組織にした全体や、矛盾のないかたまりにしたものを意味します。 また、ビジネスでも使われる「知識の体系化」とは、それぞれの知識を関連づけてまとめることをいいます。 体系的な 知識が関連づけてまとめるられていることをさします。 形式体系 形式体系(けいしきたいけい、Formal System)は、数学のモデルに基づいた任意の well-defined な抽象思考体系と定義されています。 形式体系は大きな理論や分野(例えばユークリッド幾何学)の基盤またはそのものとなることが多く、現代数学では証明論やモデル理論などと同義に扱われます。 論理体系 その人が信じる考え方の体系のことのことをさします。 体系の対義語・反対語 「個別的・分散的」です。 ひとつひとつがバラバラになっている様子を表す言葉です。 体系の意味や定義、使い方と例文について解説してきました。 ここまで読んできた方は、体系の本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上のことを知ることができたと感じるのではないでしょうか。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。 「失業リスクがある」• 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「転職すると給料が下がる」• 「新しい環境に慣れるのが大変そう」 しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。 転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。 1 転職活動に失業リスクはない! 転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、 「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。 一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。 大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。 20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。 30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。 4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。 引用: 20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。 つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」 人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。 2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18. 引用: つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に 活発に採用活動が行われていることを示しています。 理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」 転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。 しかし、その点についても心配いりません。 今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。 たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。 求人を探す• 履歴書・職務経歴書を作成する• 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する• 面接を1次〜3次まで突破する• 給与条件や入社日を人事側と調整する• 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。 でも今は、 「転職エージェント」を活用することができます。 転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。 そのため、 転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。 また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。 … 以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。 転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。 おすすめ記事: 2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる 転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、 「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。 特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。 これまで得てきた経験を活かすには、 「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。 「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、 「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。 あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。 もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。 業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。 業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、TOPページで掲載しています。 3 転職しても給料は下がらない 「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか? それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。 今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、 自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。 それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。 特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。 年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。 おすすめ記事: 4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる 転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは 「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。 「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。 しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。 それはなぜかといいますと、 転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。 あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか? 実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。 おすすめ記事:.

次の