オイル ショック と トイレット ペーパー。 トイレットペーパー争奪戦の暗黒時代 「オイルショック」期に生まれたクルマの明と暗

1973年のオイルショックでの「トイレットペーパー買い占め騒動」はアメリカでも起きていた

オイル ショック と トイレット ペーパー

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、マスクを求めてドラッグストア前で列を成す消費者。 品不足はトイレットペーパーなど紙製品にも(写真:アフロ) 2月28日の午前10時、東京都三鷹市にあるホームセンターでは、列を成す客が開店と同時に店になだれ込んだ。 目指すは2階の家庭用品コーナー。 積まれたトイレットペーパーやティッシュを次々と手にしては、満足げにレジに並んだ。 近隣に住む70代の男性は、「息子夫婦からトイレットペーパーがなくなるかもしれない」と聞いて不安になり、18ロール入りを2つと、5箱入りティッシュを2つ購入した。 家では妻と2人暮らし。 「息子夫婦にも分けられるようにね」と喜々として話した。 30代の女性は、対話アプリのLINEでママ友が「オムツがなくなる」と書き込んでいるのを見て、慌てて買い求めに来たという。 みんながティッシュやトイレットペーパーを買う姿を見て、「何となく私も買っちゃいました」。 近くのドラッグストアでも同じような光景が見られた。 棚には既に品はなく、店員がバックヤードからトイレットペーパーの入った段ボール箱を持ってくるなり、客が群がって争奪戦を繰り広げる。 通路には空になった段ボール箱が無造作に置かれていた。 男性店員は「昨日あたりから紙製品を買い求める客が急に増えた。 『買い占め』の波はマスクや消毒液にとどまらなさそう」と半ばあきれ顔で話す。 つぶやきを見た人が店に買いに走る悪循環が発生した。 トイレットペーパーやティッシュの買い占めは、2月上旬に香港でも発生している。 日用品が品薄になっているとの噂が市民の間で広がり、強盗事件も発生するまでに至った。 中国本土との境界の一部を閉鎖するなどの措置を取ったため、生活用品が手に入らなくなるとの懸念が出たようだ。 一方、日本の場合、トイレットペーパーなどの家庭紙は輸入依存度が低く、国内生産が中心だ。 マスクの増産でティッシュなどの原料が足りなくなるのでは、という憶測がネット上で拡散。 これが冒頭で見たような紙製品を買い占める客の増加につながったようだ。 メーカーが加盟する日本家庭紙工業会によると、トイレットペーパーやティッシュの国内生産ラインは通常通り稼働しており、「供給には何ら問題ないのに」と困惑する。 2011年の東日本大震災の直後にも発生した「買い占め」問題。 ツイッターやLINEといったネットサービスはオイルショックを経験した年配層にも浸透しており、品不足への不安感から買い占めに走らせているようだ。

次の

トイレットペーパー騒動

オイル ショック と トイレット ペーパー

今回のトイレットペーパー買い占め騒動で、みんなの頭によぎった「 オイルショック」というキーワード。 でも「 オイルショックの時になぜトイレットペーパーの買い占めが起こったのか?」ということはよく知らない人も多いはず。 「 今回はデマで買い占めが起こったけど、オイルショックの時は本当に品薄になったんでしょ?」と思っている人もいるかと思います。 でも実は、 1973年に起こったオイルショックの時も、トイレットペーパーは普通に流通していたのに、 不安感からデマが流れ、SNSなどがない当時、 マスコミが煽って集団パニックになり、全国で買い占め騒動が起こってしまったんです! なぜ非常事態になるとデマによる買い占め騒動が起こるのか? 買い占め騒動が起こった時、私たちはどうすればいいのか? 1973年に起こったオイルショックの背景や、過去の買い占め騒動の事例をあげて考えてみたいと思います^^ もくじ• オイルショックに学ぶ、デマ拡散でトイレットペーパー買い占めが起こる集団心理とは? 買い占めの代名詞「オイルショック」とは?分かりやすく簡単に説明 世界を揺るがしたオイルショック オイルショック(石油危機)とは 1973年の第4次中東戦争と、 1979年のイラン革命に端を発した 石油の供給危機のことを言います(それぞれ第一次オイルショック(1973年)、第二次オイルショック(1979年)と言われています)。 産油国である中東諸国での戦争や革命により、 原油の生産量が激減ししたため世界的に石油価格が高騰しました。 そのため、石油を主なエネルギー資源としていた 先進各国に不況やインフレなど深刻な経済的混乱を引き起こしました。 オイルショックが日本に与えた影響は? 1973年• 10月19日 当時の通商産業大臣が「 紙節約の呼びかけ」を発表• 10月下旬 「 紙がなくなる」という噂が流れ始める• 11月1日 大阪府のスーパーが、特売広告に「(激安の販売によって)紙がなくなる! 」と書いたところ、300人近い主婦の列ができ、2時間のうちにトイレットペーパー500個が売り切れる。 その後、来店した客が広告の品物がないことに苦情を付け、店では特売品でないトイレットペーパーも並べたが、それもたちまち売り切れる• 11月 噂を聞いた新聞社が 「 あっと言う間に値段は二倍」と新聞見出しに書いたため、騒ぎが大きくなり、騒動に発展• 政府は国民に買い溜め自粛を呼びかけたが効果なし。 トイレットペーパーの値段は急騰。 11月12日 政府はトイレットペーパーを法律に基づき特定物資に指定 1974年• 1月28日 政府がトイレットペーパーの標準価格を定める• 3月 騒動は収束し、供給が回復 こうやって見ると、10月中旬の中東の原油価格引き上げ決定を皮切りに、 ちょっとした噂から発生した騒動をマスコミが取り上げ、あっという間に「トイレットペーパーがなくなる!」というパニックが全国的に広がったことが分かりますね。 政府は国民に「冷静になるように」働きかけましたが、集団パニックに陥った国民の耳には届きませんでした。 騒動が収束するのに、まさに5ヶ月もかかっています。 当時はマスコミの報道がキッカケでデマが拡散してしまいましたが、現代ではネットやSNSで個人が発信できる時代です。 気をつけないと、デマはもっと早く広範囲に拡大してしますね。 私達は情報の取り扱いには更に注意が必要なのかもしれません。 非常事態の集団的不安が買い占めを引き起こす 実際は安定していた紙生産 オイルショックの時は、第四次中東戦争という世界情勢の不安も背景にあったため、原油価格高騰から 『紙が本当に無くなるかもしれない』という 集団的な不安が巻き起こりました。 そのため各地にデマが飛び火し、長い行列が発生します。 それをマスメディアが大きく取り上げられ、 パニックは全国に連鎖的に急速拡大していきました。 高度経済成長で大量消費に慣れていた日本人が、急に「物不足の恐怖」に直面したために起こったパニックとも言われています。 ここで興味深いのは、 この当時、日本の紙生産量は安定していたということです。 実際にはデマが全国的に広まるまで、生産量自体はほとんど変わっておらず、 パニックが発生した後はむしろ 生産量は増加していたのです。 トイレットペーパーが店頭から消える連鎖現象 それまで特売用商品として扱われていたトイレットペーパーが、一変して数倍の値段がつけられます。 このため店舗は在庫確保に奔走し、結果として問屋在庫すら空になります。 ある卸し売り店では、買い溜めに走った主婦が従来は店舗向けに卸されていた段ボール入のトイレットペーパーを買い漁った事から、一般店舗が仕入れる商品まで品不足となったとか。 このような連鎖的現象によって、 最初の内こそ楽観視していた人までもが、実際に店頭からトイレットペーパーが消えたために確保に走ったといいます。 小売店では、店頭にトイレットペーパーが並ぶや否や客が押し掛け、商品を奪い合う人すら見られたそうです。 百貨店では、余りの混雑ぶりに、トイレットペーパー販売のたびに迷子も多数発生するという現象も起きたそう。 また影響は、トイレットペーパーにとどまらず、洗剤や砂糖などの他の日用品にも波及しました。 買い占めの主な原因は、 不安から デマが拡散し、 集団的パニックが起こることです。 とくに現代ではSNSが普及しているので、デマの拡散は一瞬にして起こりますよね。 私たちが気をつけないといけないことは、 非常時に安易に情報を拡散しないこと、 他人の不安を煽るような発信はしないことだと思います。 また、人とコミュニケーションをとることで少しは不安は和らぎますので、買い占めに走る前に「この情報って本当かな?」と誰かに聞いてみるのも手だと思います。 ワンクッション置くことで「冷静に」なれますし、もしかしたら「うちにいっぱいあるから大丈夫だよ!」と分けてくれるかも知れません。 「助け合いの精神」、大切です^^ 最悪、買い占めが起こっても事態は必ず収束します!供給が回復するまでは、みんなで助け合いながら、おとなしく待ちましょう^^.

次の

オイルショックとは わかりやすく3分で説明します!日常生活が大混乱になった様子をごらんください

オイル ショック と トイレット ペーパー

トイレットペーパーはどうなる 米原油価格の指標となるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油は、受け渡しをするオクラホマ州クッシングの貯蔵施設が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた石油需要の減少によって5月中にも満杯になると言われている。 そうした中、20日は原油の保管コストなどを懸念するトレーダーの間で翌21日に取引期限を迎える「5月物」の売りが相次ぎ、最終的には1バレルあたりマイナス37. 63ドルで取引を終えた。 原油価格がマイナスになったのは史上初めてのことだ。 日本のツイッターでは、原油価格が高騰した1973年の「オイルショック」になぞらえた「逆オイルショック」や、「石油王」といったワードが21日午前にトレンド入りした。 ツイッターユーザーの間では、オイルショックを象徴とする出来事として伝えられる「トイレットペーパーの買い占め」を引き合いに、 「スーパーから大量のトイレットペーパーが溢れ出てきて街を埋め尽くす」 「民衆がトイレットペーパーをひたすら売り場棚に置きはじめる」 など、当時とは「真逆」の現象の発生を予想するツイートがみられた。 「原油を... 原油を買ってくれませんか... ?」 また、「石油王に俺はなる!」と人気漫画・ワンピースの名台詞を引き合いに、暴落した原油に手を出そうとするユーザーや、「原油を... 原油を買ってくれませんか... ?」と、アンデルセン童話「マッチ売りの少女」になぞらえた創作ツイートを投稿するユーザーもみられた。 その他には、 「牛乳の時は皆で牛乳を飲んで酪農家応援したんだから、今回はみんなで原油を飲んで石油王さんを応援しましょう」 「大阪のおばちゃん『原油タダやって!ちょっとあんた!タッパ!タッパ持ってきて!ほらあんたも!ほないくで』 と、原油の暴落を日本の日常に落とし込んだ「ネタツイート」もあった。

次の