シエンタ シート アレンジ。 シエンタで車中泊!マットやベッドのグッズ仕様と車中泊キットなんてあるの?

車中泊に向いている!?|シエンタ(SIENTA)の使い勝手

シエンタ シート アレンジ

最近はコンパクトミニバンのシエンタが目立って売れている。 現行型の2代目シエンタが発売されたのは2015年7月で、直近では2018年9月にマイナーチェンジを実施して2列シート車も加えた。 これらの改良と、やや設計が古くなったヴォクシー/ノア/エスクァイアなどから乗り替える(ダウンサイジングする)需要も重なり、対前年比がプラスで推移している。 特に2019年8月と9月は、国内で売られた小型/普通車の販売1位になった。 対前年比も8月は158%、9月は186%に達する。 発売から4年も経過した現行シエンタが、前年の1. 6倍から1. 9倍も売れるのは珍しい。 トヨタの4系列すべてが扱い、ライバル車は実質的にフリードのみだ。 有利な条件が重なった結果でもあるが、商品力は相当に高い。 そこで現行シエンタを先代型(初代モデル)と比べてみたい。 文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、HONDA 初代シエンタはモビリオの対抗馬として登場 2015年にデビューした現行シエンタはデビュー後4年が経過した2019年に約9200台の月販平均をマークする超が付く人気モデルになっている シエンタは今の売れ筋ミニバンでは珍しく、全高が1700mmを下まわる。 それなのに3列目に座っても、あまり窮屈に感じない。 その秘訣は薄型燃料タンクを採用して、床の位置を下げたからだ。 そしてこの薄型燃料タンクは、先代型で開発されたものだ。 従って現行シエンタの優れた空間効率も、先代型ですでに確立されていたことになる。 そこで改めて新旧比較を行い、共通点と相違点を探ってみたい。 シエンタの誕生には、ホンダが2001年に発売したコンパクトミニバンのモビリオがかかわっている。 全長が4m少々の小さなボディだが、室内はとても広い。 初代シエンタは小さなボディながら3列シート仕様としたホンダモビリオの対抗馬として徹底的に研究して市場投入された プラットフォームはフィットと共通で、燃料タンクを前席の下に搭載したから、3列目に長身の大人が座っても窮屈な姿勢になりにくい。 このセンタータンクレイアウトを有効活用して、モビリオはコンパクトミニバンなのに多人数が無理なく行えた。 このモビリオの登場に刺激されたのがトヨタだ。 当時のトヨタはほかのメーカーを徹底的にマークしており、売れそうなライバル車が登場すると、必ず対抗車種を送り込んだ。 ホンダのストリームにはウィッシュ、好調に売れていた日産エルグランドにはアルファードという具合だ。 モビリオに対してはシエンタが対抗車種になり、2003年9月に初代モデルが発売された。 初代シエンタはトヨタがラウムで展開していたユニバーサルデザインを継承。 丸目のかわいい顔が特徴で、使い手に優しい設計がされていた 先代シエンタは一生産中止後に異例の復活 初代シエンタは2010年8月に生産中止となったが、2011年5月に異例の復活。 マイチェンをすると同時にシエンタダイスを追加(写真右) 先代シエンタの全長は4100mmと短く、モビリオとほぼ同じだ。 リアゲートを開いた時の、路面から荷室床面までの高さも490mmに収まるから、現行シエンタの505mmと比べてさらに低かった。 渾身の低床設計とされる現行N-BOXも470mmだから、シエンタは当時として最先端の低床設計であった。 このように初代シエンタは、燃料タンクを薄型にすることで、前席の下にこれを設置するモビリオと同様の低床効果を得ていた。 さらにシートの収納方法も工夫して、3列目を片手で二つ折に畳み、2列目の下側へ簡単に格納できるようにした。 これもモビリオへの対抗だ。 モビリオは2列目を持ち上げてから、その下側に3列目を収める方式だったから、シートアレンジに手間を要した。 シエンタはそこを突いて「片手でポン」をセールスポイントにした。 現行シエンタのラゲッジは広く使いやすい。 長尺もの、高さのあるものも楽々収納できるが、使い勝手という点では旧型のほうが優れていた その代わりシエンタの3列目はセパレートタイプでシート本体も薄手だ。 対するモビリオの3列目は、シートアレンジが少々面倒な代わりに、座り心地は快適であった。 一長一短のライバル同士だった。 この後、販売合戦ではシエンタが勝利して、モビリオは1代限りで生産を終えた。 後継のホンダフリードは、燃料タンクを車両の後部に搭載する一般的な方式になり、モビリオの優れた空間効率は見当たらない。 2008年の末にはシエンタの後継車種としてコンパクトミニバンのトヨタパッソセッテが発売されたが、空間効率が低く、3列目は完全な補助席で販売は低迷した。 そのためにシエンタは、2010年8月に一度生産を終えながら、2011年5月に異例の復活を遂げている。 パッソセッテは2012年に1代限りで生産を終えた。 2008年にパッソをベースとした3列シートモデルのパッソセッテがデビュー。 シエンタの後継モデルとの目論見ははずれ1代限りで消滅してしまった 現行は大幅に質感が向上 先代シエンタと現行シエンタの共通点は、空間効率を向上させた薄型燃料タンクだ。 この機能があり、なおかつ現行シエンタは全長を160mm、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)を50mm拡大したから、さらに室内空間が広がった。 3列目の足元空間にも余裕が生じている。 現行シエンタでは3列目シートの座り心地も向上したが、シートアレンジの利便性は逆に悪化した。 先代モデルで採用した薄型の燃料タンクを踏襲した現行モデルは全長を伸ばしたことで3列目の居住性は大幅に向上している。 インテリアの質感も高いのが魅力 先代型の3列目は前述のとおり簡単に畳めたが、現行型は2列目を持ち上げてから、その下側に3列目を送り込む。 つまり以前のモビリオに似た格納方法を採用している。 対抗するモビリオが消滅したこともあり、現行シエンタは似たような畳み方を採用するようになった。 内外装の質感は、現行型になって向上した。 外観はスポーティでカッコ良く、インパネなど内装の質も高い。 自転車なども収納することができるが、3列目シートのアレンジは旧型のほうが優れていた。 しかし現行シエンタではネガになっていない その代わり取り回し性は悪化した。 先代シエンタは、誰でも扱いやすい商品を目指すユニバーサルデザインの考え方を色濃く反映させていたが、現行シエンタのインパネはメーターパネルが高い位置に装着され、圧迫感が伴う。 小柄なドライバーは前方も少々見にくい。 また先代型は高い位置にヘッドランプを装着して、左右のフェンダーがドライバーの視野に入り、車幅やボディ先端の位置がわかりやすかった。 現行シエンタではボンネットがほとんど見えない。 サイドウィンドウの下端も高まり、側方や後方の視界も先代型に比べて悪くなった。 初代が癒し系のエクステリアデザインだったのに対し、現行シエンタはシャープなイメージに仕立てられていてユーザーにも好評だ 約9200台の月販平均は快挙 以上のように、先代型と現行型は一長一短だ。 先代型はシートアレンジが簡単で、視界のいいボディによって運転もしやすかった。 現行型は居住性が向上して、内外装の見栄えをカッコよく上質にしている。 走行性能は、12年後に発売された現行型が優れていて当然だ。 操舵感と走行安定性は、先代シエンタに比べると大幅に進化した。 現行シエンタは操舵感に曖昧さがなく、ミニバンとしては車両の向きが正確に変わる。 下り坂のカーブで危険を回避する時の安定性も大きく向上した。 エンジンはノーマルタイプに加えて、ハイブリッドも選べるようになっている。 2018年のマイチェンでフリード+に対抗して2列シートモデルを追加。 3列はいらないというユーザーのニーズに合致し、販売台数の増加に大きく貢献 さらに設計の新しい車種だから、衝突被害軽減ブレーキ(緊急自動ブレーキ)を作動できる安全装備も備わる。 従って商品力を単純に比べれば現行型がよくて当たり前だが、利便性や取りまわし性など、現行型が見劣り部分もある。 それはシエンタに限らず、現行型の日本車全般に当てはまる傾向だ。 ほかの日本車には、悪化した機能が災いして売れ行きを下げたケースもあるが、シエンタの場合はプラスに作用した。 先代シエンタは発売の翌年となる2004年に月販平均で約5700台を登録したが、現行型は2019年に月販平均が約9200台に達する。 「軽自動車以外のクルマが売れない」といわれる今日の小型車の販売実績としては、快挙といえるだろう。

次の

シエンタの座席アレンジは?座席収納や倒し方・フラットの仕方は?

シエンタ シート アレンジ

ぶっ飛んだ色(エアーイエロー) インテリア インパネ メーターしたの部分(画像での赤の水平ライン周辺)がレザー調のシボが綺麗に入っていて内装の質感向上に寄与していました。 他はまぁコンパクトカーとして可もなく不可もなくのレベル。 オートエアコンの液晶表示は綺麗でしたがあとは並み。 たくさんあるスイッチのデザインがバラバラで、位置も一貫性が無いのはもうちょっとどうにかしろよと言いたくなりますね。 見えにくいところでも、よく触る場所は気になるものです。 横滑り防止のスイッチなんかは触らなくても、スライドドアの操作なんかは(シエンタを買う人なら)誰でも使うでしょうに。 収納 助手席に収納が多いのは女性には嬉しいでしょうね。 書いてある数字はすべて収納関係です。 正直やりすぎなレベル。 日本車、というかトヨタ(ダイハツ含む)らしいなぁ……。 メーター メーター内部の表示部の液晶表示は美しく高級感があります。 どことなく雰囲気を感じさせるのはトヨタらしいうまさ。 ただし装備されるのは199万円~のGグレードか、223万円~のハイブリッド仕様。 廉価グレードは安っぽいセグメント液晶止まりです。 メーターの位置に致命的欠点があるのは次回書きます。 シート コンパクトカークラスの車体でありながら3列シートを実現しているのが小型ミニバン最大の特徴です。 小さなクルマに無理矢理詰め込んだ感のあるシートは実用レベルなんでしょうか? フロントシート 真っ平らなベンチです。 座高が低い人や前が広く見えていないと不安な人は座面を上げないといけない(上げる機構があるだけ優秀です)と思います。 座面を高くすると座面の前後方向がほぼ水平になるので、真っ平らなクッションと相まって「イスに座っている」というより「板に乗っている」という感覚が強くなってしまいます。 着座質感を求めるクルマでないことは分かっています。 分かっていますが、これでは急ブレーキで前に滑っていくこと請け合いです。 座面を下げても運転できる人は座面を最大限低くしましょう。 座面を下げると前後方向に傾斜がついていくので、ある程度安定した姿勢で運転できるようになります。 それでも前方視界は比較的悪くないので、軽トールワゴンしか運転したことない人でなければ問題ないと思います。 座面を下げると致命的な問題が生じるのですが、それは次回の走りのレビューに書きます。 セカンドシート セカンドシートは完全に平面です。 サイズや質感は軽自動車のリアシートを想像していただければほぼ合っています。 フィット,ヴィッツ,デミオなどの2列コンパクトカーのリアシートよりは明らかに劣ります。 畳む機構が必要ですし、3列目が2列目の下に入るためにシートの厚さは座面も背面もペラペラに仕上げる必要があったからですね。 セカンドシートに頻繁に人が乗るなら2列シートの車にした方が賢明です。 横方向に3人乗るとかなりギュウギュウになります。 中央にはシートの境目もあるので、2列目3人乗車はあくまで緊急用ですね。 2列目シートは左右独立して前後にスライドできます。 この辺りも最近の軽自動車のリアシートと同様。 一番後ろにすれば足元はそこそこ快適な空間になりますが、その位置では3列目の乗車はほぼ絶望的。 3列乗車の際は、2列目の人もフロントシートに膝が当たる程度の苦しみを味わう必要があります。 サードシート サードシートの質感は最低レベル。 バスの補助席みたいな造りです。 セカンドシート最後端でのサードシートの足元 セカンドシートを一番後ろにスライドしたときの足元です。 ちょっとでも足が大きい人なら「狭い」じゃなく「痛い」のレベルです。 セカンドシートを前にスライドすればいいじゃないかって? そんなことはありません。 セカンドシートは最後端でないと畳めません。 サードシートに乗ったら最後端にスライドしたセカンドシートが後ろに倒されます。 つまり サードシートに乗る人は(一時的ではあっても) 「痛い」を体験しないと乗車できない!ということになります。 これは普通に設計上の欠点でしょう。 シエンタ3列目の乗り方 ホンダ・フリードのようにセカンドシートを左右分割にして、セカンドシートを畳まなくてもサードシートに行けるようにしないとダメですよね。 新型シエンタの他の欠点は我慢すればなんとかなるレベルですが、この欠点は人によっては「痛みに耐えないと乗れない」とかいう乗り物として失格なレベルに陥っています。 乗り込む時の問題を除けば優・良・可・不可の「可」のレベル。 30分以内に降りたいですね。 1クラス上のミニバンか、普段は2列車にして必要なときだけレンタカーか、2台に分乗するか。 コレに乗るのは苦行です。 シートアレンジ シエンタといえばサードシートのたたみ方が特殊な点も注目です。 セカンドシートを前方に畳み、背面を畳んだサードシートがセカンドシートの下に埋まるように収納できます。 なかなか凝った造りで面白いのですが、気になるポイントが2点。 シートアレンジの手間 サードシートを畳む手順を見てみましょう。 セカンドシートを最前端へ。 セカンドシートの背面を倒す。 セカンドシート自体を前へ倒す。 サードシートの背面を倒す。 サードシート自体をセカンドシート下へ入れる。 手順1~3はセカンドシート前方、つまりスライドドアからでないとできません。 一方、手順5はテールゲート側からでないとできません。 操作ベルトがトランク側に出ているためです。 サードシートを取り出す手順も同様です。 しかもどちらも車外から手を伸ばしてやる操作です。 シエンタに乗る多くの人はサードシートは畳みっぱなしで必要な時に引き出すという使い方だと思います。 そうしないとトランクがほとんど無くなってしまいますからね。 でもサードシートが必要になったときに雨が降っていたら嫌ですねぇ。 傘を持ちながらは不可能なので、こんな操作を雨に濡れながらやることになります。 普段サードシートを出しっぱなしで、荷物が多いからサードシートを畳みたいって場合も同様です。 シエンタのサードシートはあくまで緊急用という意図がはっきりと見て取れます。 シートアレンジの操作性 シートアレンジのために少々アクロバティックな機構を使っているために、操作性はさほど良くありません。 この機構の割にはよくできているとは思いますが、シートアレンジの動きに滑らかさはありませんし、機構自体もやや剛性感に欠ける不安な動きをします。 170万円から買える車に複雑な機構を入れると「質感」にシワ寄せが来るなぁと感じました。 まとめ やっぱりこのサイズに3列を詰め込むのは無理があるなぁと思ったのが正直なところ。 こんな簡易シートですら3列目が欲しい人にはいいのでしょうが、2列コンパクトカー+レンタカーか、ミドルサイズミニバンにした方がいいんじゃないかと思います。 3列目に乗せることが稀なら、燃費が良くて安い2列コンパクトカー(+必要に応じてレンタカー)にした方が満足度が高いというのが私の意見です。 シエンタの他の記事もご覧くださいね!• 新型シエンタ試乗記!•

次の

シエンタの内装は家族皆が嬉しい快適装備とデザイン性の高さに注目

シエンタ シート アレンジ

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。 でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。 その差は 51万円!! 僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。 いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑) 僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。 なぜ、そんなことが起きるかというと、 市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。 その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。 例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。 だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。 まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。 査定価格がよかったらグレード上げれますからね!! 査定費用は無料で、 スマホで 45秒操作するだけ で最高額がわかる スポンサードリンク シエンタは3列シートだとアレンジし放題 (引用先:) シートがとってもキレイですね!でもキレイだけではありません。 セカンドシートの下に入るから、より後部が広くなりその分の荷物が載せれるようになります。 ユーティリティフックが4個• システムバー2本• ラゲージマルチネット• ラゲージアッパーボード• ラゲージアッパーボックス• 専用フロアマット• グレードエンブレム ラゲージアッパーボード 荷室を上下に仕切ることで、荷物の収納や出し入れをスムーズに行うことが可能になります。 軽量で脱着も簡単に行えますよ。 スポンサードリンク まとめ• 3列シートだと色々なアレンジができて面白い。 買い物でたくさん買いすぎても困らない。 セカンドシートを倒せば自転車が楽に乗せれる。 シートの動きは、女性やお年寄りでも簡単に出来るワンタッチ式。 ユーティリティホールでアレンジし放題。 ) 正規ディーラーで勤めている友人に ディープな値引きの裏情報を聞きました。 バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。 正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。 買取金額はほぼ上がります。 僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。 買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。 その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。 たった1分で何十万円と金額が変わってきます。 1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。 実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。 それだけ変われば オプションやグレード上げれます。 やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。 なんせタダですからね。 自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情 自動車保険も買取査定と同じ、 知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。 みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。 損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。 保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、 3〜5万の節約に成功します。 今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。 「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。 もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。 だから成約金が自分に入らないので、 自動車保険自体を安くした方が賢いです。 心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。 気にせず安い保険に入るべきです。

次の