レクイエム クラシック。 【クラシックを極める】第2回:レクイエムの世界 《古典派編》

ヴェルディ「レクイエム」 の解説とオススメ名盤

レクイエム クラシック

ヴェルディの作曲したレクイエムはモーツァルト、フォーレとともに「三大レクイエム」の一つに数えられます。 また「最も華麗なレクイエム」と言われることもあり、ヴェルディの数少ない宗教曲でもあります。 実はヴェルディはこれ以前にロッシーニに捧げるレクイエムを作曲しようとしましたが、周囲の協力を得られずとん挫した経験も持っています。 ここではヴェルディ「レクイエム」 の解説と名盤を紹介したいと思います。 小説家へ贈ったレクイエム ヴェルディのレクイエムは、イタリアの小説家、アレッサンドロ・マンゾーニのために書かれました。 マンゾーニはヴェルディが青年時代より大好きだった小説家です。 楽譜が現存してないのが残念ですが、若き日のヴェルディはマンゾーニの詩で作曲もしています。 1873年のマンゾーニの死にヴェルディは深く悲しみました。 ヴェルディはあえて葬列には参加せず、のちに一人で墓参りをしたそうです。 そしてその後、ヴェルディはミラノ市長にレクイエムの提案をおこないます。 市長は受諾し、初演の費用は楽譜印刷以外は市が負担しました。 宗教曲としては異例の人気 初演はヴェルディの希望でサン・マルコ教会で演奏されました。 指揮はヴェルディがおこない、演奏はスカラ座のオーケストラ(100名)と合唱(120名)とソリストによるものです。 ソリストの4人のうち、3人は1872年の「アイーダ」の初演でも起用された3人でした。 まさにヴェルディのお気に入りの演奏家による演奏でした。 初演は大成功に終わり、何度もアンコールが叫ばれたそうです。 Giuseppe Verdi 初演の数日後にはスカラ座で3度(1度はヴェルディが指揮)の再演がおこなわれています。 またアメリカやフランスでも1874年にすぐに再演されました。 そして1875年にはウィーンやロンドンでも演奏されます。 これは宗教曲としては異例の人気の高さでした。 作品の反応は様々 人気もすぐに出たレクイエムでしたが、初演の専門家の反応は様々でした。 「モーツァルトのレクイエム以来の傑作」との評価もありましたが、オペラ王・ヴェルディの作品です。 イタリアのオペラと言えばヴェルディ、ヴェルディと言えばイタリアオペラです。 やはり一般的な宗教曲とは一線を画します。 「聖職者の衣服をまとった、ヴェルディの最新のオペラ」「絶叫するばかりのコーラス」「怒号の連続」と評する意見もありました。 オペラの劇的表現を得意としていたヴェルディの作品ですので、評価が別れることはある程度仕方のないことかもしれません。 ただヴェルディのレクイエムは初演から現在に至るまで高い人気を誇っています。 その事実がこの作品の偉大さを物語っているのではないでしょうか。 ヴェルディ「レクイエム」 の名盤.

次の

【モンスト】レクイエム【究極】攻略と適正キャラランキング|轟絶

レクイエム クラシック

ヴェルディ:レクイエム 「ヴェルレク」の愛称で親しまれている、ヴェルディが作曲したレクイエム。 レクイエムとは、カトリック典礼に用いられる「死者のためのミサ曲」(鎮魂曲)です。 原題は「マンゾーニの命日を記念するためのレクイエム」で、イタリアの文豪アレッサンドロ・マンゾーニを追悼する目的で作曲されました。 このヴェルディのレクイエムは「最も華麗なレクイエム」と言われ、モーツァルト、フォーレのレクイエムと並んで「三大レクイエム」と言われています。 特にディエス・イレ「怒りの日」はレクイエム中で最も有名で、ディエス・イレの後もクイド・スム・ミゼルの前、ラクリモサの前、リベラ・メの後でも再現されます。 フォーレ:レクイエム ガブリエル・フォーレはフランスの作曲家。 レクイエムとは「死者のためのミサ曲」で、日本語では「鎮魂歌」(ちんこんか)とも訳されます。 多くの音楽家がレクイエムを作曲していますが、このフォーレのレクイエムニ短調 作品48はレクイエムの傑作として知られ、フォーレの全作品中で最も演奏の機会が多い曲です。 モーツァルト、ヴェルディのレクイエムとともに「三大レクイエム」の一つに数えられています。 この曲はマドレーヌ寺院での初演の際、「斬新過ぎる」と寺院の司祭から叱責されたほか、「死の恐ろしさが表現されていない」、「異教徒的」などとの批判が出ていました。 これに対してフォーレは「私には、死は苦しみというより、むしろ永遠の至福の喜びに満ちた開放感に他なりません」と手紙書いています。 実際に、このレクイエムは当時のカトリックの死者ミサでは必須であった「怒りの日」を欠くなど、そのままではミサに用いることの出来ない形式をとっています。 モーツァルト:レクイエム 通称「モツレク」と呼ばれている、レクイエムニ短調K. 626はモーツァルト最晩年の名作です。 「レクイエム」(死者のためのミサ曲)とは死者に向かってその魂を鎮めるための歌ではなく、死んだ人が死後、神から受ける罰を軽くしてもらい、永遠の光を与えられるように祈るという曲です。 「レクイエム」という名前の作品を多くの作曲家が作っていますが,このレクイエムはヴェルディ、フォーレのものと並んで三大レクイエムと呼ばれ人気のある名曲です。

次の

三大レクイエムはご存知?レクイエムの基礎解説【トリビアあり】

レクイエム クラシック

こんにちは! 皆さまは、レクイエムと聞いてどんなイメージを思い浮かべますか? 先日お友だちから「レクイエムってなんだか聴くのが怖くて…」と言われて驚いたのですが、皆さまの中にももしかしたら同様のイメージをお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか? レクイエムは怖くて暗い音楽だと思って聴かずにいるのは、とてももったいないです! レクイエムには、心が浄化されるような美しい曲がたくさんあります。 これは、ラテン語で書かれた典礼文というものに、あとから曲がつけられたものを指します。 その中で死者に向けて歌われるものが「レクイエム」。 よく鎮魂歌と訳されているのを目にしますが、本来は鎮魂の意味はありません。 レクイエムは死者のためのミサ曲、つまり死者の生前の罪をお許し下さい…と死者の救済を神に祈る内容です。 主よ、永遠の安息を彼らに与え、 絶えざる光で照らしてください。 このように、死者のための典礼文が「Requiem」という言葉から始まるため、「レクイエム」と呼ばれるようになったのです。 ミサ曲が作られる際、作曲家は数ある典礼文の中から好きなものを選んで曲をつけていきます。 「その男性は死神だったのではないか…?」「自分のレクイエムを作曲していたことになるのでは…?」などさまざまな憶測が飛び交い、レクイエム=怖い! というイメージにもつながってしまったように思います。 現在ではその依頼者の名前も明らかになっていますのでご安心を!(笑) ちなみにその男性は、有名な作曲家に作曲を依頼し、自分の名前で発表するという音楽愛好家だったとか…。 英語が含まれているものも…! 🇬🇧 ベンジャミン・ブリテン『戦争レクイエム』 平和主義者であったブリテンが第二次世界大戦後に書いた代表作です。 大編成のオーケストラと児童合唱が必要な上に、大変難曲のためあまり演奏されませんが、魂の揺さぶられるすばらしい作品です。 私は毎年おこなわれる藝大定期演奏会で合唱を歌いましたが、この曲に出会って初めて本当の意味での「Amen」という言葉を感じることができました。 祈るとはどういうことか、改めて考えさせられる作品です。 ブリテンはスコアの冒頭に、ある詩人の言葉を書き記しています🖋 「私の主題は戦争であり、戦争の悲しみである。 詩はその悲しみの中にある。 詩人の為しうる全てとは、警告を与えることにある」 この言葉に、戦争を二度と繰り返してはならないというブリテンの強い祈りが込められていると思います。 悲しくもレクイエムは戦争の後に多く作曲される、という統計もあるそうです。 以前の記事でも書きましたが、作曲家が作曲をする理由はさまざまです。 しかしレクイエムの場合は、その理由が明確なことが多いです。 誰かの深い悲しみと祈りから生まれたレクイエムは、他の作品にはない美しさを持っています。 死者のための音楽は私たちの生活にかけ離れた音楽のように思えますが、「罪をお許し下さい」という心理は生きていく中で実はとても身近なものだと思います。 レクイエムは、死者だけではなく今を生きている私たちにも強く訴えかける力があるのではないでしょうか。

次の