スタグフ レーション 意味。 「スタグフレーション」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

マイグレーションとは

スタグフ レーション 意味

スタグフレ-ションの意味とは スタグフレ-ション(stagflation)とは、景気が悪化するスタグネーション(stagnation)と物価が上昇するインフレーション(inflation)の二つの言葉を合わせた造語です。 意味としては、一般的に景気が良くない状況の時には物価も低下すると言われていますが、景気が悪いにもかかわらず、物価が上昇していく現象のことをスタグフレ-ション言います。 スタグフレ-ションの由来 スタグフレ-ションという言葉は、1965年にイギリスの下院議員イアン・マックロードが演説で用いたのが最初と言われています。 1970年代のオイルショック時に、欧米の先進国で失業率の増加など景気が悪い状況にあっても物価が上昇するという状況が発生しました。 スタグフレ-ションの文章・例文 例文1. スタグフレ-ションはスタグネーションとインフレーションの合成語だ 例文2. スタグフレ-ションは1970年以降に発生した 例文3. スタグフレ-ションが起こると国民生活が厳しくなる 例文4. スタグフレ-ションはオイルショックにより顕在化した 例文5. サブプライムローン問題が発生した際,スタグフレ-ションが懸念された スタグフレ-ションは、現在のーバル経済を考えるときには重要な言葉となっています。 スタグフレ-ションが起こらないということが一番です。 スタグフレ-ションの類義語 スタグフレ-ションの元となった二つの言葉の、景気の停滞を示すスタグネーションと物価の上昇を示すインフレーションのほかには、似たような言葉に「クリーピング・インフレーション」(creeping inflation)という言葉があります。 これはスタグフレ-ションと同様に景気が悪い状況にもかかわらず,物価がゆっくりと上昇し続ける現象のことで、クリーピング creeping とはゆっくりと忍び寄るという意味です。 スタグフレ-ションまとめ スタグフレ-ションは、景気が悪いときでも物価が上昇するという状況なので、国民生活にとっては、景気が悪いため賃金が上昇しない収入が減るといった状況の中物価が上がるため、貯蓄などの価値も実質的に下がっていく状況となります。 原因としては様々な要因や説があります。 日本では1927年のいわゆる昭和恐慌といわれる時期にスタグフレ-ションが発生したと言われています。 その後1970年代のオイルショック時には世界的にスタグフレ-ションが発生する中、日本への影響はわずかであったと言われています。 また2008年のサブプライムローン問題の影響でスタグフレ-ションの発生が懸念されていたが、デフレーションの発生に留まったとされています。

次の

スタグフレーションへの対策:のだ☆ひろのブロマガ

スタグフ レーション 意味

気になる項目をクリック• 1.そもそも「バリデーション(validation)」とは 「バリデーション」とは、 「検証、実証、認可、妥当性」を意味する英単語になります。 、「文書をバリデーション」といった場合には、「記述・入力されたデータが、あらかじめ規定された条件・使用に適合しているか検証・確認する。 」ことを表します。 注意点として、「バリテーション」を使う時は、 「意味論」ではなく「形式論」を検証・確認する際に用いられる言葉になります。 つまり、「質的な良し悪し」を判断するのではなく、「システム的な適合不適合」を判断するための言葉として、覚えておくとよいでしょう。 1-1.「バリデーション(validation)」の文法 「バリデーション」は、「validation」と表記される「名詞」になります。 簡単に他の品詞を紹介すると、「動詞」では「validate(バリデイト)」、「形容詞」では「valid(バリッド)」と表記されます。 日本語では「validate」を使わずに、 「validation+する」のようにして、「バリデーションする」といった使い方が多いです。• 2.「バリデーション」の類義語・言い換え表現 「バリデーション(validation)」の類義語は、以下の通りです。 類義語 意味 バリデーション 妥当かどうか確認する。 ベリフィケーション 設計品質通りか確認する。 コンファーム 堅信を確認する。 チェック 目を通して確認する。 いづれも「確認する」という意味を持つ英単語ですが、それぞれが異なっています。 ここでは、「バリデーション(validation)」と似たような英単語について、比較しながら紹介していきます。 2-1.「ベリフィケーション(verification)」の意味 「ベリフィケーション」とは、「設計品質どおりの製品が製造できたことを確認する。 」ことを意味します。 一方で、「バリデーション」とは、「将来的に設計品質どおりの製品が製造できることを証明する」を意味します。 つまり、 「ベリフィケーション」は「質の検証」ですが、「バリデージョン」は「形式の検証」を意味するのです。 元々、「ベリフィケーション(verification)」に含まれる「very」は、「真実」という意味を持つので、「形式の妥当性」を意味する「バリデーション」とは異なるのです。 3.「バリデーション」の使い方を業界毎に紹介 「バリデーション」は、 「検証、実証、認可、妥当性」を意味する言葉ですが、業界毎に使用方法が異なります。 ここでは、各業界の代表的な使用方法について紹介していきます。 3-1.「IT業界」で使用されるケース 「IT業界」における「バリデーション」とは、「入力場所、書式設定、データの形式等が、規定のマニュアルどおりであるか確認すること。 」を意味します。 例えば、製造部門における「バリデーション」という場合は、「提供された、提供されるであろう成果物が、その意図された用途を満たしているかを確認すること。 」という意味になります。 開発プロセスが多段階の工程で行われるときは、段階的に作業が進むうちに 「本来の意図や目的から外れた製品」が出来てしまう可能性がされます。 そのため、用途・適用に関する要求事項が満されているかどうか、「バリデーション」が求められるのです。• 3-2.「製薬業界」で使用されるケース 「製薬業界」における「バリデーション」とは、「医薬品や医療機器の製造工程や方法が、目的とするものを製造するのに 最適かどうかを検証する一連の業務」のことを言います。 具体的に言うと、「製造所の設備や作業工程、品質管理の方法などが期待される結果を与えることを検証すること。 」がバリデーションの意味になります。 薬剤は、同じ効能、同じ品質、同じ成分配合でなければならず、「バリデーション」はそうした薬剤の条件をクリアするための大切な基準として求められるのです。 3-3.「介護業界」で使用されるケース 「介護業界」における「バリデーション」とは、「アルツハイマー型認知症などの高齢者とコミュニケーションを行うための方法」の一つです。 具体的に言うと、「認知症の人が大声を出したり、徘徊をしたりすることにも、全て意味がある行動として態度。 」と考えることがバリデーション。 「介護業界」の「バリデージョン」の場合では、 「妥当性を確認すること」ではなく、「妥当性を確認しようとする姿勢」のことを意味します。 つまり、なんらかの認知機能不全があった際、そレが何を意味しているのかを確認しようとする「コミュニケーション技法」として用いられます。 まとめ 「バリデーション(validation)」で用いられる「検証」は、特に 「方法や過程 」を検査することになります。 したがって、「質」を検証するような、良悪を判断することではないので注意が必要です。 もっとも、「バリデーション(validation)」には業界用語としての文脈があるので、コミュニケーションとして使用する場合には、一度意味合いを確認する必要があるでしょう。•

次の

個人のスタグフレーション対策

スタグフ レーション 意味

気づけば早いもので、今年も半年が経とうとしています。 前回の記事で、スタグフレーションへの対策を機会があれば書いてみたいと言ったまま書いてなかったので、書いてみようと思います。 実は、本日の放送でブロマガを読んでくださったと言うリスナーさんにスタグフレーションへの対策を聞いてみたいと聞かれました。 その際、私はてっきり巻き込まれる個人はどう対策する事があるのかと聞かれたと思い、資産分散の話をしてしまったのですが、そういえば上述の通りブロマガの最後に政策としてのスタグフレーション対策の事を書いてみたいと書いていたのを思い出し、質問の意図を汲み取れず申し訳ない事をしたと思い早速今回の記事を書くことにしました。 放送で質問をしてくださったリスナーさんは、お門違いな答えにがっかりされてしまってもう観ないかもしれませんが、直接連絡がとれないため急いで書くしかないなと思った次第です。 では、スタグフレーションについてですが、前回の記事に書いたようにインフレと景気の後退が同時に起こっている状態を指します。 スタグネーションという沈滞とインフレという物価上昇の合成だそうです。 スタグフレーションはどういった状態で起こるのでしょうか。 これはインフレの時と同じように需要が供給より大きい時に起こります。 インフレとの違いは、供給の生産能力の状態に違いがあるようです。 インフレが起こるのは供給が完全雇用の水準を満たす生産能力の状態の時です。 つまり、働きたいと思っている人をほぼ全員雇用する事が出来きる状態です。 需要が完全雇用した生産能力を上回るとモノ不足の状態になり、価格が高騰するという流れになります。 しかし、スタグフレーションでは供給側がこの完全雇用の水準を満たすための生産能力がない場合に起こります。 つまり働きたいと思っている人を雇うことが出来ない景気が悪い状態です。 景気が悪いから人を雇うことができないのですが、物価が上がる。 物価が上がっていくのに人を雇うことができない・・・何とも変な感じがしますね。 コントロールの難しい最悪の経済状況と言われているだけはあります。 なぜコントロールが難しいと言われているのかというと、景気を浮上させようとすることと物価を安定させようとすることが相反するからのようです。 このスタグフレーションが潜む状況で景気を良くするために金融緩和で金利を下げ、通貨の供給を増やすと物価は上がりますが、上がりすぎを防いだりそれを安定させようと金利を上げると通貨供給量が下がる、つまり企業等への資金繰りが悪くなり景気が悪くなる。 というシーソーのような状態だからのようです。 ではどのように対策すれば良いのでしょうか。 スタグフレーションと通常のインフレの違いは雇用できる生産能力があるかどうかでした。 需要と供給でいう供給側の問題です。 このバランスをとる際に需要側へのアプローチで行うのでは無く供給側へのアプローチで行うということです。 需要側で抑制すると言うことは景気を抑える事になってしまうためです。 供給側の生産能力を上げることにより対策するのが有効だと言われているようです。 生産能力を上げるためには減税や技術革新、規制緩和により民間投資を増やしていくという政策があるようなのですが、減税では長期的な効果は上がりにくく、技術革新や規制緩和は効果が現れるのに時間がかかるようです。 これらの政策の共通点として、どちらとも前回の記事に書いたお金の循環を促す効果があるようです。 循環しているお金を吸い上げる効果のある税をへらし、技術革新や規制緩和で民間投資を進めるとお金が動くと考えられると思います。 改めて経済にはお金が循環するという事が重要なのだと認識させられました。 ざっと急いで書きましたが、 いつものように浅はかな知識等で書いているため、色々と間違った部分があるかもしれません。 ご意見、ご指摘していただけると幸いです。

次の