ブラック クローバー ユリウス。 魔道士の頂点・魔法帝!『ブラッククローバー』「ユリウス」 紹介・魔法まとめ

ブラッククローバーユリウス復活!蘇った仕組みを解説!

ブラック クローバー ユリウス

Contents• イケメンランキングTOP15!かっこいいキャラは誰!? 15位 ライア 白夜の魔眼の幹部「不実」のサードアイの1人。 エルフ族でありエルフ族の長リヒトの親友的存在。 雰囲気が かなりオトナチックなキャラクターでありイケメン。 自分のことをウチと呼び性格は基本めんどくさがりであるが同胞のエルフ族のためには一生懸命頑張る男。 魔法属性は模倣魔法でありマネしたい人物のグリモワールに触れることで魔法を使うことができる。 この魔法についてライアは自分の無いウチにピッタリな魔法を自虐していたがリヒトからライアは他人のことをよく見ているから優しい魔法だと言われた。 リヒトと初代魔法帝ルミエルの仲が良いことから少し嫉妬している。 14位 ゾラ 黒の暴牛メンバーの1人。 かつて父を魔法騎士にころされた恨みから権力を使って暴走する魔法騎士たちを懲らしめていた。 昔はあまりしゃべらない静かな子であったが父からもらった人形の正義のスーパー魔導士ゾラのキャラを目指すために同じかっこをしている。 黒の暴牛メンバーの中では戦況を判断することに長けている冷静キャラであるが真の正義の魔法騎士を目指すために改めて魔法騎士のローブを着るなど芯の熱い男でもある。 使う魔法は灰属性のトラップ魔法であるが常に自分の体にトラップを仕掛けているなど 自分の目的のためにリスクを伴う選択をする男ということで性格がかなりイケメン。 13位 アスタ ブラッククローバーの主人公アスタ。 魔力が0にも関わらず魔法がすべての正解で魔法帝を目指す男。 諦めないのがアスタのモットーでありセクレ ネロ 曰く クローバー王国の誰よりも努力を続けた男とのこと。 性格はかなりイケメンであるがクローバー王国では身長が低く筋肉隆々でうるさいため基本はあまりモテない。 がその頑張る姿勢にノエルやミモザなどは惚れている。 12位 ヤミ 黒の暴牛団長のヤミ。 「今ここで限界を超えろ」が口癖で団のメンバーの成長を促す人物。 戦闘以外の面ではガサツでお金の管理もあまりなってない人物であるが魔法騎士としての活動は基本全力。 ヤミはクローバー王国の人間ではなく漂流してきたキャラであるため異国出身。 そんな身寄りのないヤミに目を付けたのがユリウスでありユリウスが作ろうとしている国のために活動する 誠意ある男。 11位 マグナ 黒の暴牛のメンバーで下民出身のマグナ。 ヤンキースタイルでヤミの手下的な位置であるがアスタの先輩として漢気ある人物。 エルフ化した 親友のラックを助けるために命を張りボロボロになってまでもラックを救出。 意識が戻ったラックは泣きながら自分は黒の暴牛の仲間だよねと言うラックに対して抱き寄せて「あたりめーだろ バカヤローが」と言った場面は名シーン。 オールバックにサングラスをしているが眼鏡をはずし髪を下ろした状態の方がかっこいい。 10位 クラウス 金色の夜明けメンバーで貴族のクラウス。 ユノ、ミモザの教育係。 最初はアスタとユノを認めなかったが共闘したことで認めるようになる。 その後はアスタを気にかけ一部リスペクトしたのか体を鍛え初めて筋肉を付けた。 眼鏡のイケメンキャラクターでありアスタ、ユノと同じく努力を始めて金色の夜明け団の中でもそこそこ強い位置に来ている。 9位 レオポルド 紅蓮の獅子王に所属でフエゴレオン、メレオレオナの弟。 兄のフエゴレオンを尊敬しているためかあまり身分による差別はしておらず最初は下民出身のアスタを舐めていたが魔法帝になるという啖呵とそれなりの実力を持っていたため面白い奴だと興味を持ちライバルとして認めた。 ユノもライバル視している。 紅蓮の獅子の若造的ポジションであるが団のメンバーからその才能を認められておりエルフ化した副団長から逃がすために団の皆がレオポルドのために戦おうとするなど信頼も厚い。 8位 フィンラル 黒の暴牛メンバーでヤミのアシ。 かわいい子を見ると任務中でもナンパをしようとするチャラチャラした男。 自身が逃げた貴族ヴォード家出身であり弟とひたすら比較され続け幼少期はあまり良い思い出が無いにも関わらず弟のランギルスを気にかけている優しい男。 アスタとの共闘で困難にも立ち向かう性格となりランギルスがエルフ化した時は身を削りながらもランギルスを取り戻そうと頑張った。 ナンパの成功確率は3割ということで結構高い。 魔法騎士団という職業かつ貴族であるため確率が高いようだ。 しかし黒の暴牛所属ということがバレてしまうと終わる。 7位 ラック 黒の暴牛メンバーでタイマンが好きな男。 童顔でありイケメンであるため最初はモテるが あまりに危なかっしい性格により引かれてしまう系男子。 初期は自分の戦いたい欲望しか考えずやりたいように戦っていたがアスタとの共闘で仲間と戦うようになる。 マグナとは同期であり親友。 なんだかんだマグナと一緒に行動し共闘することを覚えた結果合体魔法なども編み出した。 6位 ノゼル 銀翼の大鷲の団長でノエルの兄ノゼル。 シルヴァ家の長男であり魔力コントロールできないノエルに戦う資格が無いといびっていたがそれはノエルにそっくりな母と姿を重ねたためでありノエルを前線に置きたくなかったからだった。 ノエルが強くなったことでノエルの可能性に気づけなかったと謝り仲直り。 攻守優れた水銀魔法の使い手で過去にたくさんの敵を一度に相手し一騎当千してきた男。 5位 フエゴレオン 紅蓮の獅子王の団長でメレオレオナの弟、レオポルドの兄。 基本クローバー王国の王族、貴族たちは身分の低い者をバカにするがフエゴレオンは特に気にすることなく人を平等に扱う人物。 かなり熱い男で団のメンバーからも信頼されており 魔力コントロールのできないノエルや魔法帝を目指すアスタをバカにすることなく激励を飛ばしている。 また王族でありながら努力もする男であり幼少期からノゼルと張り合っていた。 性格も顔も文句なくイケメンキャラクターであります。 4位 キルシュ 珊瑚の孔雀副団長でミモザの兄キルシュ。 美しいものが好きということで自分も美意識が高くイケメン。 実際もかなりモテるが度を越したナルシストであるため結局引かれてしまうタイプ。 実力は高く王族らしく膨大な魔力に加え魔力感知能力も高いということで優秀。 ただロイヤルナイツ選抜戦では下民出身のアスタとゾラを舐めてしまったため足元をすくわれる形で敗北。 その後はかつての自分と化決別するために短髪にした。 残念なイケメンキャラクター。 3位 初代魔法帝ルミエル エルフ族の長リヒトの初めての人間の友達であり500年前のクローバー王国の王子。 アスタやユリウスと同じくクローバー王国を魔力による差別がなくなるように魔力が乏しい人でも十分な魔法を使える魔道具の開発などをしようとしていた人物。 パトリと同じく四葉のクローバーに選ばれ光属性の魔法を使えるがパトリよりもレベルが一つ上の魔力を扱う。 当時は魔道具を開発するなどで貴族、王族に変人扱いされていたがそれでも曲げずセクレと共に 我が道を歩もうとしていた芯のあるキャラクターであります。 2位 ユノ アスタのライバルでありマナに愛された男。 アスタと同じく努力家かつ四つ葉のクローバーに選ばれ風の精霊シルフにも選ばれた天才。 幼少期はアスタに助けられアスタの努力を見ていたことからアスタをリスペクトしている。 イケメンかつ高身長ということでやはりモテる。 1位 ユリウス ブラッククローバーで一番かっこいいキャラクター。 差別あるクローバー王国を変えるために魔法帝を目指した人物であり魔法騎士団のほぼ全員から尊敬されている。 生まれた時の身分と魔力量で差別し上の者はそのまま驕り、下の者は諦めるという現状を変えたく人間の可能性はもっと大きいのだと知らしめたかったユリウス。 そのためにはもっと声がいるということで魔法帝を目指し魔法帝になった。 異国のヤミなどが魔法騎士団に入り下民出身でも努力により魔法騎士として選ばれていくなど徐々にクローバー王国の意識を変えつつあったが夢半ばで倒れてしまう。 真面目な人であるが珍しい魔法を見ると子供のようになる。 番外編:実際にモテるランキング クローバー王国でモテるキャラをまとめてみました。 単行本17巻の内容です 男キャラ 1位 フエゴレオン 2位 ノゼル 3位 ユノ 女キャラ 1位 シャーロット 碧の野薔薇団長で上級貴族ローズレイの出身。 魔法騎士になった年ごろからずっと男たちに言い寄られている。 2位 ミモザ 金色の夜明けメンバーでユノの同期。 王族であり回復魔法が得意。 なおはっきりと物事を悪気無く優しく言ってしまうという弱点がある。 出番は多いが回復魔法の使い手のためかほっとくと回復させられてしまうので序盤でボロボロにさせられてしまうことが多い不遇キャラ。 3位 フラギル 水色の幻鹿に所属する女性。 雪魔法が得意でありロイヤルナイツ選抜戦ではランギルス、セッケと組んだ。 黒髪美少女という王道的なビジュアルを持つ。

次の

【ブラッククローバー考察】ユリウス死亡!次の魔法帝はヤミ団長!?アスタ!?誰もならない!?

ブラック クローバー ユリウス

今のところ魔法帝の実力はかなり謎のヴェールに包まれている感じ。 ユリウスはクローバー王国きっての 魔法マニアということなんだけど、これは後々影響してくるのかな? ブラッククローバー54話より引用 知らない魔法に喜々として飛びつく魔法帝!うーん…! 上記カットは54話にて白夜の魔眼と交戦したアスタに詰め寄る魔法帝。 火の精霊魔法、サラマンダーは知ってるのかもしれないけど・・・。 上記カットを確認する限り、 「ブラッククローバーの世界には本当に無数の魔法があって、魔法帝すらも把握しきれない」と考えるのが打倒なのかな。 なんかこの描写を見る限り、 「魔法帝が弱そうに見える」のはバトワンだけだろうか! 【スポンサーリンク】 魔法帝ユリウス・ノヴァクロノの魔法は万能型の可能性大! なんだか知らない魔法が多すぎて、弱そうにしか見えない魔法帝。 クローバー王国でトップの実績を持っているから魔法帝なのかもしれないよね。 基本的にこれまでの戦闘で複数の属性を使用している魔術師はいないことから、 ユリウスは時間魔法のグリモワールを持ってると考えるのが自然かもしれない。 しかし、現段階で時間操作という超強力魔法が登場しているということは、もしかしたらこれは何かの伏線かも。 そう考えると、ユリウス・ノヴァクロノが後々敵側に寝返るか、死亡するか、そういった展開になるのが最もナチュラルだと思うんだよね。 ブラッククローバーは今のところテンプレ展開が多いわけなんだけど、だからこそ 「どこかのタイミングを境に田畠先生がおもいっきり仕掛けてくる」可能性を感じるよね! これからのブラッククローバーにも期待!.

次の

【ブラッククローバー】次の魔法帝は誰?予想してみた

ブラック クローバー ユリウス

スポンサーリンク 【ブラッククローバー】目指すは差別のない世界へ ユリウスが 魔法帝を目指したきっかけは、下民初の魔法騎士ザラとの出会いでした。 ユリウスは高い魔力を持っている貴族が、自分の私利私欲のために魔法を使っていることに疑問を感じていました。 そんな時 魔力も弱い下民の出にも拘らず、国民を守ることを最優先しているザラに共感したのです。 ザラこそが本当の魔導士とユリウスは確信していましたが、ザラの活躍に嫉妬した貴族での魔法騎士の裏切りでザラが亡くなってしまったと知り、嘆きました。 ザラの死をきっかけに、ユリウスは差別について考え始めます。 上の階級の者が下の階級のものを当然のように侮蔑し、虐げている現状を見て人の可能性は無限大なのにもったいないとユリウスは考えました。 しかし差別のない国を作るということはそんなに簡単な事ではありません。 自分と同じ志を持つ国民を増やそうと考え、そのためには自分自身に力や地位も必要だと必死に努力し、実績を積んで魔法帝にまで登りつめました。 魔法帝ユリウス・ノヴァクロノが国民を守るために死亡したと言われています。 白夜の魔眼の頭首リヒトとの戦いで、理人が放った王国全体への魔法から国民を守るために、自分の持つすべての力と魔力をで対抗して相殺させました。 国民を守るために魔力を使い果たしてしまったユリウスは、 リヒトに胸を剣で貫かれたのです。 その後駆けつけてきたヤミに跡を託すと告げました。 スポンサーリンク 【ブラッククローバー】少年として復活したユリウス ウィリアムは贖罪のためヤミと一緒にユリウスの眠る場所を訪れます。 しかしそこにはユリウスの姿はなく、森の中から 少年の姿のユリウスがマントを引きずりながら現れます。 「 何とか生きていたよ」と笑うユリウスにウィリアムとヤミは驚いて何も言えません。 ヤミはしばらく何も言えませんでしたが、ふと「 完全に死んでいたよね」と尋ねます。 ユリウスに詰め寄り、パトリとの戦いに敗れたことを思い出しながらオレの決意を返せと言いました。 そして人生やり直せるなんて言い御身分ですねと怒るヤミに怖いと苦笑するユリウス。 ヤミはめちゃくちゃだとため息をついたりもしますが、それは照れ隠しで二度と会えないと思っていたツラ拝めたんだ…悪い気はしねえと照れくさそうに頭を掻きました。 ウィリアムの方は生きていたユリウスに合わせる顔がなく、言葉をかけることもできません。 そんなウィリアムにユリウスは、 いかなる理由があったとしても王腰を裏切った罪は重い…誰もが傷ついていて立ち上がるまで時間がかかるだろうと告げました。 そしてウイリアムにその間君を遊ばせておく気は無いと言いました。 その言葉を聞きヤミはユリウスは甘すぎると反論しますが、ウィリアムを騎士団長にした自分にも責任はあると言います。 そしてパトリとの戦いに負けてしまった自分にも責任はあると自分の姿を思い返すのです。 それからユリウスはウィリアムを真っ直ぐ見据えると「 私と共に怨嗟の逆流を耐え抜き進む覚悟はあるかい?」と尋ねます。 ヤミはその問いを傍で聞いていてあきれるように頭を掻きました。 ウィリアムは問われてしばらく呆然としていましたが、涙を流しながら「 今度こそ…貴方と…王国を共に」とユリウスに向かって敬礼しました。 ユリウスはヤミとともにクローバー城に戻りました。 しかし姿が変わってしまったユリウスにノエルは気がつかず、突然少年に呼び止められて憮然としています。 アスタは気を感じ困惑しながらヤミを読んでいました。 ユリウスはアスタたちに向かって「 魔法帝がいなくなってしまった」と言います。 するとすかさずヤミがここにいるじゃねえかとツッコミを入れます。 ヤミの言葉にみんな驚きますが、アスタだけはやっぱりと叫んでいました。 スポンサーリンク まとめ 魔法帝ユリウス・ノヴァクロノは、 とても気さくで人間としてもとても魅力のある人物のようです。 国王よりも人気も人徳もあるくらいです。 魔法マニアで、何の変哲のない魔法でも他の使い方がないか考え、思わぬ魔法に化けたりしているものもあります。 差別のない世界を作ろうと考え、ひたすら努力をして実績を積んで魔法帝になりました。 時間魔法の使い手で、「未来を奪う魔法」と自分でもいうくらい最強の魔法を使うことができます。 リヒトとの一騎打ちの後、亡くなってしまったと思っていましたが、なんと 少年として復活していました。 これにはヤミを始め皆驚きました。 しかしウィリアムを許し「 私と共に怨嗟の逆流を耐え抜き進む覚悟はあるかい?」と尋ねました。 今度はウィリアムも含めみんなで差別のない国を目指していってほしいと思います。

次の