新型 コロナ 栃木 県。 新型コロナ 栃木県独自の警戒度判断基準を作成

新型コロナウイルス感染症対策サイト

新型 コロナ 栃木 県

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 新型コロナウイルスに感染した給食調理員3人について、栃木県栃木市教育委員会が、学校給食の調理作業に携わらないことになったと保護者に連絡し、調理現場から外す方針を示していたことがわかった。 県議会で疑問の声が上がり、県も「復帰に問題はない」としたため、市教委は8日、方針を撤回して調理員の復帰を決めた。 調理員3人は栃木第四小学校に勤務し、4月中旬に新型コロナの感染が相次いで判明した。 登校が再開した6月1日、第四小保護者あてに教育長と校長の連名で「感染した調理従事者は、今後、学校給食の調理には携わらないこととなりました」と文書を出した。 この文書について、4日の県議会文教警察委員会で小池篤史県議(民主市民クラブ)が「人権上の問題になるのではないか」と指摘した。 市教委はその後、県の保健所業務を担う県南健康福祉センター(小山市)に相談し、「感染後、4週間再発症しなければ職場復帰しても問題はない」との助言を受けた。 近く3人に復帰の方針をを伝えるという。 市教委の担当者は「児童の安全と保護者の安心のために早急に判断することが必要と考えた。 県など関係機関に助言を受けてから文書の発出を検討すべきだった」と話した。 (、池田拓哉).

次の

新型コロナ 栃木県58例目、宇都宮市40代女性が感染

新型 コロナ 栃木 県

県協力金を申請している皆様へ 県協力金につきましては、現在、申請書類の確認作業を行っており、確認できた申請から、順次、「交付決定通知書」を発出し、支払手続きを行っております。 多数の申請をいただいておりますことから、確認作業に時間を要していますが、できるだけ早く協力金が皆様の元に届くよう努めて参りますので、御理解を頂きますようお願い申し上げます。 また、個別に確認等が必要な申請につきましては、電話等で確認させて頂き、場合によっては修正や追加書類の提出等をお願いしますので、あわせて御協力をお願いいたします。 新着情報 新型コロナウイルス感染拡大防止協力金のインターネットからの受付を次の通り開始しました。 なお、特措法に基づく施設の使用制限の要請・協力依頼について、5月10日(日曜日)まで継続しておりますが、 協力金の支給条件は「2 支給対象の条件」のとおりこれまでと変更ございません。 5月7日 1 趣旨 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、県の要請・協力依頼に応じて休業に御協力頂いた事業者に対し協力金を支給します。 2 支給対象の条件• 休業期間 4月21日(火)から5月6日(水)まで全期間休業していること (ホテル又は旅館については、4月28日(火)から5月6日(水)までの休業)• 対象施設 対象施設ついてはを参照してください。 3 支給額 1事業者最大30万円 (1事業者当たり10万円。 事業所を賃借している場合は10万円を加算、複数事業所を賃借している場合はさらに10万円を加算) 4 受付期間 令和2(2020)年5月7日(木曜日)から同年6月30日(火曜日)まで 5 申請方法 本協力金の申請は、インターネット又は郵送にて受け付けます。 詳細は、下記サイトにてご確認ください。 申請書類は以下のとおりです。 受付センターのホームページからもダウンロードできます。 感染拡大防止協力金申請書(別紙1)• 誓約書(別紙2)• ・各県税事務所、県庁本館県民プラザ及び各県民相談室 ・ 県内商工会議所・商工会及び県中小企業団体中央会.

次の

栃木県/新型コロナウイルス感染症 学校における対策マニュアル

新型 コロナ 栃木 県

新型コロナウイルスに関する相談が栃木県内で急増する中、感染拡大を防ぐ要の一つが県広域健康福祉センター(県保健所)と宇都宮市保健所だ。 この3カ月弱の電話相談は1日平均で約200件。 相談対応のほか、感染者の行動歴や濃厚接触者の調査、検体の回収・運搬など業務は多岐にわたる。 感染のまん延を防ごうと、各保健所の職員は対応に追われている。 「感染の可能性は低いと思われますので、処方されたお薬を飲んでください」 14日正午ごろ、県の県西健康福祉センター。 数分間にわたり電話相手の状況を聞き取った職員が、最後に語り掛けた。 同センター管内(日光、鹿沼市)は計3人の感染者をこれまでに確認した。 健康対策課の職員14人を中心に、各課の職員24人も応援で加わりローテーションを組むなどして対応に当たる。 主要業務の一つが市民や医療機関からの相談対応で、最近は「どうすれば検査を受けられるか」といった相談が増えているという。 渡辺晃紀(わたなべてるき)所長(50)によると、「37. 5度以上の発熱が4日以上続く」など受診の目安に照らして帰国者・接触者外来につなぐ。 だが、「目安に該当しなくても感染を100%否定はできない。 一方で全員を検査しようとすれば、帰国者・接触者外来がパンクする」。 渡辺所長は、検査の必要性を見極める難しさを指摘する。 感染者の行動歴などを聞き取る積極的疫学調査も重要だ。 感染者が確認されれば、保健所は患者の入院手続きを進める。 同時に患者本人に電話をかけ、発症日を特定。 その後、感染経路の判定とまん延防止のため、発症日の2週間前から陽性判明までの行動を詳細に尋ねる。 「家族と1日にどれくらい接するか」「食事は一緒か」「寝室はどうなっているか」。 プライバシーにもかなり踏み込むため、患者の協力は不可欠という。 相談業務に加え、検体の回収・運搬、患者の調査も増えつつあり、土日・夜間の残業など現場の消耗は激しい。 渡辺所長は「感染を広げないことが重要。 しばらくは地道にやっていくしかない」と語った。

次の