ディズニーランド コロナウイルス。 各地でテーマパークが臨時休園、新型コロナウイルス拡大で、USJ・ハウステンボス・富士急ハイランドなど

オリエンタルランド、2カ月休園でも磐石なわけ

ディズニーランド コロナウイルス

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、上海ディズニーランドは1月25日から、香港ディズニーランドは26日から休園をしています。 日本国内も感染者が確認され、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーでは、28日から希望する従業員に対しマスクの着用が認められました。 2月28日、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでも2月29日から3月15日まで休園することが発表されました。 政府からの新型コロナウイルス感染症対策の要請に応じたものです。 再開は16日としていますが、改めて発表されるようです。 東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの長期にわたる休園は2011年3月の東日本大震災発生後以来となります。 さらに3月11日、東京ディズニーリゾートは、休園期間の延長を発表しました。 4月15日に予定されていた東京ディズニーランド大規模開発エリアの開業も延期が発表されています(編集部追記:3月11日) 大阪にあるユニバーサル・スタジオ・ジャパンも同じく、2月29日から3月15日を臨時休業とすると発表しました。 (編集部追記:2月28日) このように同じディズニーランドでもそれぞれの国によって、新型コロナウイルス(COVID-19)に対する措置が異なります。 東京・上海・香港の各ディズニーランドの対応と、それぞれの比較から分かることをお伝えします。 関連記事 目次• コロナウイルスへの対策、東京TDLで「マスク」着用に 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、上海ディズニーランドは25日から、香港ディズニーランドは26日から休園をしています。 期間中に訪日中国人観光客増加が予想される東京ディズニーリゾートでも、なんらかの対応を行うのではないかと注目されていました。 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、休園や中国からきた来園者の入場拒否は行わないことを明らかにし、従業員への手洗いうがいの徹底やアルコール消毒を呼び掛けるに留まっていました。 しかしオリエンタルランドは、28日以降は希望する従業員のマスク着用を認めることを明らかにしました。 マスクの着用を許可したのは、新型コロナウイルス(COVID-19)だけでなく、風邪やインフルエンザなどあらゆる感染症を予防するためとしています。 またマスクの着用はただちにすべての従業員を対象としているわけではなく、パレードやショーの出演者を除く、両パーク内のレストラン、ショップなどで働く従業員となるようです。 同社が運営する近隣の商業施設やホテルでの着用についても、今後検討されるということです。 上海、香港のディズニーランドが続々閉鎖 東京ディズニーリゾートでは閉園の対応は取られていませんが、上海、香港のディズニーランドはすでに休園しています。 上海ディズニーランドは25日から休園、故宮や万里の長城も閉鎖 上海ディズニーリゾートは24日、リゾート内のメイン施設となる上海ディズニーランドなどを25日から閉鎖することを発表しました。 営業再開については中国政府と連携を取りながら状況に応じて対応するとしています。 すでに購入されたチケットについては、払い戻しに応じています。 閉鎖の理由については、 肺炎の感染を予防し、客とスタッフの健康と安全を保障するため としています。 また北京市内の有名観光スポットである世界遺産の「故宮」や「万里の長城」も25日から閉鎖され、の恒例である縁日も中止されるなど、中国各地の観光地に影響が広がっています。 香港ディズニーランドは26日から休園、警戒レベル最高に 影響は中国だけに留まらず、香港にも広がっています。 香港ディズニーランドでは26日、「ゲストとスタッフの健康を考慮しての措置」として、同日から休園することを発表しました。 チケットの払い戻しには応じており、再開日は明らかになっていません。 香港の代表的なテーマパークである香港海洋公園(オーシャンパーク)も、同日休園を発表し、2月9日の香港マラソンなどの大型イベントも中止が決定しています。 香港政府は、25日には感染症への警戒レベルを3段階のうち最も高い「緊急」に引き上げていました。 2003年のSARSで299人の死者が出た香港では感染症への警戒感は高く、武漢と香港を往来する航空便と高速鉄道の運行は無期限停止となっています。 さらに28日には、香港政府は中国本土からの個人旅行の新規受け入れを全面停止するほか、中国本土と結ぶ鉄道やフェリーを30日から運休し、航空便を半減させることを発表しています。 東京・上海・香港を比較して分かること 東京、上海、香港の各ディズニーランドでの対応を比較してみると、いくつかの気づきを得ることができます。 政府方針が運営に大きく影響 香港では警戒レベルが引き上げられた翌日に、休園が発表されています。 上海でも、営業再開は中国政府と連携を取って決めるとしています。 オリエンタルランドは、新型コロナウイルス(COVID-19)が指定感染症に指定される方針が明らかになった翌日に、従業員のマスク着用を認める方針変更が発表されました。 この変更は政府の閣議決定との関連性は明確になっていませんが、少なからず影響していると考えられます。 3社の対応から政府の方針が、施設の運営に大きな影響を与えることが分かります。 過去の経験と地理的要因から異なる警戒度 すでに多数の感染者と死者が出ている中国にある上海ディズニーランドの閉鎖は納得する人も多いでしょう。 しかし香港ディズニーランドは閉園、東京ディズニーリゾートは従業員のマスク着用許可にとどまるなど対応に差があります。 この差は過去の経験と地理的要因が大きく関係しています。 2003年に流行したのSARSの影響が限定的だった日本に対し、香港では多数の感染者と死者が出ました。 さらに中国と香港は陸路でつながっているだけでなく、2018年に香港と深圳市をつなぐ「広深港高速鉄道」が全面開通し今まで以上に行き来が容易になりました。 人の移動が簡単であればあるほど、感染拡大の危険性が高まります。 これらの理由から香港は、日本以上に新型コロナウイルス(COVID-19)に対する警戒度が高くなっているのでしょう。 <参照> 千葉日報: JIJI. COM: 読売新聞: TBS NEWS: AFP: 共同通信: 朝日新聞: 日本経済新聞: TBS NEWS: 日本経済新聞: 岩手日報: 岩手日報:.

次の

ディズニーR、純利益は622億円!コロナ禍で大幅減益も無類の強さ証明、課題は顧客満足度

ディズニーランド コロナウイルス

ディズニーチケット ディズニーは原則として、すべてのチケットのキャンセル・払い戻しができません。 しかし、ディズニーに行くことを控える・日程変更を検討している場合どうすればよいのでしょうか。 各種チケットの対応方法をまとめました。 【を購入している】 コンビニチケットの場合のみ払い戻しが可能 手数料:210円 ・ 日付指定券を購入している場合でも日付指定を変更することが可能です。 ディズニーチケットの有効期限は、1年間となっていますので、いずれ行く方はキャンセル・払い戻しの対応は必要ありません。 なお、コンビニチケットの場合に限り払い戻しが可能です。 ・ ディズニーの新型コロナウイルス対策:パークでの対策 ディズニーランド・ディズニーシーの園内での対策はどうなっているのでしょうか。 しかし、コロナウイルス感染予防のため、一部キャラクターグリーティングの仕様が変更となりました。 フェイスキャラクターと呼ばれる、ディズニープリンセスやプリンスのキャラクターが触れ合い形式ではなくなっています。 シンデレラ城の高い位置からのご挨拶やお散歩のみなど、濃厚接触を避ける形式になっているようです。 また、2020年3月31日(火)をもって終了が予定されているアリエルのグリーティンググロットも施設メンテナンスのため、グリーティングが休止となっています。 施設メンテナンスとなっていますが、コロナウイルス対策の一環でもありそうですね。 なお、ミッキーなどフェイスキャラクター以外とは通常通り、グリーティングが可能となっていますよ。 ・ ディズニーの新型コロナウイルス対策:臨時休園は未定 中国にある2つのディズニーパークは、どちらも休園となっています。 ・上海ディズニーランド:2020年1月25日(土)〜(再開未定) ・香港ディズニーランド:2020年1月26日(日)〜(再開未定) コロナウイルス拡散により、キャスト・ゲストの安全面と健康面を考慮して休園という対策を取っています。 営業再開は、現在未定のようですが、返金手続きなどは可能なようです。 チケットなど予約している方は、公式サイトをチェックしてみてくださいね。 なお、2020年3月9日(月)より上海ディズニーランドの一部施設の営業が再開しました。 パーク自体は休園となったままです。 ディズニーランドやディズニーシーに行く際は、自己防衛をしっかりしてくださいね。 また、こまめな手洗い・うがい・消毒を忘れずに行いましょう! ディズニー映画なら「Disney+(ディズニープラス)」.

次の

コロナウイルスの影響でディズニーランドが空いてる!?

ディズニーランド コロナウイルス

ディズニーチケット ディズニーは原則として、すべてのチケットのキャンセル・払い戻しができません。 しかし、ディズニーに行くことを控える・日程変更を検討している場合どうすればよいのでしょうか。 各種チケットの対応方法をまとめました。 【を購入している】 コンビニチケットの場合のみ払い戻しが可能 手数料:210円 ・ 日付指定券を購入している場合でも日付指定を変更することが可能です。 ディズニーチケットの有効期限は、1年間となっていますので、いずれ行く方はキャンセル・払い戻しの対応は必要ありません。 なお、コンビニチケットの場合に限り払い戻しが可能です。 ・ ディズニーの新型コロナウイルス対策:パークでの対策 ディズニーランド・ディズニーシーの園内での対策はどうなっているのでしょうか。 しかし、コロナウイルス感染予防のため、一部キャラクターグリーティングの仕様が変更となりました。 フェイスキャラクターと呼ばれる、ディズニープリンセスやプリンスのキャラクターが触れ合い形式ではなくなっています。 シンデレラ城の高い位置からのご挨拶やお散歩のみなど、濃厚接触を避ける形式になっているようです。 また、2020年3月31日(火)をもって終了が予定されているアリエルのグリーティンググロットも施設メンテナンスのため、グリーティングが休止となっています。 施設メンテナンスとなっていますが、コロナウイルス対策の一環でもありそうですね。 なお、ミッキーなどフェイスキャラクター以外とは通常通り、グリーティングが可能となっていますよ。 ・ ディズニーの新型コロナウイルス対策:臨時休園は未定 中国にある2つのディズニーパークは、どちらも休園となっています。 ・上海ディズニーランド:2020年1月25日(土)〜(再開未定) ・香港ディズニーランド:2020年1月26日(日)〜(再開未定) コロナウイルス拡散により、キャスト・ゲストの安全面と健康面を考慮して休園という対策を取っています。 営業再開は、現在未定のようですが、返金手続きなどは可能なようです。 チケットなど予約している方は、公式サイトをチェックしてみてくださいね。 なお、2020年3月9日(月)より上海ディズニーランドの一部施設の営業が再開しました。 パーク自体は休園となったままです。 ディズニーランドやディズニーシーに行く際は、自己防衛をしっかりしてくださいね。 また、こまめな手洗い・うがい・消毒を忘れずに行いましょう! ディズニー映画なら「Disney+(ディズニープラス)」.

次の