お 線香 立て。 宗派によって線香のあげ方の違いがある!?|仏壇に線香をあげる手順とポイント

線香立て|掃除しやすく便利な物を

お 線香 立て

お墓の線香立てを用意するにあたって確認しておきたい所があります。 持ち帰って必要な時だけ使う?掃除はしやすい?など色々な状況を考えて選ぶことが大切です。 「見た目がオシャレ」「かっこいいから」など単純な理由で選ぶと「宗派に合わない」など問題がでてきます。 用意する前に必要なことを考えていきましょう。 線香立ての種類について お線香立ての種類について紹介しましょう。 線香立てと一口に言っても石製のものからステンレス製のものまであります。 また、お線香を立てる方式から、寝かせる方式のものまで様々あります。 お線香を立てるタイプ お線香を立ててお供えする線香立ての特徴を紹介します。 一般的に良く使われるのが、線香を立てて使う方式でしょう。 線香を立てて使うことで煙の方向が天に登るように見えるので、清められているように感じますよね。 線香を立てることで狭い場所でも使うこともできますよね。 お線香を横にするタイプ お線香を横にしてお供えする線香立ての特徴を紹介します。 お線香を横に寝かせるタイプはお皿のようになっていて、その上にお線香を置きます。 そのため、燃えかすはお皿の上に残り、お墓を汚してしまうことはありません。 宗教・宗派によっては寝かせて線香を炊くのが通常なこともあります。 自分の家の信仰している宗教をきちんと顧みて、宗教にあった線香立てを準備しましょう。 価格帯は? 線香立ての価格の相場はだいたい1000円~3000円前後です。 しかし、安いものでは数百円程度のものから、高いものになると10万円以上するものまで様々です。 これは材質と製作期間や販売量が絡んでいるせいでしょう。 自分の使いたい線香立てを選んだら、宗教的にはその線香立てでも良いのかを調べてください。 その後価格がその線香立てに見合っているかを考えて購入すると良いでしょう。 線香立てにはどんなものがある? 線香立ての掃除の仕方はどうすれば良いのでしょうか? ネットを使用する 簡単な方法があります。 排水溝やキッチンで使う三角コーナー用のネットを使用します。 (不織布タイプではなくネットタイプのものを用意してください。 ) 香炉に溜まっている線香を砂ごとネットに入れて振るだけです。 ネットの編み目から細かい線香などは落ちて大きい砂は残ります。 後は砂の中に残った燃えかすなどを取り除けばよいだけです。 砂がネットの目より小さい場合 砂がネットの目よりも小さい場合はどうすれば良いのか? 茶こしの目の細かいものを使って掃除しましょう。 やり方は三角コーナーのネットと一緒で茶こしに砂を入れて振るうだけです。 これでお墓の線香立ての砂が気にならなくなりますよ。 お墓の線香立てについてのまとめ カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

浄土真宗はなぜ線香を立てずに寝かせて使用するの?

お 線香 立て

お墓の線香立てを用意するにあたって確認しておきたい所があります。 持ち帰って必要な時だけ使う?掃除はしやすい?など色々な状況を考えて選ぶことが大切です。 「見た目がオシャレ」「かっこいいから」など単純な理由で選ぶと「宗派に合わない」など問題がでてきます。 用意する前に必要なことを考えていきましょう。 線香立ての種類について お線香立ての種類について紹介しましょう。 線香立てと一口に言っても石製のものからステンレス製のものまであります。 また、お線香を立てる方式から、寝かせる方式のものまで様々あります。 お線香を立てるタイプ お線香を立ててお供えする線香立ての特徴を紹介します。 一般的に良く使われるのが、線香を立てて使う方式でしょう。 線香を立てて使うことで煙の方向が天に登るように見えるので、清められているように感じますよね。 線香を立てることで狭い場所でも使うこともできますよね。 お線香を横にするタイプ お線香を横にしてお供えする線香立ての特徴を紹介します。 お線香を横に寝かせるタイプはお皿のようになっていて、その上にお線香を置きます。 そのため、燃えかすはお皿の上に残り、お墓を汚してしまうことはありません。 宗教・宗派によっては寝かせて線香を炊くのが通常なこともあります。 自分の家の信仰している宗教をきちんと顧みて、宗教にあった線香立てを準備しましょう。 価格帯は? 線香立ての価格の相場はだいたい1000円~3000円前後です。 しかし、安いものでは数百円程度のものから、高いものになると10万円以上するものまで様々です。 これは材質と製作期間や販売量が絡んでいるせいでしょう。 自分の使いたい線香立てを選んだら、宗教的にはその線香立てでも良いのかを調べてください。 その後価格がその線香立てに見合っているかを考えて購入すると良いでしょう。 線香立てにはどんなものがある? 線香立ての掃除の仕方はどうすれば良いのでしょうか? ネットを使用する 簡単な方法があります。 排水溝やキッチンで使う三角コーナー用のネットを使用します。 (不織布タイプではなくネットタイプのものを用意してください。 ) 香炉に溜まっている線香を砂ごとネットに入れて振るだけです。 ネットの編み目から細かい線香などは落ちて大きい砂は残ります。 後は砂の中に残った燃えかすなどを取り除けばよいだけです。 砂がネットの目より小さい場合 砂がネットの目よりも小さい場合はどうすれば良いのか? 茶こしの目の細かいものを使って掃除しましょう。 やり方は三角コーナーのネットと一緒で茶こしに砂を入れて振るうだけです。 これでお墓の線香立ての砂が気にならなくなりますよ。 お墓の線香立てについてのまとめ カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

一般仏具

お 線香 立て

線香立ては昔からある香炉灰のたまるものしか想像しませんでしたが、最近は若い人でもお香を楽しむ人が増えてきています。 香炉だと親しみがわかない感じがありますが100均で代用できるものがたくさんあるのです。 一つ目は長いお皿です。 どんなものでもよいと思います。 好きな柄を選ばれるのがいいでしょう。 横に線香を置くのは特に何の問題もありませんよね。 お香が終了したらそのまま灰のお手入れもできますし、お皿なら簡単に洗うこともできます。 代用品としては簡単で且つかわいいのではないでしょうか。 100均で買えるなんて最高ですよね。 ぜひ試してみてくださいね。 家にあるお皿でもいいかもしれませんね。 香炉灰にはカップがおすすめです。 お気に入りのコップや器を見つけてみてください。 作り方はカップに香炉灰を入れるだけです。 既製品にとらわれず、いろんな発想をすることが大切ですよね。 日用品とか書いてあっても購入するときはきれいですし洗えばいいですよ。 日用品と書いている方が使い勝手などがわかりやすいということだけで、使えれば何でもいいのです。 自由な発想で利用されることをお勧めします。 代用品であってもちゃんと利用はできます。 最低限の危険さえなければ大丈夫です。 皆さんもぜひいろんな発想で商品を買ってみてくださいね。 これが一般的ではないでしょうか。 ちゃんと火が消えていれば普通にゴミに捨てて平気です。 ゴミに捨てるとき少し舞ってしまいますから気になるようであればティッシュなどにくるんで捨ててくださいね。 灰のお手入れをするときに注意することを少しご紹介します。 灰の塊はこしきでさらさらにしていただくか取り除いてもらうのが一番です。 やってはいけないのは水で濡らすことです。 濡らしてしまうとべちょっとなってしまうので注意です。 濡らしてしまった時は袋などに入れてゴミ箱に捨ててくださいね。 線香にはにおいを消す役割がありますね。 故人がなくなった時に線香をたくのはその意味もありますね。 線香には心と体を清めるという意味があります。 よい香りをかぐことで癒されるアロマテラピーもその一つですよね。 自分と場を清められて、においに癒されるのであれば最高ですよね。 リラックス効果のあるお線香を選べばアロマと同じ効果が得られますよね。 100均にも線香は売っていますので是非自分に合った線香をお買い求めくださいね。 線香は故人のためだけでなくなってきました。 線香立てに好きなにおいを立ててみてくださいね。 49日を過ぎるまではお線香の香りが故人の食べ物として扱われるようです。 意外ですよね。 お供え物も大切ですが、お線香も大事な役割があるんですね。 なかなか機会はないかもしれませんが、意味を知ると大切さがわかってうれしいですね。 線香をいざ立てようと思ったら線香立てが急にはないですよね。 家にあるもので代用できたり、100均のもので香炉灰の作り方をご紹介したいと思います。 香炉灰はこぼれなければいいのです。 もちろん燃えにくい素材の容器を選ぶことも大事です。 簡単に作成ができますので是非自作してみてくださいね。 最近人気のアロマオイルが100均で購入できるのです。 線香にもいろんなにおいがあり、香をたく人が増えていますよね。 臭いでリラックスというのは当たり前になってきているのかもしれません。 そんなリラックスが100均で手に入るなんて最高ですよね。 自分の匂いをぜひ探してみてくださいね。 RELATED ARTICLE 線香立ては自分の趣味を前面に出していい 線香や香はどうしても故人のためという感じが強く出てしまうため、質素にお供えをするというイメージが強いかもしれませんね。 しかし現在はそんなことはないのです。 線香も香もリラクゼーションの一つとして活用されるようになってきました。 アロマを使うのには抵抗があるな煙が出るのがいいかもと思われる方もいますよね。 アロマだと調合のことを考える方もいらっしゃるかもしれません。 お香なら簡単に手が入り、火をつければいい香りがします。 臭いけしにも使われるものですし、人体にも害はありません。 線香立てもご紹介しましたように簡単に自作ができますし、代用品も簡単な作り方をご紹介しました。 本格的なものは少しという方はぜひ100均などで購入をして試してみてはいかがでしょうか。 いつもと違う香りに癒されて心も場も清らかになること間違いなしですね。 ぜひお試しくださいね。

次の