子宮 口 を 柔らかく する 方法。 子宮口を柔らかくする注射の効果はどの程度?陣痛の度合や副作用は?

経血コントロールの効果と方法。不快な生理を少しでも快適に! | 女性の美学

子宮 口 を 柔らかく する 方法

現在、38週の後半です。 (初産です) 赤ちゃんが少し大きめなのですが、 先生より出産方法についてのアドバイスはなく、 今のところ自然分娩の予定です。 なのですが… 先日、先生より「全然、子宮口が開いてない。 このままでいくと難産になっちゃうよ。 」 と言われてしまいました。 とにかく歩くように言われているのですが、今までしてきた運動は3つです。 ・毎日1時間近くは散歩(恥骨が痛い為、スピードは遅いかもしれません。 ) ・踏み台昇降のような事。 50回を1日2~3セット(お風呂の椅子の上り下り) ・マタニティーヨガ…対した運動量ではないです(304分DVD) ・ふき掃除 今日、子宮口をやわらかくする為の薬(膣錠)2回目で、 同じ事を言われ、悩んでいます。 もともと、内診が不得意で(ちなみにタンポンも苦手です)、 どうしても痛く感じてしまい、足に力が入ってしまいます。 やはり…難産になってしまうのでしょうか。 ラズベリーティーを現在調達中なのですが、 他に今からできる、子宮口をやわらかくする方法を教えてください。 できましたら、セックス以外でお願いします。 主人が怖がりなもので…。 私も同じようなことを言われました。 子宮口が硬く、おなかもまったく下がっていない。 子宮口をやわらかくする薬も処方されました。 でも、いざ陣痛が起きたら、5時間で生まれましたよ。 予定日を二日過ぎていました 医師が11時ぐらいに診察した時には、子宮口の開きがあまりよくなくて、夕方過ぎるといっていたけど、14時にはもう産まれていました。 医師の予想なんてそんなもんですよ。 陣痛も出産も個人差があり、同じ陣痛も出産もないんです。 陣痛室では、陣痛が遠のいてしまい帰されてしまった人が何人かいたり、24時間たっても産まれないというケースもあったり・・・と色々です。 それが今の子宮口の状態からどうなるかなんて、誰も分からないんです。 ただ、出産には体力を使いますから、今からできることは色々ありますよ。 赤ちゃんが準備が整うとおなかの中では一生懸命に旋回して、自分で道を作ってがんばっているのですから、その時に母親ができることは、おなかに酸素をたくさんおくること、そのために体力をつけることだとおもいます。 歩くこと、ふき掃除、トイレ掃除はとてもいいと思いますよ。 いきむ時には、足で踏ん張りますからね。 普段使わない筋肉を今から少しずつ、無理のないほどに、力をつけるといいと思います。 なんてえらそうに言っている私は、していませんでしたが・・・。 私も内診もタンポンも苦手です。 なので想像してしまうと、恐怖心がありました。 そんな時に友人から分娩台でいきんでいる時に陣痛がとおのいてしまったという話を聞いて、陣痛の痛さよりも、とおのいたらどうしようと考えるようになって、分娩台にあがった時には、今のうちに産みたいという気持ちが強くて、痛さの恐怖心なんて消えて、思いっきりいきんでいました。 私が出産して思ったことは、陣痛の波に乗って、赤ちゃんのサポートに撤することがよかったと思いました。 こんにちは。 私も、かなり大きめかもといわれ、なんとしても予定日前に出す!とあれこれがんばったクチですので、お気持ちはわかります。 (結局38週で出産、3550gのデカさでした。 )投薬を受ける、という事は無かったでしたが、内診では、特に柔らかいとのコメントを貰った事もなかったので、安産の為に自主的に色々やった事をあげてみます。 ・乳首のマッサージをする。 (私の場合、37週で、助産師さんにおっぱい見てもらったついでにマッサージを受けたその晩におしるしが到来。 これが私の場合、個人的にはかなり効いたと思います。 一日3杯位。 飲み初めて1週間程で、夜中、久しく無かった生理痛のような痛みで眼が覚めたのが、驚きでした。 医師に聞くと、お産が近づいた証拠ですねとの事。 実際のお産の進みもイイ感じでした。 当日、陣痛の合間にも飲んだ。 後陣痛も殆ど無く、子宮の戻りも良かったのは、このお茶のおかげかもしれないと思っとります。 ・散歩は、気分と天候の良い時に。 真夏だったので、休みながら。 興がのれば3時間歩く日も あれば、全く歩かない日も。 ・階段は降りるのが特に効果アリ。 ・あぐらをかく ・早くでてきてね、会いたいなぁ~と日々語りかける。 (体もですが、心理的にも... キモチをお産に向けて高める。 ソフロのCDを聞いてました。 ) どうぞがんばってくださいね! わたしもジャンボベビーだったので、早く生まれるよう頑張りました。 ウォーキングですが、1時間じゃ短いです。 歩くペースは遅くてもいいんです。 わたしの産院ではみんな1日3時間歩いてました。 (10ヶ月から) わたしも3時間歩いていたのですが、ただ歩くのではつまらないのでウインドウショッピングしながら歩いたり、とにかくどこへ行くにも歩いて行ってました。 あとは階段の上り下りは効きますよ。 マンションの1階から6階までを1日5往復してました。 これはかなり効きました。 もう一つはスクワットも効果的でした。 ウォーキングは体力作りにもなるのでたくさん歩いた方がいいです。 お産はすっごく体力消耗するので。 もちろん体調の変化にも備えて携帯は常時持ち歩いてくださいね。 わたしは上記の方法で予定日より早く生まれました。 初産はなかなか生まれにくいので、お医者さんから安静の指示が出てないならたくさん運動した方がいいです。 もうすぐですね!!お体をお大事に、元気な赤ちゃんを生んで下さい。 Q こんにちは! 昨日予定日だった40週の初産婦です。 38週の検診で子宮口が1cm開いていると言われ、いつ産まれるかとドキドキしていたのですが、先週も1cm、そして予定日も1cmのまま、全く変わらず、まだ子宮口も固いようです。 昨日は超音波とノンストレステストをして、胎児の状態だけ調べましたが(今のところ良好)、このまま行くと子宮口もあまり開いていないまま、陣痛促進剤を打つことになりそうです(高齢出産です)。 鍼にも長く通っていて、陣痛を促進するツボを刺激してもらったり、ツボもみ、気をつけて運動するようにもしていますが、あまり効果がないようで困っています...。 子宮口開かず、予定日を過ぎると不安でしょう・・・。 私も38週で子宮口1cmと言われました。 陣痛が10分間隔になり病院に行った時に3cmで、一晩病院で過ごし5分間隔の陣痛になってもそれ以上子宮口が開かず、結局一旦家に帰り3分間隔になり病院に戻った時には8cmになっていました。 10分間隔になってから出産まで、結局36時間の難産になりましたが、その間に病院で助産婦さんに指導してもらった子宮口を開く為にしたことを、ご参考になれば・・・。 ・階段の上り下り ・とにかく歩く ・スクワット ・陣痛を促進するアロマ(香りは「ナツメグ」でした。 臭かった・・・。 ) ・足の沐浴(温めると良いそうです) ・室温を高めにして、手足を冷やさない ・腰に貼るカイロ こんな感じです。 家であれば半身浴がいいそうですよ。 などが挙げられます。 Q 明日が予定日の28歳妊婦です。 (初産) 11日(土)の検診で医師から《まだまだ子宮口がかなり奥にあり硬いです。 とにかく歩いて。 おっぱいマッサージは2時間やるように。 41週まで経過を見ましょう。 頑張っていればいずれはお産できますから・・ 》と言われました。 まだまだ胎動も激しく、お腹の張りも少なく、前駆陣痛なども全くなくお産の兆候がありません。 赤ちゃんはかなり下がってきているようですが。。 子宮口も柔らかくなるどころかかなり奥にあるとの事でこのままでは41週を超えてしまうのではないかと思っています。 今やっている事は、1~2時間の散歩(ウインドショッピングなど)、階段30段位を50~100往復、お風呂のなかでおっぱいマッサージ20分位、ラズベリーリーフティーを飲む事です。 先輩ママさんの中で予定日間際もしくは予定日超過で子宮口がかなり硬かった方で質問です。 出産はどれくらい遅れましたか?予定日過ぎてからどのような努力をされましたか?ご回答お願いいたします。 A ベストアンサー 予定日間際の妊婦です。 1週間前の健診では、「子宮口もしっかり閉じているし、上の方にあるからまだまだですね」と医師に言われました。 赤ちゃんは結構下の方にいたのですけど。 私自身早く産みたくて正産期(でしたっけ?37週以降)なので、歩くようにしました。 1日2~4時間、1週間歩いたら子宮口が1cmほど開くほどになりました。 でも、流石に4時間歩くと結構辛いです。 分娩時にヘトヘトになっていても困るので、今後は1日2時間を目安に近所を歩こうかと思っています。 あと、激痛などは別ですが、歩いていてお腹が張ってもそれが刺激になるから気にせず歩いていいと言われました。 病院では一応歩く目安としては1日2時間程度がいいとのことです。 ただ、今の時期は暑いので水分補給と無理は禁物ですね。 近くにデパートや大型スーパーがあればその中を歩く方が涼しいし安全だと思います(私は雨の日は大型の複合スーパーへ散歩に行っています)。 あと、ゆっくりスクワットをするのもいいそうです。 壁に手をついて、足を開き、ゆっくり腰を落として立ちあがって…というのを朝・昼・晩、各10回ずつやるといいと看護師さんに聞きました。 ただ、本当に無理はしない方がいいと思います。 お母さんの体が資本ですし、よく歩いていた友達もいましたが3日間促進剤を使って、それでも陣痛が来なくて帝王切開になったという人もいます(怖がらせてすみません)。 結局お産って人それぞれなので、無理をしない程度でできることをやるしかないとある程度割り切ることも必要かなと思います。 予定日間際の妊婦です。 1週間前の健診では、「子宮口もしっかり閉じているし、上の方にあるからまだまだですね」と医師に言われました。 赤ちゃんは結構下の方にいたのですけど。 私自身早く産みたくて正産期(でしたっけ?37週以降)なので、歩くようにしました。 1日2~4時間、1週間歩いたら子宮口が1cmほど開くほどになりました。 でも、流石に4時間歩くと結構辛いです。 分娩時にヘトヘトになっていても困るので、今後は1日2時間を目安に近所を歩こうかと思っています。 あと、激痛などは別ですが、歩いていてお... A ベストアンサー こんにちは。 10ヶ月ともなると毎日ドキドキですね(^^;) ですが、順調なマタニティ-ライフを送られてきたのでしたら出産まではまだ時間がかかると思います。 私はまだ8ヶ月ですが、足の付け根や恥骨の違和感、骨盤付近の痛みも感じますし、おりものもありますよ。 お医者様のおっしゃる通り36週で赤ちゃんの頭が下がってくるのは普通の事と思いますが、実際に出産が多い週数は39週、次いで40週だそうです。 39週に入ったらドキドキし始めるくらいでちょうどいいと思いますよ(^^) 私は3人目を妊娠中なのですが、 1人目は40週6日の朝から便が出たいのに出ない感じが続き、その夜陣痛開始となりました。 2人目は39週6日の朝起きたら突然のおしるし。 で、その日に出産となりました。 出産の兆候(というか、お産の始まりの合図)は必ず何かしらの形で現れます。 それは陣痛だったりおしるしだったり破水だったりするかもしれませんが、 お産には時間がかかりますので、その兆候を見てからでも十分間に合います。 出産はまさに「案ずるより産むが易し」です。 1人目の出産後、身を持って実感しました。 「出産より妊娠10ヶ月間に感じた不安のほうが大変だったなぁ~」と。 10ヶ月ともなると毎日ドキドキですね(^^;) ですが、順調なマタニティ-ライフを送られてきたのでしたら出産まではまだ時間がかかると思います。 私はまだ8ヶ月ですが、足の付け根や恥骨の違和感、骨盤付近の痛みも感じますし、おりものもありますよ。 お医者様のおっしゃる通り36週で赤ちゃんの頭が下がってくるのは普通の事と思いますが、実際に出産が多い週数は39週、次いで40週だそうです。 39週に入ったらドキドキし始めるくらいでちょうどいいと思いますよ(^^) 私は... A ベストアンサー 私はとってもものぐさだったので、ほとんど運動らしい運動はしませんでした。 ほとんど1日座イスに座ってテレビを見てました。 それで、1人目のときは予定日よりも3日早い出産で、陣痛もお手本の用な陣痛、非常に安産でした。 2人目は上の子がいたので多少は動きましたが、それでもちょっと公園に行く程度で、運動と言えるかどうか・・・ この子の時は、予定日ピッタリでやっぱり普通に陣痛がきて、しかもスピード出産で安産でした。 ただ、出産には体力使います。 ホントに。 陣痛については私の場合、運動しなくても普通に来たので体質だと思いますが、 やはり、少しくらいは運動して体力つけてた方が良かったかな、と 出産直後思いました。 今妊娠中ですか?赤ちゃんとの対面、楽しみですね。 A ベストアンサー 現在、予定日を目前に控えた妊婦です。 たぶん、ほとんど同じ痛みを私も体験しています。 まさに膣が刺さるような痛み。 膣とか、子宮口とかの方向に向けて、太めの針でズーンと刺されるような、結構な痛みが、9ヶ月くらいからたまに感じるようになり、臨月になってからはしょっちゅうです。 そして予定日1週間をきってからは毎晩、ものすごく「その痛み」があるんです。 妊婦友達が複数いますが、少なくない人が同じ痛みを体験しているので、「きっと赤ちゃんの頭突きだろうね」と笑っています。 先日、かなり頻繁にその痛みがあり、その直後に検診に行ったら、赤ちゃんが随分下がっており、子宮頸管も短くなり、子宮口も開き気味。 まさにお産に向けての準備として、赤ちゃんがメリメリと下降したんだなぁと思わせられました。 診察では特に異常もなかったし、後期特有の症状かな、と思います。 donpatiさんも検診で特に言われなかったのなら、少なくない妊婦が体験する痛みじゃないかしら? お互い元気な赤ちゃん産みましょうね。

次の

出産間近の兆候と子宮口を開きやすくする4つのポイント

子宮 口 を 柔らかく する 方法

陣痛が8~10分間隔で起こっている時期を「準備期」と呼びます。 潜伏期と呼ぶこともあります。 準備期になると、ほとんどのママは病院に連絡し、入院することになります。 比較的痛みが弱い時期なので、慌てず落ち着いて行動しましょう。 準備期では、子宮口が0~3cm程度開いていきます。 なかには陣痛が始まっても、しばらくは子宮口がぴったり閉じているママもいます。 子宮口が開いているかどうかは自分ではわからないことが多く、1cmや2cm程度では痛みを感じないこともあります。 一般的に、陣痛の始まりと子宮口の開大は妊娠37週0日〜41週6日のあいだに起こります。 しかし、妊娠37週未満に感染症などが原因で、ママの子宮口が開いてしまうこともあります。 治療しても子宮口の開大が止まらない場合は、早産となる可能性もあることを覚えておきましょう。 予定日超過などで陣痛を誘発する場合、先に子宮頸管が熟化し、子宮口が柔らかい状態になっている必要があります。 子宮頸管の熟化が起こっていないときは、熟化を促すために「子宮頸管拡張器具」を使った処置を行うことがあります。 子宮頸管拡張器具はさまざまな種類があります。 親水性ポリマーでできているスティック状の器具や、ラミナリア桿(かん)という円柱状の器具を使うこともあります。 子宮口に挿入し、水分を吸わせて徐々に子宮口を押し広げていきます。 風船状の器具を子宮口に挿入することもあります。 注射器で風船の中に滅菌水を入れると、風船がふくらみ子宮口が広がっていきます。 子宮頸管拡張器具を使う場合は入院して処置を行うのが一般的です。 器具を使用した次の日に、陣痛促進剤でお産を進めたり、自然の陣痛が始まったりします。 待つと長く感じる 筆者は陣痛の間隔が10分以内になったころに入院しましたが、数時間経っても子宮口が開きませんでした。 今ではそれが普通なのだとわかりますが、当時は陣痛が始まったらすぐに産まれるものだと思っていたので、子宮口の開きを確かめる助産師さんに「まだですか、本当にまだ1cmですか」と何度も聞いてしまいました。 子宮口が5cmくらいになるまでは、本当に長く感じました。 しかし、子宮口の開きが5cmを過ぎるとあっというまに全開大になって分娩台へ移動し、無事に赤ちゃんが産まれました。 これまでかかった時間が嘘のような怒涛の展開でした。 「子宮口がなかなか開かない」と焦って待つと、余計に時間を長く感じてイライラしまうかもしれません。 赤ちゃんのことを考えながら、リラックスして待てると良いですね。

次の

子宮口を柔らかくする方法はありますか?

子宮 口 を 柔らかく する 方法

お好きな場所から読めます• 臨月の子宮の状態とは? 出産が近づくにつれ、赤ちゃんの頭が骨盤の中へ下がり始めると同時に、子宮の位置も下がります。 子宮口には、内子宮口と外子宮口があり、2つを結びつけている部分を子宮頚管といいます。 臨月になると、子宮頚管が柔らかくなり、内子宮口と外子宮口が開き始めます。 前駆陣痛がきたり、少量の出血が見られる「おしるし」が見られると、お産のサインです。 出産がいつきても慌てないように、準備は万全にしておきましょう! またお医者さんの内診で、 「子宮口が柔らかい。 もうすぐです。 」と言われることがあるかも知れません。 その時の子宮口の状態「柔らかい・硬い」とはどういう意味なのでしょうか? 子宮口の状態「柔らかい・硬い」とは? だいたい36~38週目の妊婦検診時に、医師が子宮口に指を入れ触診し、子宮口の柔らかさや開き具合を内診します。 その内診により、出産の進行がどの程度かを確認することができます。 子宮口が柔らかくなる状態は、ママの身体が出産する為の準備です。 妊娠中は、問題がない限り、子宮口を硬く閉じ、赤ちゃんが下りてこないようにしていました。 臨月に入り、出産間近になると女性ホルモンの影響で、子宮口やまわりの筋肉が緩み、だんだんと柔らかくなります。 子宮頸管も短くなって、子宮口が広がってきたら、赤ちゃんを迎える準備はほぼ万端な状態になります。 子宮口が硬い場合の対処は? 子宮口が柔らかい方が、断然出産はスムーズです。 しかし、医師の内診で「まだ子宮口が開いていない」と言われても心配はありません。 子宮口が柔らかく変化する時期は人それぞれであり、陣痛が起こった後から柔らかくなっていく方もいます。 予定日の40週をすぎても、出産の気配がない場合は、陣痛促進剤を投与したり、子宮口を柔らかくする薬を投与したりします。 母体に問題がなければ、正産期と呼ばれる時期が妊娠37週目~42週目までとなっているので、医師の判断に委ねましょう。 子宮口を柔らかくする為には? いざ出産に向けて!日々、子宮口をやわらかくする習慣をつけましょう。 以下、おすすめの方法といくつかご紹介します。 ウォーキングは、有酸素運動なので、出産に必要な筋肉や体力をつけることができます。 身体を動かすことが、全身の血行を良くし、新陳代謝もよくなります。 全身の血液の巡りが、子宮にも行き届き、子宮口も柔らかくなります。 他、普段からお腹に力を入れながら、腰を回して座ったり立ったりを繰り替えす運動をすると安産体質になると言われています。 これらの食品を過剰摂取した場合、身体が酸化してしまい、硬くしてしまいます。 当然、産道にも脂肪がついてしまい難産になってしまう可能性があるので、体重増加には気をつけましょう。 まとめ いかがでしたか?妊娠の時期によって、子宮がだんだんと変化していく状態。 妊婦さんの身体はとても神秘的ですね。 子宮口が柔らかくなるともうすぐ出産です。

次の