ご教示。 「ご教授賜る」の意味とビジネスでの言葉の正しい使い方

「ご教授」と「ご教示」のビジネスシーンでの使い方の違いは?

ご教示

「ご教示」や「ご教授」以外にも、「教えてください」という意味をもつ表現は他にもあります。 全て「教える」というニュアンスがあり、その使い分けも何となくという感覚に頼りがちです。 ここで、それ以外の表現と簡単な例文を紹介します。 ・「指導」:わからないことや方法を教える 例)このファイルの保存方法をご指導ください。 ・「指南」:武術や芸能を教える 例)舞踊を指南する。 少し意味は違いますが、音が似ている表現も併せてみてみましょう。 ・「享受」:用意され与えられたものを、受け入れて味わい楽しむこと 例)自由を享受する。 他の表現と違い、「享受する」は相手からではなく第三者である誰かが用意したものを自分が受け取る際に使うので、「教授する」とは全く違う意味です。 ビジネスシーンでよくある間違いのひとつ、誤変換に注意しましょう。 このように、同じような意味でありながら、細かく使い分けが必要な表現がたくさんあります。 「ご教示」の意味と使い方を通して、書き言葉・話し言葉の違いや、よく似た表現をご紹介しました。 この違いがわかると、英語での「教える」の使い分けもしやすくなります。 「ご教示」は「tell」、「ご教示」は「teach」です。 社内でも英語を目にしたり耳にする頻度が上がってきている今だからこそ、こういうタイミングにまとめて覚えてしまうのもビジネスマンとしての業務効率化に繋がるのではないでしょうか。 敬語やビジネスマナーで一番気をつけなければならないのは、「誰かがやっていたからといって意味を知らずに真似をする」ことです。 言語は変化するものだと言われていますが、ビジネスメールで使うような書き言葉は話し言葉と違って、その使い方が崩れるケースはほとんどありません。 正しい日本語を理解しているであろう目上の人に対して使う敬語表現だからこそ、誤った表現が相手に不快な思いをさせたり、失礼になったりする可能性があるのです。 まず、よく使う表現から、その意味と使い方を見直してみましょう。

次の

ビジネス文書・メールで頻出!「ご教示」の意味と正しい使い方

ご教示

社内メールなどで上司や取引先に何かしらの情報や、方法などを教えてほしい場面ってありますよね。 そんな時に重宝する言葉が「ご教授ください」と「ご教示ください」です。 社会人らしくスマートな印象を与え、使い勝手の良い「ご教授ください」、「ご教示ください」は、ビジネスメールで頻繁に登場します。 でも、この二つの使い分け方ってご存知ですか? 読み方も似ているし、ほとんど意識しないで使っていた!なんていう方も多いのではないでしょうか。 「ご教授ください」と「ご教示ください」の二つは、実は似ているようで、違ったニュアンスがあるんです。 今回は、「ご教授ください」と「ご教示ください」の意味と使い方について説明致します! 目次• 「ご教授ください」の意味 「ご教授ください」の「教授」は、辞書を引くと「学問や技芸を教え授けること。 」とあります。 つまり、「ご教授ください」は、「特定の専門的な知識を教え授けてください」という意味になるわけです。 また、比較的長い期間に渡って教えてもらうという意味があります。 長期の取引がある場合や、教えてもらう内容によって使い分けていきましょう。 辞書の意味にもあるように、楽器やスポーツなどの習い事に関する場面でも使われることがあります。 ですが、会社の中では、誰かの元で長期間特定の知識を学ぶという場面は少ないですよね。 なので、実は「ご教授ください」は、普段のメールなどで使うには少々重たい内容になってしまうのです。 簡単な質問をしたい場合などはもう一つの「ご教示ください」を使用するのが良いでしょう。 「ご教授ください」、「ご教示ください」と混同しやすいもので「ご享受ください」がありますが、これは明確な間違いです。 混同して誤って使わないように注意しましょう。 【例文】• 今回送らせていただくデータの件ですが、お気づきになった点などをご教授くださいますようお願いいたします。 先生に8年間もの間、ご教授いただいたおかげで独立することが出来ました。 これからも末永いご教授をお願いいたします。 「ご教示ください」の意味 「ご教示ください」の「教示」は、辞書では「知識や方法などを教え示すこと」と出てきます。 つまり、「ご教示ください」は、「知識や方法などを教えてください」という意味になります。 「ご教授ください」に比べると、より単純で教えてほしい項目が明確な場合に使う言い回しです。 例えば、書類の書き方が分からない場合に質問する際に使われたり、対処の方法について尋ねる時も使うことが出来ます。 社内では、長期間に渡って教えてもらう「ご教授ください」よりも、その場で疑問を解消したい場合の「ご教示ください」を使う機会が多いと言えるでしょう。 その他にも「ご教示ください」は、シンプルにアドバイスを求める場合にも使われます。

次の

「ご教示願います」は上司に使える敬語?意味と例文、「ご教授」との違いを解説!

ご教示

「ご教示」や「ご教授」以外にも、「教えてください」という意味をもつ表現は他にもあります。 全て「教える」というニュアンスがあり、その使い分けも何となくという感覚に頼りがちです。 ここで、それ以外の表現と簡単な例文を紹介します。 ・「指導」:わからないことや方法を教える 例)このファイルの保存方法をご指導ください。 ・「指南」:武術や芸能を教える 例)舞踊を指南する。 少し意味は違いますが、音が似ている表現も併せてみてみましょう。 ・「享受」:用意され与えられたものを、受け入れて味わい楽しむこと 例)自由を享受する。 他の表現と違い、「享受する」は相手からではなく第三者である誰かが用意したものを自分が受け取る際に使うので、「教授する」とは全く違う意味です。 ビジネスシーンでよくある間違いのひとつ、誤変換に注意しましょう。 このように、同じような意味でありながら、細かく使い分けが必要な表現がたくさんあります。 「ご教示」の意味と使い方を通して、書き言葉・話し言葉の違いや、よく似た表現をご紹介しました。 この違いがわかると、英語での「教える」の使い分けもしやすくなります。 「ご教示」は「tell」、「ご教示」は「teach」です。 社内でも英語を目にしたり耳にする頻度が上がってきている今だからこそ、こういうタイミングにまとめて覚えてしまうのもビジネスマンとしての業務効率化に繋がるのではないでしょうか。 敬語やビジネスマナーで一番気をつけなければならないのは、「誰かがやっていたからといって意味を知らずに真似をする」ことです。 言語は変化するものだと言われていますが、ビジネスメールで使うような書き言葉は話し言葉と違って、その使い方が崩れるケースはほとんどありません。 正しい日本語を理解しているであろう目上の人に対して使う敬語表現だからこそ、誤った表現が相手に不快な思いをさせたり、失礼になったりする可能性があるのです。 まず、よく使う表現から、その意味と使い方を見直してみましょう。

次の