専科 クレンジング。 専科パーフェクトジェルメイク落としの口コミはイマイチ?実際は?

【本気すぎるレビュー】洗顔専科オールクリアオイルの口コミ~敏感肌

専科 クレンジング

専科パーフェクトジェルメイク落としの概要 専科パーフェクトジェルメイク落としは、毛穴の奥のメークや皮脂汚れもすっきり落とすクレンジング。 洗い流し、拭き取り、どちらもOKです。 ジェルタイプで拭き取りOKなのも珍しいですね。 ただ、この専科パーフェクトジェルメイク落とし。 口コミでは厳しい意見も多いんですよね。 そのような厳しい評価では、メイク落ちがイマイチという意見が多かったです。 個人的にはこのシリーズで気になるのは香り。 基本的にいい香りなんですが、同じシリーズを使ったときに、ちょっとキツイというか鼻につく感じがあったんですよね。 ジェルタイプでは香りはどうなのか。 使用感やメイク落ちとともにチェックしてみます! 専科パーフェクトジェルメイク落としの使用感 専科パーフェクトジェルのテクスチャは、乳白色でやわらかめ。 ミルククレンジングっぽい感じもします。 専科シリーズは、みずみずしいフローラルの香りで基本的にはいい香り。 専科のリキッドタイプを使っときに、少しキツイ感じがしたんですが、ジェルタイプはそこまでではないです。 私が感じた専科のクレンジングシリーズで香りが強い順に並べると、リキッド>オイル>ジェル>ダブルウォッシュになります。 柔軟剤のような香りが好きな人は全く問題ないと思いますが、 しばらく嗅いでいるのが苦手な人はあまり向いていないかもしれません。 テクスチャがやわらかいので、なじませるのはとてもスムーズ。 拭き取りも洗い流しもできるということで、両方とも試してみました。 拭き取りでは、意外とベタつくことはなく、しっとり感があってスベスベした感じです。 ただ、香りはけっこう残ります。 洗い流しでは、ややしっとりで肌はスベスベ。 クレンジング剤がサッと落ちてヌルヌルする感じはあまりしません。 それに洗い流す分、香りもあまり残らないです。 個人的には、しっとり感や残り香の感じが洗い流すほうが合っていますが、どちらにしても使用感はいいので、お好みで選ぶといいでしょう。 専科パーフェクトジェルメイク落としの成分 水、シクロメチコン、BG、DPG、ジメチコン、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、グリセリン、ヒアルロン酸Na、セリシン、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解シルク、イソドデカン、パルミチン酸エチルヘキシル、PEG-10水添ヒマシ油、カルボマー、 アクリル酸/アクリル酸アルキル C10-30 コポリマー、水酸化K、EDTA-2Na、エタノール、トコフェロール、クエン酸、ソルビン酸K、メチルパラベン、香料 専科パーフェクトジェルメイク落としのメイク落ち 口コミではメイク落ちがイマイチという意見もありましたが、 私は、ジェルタイプの中でもメイク落ちはいいほうだと感じました。 専科パーフェクトジェルでWPのマスカラは落ちきらなかったですが、その他のメイクはなじませているうちにじわじわと落ちていきました。 スルッとはいきませんが、アイライナーやクリームファンデなどの、比較的しっかりめのメイクもじわじわなじんでいきます。 化粧品との相性もあるので、必ずしも落ちるとは言えませんが、 そんなに悪いクレンジングではないですし、使用感も良かったです。 気になる点といえば、他のクレンジングよりも香りが少し強めかなということ。 フローラルの香りが大丈夫な人は、特に問題なく使えると思います。 スポンサーリンク.

次の

雑誌LDKがおすすめするクレンジングランキングTOP10|コスメも

専科 クレンジング

クレンジングはいくつかの種類がありますが、皆さんは普段どんなアイテムを使っていますか? リキッドやオイル、最近ではバームタイプのクレンジングも登場し、簡単に落とせるシートタイプなら旅行先ではとても便利ですよね。 毎日使うものなので、出来るだけ肌に優しくしっかりメイクを落としてくれるものを選びたいところ。 肌荒れや化粧乗りの悪さでお悩みなら、もしかしたらクレンジングが問題の可能性も。 今回は、人気ヘアメイクアップアーティストの山形栄介さんにおすすめのクレンジングを教えていただきました。 また、クレンジングの選び方や正しいクレンジングの使用方法なども解説しています。 1.クレンジングの種類 クレンジングは主にオイル、クリーム、ミルク、リキッドの4タイプがあり、細かく分けるとジェルやバームなどがあります。 これらの違いは、主に水と油の配合量の違いになります。 これに界面活性剤が含まれたものがクレンジング剤です。 こちらの表をご覧ください。 水分多め(さっぱり) 油分多め(しっとり) リキッド ミルク クリーム オイル 例えば、リキッドは水分が多く、水クレンジングなどもリキッドタイプの中に含まれます。 オイルタイプは油分でメイクを浮かせて汚れを落とす仕組みです。 ミルクとクリームは、この中間になります。 これを目安にしてもらえれば、クレンジングのテクスチャーだけでも大まかに種類を区別することができるでしょう。 さっぱりした使い心地が好きな人はリキッドやミルク、しっとりが好きな人はオイルやクリーム、という選び方もできます。 ただし、この目安は洗浄力とは必ずしも比例しません。 洗浄力については、次から詳しくご説明します。 2.洗浄力や肌タイプに合わせたクレンジングの選び方 ではここから、クレンジングの洗浄力の強さと肌タイプに合わせたクレンジングの選び方について詳しく見ていきましょう。 一般的に、クレンジングの種類と洗浄力は下の図のようになっています。 画像: 先ほどお話した水分と油分の配合量はあくまで使い心地の話で、洗浄力とは関係ありません。 クレンジング選びのポイントは、メイクの濃淡で必要な洗浄力が変わることと肌タイプによっても合う合わないがあります。 優しくしっかりメイクを落とす「クレンジングオイル」 トロッとしたテクスチャーで、摩擦が少なく肌に優しいと人気なのがクレンジングオイルです。 メイク自体も油性なので、なじみがよいのも特徴。 ウォータープルーフのマスカラやアイライン、リキッドファンデーションなど、濃いめのメイクを落とすのに向いています。 乾燥肌の方だけでなく、皮脂が正常に分泌する働きを助けてくれるのでオイリー肌の方が使っても大丈夫です。 ただし、オイルがニキビ菌のエサになることもあるので、ニキビ肌の方は避けた方がいいでしょう。 濃い目のポイントメイクを落とす時に使うのもOKです。 山形栄介さんコメント オイルタイプはしっかり落ちるのが特徴ですが、部分使いする方法もあります。 例えば、水クレンジングで全体のメイクを落として、目元だけオイルを使う、という感じです。 より詳しく知りたい方は、「」をご覧ください。 サラサラだけどしっかりオフ「リキッドクレンジング」 画像: リキッドクレンジングはオイルと同じく洗浄力が高いので、ばっちりメイクを落としたい方におすすめです。 水分が多くべたつかないので、ヌルヌルが苦手な方から支持されています。 ただし、同じリキッドでも、美容液のようにトロミのあるタイプや水のようにサラッとしていているものも。 お風呂で使えるアイテムが多いのも特徴です。 オイルフリーを選べば、まつエクを付けている方でも使用OKですが、手の摩擦で肌に負担をかけないようゴシゴシし過ぎに注意してください。 拭き取るだけで簡単に落ちる「水クレンジング」 画像: 水クレンジングはリキッドタイプの一つですが、使い方が全く違うアイテムです。 前者よりもさらに水分量が多く、コットンに含ませて顔全体をなでるように使います。 洗い流しは不要で、朝の洗顔の代わりにも使えるという優れもの!時短になるので、忙しい女性にピッタリです。 さっぱり&しっとりとした使い心地で、オイリー肌の方や皮脂が出やすい夏場などにおすすめ。 コットンで摩擦が起きると肌を傷つけてしまうこともあるので、優しく拭き取るよう使用してくださいね。 「」では、プロおすすめアイテムも登場しますので参考にしてください。 敏感肌や毛穴ケアに「クレンジングジェル」 リキッドタイプをジェル状に固めたもので、 程よい洗浄力で弾力があり、肌に長くとどまってじわじわメイク を落とします。 ジェル状のテクスチャーで手の摩擦も 減らせるので、敏感肌の方にも使いやすいでしょう。 「ベースメイクが薄めだけど、アイメイクはしっかり」という方は、ポイントリムーバーと併用すると肌の負担が減らせますよ。 また、クレンジングジェルは、水性・油性・その中間などいくつかの種類に分かれ、使用感も微妙に異なります。 中でも温感タイプで毛穴の汚れに特化したアイテムは人気があり「イチゴ鼻を何とかしたい…」とお悩みの方は一度試してみてほしいアイテムです。 興味のある方は、「」も参考にしてください。 リッチな使い心地で保湿する「クレンジングバーム」 画像: 高い洗浄力と保湿効果が期待できると注目されているのが、バームタイプのクレンジングです。 肌にのせた瞬間とろけてオイル状になり、メイク汚れが溶け込むので肌への刺激が少ないのもポイント。 ダブル洗顔不要のアイテムが多く、洗顔後の肌の乾燥に悩んでいる方におすすめです。 美容液成分配合のものを選べば、角質ケアや保湿ケアもできるので、週1回のスペシャルケアとしても使えます。 より分かりやすい内容は「」でもご覧いただけます。 マッサージもできる「クレンジングクリーム」 画像: ふき取りタイプとしても使えるので、コールドクリームと呼ばれることもあります。 クレンジングクリームは摩擦が少なく、しっとり保湿してくれるのでクレンジングの中でも最も肌に優しいといわれています。 洗浄力は、やや弱めです。 くるくると円を描くように使えば、メイク落としとマッサージが同時にできちゃいます! とにかく洗い上がりがしっとりするので、乾燥肌の方におすすめ。 逆に、べたつきが苦手な人には向いていないかもしれません。 「」では、種類や選び方を分かりやすく解説しています。 優しく落したいなら「クレンジングミルク」 ミルクタイプのクレンジングは、クリームタイプよりゆるくトロミがあります。 保湿力もあり肌にやさしいので、どの肌質の方にも合いますが、特に乾燥肌や敏感肌の方におすすめです。 水分があるとメイクになじみにくいので、乾燥した手にのせて使うようにした方が良いでしょう。 洗浄力は弱いので、ナチュラルメイクの方におすすめです。 マスカラやアイラインをしっかり描く方は、アイメイクリムーバーと併用してくださいね。 山形栄介さんコメント 便利で楽ちんなシートタイプですが、シートの摩擦による刺激が強いため毎日使うのはあまりおすすめではないですね。 クレンジングシートは、ゴシゴシし過ぎると角質が傷ついたり防御反応で毛穴が詰まったりすることがあり、ニキビや肌荒れの原因にもなります。 また、洗い流すタイプよりも肌にメイク汚れが残りやすく、肌トラブルの原因になることも。 ふき取り後の洗顔を必ずしてくださいね。 3.洗浄力以外の機能もチェック クレンジングはメイクを落とすことが目的ですが、いくら洗浄力が高くても、面倒なものや肌に負担になるものは避けたいところ。 簡単に使えれば、疲れて帰った日でもちゃんとメイク落としができますし、使い心地が良ければクレンジングがリラックスした時間にもなります。 濡れた手OKなら、お風呂でも使えて便利 メイクをちゃんと落とすなら肌が乾いた状態で使用するほうが良いのですが、洗面所でメイク落とすのって結構面倒くさいもの…。 そこで便利なのが、濡れた手でも使えるクレンジングです。 お風呂でメイクオフできれば、時短だけでなく、毛穴が開いて汚れが落ちやすくなるという利点もあります。 この時、顔の水分は拭き取って使用するのがポイントです。 あまりに水分が多いと、水と油が混ざりあう「乳化」が進んでしまい、メイクが落ちが不十分になってしまうからです。 また、洗顔時にはシャワーで流すのではなく、洗面器にためたぬるま湯でしっかりすすぐようにしましょう。 ダブル洗顔が必要かどうか ダブル洗顔とは、クレンジングのあとに洗顔料で汚れを落とすことを指します。 日焼け止めやメイクを落とすにはクレンジングが必要ですし、汗やホコリ、花粉などの汚れは洗顔料でないと落とせません。 肌に残ったクレンジング液をキレイに洗い流す意味でも、一般的にダブル洗顔は必要だと考えられています。 ダブル洗顔不要のものを選べば、肌への負担が減らせるのでチェックしてみてください。 基本的には、ダブル洗顔をした方が良いと思います。 クレンジングでメイクを浮かせてあげて、そのあとに洗ってあげる、というイメージですね。 洗顔だけだとマスカラなどが落ちきらず、目の下が黒くなってなってしまう、なんてことも。 ただ、絶対に必要かどうかは難しいところ・・・。 例えば乾燥肌の方であれば、目元だけクレンジングを使うなど、部分的にダブル洗顔するのも良いでしょう。 まつエク対応 画像: まつエクを付けている人は、必ず「まつエクOK」と記載のあるアイテムを選びましょう。 まつエクを装着するのに使う接着剤(グルー)は油分に弱く、オイルクレンジングを使うと落ちてしまうので、一般的にはオイルフリーのクレンジングが良いとされています。 最近では、特殊なオイルを使うことでオイルインでもまつエクOKというものもあります。 『マナラ』は、時短や肌へのやさしさを意識したブランドです。 敏感肌の方やアトピー肌の方にも優しいアイテムが多く、今回紹介するホットクレンジングゲルも天然成分を多く使っています。 温感にも注目ですが、汚れ落ちもすごくいいです。 WPも無理なく落とせるので、しっかり落としたい時はマナラを使うようにしています。 1本で2ケ月使えるコスパの良さも嬉しいポイントです。 また今なら スキンケアのサンプル6点セットを無料プレゼント中!詳しくは をご覧ください。 『ビオデルマ』のクレンジングウオーターは、モデルさんにも人気があると思います。 僕も仕事の現場で使っていますし、ポイントメイク以外はこれでササっと落として、あとは洗顔すればOKです。 大きいサイズになるほどコスパも良くなるのでおすすめです。 サンシビオ エイチツーオー Dの詳細 メーカー ビオデルマ 容量 250ml 参考価格 2,323円(税込) 5.クレンジング人気ランキング種類別21選 ここからは、『プロの逸品』がお届けするクレンジング人気ランキングをタイプ別に以下の順番でご紹介します。 手に入れやすいプチプラアイテムも多くランクインしています。 種類が多いので、気になるテクスチャーから見てください。 AHAや蒟蒻スクラブといった天然美肌成分に、天然洗浄成分のキラヤ樹皮エキス、そして毛穴洗浄成分の重曹を配合している、とことん天然素材にこだわったクレンジングジェルです。 毛穴掃除に使う方も多いようで、「ぶつぶつの毛穴が目立たなくなった」とうれしい声も聞かれました。 お風呂で使えるタイプですが、濃いメイクは濡れた手だと取りきれないことがあるようなので、乾いた手にジェルをなじませ、メイク汚れをティッシュで拭き取るとサッパリとれますよ。 メーカー クレア 内容量 400ml 特徴 無添加・W洗顔不要・まつエクOK・オイルフリー・お風呂で使える 参考価格 1,616円(税込) 1mlあたりの値段 4. 0円 「洗わない洗顔」という衝撃のキャッチコピーが気になるミルククレンジングです。 こだわりのスクワランオイルや大豆プラセンタエキス・高麗ニンジンエキスなど多くの美容成分が含まれているので、ひどい乾燥肌に悩む方はぜひ試してみてほしい一品。 使い方は、ポンプ3~5回分を手に取り顔全体にやさしくなじませ、汚れが浮いてきたらティッシュで押し当てるか湿らせたコットンで拭き取ります。 さっぱり仕上げたい方は、水かぬるま湯で洗い流してもOKです。 口コミには「1か月使い続けたら毛穴汚れが気にならなくなっていた」とあるので、ナチュラルメイクならバッチリ落とせるようです。 メーカー ロゼット 内容量 180ml 特徴 W洗顔不要・無添加 参考価格 1,386円(税込) 1mlあたりの値段 7. 7円 植物生まれのクレンジング成分とハトムギエキス配合で、輝くような透明感の素肌になれるメイク落としです。 くすみの原因となる古い角質も落とし、肌色がワントーン明るくなるはず。 「日焼け止めにファンデーション、コンシーラーと厚塗りしてもこのシート2枚でスッキリ落とせた」「敏感肌でもツッパリ感なくしっとりしていて安心して使える」と好評です。 メーカー コーセーコスメポート 内容量 52枚入 特徴 洗い流し不要・無香料・無着色 参考価格 378円(税込) 1枚あたりの値段 7. 2円 6.正しいクレンジング方法 良いクレンジングを使っても、きちんとメイク落としができなければお肌に負担がかかってしまうことも。 正しいクレンジング方法についても、一緒に確認していきましょう。 最初に、ポイントメイクをオフ 油分の多いウォータープルーフのマスカラやアイラインなど、ポイントメイクはベースメイクと同時にオフすると、汚れが顔全体に広がるので先に落とします。 マスカラが落としきれずパンダ目になって、目のキワをついついゴシゴシしていませんか? 目の周りは皮膚が薄く、デリケートなのでこするとくすみの原因になります。 ここでは、正しいアイメイクの落とし方を一緒に確認していきましょう。 画像: 目元のくぼみや小鼻まわりは、洗い残しやすいので丁寧に。 小鼻のわきは「の~」と言いながら口を下げると、くぼみがなだらかになって洗いやすくなりますよ。 「こすって落とす」のではなく、「汚れを浮かせて洗い流す」イメージで行いましょう。 例えば、刺激物となる可能性があると言われている成分には、香料や着色料、鉱物油、アルコールやパラベンなどがあります。 しかし、これらが含まれていないものなら必ずしも安心とは言えません。 また、天然由来成分、美容液成分、保湿成分などが配合されていても、逆にこれらが肌にとって負担になってしまう人もいます。 添加物フリーやオーガニック製品だからといって、それがご自身の肌に合っているとは限りません。 また、界面活性剤不使用のアイテムは肌への負担は少ないものの、洗浄力が弱く一度でメイク落としができないと、結果として肌を痛めてしまうこともあります。 肌が強い方はあまり心配しなくても大丈夫ですが、メーカー提唱の効果を信じすぎないように、特に敏感肌の方は実際に腕の内側で試すなどしてから使用するようにしてください。 山形栄介さんコメント きちんとメイクを落とせることが大切ですが、 中には成分が強すぎるものもあるので、できるかぎり肌に優しいクレンジングを選んでほしいですね。 成分からクレンジングを選ぶのは難しいので、肌に優しいクレンジングをお探しの方はプロおすすめアイテムを試してみるのもおすすめです。 クレンジングの売れ筋ランキング ご参考までに、クレンジングの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。 クレンジングに関するおすすめ記事 先ほど、紹介しましたクレンジングの種類以外にも、市販アイテムや毛穴をケアするクレンジングはこちらを参考にしてください。 参考情報 今回の記事を執筆するにあたり、こちらの記事を参考にしました。 肌らぶ「」• ベチベルライフ「」• キレイの先生「」• 日本最大級のクレンジング専門サイト「」• 花王・くらしの研究「」• 女性の美学「」• 女性の美学「」• ケイ・エス・ジャパン「」.

次の

【楽天市場】洗顔専科 オールクリアオイル(230ml)【洗顔専科】:楽天24

専科 クレンジング

ちなみにワンプッシュでこのくらい量が出ます。 サラッとしたテクスチャーのオイルがスルスルとのびるので、 コスパのすごくいいクレンジングだと思います。 専科オールクリアオイル 洗浄力は?乳化は速い? LDKのテストで洗浄力ランキングの1位を獲得した専科オールクリアオイル。 実際のところどうなのでしょう? まずは腕に口紅を塗って試してみました。 一度、軽くこすっただけで口紅のフチがとろけるようにスルッと落ちました。 次はアイメイク。 下の写真は、3回、優しくクルクルとなじませてみた状態。 マスカラとアイライナーが、まだ落ちていません。 その後10回ほどクルクルなじませ、水で洗い流した状態がコチラ。 なじみが速いので時短になるね 専科オールクリアオイル 乾燥は? 私は昨年の秋ごろ専科オールクリアオイルを購入。 乾燥が厳しくなる真冬に入ると、少し頬のあたりが突っ張るような気がしたので少し使用をお休みしていました。 そして5月に入って使用を再開! 今は特に乾燥を感じることなく使えています。 夏は体にもSPF値の高い日焼け止めを使うので、 全身用としても活躍する予感がします。 実際、小鼻の毛穴汚れが気になる時はクルクルとマッサージすると 汚れがキレイに取れました。 ただ個人的には、 頬の毛穴の黒ずみなど、原因が紫外線によるものは落ちないように思います。 あくまでも毛穴に入り込んだメイクをしっかり落としてくれるアイテム、といった感じです。 黒ずみなどはスキンケアで対策しよう! 専科オールクリアオイル まつエクは大丈夫? 専科オールクリアオイルは まつエクにもOKと容器の裏面に記載があります。 にはまつエクについて詳しく記載があります。 まつ毛エクステンションをお使いの方は、 目もとは横にこすらないように、まつ毛の根もとから毛先に向かってやさしくなじませてから、目を開けて下まぶたの汚れを目頭から目尻に向かってやさしく落とします。 私も少ししみました…!すすぎはしっかりする必要がありそうですね 専科オールクリアオイル 成分は? 専科オールクリアオイルの成分は以下の通りです。 ミネラルオイル,イソステアリン酸PEG-8グリセリル,エチルヘキサン酸セチル,イソドデカン,ラウリン酸PG,PPG-17,ジメチコン,グリセリン,パルミチン酸エチルヘキシル,コメ胚芽油,ヒアルロン酸Na,セリシン,アセチルヒアルロン酸Na,加水分解シルク,水,BHT,トコフェロール,エタノール,クエン酸,ソルビン酸K,香料(引用:) 専科オールクリアオイル ノーマル肌には通年おすすめ 専科オールクリアオイルは 洗浄力が高く、コスパも良いクレンジング。 濡れた手OKなのも、忙しい女性にピッタリだと思います! ただ、真冬は少し乾燥を感じたので、乾燥肌の人は真冬は避ける方が無難かもしれません。

次の