長次郎 西宮。 [ホール・キッチン]≪西宮市≫◆お寿司屋さんで働こう◆未経験者歓迎◆1日3h~OK◆

神戸銀行

長次郎 西宮

略伝 [ ] 長次郎はの宗慶と佐々木氏との間に出来た子と伝わる。 その出自は朝鮮、中国の両説があるが、さだかではない。 年間、(あるいは中国人)で「阿米夜」といった者が日本へ帰化して「宗慶」と云ったという説 があるが、阿米夜(天正二年没)は初代長次郎の父と考えられている。 出自については、かなり身分の低い出身ではないかと推測される以外は未だに不明な点が多いが、祖先は低火度釉の施釉陶器であるの技法をもつ人であったとも考えられている。 現存中最も古い作品は、「二年春 寵命 長次良造之」という彫の入った二彩獅子像(樂美術館蔵)である。 これは現在のの北付近の土中から発見されたと伝えるもので、平成17年()の一部に緑釉や化粧掛けの白泥が施された上に二彩釉や三彩釉がかけられ、南部のと共通する手法が見られる。 なお、この作品については留蓋瓦とする意見があるが、底部形状から否定する見方もあり結論が出ていない。 現存する茶会記の記録内容から、年間に宗慶を介して利休と知り合ったと推定される。 それまで国内の茶会で主流であった精緻で端正な中国製の天目茶碗などよりも侘びた風情を持つ茶道具を好む利休によって、轆轤()を使わず手捏ね(てづくね)で成形を行なう独自の工法が認められ、のち注文によって茶碗を納めるようになる。 楽焼の素地は、決して良質のものとはいえない地元の土を用いており、土を選ばないものであった。 天正17年(1589年)に死去。 二代長次郎(長祐)が跡を継ぐが、早世した。 人物 [ ] 長次郎の創始した楽焼は、最も古いのひとつで、低火度の茶陶である。 の伝統的な高火度のとも、の陶磁とも異なる独特の焼き物で、とともに発展し、もっぱらのために造形するという目的の焼き物であるため、日常生活用品の類はつくられない。 の他には、、、香炉、灰器などがつくられる。 一族 [ ] 後世の記録『宗入文書』(元年())の伝えるところによると、二代長次郎の妻にの孫娘を迎え、後に宗慶とその長男・田中庄左衛門宗味、次男・吉左衛門 (後に樂吉左衛門家二代当主)らとともに工房を構えて作陶を行なった。 代表作 [ ]• 二彩獅子像(天正二年銘):樂美術館蔵、• 赤楽茶碗 銘「無一物」:蔵、重要文化財• 黒楽茶碗 銘「面影」:楽美術館蔵• 黒楽茶碗 銘「勾当」• 黒楽茶碗 銘「大黒」:旧蔵、個人蔵、重要文化財(長次郎七種の一つ)• 黒楽茶碗 銘「東陽坊」:鴻池家旧蔵、個人蔵、重要文化財(長次郎七種の一つ)• 赤楽茶碗 銘「一文字」:旧蔵、個人蔵• :蔵、重要文化財• 利休七種、長次郎内七種• 利休外七種 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

【クックドア】兵庫県の寿司

長次郎 西宮

(6店舗)• 相生市 (0店舗)• (1店舗)• 赤穂市 (0店舗)• 朝来市 (0店舗)• (1店舗)• (2店舗)• 淡路市 (0店舗)• 伊丹市 (0店舗)• 小野市 (0店舗)• 加古川市 (0店舗)• 加西市 (0店舗)• 加東市 (0店舗)• 川西市 (0店舗)• 三田市 (0店舗)• 宍粟市 (0店舗)• 洲本市 (0店舗)• 高砂市 (0店舗)• (1店舗)• たつの市 (0店舗)• 丹波篠山市 (0店舗)• 丹波市 (0店舗)• 豊岡市 (0店舗)• (1店舗)• 西脇市 (0店舗)• 姫路市 (0店舗)• 三木市 (0店舗)• 南あわじ市 (0店舗)• 養父市 (0店舗).

次の

【クックドア】にぎり長次郎 西宮北口店(兵庫県)

長次郎 西宮

にぎり長次郎 西宮北口店 〒662-0863 兵庫県西宮市室川町8-2 営業時間 11時から15時、17時から23時 土日祝11時から23時 定休日• 祝祭日 その他 席数 席 駐車場• 有 台• 無 禁煙・喫煙• 全面喫煙可• 完全禁煙 貸切• 貸切可• 貸切不可 予約• 予約可• 予約不可• 完全予約 平均予算 2000円 カード• VISA• MASTER• JCB• AMEX• Diners• その他• 「にぎり長次郎 西宮北口店」近くの施設情報.

次の