偽 聖女 クソ オブ ザイヤー。 Web小説・二次創作小説紹介動画#02「生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい/偽聖女クソオブザイヤー/ドラグーン ~竜騎士への道~ /セレブリティな一年戦争」

Web小説・二次創作小説紹介動画#02「生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい/偽聖女クソオブザイヤー/ドラグーン ~竜騎士への道~ /セレブリティな一年戦争」

偽 聖女 クソ オブ ザイヤー

自宅で艦これをプレイ中に落雷で死んでしまった主人公。 神様の気まぐれか、彼は死ぬ寸前に轟沈してしまったお気に入りの艦娘である「金剛」と対面する。 金剛は自分の体を差出し、主人公に二度目の生を与えた。 そうして、彼は「コンゴウ」になった。 これは、艦娘となり生まれ変わった元ベテラン提督である主人公が、「艦隊これくしょん」の世界で新米提督と共に新たな人生を精一杯歩む物語。 いつかまた、愛しい〝彼女〟に胸を張って再会するために……。 艦娘への憑依は割とある設定だけど、金剛の人格が残っている(ような伏線)は珍しい。 主人公は金剛との区別に自身を「コンゴウ」と呼ぶが、コンゴウっていうと他作品もあったり、ARPコンゴウのイメージが強いよね。 憑依後は女性提督の鎮守府にドロップ艦として所属することになるが、主人公は金剛にゾッコンだからか、GL要素やTS要素は低く、金剛姉妹やほっぽちゃんの話が多め。 戦車道先進国である英国に留学していた『お兄ちゃん』が、紆余曲折あって大洗女子学園に講師として招かれ、戦車道素人集団と共に優勝を目指すだけのお話。 でも大洗女子のポテンシャルが高すぎてあんまり出番はない模様。 自身は直接戦車道に参加せず、また一部の隊長に強烈な敬愛を抱かれるのはと似ているが、こちらは渡里が大人の対応で受け流し、強烈なオリ主争奪戦に展開しない。 大洗メンバー主体のSS。 にしても、ここのダー様は紅茶キメ過ぎでなかろうか。 転生して女に生まれ変わった紅葉秋音は、ここがホラーゲームの世界だと気づく。 紅葉秋音というキャラクターができるのは弓道部としての天才的な力のみ。 しかし転生した秋音は弓なんてしたことがなく、特技も何もない状態だった。 「ハードモードどころかナイトメアモードじゃねえか!!」 ゲームにおいて、遠距離攻撃が得意な秋音は必要不可欠な存在。 負け続ければ、いつか死ぬ。 そんな恐怖に怯えていたある日、彼女は思いついた。 「そうだ、知識しかないなら主人公に全部押し付けちゃおう! あいつなら頭脳特化だし、いい方法が思いつくはずだ!」 死亡フラグを抱えた秋音は、生きたいがために主人公の神無月鏡夜と手を組むことに決めた。 それがホラーゲーム崩壊のきっかけとなることを知らずに……。 ホラーは珍ジャンルだし、あらすじからライトなホラーだろう…と思ったら、途中から展開が不穏になり、どんどんガチホラーになっていく。 妖精マジこっち来んな! 調整次第で書籍化やゲーム、コミカライズも十分ありそうな高クオリティ要素。 前世から知識を引き継いだ少年は同時にその夢も継いだ。 鋼鉄の鎧を身に纏った戦士・アイアンマン。 アイアンマンを造りあげ、アイアンマンになる事に生涯を賭ける事を誓った少年の前に、ある天災少女が現れて………… これはアイアンマンを造って、着て、飛んで、壊して、倒して、時々ラブコメしたりする、王道的な物語です。 前世の知識でアイアンマンを作ろうとしたところ、篠ノ之束に出会って化学反応を起こしてしまうSS。 アイアンマン(トニー)への憑依ではなく、憧れのアイアンマンになるぜ!なオリ主が主役の設定クロスもの。 展開が早くテンポ良く読める。 アイアンマン好きにも束さん好きにもおすすめ。 束さんマジ嫁。 一夏君は脇役です。 転生者が復讐のために犯罪を犯したら、その場にコナン御一行様がいた話。 「完全なる逮捕フラグ。 ありがとうございました」という、どうにでもなーれ状態で色々と勘違いされるお話。 最終的にはコナンのライバルポジになり、平成のジェームズ・モリアーティと呼ばれるようになる。 そんなストーリー。 転生先が「名探偵コナン」の世界と知り、暴露される恐怖に怯えるも、なぜか勘違いでコナンに信頼されてしまい…コナンにバレない様に2人目、3人目と暗躍していく。 コナン様にばれるー!という割にがっつり暗躍。 スケープゴートを用意してミスリードも誘うが、実は大半が勘違いで成り立っている。 勘違い要素が好きな人には特におすすめ。

次の

偽聖女クソオブザイヤー

偽 聖女 クソ オブ ザイヤー

クソのように性根の腐った男が、ゲームのクソみたいな悪役である偽聖女にTS憑依転生してしまった。 憑依先がクソで憑依した魂もクソ。 ギャルゲーの悪役である偽聖女にTS転生して未来を変えるために頑張るみたいな話です。 まあ例によってTS物です。 この小説、勘違い物でもある上に他にもいくつか。 なので属性過多ですがそれらをうまく調和させてるのがこの小説のすごいところです。 基本的には軽い感じの主人公視点の後に他者視点で同じ場面を描写するという手法が用いられています。 一カメ二カメみたいな感じで変わるんですが、この形式は二次創作系統が活発な場所以外であんまり見たことがないんですよね。 キャラ立ちには適しているものの結局同じ場面を二回やるわけですから話的には進まないので、ストーリー重視の場所だと発展しなかったのかなぁなんて思っています。 まあ二次創作が盛んなサイト自体あんまりいかないのでサンプルが少ないのがアレですけど。 この手法の強みは先に言いましたがキャラ立ちの強さですよね。 他の視点で語られることで一人称でありながら視野の広さを確保できて、なおかつ三人称より深堀出来るっていう。 欠点は冗長であることですね。 話は進まないのでキャラが強くないとできません。 二次創作だと元々担保されていますからいいんですけど、オリジナルだと作者さんの力量が試されますね。 この小説はそんな難しい構成を取りつつも最後まで物語を崩壊させずにきれいにまとめたところが素晴らしいです。 出だしは軽く入りやすい、されども中盤以降はちゃんと深みも用意されてます。 もちろんキャター表現も素晴らしいですが、背景や人物描写などにもきっちりと手が入っていて隙がありません。 ストーリーラインもきっちり〆るところは外さず、序盤から最後まで見据えて一貫しており、とても楽しく読めました。 個人的にはやっぱり主人公が好きですね。 とても面白かったので皆さんも読んでみてください。 yururikachang.

次の

偽聖女クソオブザイヤー(わからないマン)

偽 聖女 クソ オブ ザイヤー

自宅で艦これをプレイ中に落雷で死んでしまった主人公。 神様の気まぐれか、彼は死ぬ寸前に轟沈してしまったお気に入りの艦娘である「金剛」と対面する。 金剛は自分の体を差出し、主人公に二度目の生を与えた。 そうして、彼は「コンゴウ」になった。 これは、艦娘となり生まれ変わった元ベテラン提督である主人公が、「艦隊これくしょん」の世界で新米提督と共に新たな人生を精一杯歩む物語。 いつかまた、愛しい〝彼女〟に胸を張って再会するために……。 艦娘への憑依は割とある設定だけど、金剛の人格が残っている(ような伏線)は珍しい。 主人公は金剛との区別に自身を「コンゴウ」と呼ぶが、コンゴウっていうと他作品もあったり、ARPコンゴウのイメージが強いよね。 憑依後は女性提督の鎮守府にドロップ艦として所属することになるが、主人公は金剛にゾッコンだからか、GL要素やTS要素は低く、金剛姉妹やほっぽちゃんの話が多め。 戦車道先進国である英国に留学していた『お兄ちゃん』が、紆余曲折あって大洗女子学園に講師として招かれ、戦車道素人集団と共に優勝を目指すだけのお話。 でも大洗女子のポテンシャルが高すぎてあんまり出番はない模様。 自身は直接戦車道に参加せず、また一部の隊長に強烈な敬愛を抱かれるのはと似ているが、こちらは渡里が大人の対応で受け流し、強烈なオリ主争奪戦に展開しない。 大洗メンバー主体のSS。 にしても、ここのダー様は紅茶キメ過ぎでなかろうか。 転生して女に生まれ変わった紅葉秋音は、ここがホラーゲームの世界だと気づく。 紅葉秋音というキャラクターができるのは弓道部としての天才的な力のみ。 しかし転生した秋音は弓なんてしたことがなく、特技も何もない状態だった。 「ハードモードどころかナイトメアモードじゃねえか!!」 ゲームにおいて、遠距離攻撃が得意な秋音は必要不可欠な存在。 負け続ければ、いつか死ぬ。 そんな恐怖に怯えていたある日、彼女は思いついた。 「そうだ、知識しかないなら主人公に全部押し付けちゃおう! あいつなら頭脳特化だし、いい方法が思いつくはずだ!」 死亡フラグを抱えた秋音は、生きたいがために主人公の神無月鏡夜と手を組むことに決めた。 それがホラーゲーム崩壊のきっかけとなることを知らずに……。 ホラーは珍ジャンルだし、あらすじからライトなホラーだろう…と思ったら、途中から展開が不穏になり、どんどんガチホラーになっていく。 妖精マジこっち来んな! 調整次第で書籍化やゲーム、コミカライズも十分ありそうな高クオリティ要素。 前世から知識を引き継いだ少年は同時にその夢も継いだ。 鋼鉄の鎧を身に纏った戦士・アイアンマン。 アイアンマンを造りあげ、アイアンマンになる事に生涯を賭ける事を誓った少年の前に、ある天災少女が現れて………… これはアイアンマンを造って、着て、飛んで、壊して、倒して、時々ラブコメしたりする、王道的な物語です。 前世の知識でアイアンマンを作ろうとしたところ、篠ノ之束に出会って化学反応を起こしてしまうSS。 アイアンマン(トニー)への憑依ではなく、憧れのアイアンマンになるぜ!なオリ主が主役の設定クロスもの。 展開が早くテンポ良く読める。 アイアンマン好きにも束さん好きにもおすすめ。 束さんマジ嫁。 一夏君は脇役です。 転生者が復讐のために犯罪を犯したら、その場にコナン御一行様がいた話。 「完全なる逮捕フラグ。 ありがとうございました」という、どうにでもなーれ状態で色々と勘違いされるお話。 最終的にはコナンのライバルポジになり、平成のジェームズ・モリアーティと呼ばれるようになる。 そんなストーリー。 転生先が「名探偵コナン」の世界と知り、暴露される恐怖に怯えるも、なぜか勘違いでコナンに信頼されてしまい…コナンにバレない様に2人目、3人目と暗躍していく。 コナン様にばれるー!という割にがっつり暗躍。 スケープゴートを用意してミスリードも誘うが、実は大半が勘違いで成り立っている。 勘違い要素が好きな人には特におすすめ。

次の