コロナ かかり やすい 職種。 新型コロナウイルス感染症の流行に伴う精神状態への影響とは〜不安や恐怖を持つことは正常な心理反応〜

新型コロナウイルス感染者死者はどんな人?国、年齢、性別、人種、職業

コロナ かかり やすい 職種

もちろん台湾など日本よりもウイルスの封じ込めに成功している国もあるかと思いますが、ウイルス被害以外で多くの犠牲を払っています。 経済をストップさせるわけにはいかない状況下の中で、日本は本当に健闘しています。 しかし、それでも人は死にます。 もっと死にます。 なぜなら ウイルスで人が死ぬのは今の文明レベルでは当たり前のことだからです。 人はいろんな理由で死んでいる インフルエンザでは毎年1万人、がんでは35万人、心疾患は18万人、脳血管疾患は12万人、肺炎は11万人死んでいます。 当たり前のことを言いますが、人はいつか死にます。 そしてそのいつかは 毎年、毎日、毎分起きています。 だから コロナウイルスでも人は死にます。 現実的に見積もると、日本の感染者は現在1万人(判明している感染者数の10倍だと計算)くらいですが、2020年が終わるころには死者はそのくらいになっている可能性もあります。 死者数は数千人になる ただし、 数千人程度で済む可能性も高いです。 なぜなら今後はワクチンも開発されますし、治療薬も開発されるからです。 最終的な 死者はインフルエンザよりも減る、というのが楽観的ですが私の予想です。 しかし通常、 ワクチンや治療薬の開発には数年かかります。 なので今年中に開発できなくても当然だとも思います。 ワクチンが開発される可能性は高い ただ今の経済状況を考えると、開発される可能性は十分高いです。 このまま放っておけば混乱は続きますが、たとえ 中途半端な状態でも治療薬やワクチンを開発すれば少なくともパニックは収まるからです。 さらにそれでビジネスをすれば多額のお金が入るので、どこかの国が必ず開発すると予想しています。 ワクチン開発は大きな世界貢献になる 開発メリットはお金だけではありません。 コロナウイルスの治療薬やワクチンを開発できれば、うまくいけば ノーベル賞のような名誉も手に入ります。 なので研究者たちのモチベーションは現在かなり高まっているかと思います。 と同時に、とても過酷な労働状況かとも思います。 しかし モチベーションが高いので、開発をやってのける可能性が高いのです。 株価は今後も下がり続ける それまでは、株価は下がり続けます。 アメリカ株は3度市場取引がストップしている状況ですが、日本はまだ市場がストップをかけていない 東証マザーズ指数先物取引、日経平均VI先物取引では3月9日にストップ ので、これからそれくらい急降下する可能性が高いです。 アメリカで起きたことは日本で起こるジレンマがあるので。 ストップしなくても下がり続けます。 運が良ければオリンピックの開催である程度は回復しますが、中止になったら半年は無理かもしれません。 オリンピックは世界政治の問題で、まだ読めません。 倒産、失業、自殺、犯罪が増える そして経済危機に伴って、 倒産する企業も増えますし、失業者も増えますし、自殺者も増えますし、犯罪者も増えます。 コロナウイルスで病気になったり死ぬことよりも、こちらの方が断然社会的な悪影響が強いです。 なので、 この数字をいかに小さくするかが私たちが抱えている本当の課題です。 だからと言って 日常的に不安を抱えることもよくありません。 コロナウイルスに罹らなくても寿命が縮まったりそのほかの疾患に罹るリスクが増えるからです。 メディアはネガティブなニュースを拡散し続ける 人は死にますし感染も拡大するので、 メディアはずっとネガティブな情報を提供し続けます。 でもそれは当たり前の情報です。 1人感染者が見つかれば、1人死者が出ればメディアはこぞってそのニュースを取り上げます。 これはメディア同士で足並みをそろえるという日本のジャーナリズムの悪しき風習です。 そしてこの方法でメディアはお金も視聴率も稼げるので絶対にやめません。 法律で禁止にでもしない限り。 世界的なパニックも収まらない またこれは日本のメディアだけではなく世界中のメディアがそうやって煽っています。 彼らとしては仕事であり、中には正義感や信念を持ってやっている人もいるので、やめることはないでしょう。 なので、世界的なパニックもしばらく収まりません。 独裁国家を別にすれば、どれだけ為政者やリーダーが落ち着けと言っても国民のパニックは収まりません。 これはゲーム理論でも説明できます。 それでも落ち着く意味はある しかし、少なくともこの文章を読んでいる人たちには覚えていてほしいことがあります。 それは、「 コロナウイルスで人が死ぬのは普通なのだということ、死なないと思っている方が潔癖症並みに異常なのだということ、リスクがゼロになることはないということ、もっと恐ろしいことがあるということ」です。 コロナウイルスの最悪ケース 人は死にます。 ただそれでもコロナウイルスで死ぬのは、 2万人という年間の自殺者よりも少ない数字となると思います。 研究者が算出した最悪のケースでも、10~50万人の死者が出ると言われています少なくともデータが少ない現状では、それくらいの覚悟は持つ必要があります。 しかし、これでは日本の医療レベルと国民性を過小評価していると思います。 コロナウイルスがインフルエンザよりも怖くない可能性 私がこの数字はあり得ないと思うのは、 日本がウイルスを効果的に封じ込めている現状があるからです。 また致死率についていろいろ言われていますが、インフルエンザよりも高かったとしてもそれは当然です。 なぜなら インフルエンザにはワクチンがあり、タミフルもあるからです。 全体致死率はまだコロナウイルスの方が高いかもしれません。 しかし、 コロナウイルスは専用の治療薬もワクチンもないのにインフルエンザよりも全体の感染者数と死者数を抑え込めているのです。 これだけでもすごいと思いませんか? また 高齢者を除くと致死率は大幅に下がります。 高齢者はどんな病気に罹っても危険なので、リスクの高さはコロナウイルスに限った話ではありません。 救える人を救うために覚悟を決める 私たちの文明はまだまだ未熟であり、 すべての困っている人は救えません。 それでも救える人はいます。 パニックにならずに落ち着くことで救える人はたくさんいるのです。 どちらか一方しか選べないのであれば、確実に救える人を救っていきたい。 私はそう思います。 10人を救うために10万人が苦しんでいては、いくら命やお金や時間があって資源が足りません。 それでは過去の過ちを繰り返し、救える人たちを見捨て続けるだけです。 この文章を読んでいる人は、救える人を救うために冷静になりましょう。 そしてあなたが冷静になれるように私は情報を発信していきます。

次の

新型コロナウイルス 芸能界で蔓延している理由は?主な感染経路は?

コロナ かかり やすい 職種

毎年、膨大な数の患者を診察し続けていると、あるとき、ふと気づくという。 「またこの職業の人が、この病気に?」。 因果関係は明らかではないが、たしかに存在する、「仕事と病気」の厄介な関係。 出世した会社員が危ない 定年退職後、かかりやすい病気はそれまでの職業に大きく左右される。 医者の間では常識だ。 湘南長寿園病院院長のフレディ松川氏が解説する。 「病院を開設して38年、当初から認知症で相談にくる患者さんに、現役時どんな職業に就いていたか尋ねていますが、圧倒的に多かったのが、教師と公務員、とくに地方公務員でした。 彼らの仕事に共通しているのが、同じ仕事の繰り返しということ。 教師は一度、授業内容が固まれば、毎年同じことを話している人が多い。 とくに歴史や古典など、新たな発見が少ない教科を担当している教師は注意が必要です」 認知症は脳の老化が主な原因だ。 長生きすれば誰にでも起こりうる症状だが、加齢による老化にも個人差があるように、認知症にも症状が進みやすい人とそうではない人がいる。 「その差を生むのが脳への刺激」だと、医師たちは口を揃える。 金町脳神経内科・耳鼻咽喉科院長の内野勝行氏が言う。 「認知症になる原因に『ストレス』があります。 教師は極度のストレスがかかる生活を送っています。 保護者に突き上げられ、日常の授業に加えて部活動も押し付けられる。 ブラックな職場の典型とも言われています。 極度のストレスが長期にわたってかかり続けた末に、定年になると燃え尽きてしまい、何もする気力が出なくなると、認知症を発症するのです。 一方、ストレスがなさすぎるのもよくありません。 地方公務員はリストラのリスクも、ノルマのストレスも少ない。 成果を出しても出さなくても評価が大きく変わることもなければ、年功序列で給料も上がっていく。 定年になれば、退職金をもらって、悠々自適な生活が保証されている。 すべての地方公務員がそうだとは言いませんが、そんな生活を続ければ、定年後、脳が十分な能力を発揮できなくなる可能性はあります」 もちろん、定年後、認知症にかかりやすい職業は教師や公務員だけではない。 職種や地位によっては会社員も危ない。 秋津医院院長の秋津壽男氏は経理社員を挙げた。 「経理の人はまじめでコツコツ仕事をするタイプが多く、経理部以外の人とあまり付き合わないため、社会が狭い傾向があります。 仕事としても創造性を求められるものではなく、数字が合っているかどうかが重要です。 営業系社員と違って社内以外の人脈がないので、定年退職すると、自宅に引きこもりがちになります。 その結果、脳が衰え、認知症になる人もいます」 組織でそれなりに出世を遂げた会社役員も、定年後は認知症のリスクが高いという。 医療法人ブレイングループ理事長の長谷川嘉哉氏が言う。 「経営者、とくにオーナー経営者が認知症になるケースは少ないですが、サラリーマンで出世して役員になった人はなりやすいと感じています。 以前、ある有名経営者が『どれほど大企業であっても、雇われ社長の身で見る風景と、小さな企業でもオーナー経営者として見る風景は異なる』と言っていました。 会社の経営幹部についても同じことが言えるのでしょう。 頂上に立つ経営者と、下から頂上を眺めている役員とでは、思考と行動に大きな差があります。 とりわけ業績が安定していて変革が求められないような企業の役員の仕事は、あまり判断力が必要とされないので脳への刺激が十分でなく、退職後、認知症にかかりやすいと言えます」.

次の

医者の間では常識だった…大調査「かかりやすい病気」は職業で決まる(週刊現代)

コロナ かかり やすい 職種

コロナで仕事がなくなってしまった人の影響 新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛で業績が悪化し、様々な影響が出てきています。 実際、私が週1~2で働いていたコールセンターも休業となりました。 都内のタクシー会社、ロイヤルリムジンがグループ会社を含む約600人の運転手全員の解雇を発表しました。 御仲間からまわってきました。 こうした人たちが自ら退職をするケースも出ています。 コロナウイルスに対して国の対策と保証は? コロナウイルスに対して政府の対策はいくつか発表されていますが、どれも突っ込みどころが多く、Yahooニュースのコメント欄やTwitterを見ても、賛同している国民が少ないように思えます。 ここでは以下の3つの対策をピックアップしてみました。 外出しないと仕事できない、仕事がないと生活できない人も多くいる中、こうした人たちへの生活保障の施策がないので、戸惑う人も多いのではないでしょうか。 fa-angle-double-right 諸外国と比べても決定までのスピード感が給付までも時間がかかるため、今すぐにでも給付してほしい人の期待に応えることはできていません。 突然、退職になってしまった場合、 「社会保険給付金サポート」で国の制度を最大限利用して手当を受け取ることができます。 一般的に認知されている失業保険の場合、通常3ヶ月までしか受け取ることができませんが、社会保険給付金サポートを利用すると 20ヶ月以上(最大で28ヶ月)受給できます。 会社が倒産してしまったり、突然の解雇や退職となった方は該当しますので、こちらも併せて確認してみてください。 在宅ワーク=IT関連の仕事とイメージしている人もいるかもしれませんが、今はそうではありません。 パソコンさえあれば、誰でも簡単にできる仕事もあります。 まずは、自分ができそうな仕事を探してみることから始めてみましょう。 在宅ワークの仕事に転職する コロナウイルスの終息が見えてこない以上、終息を待っていては、経済的に厳しくなります。 終息したとしても、今後一生付き合わなければならないかもしれません。 こうしたことを考えると、在宅ワーク可能な仕事に転職するのも1つの選択肢となります。 コロナで右肩下がりの業界ばかりではありません。 こうした状況でも伸びている業界はあります。 ・印鑑が会社にある ・個人情報が持ち出せない ・セキュリティの問題がある ・社長がテレワークに後ろ向き etc 今は電子化や自動化が進んでおり、上記のことはすべて解決できます。 やろうとしない企業はやらないままです。 こうした企業が多いことで日本の経済がますます停滞するのではと不安になります。 まずは政府が率先してテレワークに取り組み、そこでつまずく問題が出てきたら、対策を講じるなど当事者意識を持つべきでしょう。 テレワークが普及しなければ、いつまで経っても都会の人口密集は変わりませんし、現場に行かなければならない仕事、そこで働く人たちを守ることはできません。 国会を見ていても後ろでぼーっと聞いてるだけの人たちもたくさんいるように見えます。 三蜜(密閉、密集、密接)の対策を呼び掛けるなら、まずは日本の先頭に立つ国会の人たちこそテレワークを実施すべきではないのでしょうか。 もう国や企業に自分の人生は任せられません。 自分の身は自分で守る自助努力が必要なのです。 今、医療業界の現場で働いている人たちは不安と恐怖の中でコロナの患者と向き合っています。 一人でも在宅ワーク可能な仕事に就くことがこうした人たちを守ることにも繋がります。 今回紹介した対策をヒントに自分にできることが見つけて頂ければ幸いです。

次の