ニコン z50 レビュー。 【Nikon Z50 レビュー】SONYを愛用する僕も感じるカメラとしての心地よさ。APS

ニコン「Z 50」速報レビュー 格下感のない仕上がりにゾッコン

ニコン z50 レビュー

05 が、ニコンのZマウント DX機「Z 50」レビューとサンプル画像を掲載しました。 「Z 50」は、画質だけでなく高い操作性を実現し、 文句の付け所がほとんどないと高評価レビューとなっています。 Z50の長所• 素晴らしいエルゴノミクスとハンドリング• 素晴らしい画像品質とノイズ耐性• Zマウント DXレンズのパフォーマンスは上々の仕上がり• コンパクトボディ• 分かり易く論理的なメニューシステム• カスタマイズ可能な4K UHD動画 Z50の短所• 現時点でZマウント DXレンズラインアップが揃っていない• ボディ内手ブレ補正機構 IBIS が非搭載• 5星を獲得し " かなりお勧め機種 " に選出しています。 「Z 50」は、素晴らしい画像品質、素晴らしいエルゴノミクスを有し、利用可能なレンズに満足してるのであれば価値あるカメラであると選出理由を挙げています。 素晴らしいエルゴノミクス、しっかりしたボディデザイン 設計 、素晴らしいハンドリング、セッティングのし易さを「Z 50」の長所に挙げ、コンパクト過ぎずハンドリングと使い勝手を犠牲にしていないと評価しています。 背面モニタもEVFも良好な模様。 ただし現時点でZマウント DXレンズが2本しかない事を指摘。 一応Zマウント FXレンズやマウントアダプターFTZ経由でFレンズも使用可能である事は説明しています。 2000万画素 APS-Cセンサーは、素晴らしいノイズ耐性、素晴らしい色再現性、高速AFを実現し、あなたが新型カメラから望むものほとんどすべてを実現していると「Z 50」の仕上がり具合を評価。 カメラレビューを行うにあたってネガティブなポイントを指摘する事は簡単であるが、「Z 50」は文句の付けどころがほとんどないと結論付けています。 あと「Z 50」はボディ内手ブレ補正機構 IBIS を搭載していませんが、今後搭載されたバージョンが登場するだろうと予測。 ISO感度耐性は…• ISO1600まで … ノイズは非常に低い• ISO3200 … 徐々にノイズが出始め、わずかにディテールが損失する• ISO6400 … ノイズは増加• ISO12800 … 再びノイズは増加するが、彩度は良好なまま• ISO25600 … ノイズがさらに増加し、ノイズが支配的に• ISO51200 … 彩度が低下し始め使用しない事をお勧めする 「Z 50」は、ISO51200に対して1段・2段の拡張ISO感度設定がありますが、使用しない事を勧めています。 競合機ともノイズ耐性を比較していて…• Z50 vs 富士フイルム X-T30 … ISO12800で比べてみるとX-T30よりわずかにノイズレベルは低いものの、X-T30は2600万画素ながらも裏面照射型 BSI センサーで上々のノイズ耐性• Z50 vs キヤノン EOS M6 Mark II … 3200万画素センサーを搭載したEOS M6 Mark IIIと比べると、Z50はISO1600以降 大幅な低ノイズを実現している事は明らかである …と判断しています。

次の

ニコン Z 50 レビュー

ニコン z50 レビュー

8 S」。 発売が延期になり、待っていた方も少なくないでしょう。 8 Sのレビューをお届けします。 そこをあえて単焦点レンズで撮るということに、一体どんな意味があるのでしょう。 標準レンズとしての50mmには、凝視していない際に見ている感覚に近いとか、実画面に対し、対角線の長さにいちばん近い焦点距離とか、広角レンズ、および望遠レンズそれぞれの特徴というのがいちばん弱くなって重なる焦点距離とか、いろんな説があります。 確かに、広角と望遠の間である50mmはパースもつき過ぎず、圧縮効果もさほど大きくありませんから、とても自然に被写体を捉えることができます。 ネガティブないい方をすれば特徴がないともいえるのですが、だからこそさまざまな被写体にチャレンジしていくことが可能な焦点距離なのではないでしょうか。 撮り手が自身の足を使って動き、被写体に寄って絞りを開け、望遠やマクロ的に、引いて絞れば広角的にも撮ることができる。 自身の体で距離感をつかみ、構図を工夫して被写体を捉えた一枚には、自ずとそのフィジカルな動きが現れ、スナップ撮影でもいい相棒となってくれるはずです。 8 Sは、開放F1. 8と最近ではやや控えめな開放値だなと思ってしまう数値ではありますが、前玉の凹レンズを見るに、おぬしタダものではないな……と感じます。 レンズ構成は9群12枚。 EDレンズ2枚に非球面レンズ2枚を贅沢に採用し、さらにナノクリスタルコートが施されていますから、逆光時の耐性はお墨付き。 画質に妥協することなく、高画素機に対応する高い解像度と美しく溶けていくようなボケ味を両立させ、軸上色収差も徹底して抑えられているというのですから、期待は高まるばかり。 解像感と描写力というのは似て非なるもの。 解像度がいくら高くても、エモーショナルな描写でなければ撮り手の心をつかむことはできません。 さっそく作例をご覧になっていただきたいと思います。 フォーカスエリアはキリッとした像を結び、そこからなだらかにボケが発生します。 葉脈ならぬ花脈とでも呼ぶのでしょうか?花びらの先に向かってだんだん濃くなっていく紫色の脈まで緻密に描き込んでいます。 被写体のもつお洒落な雰囲気を、さらに上質なものと仕立ててくれるボケ味ですね。 被写界深度の浅さがよくわかりますが、生地の縦糸と横糸の一本一本まで丁寧に再現。 その柔らかな風合いまでもが直に伝わってくるような描写に感心しきりです。 AFは素早く、スッと小気味よく決まります。 AFに不安がないのでスナップではAF任せでスイスイ。 今回は、レンズのコントロールリングに露出補正機能を割り当てて、露出を追い込みながらの撮影がスムーズにできました。 かなり意地悪な場面ですが、これ開放での撮影です。 普通のレンズならフレアなどが盛大に出てきてもなんら不思議ではないのですが、よく抑えられていますね。 コーティング然り、レンズの素性のよさが伺えるカットではないでしょうか。 水面にV字状に映り込んだ空の部分がデフォーカスになり、ベールが掛かったようです。 淀みないリアルな描写に写真的な表現が加わることで、ありふれたシーンが様になる。 やはりレンズの表現力がものをいうわけですね。 被写体に寄れば中望遠っぽく、引けばご覧のように伸びやかさのある広角のようにもフレームできる。 標準と呼ばれる50mmレンズは、単焦点ながら何かと重宝します。 本レンズでのファーストカットです。 最短40cm付近での撮影で、マクロとまではいきませんがかなり寄れますね。 テーブルフォトにも重宝します。 幻想的な玉ボケとその正体である電飾のあらわな姿の競演?!それにしても綺麗に表現してくれますね。 (サムネイル画像のクリックで大きな画像をご覧いただけます) 誤魔化しの効かない高画素センサーだからこその50mm。 輝度差のあるシチェーションだろうが、フラットな光だろうが、逆光だってなんのその。 絞り開放からまったくと言っていいほど破綻が見られない。 まあとにかくよく写るものです。 フォーカスエリアの解像力だって絶好調。 絞り込んでいっても隅々までビシッと精細に、えげつないほどに解像しているではありませんか。 これはちょっと隙が見当たらないなぁというのが正直な印象です。 使用したカメラボディZ 7の有効画素数は4575万画素、ローパスフィルターレス。 そんなシビアなセンサーに、本レンズが光の情報を余すことなくしっかりと届けきっているからこそ、こんなにも厚みのある画が得られていることがわかります。 一方、冒頭でも触れた絞り開放F1. 8という、一見すると控えめにも感じるスペックでしたが、実際の表現力をご覧になってみていかがでしたでしょうか? 品のある柔らかでクセのないボケ味。 ボケ量だってかなりボリューミーですよね。 場面によってはちょっと絞って、ボケ量を抑えたくなることもしばしばでしたから。 もしこの先、本レンズのような秀逸な光学性能を持ち合わせ、さらに明るいレンズが出てくるとしたら、きっとサイズも重さもそれなりに大掛かりなものになってくるはずです。 8 S」はミラーレス一眼のアドバンテージであるハンドリングのよさをスポイルせずに、たっぷりとボケが得られるわけです。 従来のF1. 4クラスをも凌ぐ勢いの表現力とでもいいましょうか、次世代レンズの力をまざまざと見せつけられてしまいました。 これだけの描写力ですからお値段もかなり…と思ってしまいますがそんなことはありません。 得られる写真からすると、ビックリのバーゲンプライスと言ってしまってもいいでしょう。 Zマウントユーザー必携の一本となること請け合いです。 2018.

次の

ニコンから新しいミラーレスが来た!Nikon Z50を完全レビュー

ニコン z50 レビュー

Nikon Zシリーズ最新モデルが登場 2018年秋にニコンにおけるミラーレス一眼カメラとして誕生したZシリーズ。 これまでに 高画素モデルであるZ7と スタンダードモデルであるZ6が発売されてきましたが、これらは どちらもフルサイズセンサーを搭載していました。 当初は今話題のフルサイズミラーレス一眼に特化したシリーズかと思いましたが、今回ご紹介していく Z50は、ZシリーズながらAPS-Cセンサーを搭載していることが特徴的です。 各社ミラーレス一眼カメラの開発については発展途上の段階で、今後の展開が各社で大きく異なるところですが、ニコンではミラーレス一眼シリーズの最新モデルとして、APS-Cセンサーを搭載したZ50を発表しました。 Zシリーズのイメージを崩さないまま、ライト層にも気軽に扱うことができるモデルとして発表されています。 外観レビュー ここからはNikon Z50における大きさや重さ、デザインなどの外観面について実機を使用してご紹介していきます。 一眼レフでは実現できなかった携帯性 これまでニコンでは多くのAPS-Cセンサーを搭載した一眼レフカメラの開発を行ってきました。 今回ご紹介しているNikon Z50は、 小型・軽量が特徴の一つでもあるミラーレス一眼のタイプとなっています。 Nikon Z50でも ミラーレス一眼らしいコンパクトさを感じることができ、その大きさはこれまでの主流であった一眼レフと比較すると大幅に軽量化を実現しています。 一眼レフの良いところを受け継いだ操作性 一眼レフから全てを大きく変えた訳ではありません。 Nikon Z50では、 一眼レフ開発で培った使いやすさを追求した操作性を継承し、ボディにおけるボタン配置やダイヤルの使い勝手など、 ニコンらしさを感じることのできる操作性を実現しています。 また、撮影時の操作で必要なボタンやダイヤルは、シャッターボタンの周囲およびボディ上部と背面の右側に寄せており、 カメラを構えた際にカメラを支える右手だけで操作のほとんどを完結することができる設計になっています。 大型3. 2型タッチパネルディスプレイを搭載 背面の画像モニターには、 3. 2型104万ドットの大型・高精細モニターを搭載し、タッチパネルも採用したことから スマートフォンのような直感操作も可能としています。 また、モニターでは チルト式の可動モニターを採用しており、上下の広い範囲で自由な角度調整が可能となっています。 性能レビュー 続いてカメラの本質となる撮影性能面についてご紹介していきます。 カメラボディとしてはこれまでFマウントで展開されてきた一眼レフよりもコンパクトを実現していましたが、画質や各シーンにおける撮影性能についてご紹介しています。 5-6. 3 VR, F4. 5-6. 構造面で優れていることからFマウントよりも更に質の高いレンズ開発が可能となったNIKKOR Zレンズを使用することで、 伝統と最新技術が合わさった高画質を得ることができます。 既に発売となっているZマウント用のレンズも共通のマウントであることから使用することができ、 今後着実に増えていくZマウント用レンズという将来性にも可能性を感じます。 思い描く理想へ近づける[Creative Picture Control] Nikon Zシリーズになってからフィルター機能として搭載されている [Creative Picture Control]ですが、Nikon Z50でも 一押しの機能として搭載されています。 [Creative Picture Control]では、 画像における仕上がりのイメージを調整することができるフィルターで、これまでは撮影後にフィルター加工が必要であることや、RAW現像による調整が必要でしたが、撮影時に[Creative Picture Control]を使って 仕上がりイメージを確認しながら撮影することができます。 様々なフィルターが用意されていますが、そのどれもが色々なシーンで使うことのできる優しくも印象的なイメージへと仕上げてくれます。 初心者だけにとどまらない性能や機能性 Nikon Z50は、使い勝手の良い操作性や[Creative Picture Control]などの機能面などから初心者にもおすすめできるカメラですが、 初心者だけに留まらず、既にカメラを趣味にされている中級以上の方にもおすすめできるモデルです。 この辺りの 対応ユーザー層の幅広さはニコンならではとも言えるでしょう。 上記でご紹介した性能・機能面以外にも細かいシャープネスの調整が可能である 「ピクチャーコントロールシステム」の搭載や、撮影シーンに合わせてカメラが最適な設定を自動的に行ってくれる 16種類のシーンモードなど、カメラを簡単で気軽に使いたい初心者の方から、細かい部分まで調整したいこだわりを持った方まで、 誰もが満足できるモデルです。 5-6. 3 VR, F5. 5-6. 5-6. 5-6. 5-6. 3 VR, F4. 5-6. 3 VR, F5. 5-6. 3 VR, F5. 5-6. 3 VR, F5. 5-6. 3 VR, F8, ISO400, 30. 5-6. 3 VR, F11, ISO110, 19. 5-6. 5-6. 5-6. 3 VR, F6. 5-6. 3 VR, F4. 5-6. 3 VR, F4. 5-6. 3 VR, F6. 5-6. 3 VR, F4. 既に大きな盛り上がりを見せているミラーレス一眼市場ですが、 どのメーカーが優位な状況に立てるかというのは現段階では何もわからないと言えます。 ソニーは既に多くの製品を開発しており、現時点では優位ですが、追いかけるようにキヤノンやニコンも持ち味である技術力を活かした製品開発を進めています。 発展途上だからこそどのメーカーにもチャンスはありますが、ZシリーズにおいてAPS-Cセンサー搭載のモデルを発表したというのは、一つの変化として面白みを感じるところです。 フルサイズセンサー搭載モデルで下位モデルを作るわけではなく、APS-Cセンサー搭載モデルとして発表したことは 直接的なライバルとなるキヤノンとは少々異なる戦略で、今後のユーザーによる反応が気になるところです。

次の