メル カード。 メルペイあと払いコンビニ払いはクレジットカードで支払いできる?【解決策あり】(後払いサービス)

メルペイのチャージ方法は2通り!クレジットカードは登録できるの?

メル カード

メルペイ・iD決済できるお店の例• イオン(スーパー・百貨店)• イトーヨーカドー(スーパー・百貨店)• 牛角(焼き肉)• かっぱ寿司(寿司)• (レストラン)• (レストラン)• (ハンバーガー)• モスバーガー(ハンバーガー)• ロッテリア(ハンバーガー)• (牛丼)• CoCo壱番屋(カレー)• ミスタードーナツ(ドーナツ)• (カフェ・バー)• タリーズ(カフェ)• コメダ珈琲(カフェ)• 魚民(居酒屋)• 和民(居酒屋)• 紀伊國屋書店(本屋)• ツタヤ(本・CD・DVD)• ブックオフ(本・CD・DVD)• タワーレコード(CD・DVD)• ウエルシア(ドラッグストア)• サンドラッグ(ドラッグストア)• トモズ(ドラッグストア)• ビックカメラ(家電)• ヨドバシカメラ(家電)• は別ページで「ジャンル別・あいうえお順」でさらに詳しく紹介しています。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

メルペイで電子マネー「iD」を使う方法・注意点について解説!|myfree

メル カード

メルペイでは 「メルペイ電子マネーカード」を発行することで、電子マネー「iD」での決済ができます。 ただ「メルペイ電子マネーカードの発行」と聞いても 「設定が難しそう」 「どうやって使えばいいのか分からない」 と思う人もいるでしょう。 そこで本記事では 「 メルペイ電子マネーカードの発行・使い方・注意点」について説明します。 メルペイでは電子マネー「iD」が利用できる メルペイの利用を開始すると、 同時に 電子マネー「iD」も利用できるようになります。 これは意外と便利なので、iDに興味があるならぜひ試してみてください。 iDの電子マネーカードが自動的に発行される メルペイを実店舗で利用する場合、 メルペイのコード決済に対応している店舗と 電子マネー「iD」での支払いができる店舗で利用することができます。 メルペイのコード決済ができる店舗は全国で 約45万カ所ですが、iDが使えるのは 約90万カ所もあります(2019年3月末現在)。 かなり多くの店舗で利用することができて実用性が高いです。 メルペイを利用する準備を整えると自動的にメルペイ電子マネーカードが発行され、iPhoneの場合はWallet(Apple Pay)に入ります。 メルペイのアプリ内にも書かれていますが、iDでの支払いに対応している店舗でメルペイを使うときは、 店員さんに「iDで払います」と伝えるだけでOK。 お店によっては「メルペイで払います」と言うと迷う人もいます(筆者の実体験)。 面倒を避けたいなら初めから「iDで払います」と告げるのがおすすめです。 銀行口座からのチャージで利用可能 メルカリで物を売ったことのない人がメルペイの利用を始める場合は売上金やポイントがありませんので、 原則としてメルペイ残高にチャージをすることが必要です。 チャージは登録した銀行口座からのみ可能で、クレジットカードからはできないの注意してください。 キャンペーンが行われているときは、メルペイを利用することでポイントがたまることがあります。 たとえば以下のように還元率の高いキャンペーンもあります。 ポイントがある場合は 自動的にポイントから消費されるので、ポイントを使うかどうかいちいち設定をする必要はありません。 なおチャージせずに利用する 「メルペイあと払い」という方法もあります。 ただし、1月ごとに必要となる支払いで 300円の手数料がかかるので、あまりおすすめはしません。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 電子マネー「iD」が使えるお店一覧 電子マネー「iD」は、とても幅広い業種で利用することができます。 チェーン店を中心に例を挙げると以下のとおりです。 業種 具体例 コンビニ セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、セイコーマートなど スーパー・百貨店 イオン、イトーヨーカドー、メガマート、ウェルマートなど レストラン かっぱ寿司、牛角、ガスト、すし三崎丸、華屋与兵衛など ファーストフード マクドナルド、モスバーガー、すき家、CoCo壱番屋など カフェ タリーズコーヒー、コメダ珈琲、カフェ&バープロントなど 居酒屋 魚民、甘太郎、和民、庄や、大庄水産など ドラッグストア マツモトキヨシ、ウェルシア、ココカラファイン、ツルハドラッグなど 生活用品 ドン・キホーテ、ザ・ダイソー、ホームセンターグッディなど 家電量販店 ビックカメラ、ヨドバシカメラ、エディオンなど 音楽・本 紀伊國屋書店、TSUTAYA、ブックオフグループなど その他 AOKI、サマーランド、エネオス、成田空港・羽田空港の店舗、歌広場、快活Club、京王プレッソインなど コンビニやレストランなどの飲食店は珍しくありませんが、意外なところではスポーツクラブの会費やホテル、東京ドームや遊園地、レンタカー代金などの支払いもできます。 詳細は以下のサイトに掲載されていますが、 ここに掲載されていない店舗でも使えることがあります。 そのため、利用したい店舗で実際に確認することが必要です。 公式サイト: メルペイ電子マネーカードの設定は簡単 メルペイ電子マネーカードの発行はとても簡単です。 メルペイを利用する準備を整えることで自動的に発行されます。 メルペイは専用のアプリはありません。 メルカリアプリ内の機能の1つなので、メルカリを使ったことがない方はまずメルカリアプリをダウンロードしてください。 アプリの中に以下の表示があるので、ここをタップして順に作業を進めてください。 SMS認証も必要になりますが、指示の通りに行えば迷うところは特にないでしょう。 iPhoneの場合、Apple Payへの追加が終われば初期設定は完了です。 チャージの方法などについては以下の記事をご覧ください。 メルペイ電子マネーカードの注意点 メルペイの利用を開始するにあたっては、以下の2点について知っておきましょう。 メルペイの利用上限額について メルペイの利用にあたり支払い用銀行口座を登録している場合、利用の上限は 1回あたり・1日あたりで100万円が上限となります。 月間では300万円です。 メルカリで物を売ったお金(売上金)をポイントに替えて利用する場合やメルペイあと払いで利用する場合は、支払い用銀行口座を登録していなくても利用できます。 銀行口座を登録してない場合は 1回あたり・1日あたり・1カ月あたりの上限がいずれも5万円までとされています。 ただし5万円というのはあくまで最高額です。 実際はメルカリの利用歴などによって 5万円未満の上限が設定されることが多いです。 メルカリの利用歴がまったくない筆者の場合は1万5000円でした。 メルカリの利用実績がまったくないと1000円になるという話もネット上では見られますが、支払い用銀行口座を登録していることや、チャージをしてから払う形での利用実績があるだけでも上限が上がるのではないかと考えられます。 メルペイで買ったものを返品する場合の返金処理について メルペイでの支払いで買ったものを返品して代金の返金を受ける場合、メルペイ残高で支払った分はメルペイ残高として、ポイントで支払った分はポイントとして返金されます。 ただし、まれにメルペイ残高で支払ったものがポイントとして返金されることがあるようです。 不明な点がある場合はアプリ内のマイページから問い合わせができるので、必要なら問い合わせをしましょう。 モバイルSuicaへのチャージが可能 モバイルSuicaを利用している場合、 メルペイ電子マネーからSuicaにチャージをすることができます。 モバイルSuicaのトップ画面から「入金(チャージ)」を選ぶとメルペイ電子マネーが候補として表示されるので、メルペイ電子マネーからチャージしたい場合はこちらから行いましょう。 メルペイ電子マネーとApple Payの関係について メルペイ電子マネーはApple PayのWalletに入るので、Apple Payが使えるお店ならどこでも使えると思うかもしれません。 Apple Payが使えるお店についてはAppleの公式サイトに以下のような説明があります。 しかし、 この説明はやや不十分です。 Apple Payに登録されているクレカ等は iD、QUICPay、Suicaのいずれかで処理されます。 どちらで処理されるのかということは登録するカードの種類によって決まっており、たとえば 以下の楽天カードの場合はQUICPayということです。 メルペイ電子マネーにはiDのマークが入っているので、iDで処理されるということです。 そのため、Apple Payに登録されているものを利用するときは、利用したいカードがiDとQUICPayのどちらなのか確認してください。 そして、 iDのものを使うなら「iDで」、QUICPayのものを使うなら「QUICPayで」、Suicaで払うなら「Suicaで」と伝えることが必要です。 店員さんに 「Apple Payで払います」と言っても通じないことが多いので気をつけましょう。 もちろん、店員さんがApple Payに詳しければ適切なフォローをしてもらえるでしょうが、面倒を避けるならあらかじめiD、QUICPay、Suicaのどれを使うのかで伝えましょう。 これなら迷う店員さんはいません。 なお ローソンは例外です。 Apple PayにPontaカードを登録している場合はレジで「Apple Payで払います」と伝えると、ポイントの処理と支払いの処理が同時に行われます。 詳しくは公式サイトでご確認ください。 公式サイト: まとめ iPhoneユーザーがiDをスマホのみで使いたい場合、メルカリのアプリをインストールしてメルペイの利用準備を整えれば、 iD機能のついたクレジットカードやデビットカードをApple Payに登録しなくても利用できます。 iDに興味があってもこれらの準備が面倒で二の足を踏んでいた人にとってはとても便利なので、ぜひ使ってみてください。 ただし メルペイを通じて決済してもポイントがたまらないので、ポイントをためたいなら他のコード決済サービスなどを検討するのが良いかもしれません。

次の

【2020年6月最新版】「メルペイ」の注意点・落とし穴!チャージ方法やクレジットカード、上限など

メル カード

2.メルペイの手数料は無料になるケースあり メルペイの導入を考える上で気になる決済手数料、入金手数料、入金サイクルはどうなっているか確認していきましょう。 2-1.初期費用・決済手数料 キャッシュレス決済を導入する場合専用端末などの費用がかかってしまうのですが、メルペイは初期導入費、利用料・固定費用が無料というのが最大のメリットです。 メルペイはスマホを持っていれば導入することができるのです。 決済手数料も他のサービスよりも低い 「1. 初期費用なしで決済手数料の低いメルペイはコスト面から魅力的なキュッシュレス決済といえます。 2-2.入金サイクル・入金手数料 運転資金のやりくりで気になる入金のタイミングですが、 月1回と月2回を選ぶことが出来ます。 ・月1回入金の場合:月末締め、翌月10日入金 ・月2回入金の場合:15日締め、当月25日入金と月末締め、翌月10日入金 となります。 なお、ゆうちょ銀行を入金口座に選んだ場合は上記日より2営業日後となります。 また、 10万円以上のおまとめ入金であれば入金手数料は無料ですが、10万円未満の入金は200円の入金手数料がかかってしまいます。 売上金が10万円未満の場合は入金を繰り越す設定も出来るので利用するのが良いでしょう。 2-3.端末 メルペイを導入するにはカメラ付きのスマホ、もしくはタブレットが必要です。 以下のバージョンであることが必要です。 最新のタブレット・スマホを持っていれば特に問題はありません。 OS iOS 10. 0以上 Android 5. 0以上 ブラウザ Chrome 最新バージョン Firefox 最新バージョン Internet Explorer 最新バージョン Microsoft Edge 最新バージョン Safari 11. 1以上 2-4.注意点 メルペイを導入する上でいくつか注意点があるのでご紹介します。 お客様が操作に慣れていないと逆に時間がかかってしまう可能性あり。 10万円未満の入金は、入金ごとに200円の入金手数料がかかるので注意• 入金先口座にゆうちょ銀行を指定すると、通常より入金が遅くなる 3.キャッシュレス消費者還元事業とは|メリットと注意点 店舗でメルペイを導入する大きなメリットの一つに、2019年10月から開始した「キャッシュレス消費者還元事業」の活用があります。 増税後9ヶ月間に限って、登録した中小・小規模事業者での決済に対してポイント還元を支援するというものです。 3-1.消費者側のメリット 消費者側のメリットは、対象店舗でクレジットカードやQRコード決済、電子マネーなど指定されたキャッシュレス決済を行うとポイント還元が受けられることです。 3-2.事業者側のメリット 事業者にとってのメリットはキャッシュレス消費者還元事業の還元対象であることにより、事業者への個別の支援が受けられます。 2019年10月1日からキャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)が始まりました。 どの中小… 3-3 .キャッシュレス消費者還元事業の注意点 キャッシュレス消費者還元事業はキャッシュレス決済の導入を考えている事業者にとって恩恵の大きい制度ですが、いくつかの注意点もあります。 3-3-1.メルペイは、EC事業者は対象外 キャッシュレス消費者還元事業自体は、ECサイトの事業者も対象です。 ただし、EC事業者はメルペイを利用したキャッシュレス消費者還元事業は申請対象外となっています。 EC事業者の場合はメルペイ以外の決済方法を利用する必要があります。 3-3-2 .還元を受けるには申請が必要 メルペイでキャッシュレス消費者還元事業の適用を受けるためにはメルペイ経由での申し込みが必要になります。 別の決済事業者で申請していても改めて申請が必要なので注意しましょう。 申請後、経産省事務局にて審査が行われます。 申請の申し込み期限は今のところ2020年4月までです。 3-3-3.中小・小規模事業者の基準を満たすことが必要 キャッシュレス消費者還元事業は中小・小規模事業者を対象とした制度です。 以下のような資本金や従業員数などの基準を満たす必要があります。 業種分類 資本金の額又は出資の総額 常時使用する使用人 製造業その他 3億円以下 300人以下 卸売業 1億円以下 100人以下 小売業 5000万円以下 50人以下 サービス業 5000万円以下 100人以下 その他、課税所得額による制限や会社形態以外の組織に関する要件や親会社との資本関係等の要件があります。 3-3-4. 補助の対象とならない取引もある 要件を満たす事業者でのキャッシュレス決済であっても以下のような取引は補助の対象外となります。 有価証券・郵便切手類・印紙・商品券など• 自動車の販売• 新築住宅の販売• 収納代行サービス・代金引換の支払い• 5.申し込み時に準備すべきものや開始までのスケジュール 実際にメルペイの導入を申し込んだときの手順やスケジュールを見ていきましょう。 5-1. 申し込みの手順 メルペイ公式ホームページの加盟店フォームに事業者情報を入力し申し込みます。 必要書類は以下のとおりです。 必要書類 運転免許証(表裏面の両方) パスポート(日本国発行のみ、顔写真付きのページと住所が記載されているページ) 住民基本台帳(マイナンバーカードは不可) 健康保険証(表面裏面の両方) 住民票(発行日から半年以内) 在留カード 外国人登録証明書 特別永住証明書 特別永住者証明書 なお個人事業主の場合は、代表者のいずれかの本人確認書類の画像(有効期限内の身分証等の画像(運転免許証、パスポートなど))を申込み時に添付します。 法人の場合は、登記謄本に記載の情報が必要です。 謄本の原本は不要です。 5-2. 審査内容やかかる時間 必要書類や申し込み内容に不備がないか確認し、不備があればメルペイから事業者に連絡があります。 申し込みは審査なので以下の基準を満たしていない場合は通過しないこともあります。 加盟店規約への同意• 未成年の場合、事前に親権者からの許可を得ていること。 過去にメルカリグループが提供するサービスの利用規約違反等により、メルカリグループからサービスの利用停止処分を受けていないこと• 申告内容に虚偽の情報が含まれていないこと 5-3. メールが届く|初期キットが届く 内容に問題がなければ、数日で審査が完了します。 メールで結果が通知され、審査OKであれば登録したメールアドレスとパスワードで管理画面が利用できるようになります。 店舗用アプリは管理画面から手順に従い、手持ちのスマホやタブレットでダウンロードできます。 決済の準備はこれで完了です。 審査通過後に郵送でスターターキットが送られてきます。 内容は店舗で使えるメルペイの説明書や店舗用ステッカーなどです。

次の