アイフォン10電源の入れ方。 iPhone X以降端末の(強制)再起動と電源オンオフのやり方

素早くできる!iPhone Xの電源の切り方

アイフォン10電源の入れ方

【1】【iPhoneの電源が入らなくなるよくある原因】 iPhoneは基本的に精密機械です。 多少の衝撃には耐えられる設計にはなっているものの、乱暴に扱ったり、不意に高度から落下した場合は故障してしますケースがありますし、経年劣化と呼ばれる現象でも不具合が発生する可能性があり、そのために急に電源が入らなくなってしまうこともあります。 年数のたったiPhoneはどうしても不具合や故障が発生しやすくなるため、日頃からデータのバックアップをしておくことも重要です。 10秒から15秒程度長押し続けると、iPhone側でリセット(強制的な再起動)がかかりますので、画面にAppleの白いロゴマークが表示されれば成功です。 電源がついたらiPhoneが問題無く動くかどうか試してみましょう。 正常な状態であれば充電器をつなげるとiPhoneの本体側に充電中のライトが点灯しますが、何らかの不具合が発生していて充電されていてもライトが点かない可能性が考えられます。 そのためライトが点かなくとも20分~30分程度充電してみましょう。 充電中のマークが表示されてくれば、充電完了後に再起動させれば電源が入る可能性が高まります。 同時に充電器側の故障が疑わしくないか(例えば水濡れしてしまった、落下させてしまった、足で踏んでしまったなど)も考慮してみてください。 iPhoneの本体側に問題がなくとも充電器側のトラブルで充電がうまく行っていない可能性があります。 これでもiPhoneの電源がつかない(入らない)場合は次へ進んでください。 iTunesが入っていない場合はパソコン側にインストールが必要になります。 10秒ほど長押し後、電源ボタンを離して今度はホームボタンのみを10秒長押しします。 その後、パソコン側からiTunes(iPhoneではなくiTunesです)を起動します。 この操作でiTunesのアプリケーションが問題のあるiPhoneを探し復旧作業に進むことができる可能性があります。 それでも復旧できない場合、「復元」を試みる方法もありますが、データがリセットされてしまう可能性があるので事前にバックアップを取っている必要があります。 fone-iPhone起動障害から修復」というソフトを使って対処する方法をオススメいたします。 このソフトを使うと電源が入らなくなってしまったiPhoneのデータを消してしまうことなく電源を入れられるように修復することができます。 操作手順は以下の通りです。 Step1. PCにインストールしたを起動し、メニューから「起動障害から修復」を選択します。 Step2. Step3. 次に、「dr. fone-iPhone起動障害から修復」の画面に表示されている「開始」ボタンを押し、修復したいデバイスの機種・モデル・OSを選択し「ダウンロード」を押します。 すると修復のためのファームウェアのダウンロードが始まるので、完了するまで待ちます。 Step4. ファームウェアのダウンロードが終わったら「いますぐ修復」というボタンを押ししばらく待つとiPhoneの修復が完了します。 これでiPhoneの電源が入るようになるはずです。 iPhone電源入らない場合の対処法をいくつか紹介しましたが、「dr. fone-iPhone起動障害から修復」があれば様々なケースの起動障害を解決することができるのでオススメです。 通常修理に出すよりもの購入費の方が安いので、一家に一ソフトあると安心ですね。

次の

iPhoneの電源が入らない原因と対処法を紹介

アイフォン10電源の入れ方

【1】【iPhoneの電源が入らなくなるよくある原因】 iPhoneは基本的に精密機械です。 多少の衝撃には耐えられる設計にはなっているものの、乱暴に扱ったり、不意に高度から落下した場合は故障してしますケースがありますし、経年劣化と呼ばれる現象でも不具合が発生する可能性があり、そのために急に電源が入らなくなってしまうこともあります。 年数のたったiPhoneはどうしても不具合や故障が発生しやすくなるため、日頃からデータのバックアップをしておくことも重要です。 10秒から15秒程度長押し続けると、iPhone側でリセット(強制的な再起動)がかかりますので、画面にAppleの白いロゴマークが表示されれば成功です。 電源がついたらiPhoneが問題無く動くかどうか試してみましょう。 正常な状態であれば充電器をつなげるとiPhoneの本体側に充電中のライトが点灯しますが、何らかの不具合が発生していて充電されていてもライトが点かない可能性が考えられます。 そのためライトが点かなくとも20分~30分程度充電してみましょう。 充電中のマークが表示されてくれば、充電完了後に再起動させれば電源が入る可能性が高まります。 同時に充電器側の故障が疑わしくないか(例えば水濡れしてしまった、落下させてしまった、足で踏んでしまったなど)も考慮してみてください。 iPhoneの本体側に問題がなくとも充電器側のトラブルで充電がうまく行っていない可能性があります。 これでもiPhoneの電源がつかない(入らない)場合は次へ進んでください。 iTunesが入っていない場合はパソコン側にインストールが必要になります。 10秒ほど長押し後、電源ボタンを離して今度はホームボタンのみを10秒長押しします。 その後、パソコン側からiTunes(iPhoneではなくiTunesです)を起動します。 この操作でiTunesのアプリケーションが問題のあるiPhoneを探し復旧作業に進むことができる可能性があります。 それでも復旧できない場合、「復元」を試みる方法もありますが、データがリセットされてしまう可能性があるので事前にバックアップを取っている必要があります。 fone-iPhone起動障害から修復」というソフトを使って対処する方法をオススメいたします。 このソフトを使うと電源が入らなくなってしまったiPhoneのデータを消してしまうことなく電源を入れられるように修復することができます。 操作手順は以下の通りです。 Step1. PCにインストールしたを起動し、メニューから「起動障害から修復」を選択します。 Step2. Step3. 次に、「dr. fone-iPhone起動障害から修復」の画面に表示されている「開始」ボタンを押し、修復したいデバイスの機種・モデル・OSを選択し「ダウンロード」を押します。 すると修復のためのファームウェアのダウンロードが始まるので、完了するまで待ちます。 Step4. ファームウェアのダウンロードが終わったら「いますぐ修復」というボタンを押ししばらく待つとiPhoneの修復が完了します。 これでiPhoneの電源が入るようになるはずです。 iPhone電源入らない場合の対処法をいくつか紹介しましたが、「dr. fone-iPhone起動障害から修復」があれば様々なケースの起動障害を解決することができるのでオススメです。 通常修理に出すよりもの購入費の方が安いので、一家に一ソフトあると安心ですね。

次の

iPhoneの電源がつかない!入らない!起動しない!考えれる原因と修理方法|スマートドクタープロ

アイフォン10電源の入れ方

念のため、パソコンのiTunesでiPhoneのデータをバックアップしておくことをオススメします。 強制再起動してみよう もし10秒以上押しているにもかかわらずアップルのロゴが出ない場合は、次の対処法を試してみてください。 画面にバッテリー充電中の表示が出た場合は、充電が終われば電源が入る可能性があります。 ケーブルを接続したところ、バッテリー残量が0だった…… ケーブルを接続しても充電中の表示が出ない場合は、次のことを確かめてみましょう。 ・iPhone付属のACアダプターとケーブルで充電しているか ・モバイルバッテリーを使っている場合、バッテリーの充電残量は十分あるか ・ケーブルを変更しても充電できないか つまり iPhoneがしっかりと充電できる状態になっているかを、確認するということですね。 通常iPhoneを初期化または復元する場合は、ケーブルで接続したパソコンのiTunes上から行います。 今回のようにiPhoneの電源が入らない場合は、iTunesからiPhoneを認識させることができないので、リカバリーモードを利用して強制的にiTunesに認識させます。 これでiPhoneを復活させることができます! 画面の指示に従ってiPhoneを復旧します iPhoneが無事に復旧しました パソコンのiTunesにバックアップデータがあれば以前と同じ状態に戻せます。 この操作でも症状が改善されない場合は、ボタンの不具合などハードウェアの原因が考えられます。 近くにアップルストアがある場合は直接相談することも可能ですが、時間帯によっては予約でいっぱいということもあるので、Web上であらかじめ予約してから行ったほうがいいでしょう。 予約が完了したら、あとはiPhoneを持って当日アップルストアへ行けばOKです。 なお、修理の際にやむなくデータを消去しなければならない場合もあるので、事前にバックアップを取っておきましょう。 ちなみにGenius Barの予約は「」アプリからも行うことができます。 郵送で修理に出すこともできる 近くにアップルストアがなかったり、忙しくて行く時間がないという方には配送で修理を依頼することも可能です。 来店予約の手順と同様に、でサポート方法の選択画面まで進み、「配送修理」を選択しましょう。 あとは、iPhoneのシリアル番号を入力して、集荷希望住所や希望時間などの必要事項を入力すれば、アップル専用業者が集荷に来てくれます。 気になる修理代金は? 修理代金ですが、 保証期間内およびAppleCareに加入している場合は、 無償で修理可能です。 ただし、 落下や水濡れなどの損傷が見られた場合は、修理代金が別途発生します。 保証対象外修理の場合でも、AppleCareに加入していれば7,800円(2回まで)の一律料金で修理可能です。 未加入の場合は機種によって異なりますが、例えばiPhone 6の場合で34,800円、iPhone 6 Plusの場合で38,800円の費用が発生します。 なお、保証対象外修理の場合は金額が高くなるので、端末代金の支払が済んだ機種であれば、機種変更を検討してみるのもいいかと思います。 また、iPhoneシリーズが徐々に進化を遂げるに連れて、本体価格が高くなっていることから、修理費用に関してはモデルによって変化が出ています。 ・安心安定の通信速度、サポート力 ・最新機種のラインナップが最も豊富 ・「ギガホ」「ギガライト」プランが他社と比較しても自分の用途に合わせて選びやすい ・dカードゴールドの加入で、最新機種がお得に購入でき、他社からの乗り換えによる違約金負担あり。 ドコモ利用料金10%ポイント還元で年会費の元もとりやすい。 手堅いサポートやプランの選びやすさ、機種の豊富さは3大キャリアを含めてもトップで幅広い世代からの支持を獲得しているドコモ。 ドコモユーザーではない方でも、しっかり料金を見直すことで安くできる可能性も十分にあります。 また、オンラインショップ経由での機種変更であれば、契約事務手数料、端末頭金は全て無料です。 オンラインショップ限定のお得なキャンペーンも不定期で実施中。 料金シュミレーションや最新機種のチェックは下記のリンクからドコモ公式オンラインショップにて。 ドコモオンラインショップ限定 キャンペーン実施中.

次の