性 きょう いく 絵本。 佐々木宏子の絵本と保育研究室

6歳児におすすめの絵本10選!子どもの協調性や個性を育む絵本とは [絵本] All About

性 きょう いく 絵本

6歳児にオススメの人気絵本とは? 6歳の頃は、知識欲もますます旺盛になり、運動面でも活発になり、子どもそれぞれの個性が一段と際立ってくるころ。 小学校入学を迎え、新しい環境への意欲も大きくなる一方、慣れない生活や新しい人間関係で悩みながらも、しっかりしなきゃという思いの芽生えとの間で葛藤することもたくさんあるでしょう。 幼稚園や保育園から小学校に上がったころは、親も生活大きな変化への対応が大変な時期ですが、子どもたちもたくさん頑張り、たくさん楽しみ、たくさん悩んでいます。 そんな多感な時期におすすめ、他者との信頼関係や協調、個性について考える絵本10冊をご紹介します。 小学校低学年は特に、まだまだ絵本を読んでもらうことに喜びを感じる時期。 その経験が、自分読もうという意欲や、童話への興味にもつながっていきます。 <目次>• 『てぶくろをかいに』 6歳児におすすめの人気絵本の1つ『てぶくろをかいに』。 雪に覆われた森と人里を舞台にしたお話ですが、冬はもちろん、ぜひ、季節に縛られず触れてほしい絵本。 漢字にはふり仮名がありますがまだ1人では読むのが難しいので、ぜひ、大人が読んであげてください。 新美南吉さんの美しく温かい文章は、読む側もゆったりとした気分になれるでしょう。 言葉の持つこんな穏やかな表情を子どもに伝えたいなあと思わされます。 過去の経験から人間を恐れていた母さん狐は、子ぎつねが人間との交流で経験してきた予想外の出来事に驚きます。 小学生になると親と離れて行動する時間も増え、危険もたくさん教えなければいけませんが、こんな温かい心の交流も感じたいもの。 「きつね」というだけでイメージを決め込まずに接してくれた帽子屋さんの気持ち、親子で味わっていただけたらと思います。 絵本『手ぶくろを買いに』 【書籍データ】 作: 新美 南吉 絵: 黒井 健 出版社: 偕成社 『わたしたちうんこ友だち?』 6歳児におすすめの人気絵本の1つ『わたしたちうんこ友だち?』。 主人公の小学生の女の子、ヒナちゃんは、「学校のトイレでうんこなんかしたらみんなにからかわれる」と心配しながらすごしています。 毎日授業が終わるころにトイレに行きたくなり、次第に痛くなるおなかを抱え、冷や汗をかきながら家にたどり着きます。 そんなヒナちゃんの様子からすべてを察していた友だちのマキちゃんが遊びにきて「うんこ談義」が始まります。 トイレに関することはからかいのネタになりやすいですが、健康で楽しい毎日を送るのに欠かせないこと。 うんこに対する自分の考えをしっかり語るマキちゃんはとてもかっこよく、ヒナちゃんも影響を受けたようです。 排泄の仕組みや排泄習慣について、楽しく向き合い話すきっかけになる絵本です。 1匹の猫が家々のごはんをのぞいて歩き回るという形で展開されていく『きょうのごはん』。 クレヨンとクレパスで描かれたバラエティに富んだ夕飯は、本当においしそう。 料理やそのサポート、配膳など、大人も子どもも各々が自分のできることを自分でしっかりやっているのも、この絵本のすがすがしいところ。 おなかを満たすだけではないごはんの役割がさりげなく伝わってきます。 それぞれの家庭環境によって、普段の夕飯時に家族全員が揃えないこともあるでしょう。 子どもの成長とともに、家族の食事時間にずれが出てくることもあります。 でもやっぱり、みんなで思い思いにおしゃべりしながら食卓を囲む時間は、意識して作れたらいいですね。 みんなで作りたい、食べたい気持ちをぐんぐん引き出してくれる絵本です。 余命3ヵ月の宣告を受けた神奈川県の小学校の校長先生は、あることに気づきました。 誰もが明るく元気にいられれば一番だけれど、人はそれができないこともある。 その気持ちを分かち合えるようになりたい……。 そんな思いから、校長先生は宣告を受けた後も学校に通い、命について考える授業を続けたそうです。 そんな実話をもとにした絵本です。 小さな声のあいさつしかできなかったひつじくんに「勇気を出して大きな声でおはようを言おう」と励ましていたくまの校長先生。 病気で入院して、出したいのに大きな声を出せないつらさを知り、大きな声が出せなくても励まさずに耳を傾けてくれる看護師さんたちの心に触れ、ひつじくんと再会した時に謝ります。 その後先生が突然倒れてしまい……。 くまのこうちょうせんせいが、命の限り訴え続けた思い、温かみのある絵とわかりやすい文章から、ずっしりと伝わってきます。 絵本『くまのこうちょうせんせい』 【書籍データ】 作: こんの ひとみ 絵: いもと ようこ 出版社: 金の星社 『おだんごスープ』 6歳児におすすめの人気絵本の1つ『おだんごスープ』。 最愛の妻を亡くした1人のおじいさんの姿を通し、亡くなった人が遺すものについて、温かく包み込むように伝えてくれる絵本です。 ふさぎ込んでいたおじいさんが、おばあさんの「おだんごスープ」を再現するためにおばあさんがよく歌っていた歌を口ずさみ、美味しいスープに近づいていくにつれ周りに仲間が増えていく様子が、何とも嬉しくなります。 おばあさんも天国で微笑んでくれているでしょう。 幼児期の終わりごろから学童期初期にかけては、死の存在を認識し始め、漠然とした恐怖に不安を感じる子も。 おじいちゃんやおばあちゃんの死を目の当たりにする子もいるかもしれません。 大好きな人、大切な人にもう会えなくなる日はいつか必ずやってきますが、その人が遺してくれたものが周りにたくさん存在して生き続けます。 ぼうやの「ほんとうのともだち」になることを夢見て、ぼうやとたくさんの時間を過ごしたぬいぐるみのビロードのうさぎ。 「本物のうさぎって何だろう」「ぼくはぼうやの本物の友だちになれるんだろうか」と考え続けたぬいぐるみのうさぎは、波乱に満ちた年月をたどります。 やがてぼうやとうさぎの一緒の生活は終わりを迎えますが、別れのシーンの何とも切ないこと。 そしてうさぎは、新たな世界へと飛び込んでいきます。 読み終わった後、子どもたちは「よかったね」「寂しいね」など、色々な感想を持つと思います。 答えを出すことだけが「本物」ではない、子どもたちの色々な感情をそのまんま受け止めてあげたくなると思います。 大人も子どもも、深く感情を揺すぶられる絵本です。 日々当たり前のように顔を合わせ、けんかをしている友だち。 もしこの友だちと、引っ越しなどで分かれてしまうことになったら……。 けんかばかりしていた2本の木は、野原の開発のために整備が進められ、間に壁が建てられたことで顔を合わせることができなくなってしまいました。 会うことができなくなった初めてお互いの存在の大切さに気付き、悲しみに暮れます。 年月が過ぎたある日、相手が元気でいることを知らせるサインに気づき、励みに感じながら成長し続ける2本の木。 成長の先に待っていたのは、嬉しい再会でした! 小学生になると、人との別れや物事が思い通りにいかない経験も幼児期より増えていきますが、「きっとまた会える」「強く願っていれば思いはかなう」そんな希望を感じさせてくれる絵本です。 絵本『2ほんの木』 ガイド記事: 【書籍データ】 作: エリザベト・ブラミ 絵: クリストフ・ブラン 訳: 小林 繁夫 出版社: ひさかたチャイルド/チャイルド本社 『とべバッタ』 6歳児におすすめの人気絵本の1つ『とべバッタ』。 天敵から身を守るために隠れてばかりだったバッタがある日、堂々と生きていくことを決意しました。 厳しい生存競争に立ち向かい、へびやかまきりを打ち負かし、クモの巣とクモをメチャクチャにして飛んでいく力強さには圧倒されます。 はるかかなたに飛び立っていったバッタはその後、どんな運命をたどるのか、親子ともども気になりそうですが、最後のページをめくると安心できそうです。 1対のバッタが向き合う様子は、大人にとっては生命が受け継がれていくことを感じられる場面。 子どもも、仲間のバッタに会えてよかったね、と思うことでしょう。 命の不思議、尊さ、作者の生きとし生けるものへの愛が、力強い筆致の絵とシンプルな文章から絵本全体からビシバシと伝わってきます。 困難に立ち向かい、新しい世界に飛び立っていくバッタの姿は、無条件に勇気を届けてくれます。 絵本『とべバッタ』 【書籍データ】 作・絵: 田島 征三 出版社: 偕成社 『ねえだっこして』 6歳児におすすめの人気絵本の1つ『ねえだっこして』。 幼児期後半~小学生で下の子を迎えると、親からも頼りにされ、周りの人たちからも「すてきなお兄ちゃん、お姉ちゃんだね」と言われ、そのイメージに近づくために頑張りすぎることも。 お母さん、お父さんの中にも、下の子が生まれての赤ちゃん返りは3~4歳頃までではないかと、漠然と感じている人も多いのでは。 でも、小学生に上がる前後の子やもう少し大きい子でも、まだ構ってほしい、こっちを見てほしいという気持ちがあります。 赤ちゃんのことが疎ましく思えてしまうこともあるかもしれません。 この絵本では、赤ちゃんの先輩は1匹の猫。 最初は「赤ちゃんなんてつまらない」と思っていましたが、赤ちゃんとのふれ合いの中で気持ちが変化していきます。 甘えたいときに甘えられることって、頑張る上でとても大切なことなのですね。 子どもをギュッとしたくなります。 どんどん広がっていく世界の中で戸惑いや不安を感じる子どもたちの心も、子どもたちの世界の広がりに不安を感じる親たちの心をも、包み込んでくれる絵本。 世の中心配なことばかりだけど、きっと大丈夫だよと励まされ続けてきた男の子は、自信を持って自分の世界を広げていくことができました。 世の中は正しいことばかりではないし、信頼できる人ばかりではありません。 でも、信頼し合える関係を築くことの大切さ、自分が生きているこの世の中は悪いことばかりであるはずがない、いいものにしていかなければいけないと大人が示すことの大切さを、男の子に励まされる立場になった最後のページのおじいちゃんの寝顔が伝えてくれているようです。

次の

田畑精一

性 きょう いく 絵本

「何を言っても口ごたえをしてくる……」 親にしてみると、急にそんな悩みが増えてくるのがこの頃です。 身の回りのことはほとんど自分で出来るようになり、周りがきちんと見えてくる5歳児。 保育園・幼稚園では年長クラスになって、自分が一番大きいという自覚もある。 大人の事だってよく見ています。 感情を表したり、考えを伝えるのに、自分の言葉を使えるようになるんですよね。 だからこそ、大人の対応もきちんとしなくてはいけません。 理由もなく怒ったり、親の考えを一方的に押し付けてしまうのは我慢して、まずは子どもの言葉に耳を傾けてみる。 何しろ思っている以上に、色々と考えたり、感じ取ったりしているのがこの年齢の子どもたちなのです。 絵本だって、同じです。 その子の絵本の選び方や読み方を尊重してあげてください。 物語や絵に込められたメッセージや楽しみ方を、大人が思うよりもずっと深く受け取っていることがあるのかもしれないのです。 邪魔をしてはいけません。 その上で、大人がもっと子どもたちの楽しめる世界を広げていってあげられればいいですよね。 夢のある話、笑える話、ちょっと怖い話、考える話…様々な種類の物語を!• 読み聞かせの習慣は継続してあげてくださいね。 文字の量だけで判断しないで。 シンプルな絵本でも5歳ならではの楽しみ方があります。 自分なりの読み方を尊重してあげて。 感じたことを言葉にしようとしていたら、耳を傾けて。 選書は子どもが選んだもの、親が選んだものをバランスよく。 時には読む本のジャンルが偏るのもOK!• 幼い頃を振り返って、赤ちゃん絵本を読むこともあるはず。 自分でお話をつくれるようになっているかも……!? 想像の世界を「ありえない事」だとわかっていても、どこかで信じることができる5歳の頃。 もしかしたら、絵本の世界へ入り込める深さはこの時期が一番なのかもしれませんよね。 おおむかし、ある村に、いつも「子どもがほしい、子どもがほしい」と思っている、としよりの夫婦がすんでいました。 おばあさんが悲しんでいると、白いかみの老人があらわれて、ひとつぶのめば子どもがひとり生まれるという小さな丸薬を九つくれました。 おばあさんがその丸薬をのむと、まもなくおなかがふくらんで、ある日とつぜん、九人のあかんぼうが生まれたのです。 その名も、「ちからもち」「くいしんぼう」「はらいっぱい」「ぶってくれ」「ながすね」「さむがりや」「あつがりや」「切ってくれ」「みずくぐり」という変わった名前。 九人が成長したころ、王さまの宮殿で、いちばん大事なはしらが倒れてしまいました。 困った王さまは「はしらをもとどおりにできたものには、のぞみのほうびをとらせる」とおふれを出すのですが…。 () その灯台が立っているのは、世界のさいはてにある小さな島。 永遠に続くようにと建てられ、船を安全に導くために、遠くの海まで光を送るのです。 「……おーい!……おーい! おーい、こちら灯台!」 灯台のあかりを灯し続けるのは灯台守の仕事。 レンズをみがき、油をつぎたし、ランプの芯を切りそろえる。 レンズが回り続けるように、ぜんまいをまき、些細な事も全て灯台日誌に書き綴る。 360度見まわしても海ばかり。 上へ上へと続く建物の中は全て円形。 らせん階段で塔内を移動し、聞こえてくるのは風の音。 こんなところに人が暮らすなんて! でも100年程前までは、本当に灯台守は灯台に住んでいたのです。 ひとりで、あるいは相棒と、あるいは家族と。 () いずみがもりの木の上には、みんな、からすのうちがあり、 その中くらいの木に「からすのパンやさん」のお店がありました。 そして、その「からすのパンやさん」のうちに四羽のあかちゃんが生まれました。 オモチちゃん、レモンちゃん、リンゴちゃん、チョコちゃん。 お父さんとお母さんは、優しく大事に育てました。 でも、彼らのおうちはパンやさん。 とにかく忙しいのです。 朝早くから起きて、パンを作り、お店の掃除をし、お客さんにパンを売り。 その合間にあかちゃん達をあやしたり、抱っこしたり。 おっぱいをあげたり、おしめをとりかえたり。 そのうちに、お店がちらかってきて、お客さんも減っていき…とうとう貧乏になってしまいました。

次の

絵本のおすすめ人気ランキング20選【絵本ディレクター監修】

性 きょう いく 絵本

このホームページに、新しく「鳴門教育大学附属幼稚園の保育カンファレンスより」と「絵本を乳幼児と楽しむ」のコラムを立ち上げることにしました。 いずれも、私のライフワークです。 長年、幼児教育の分野で歩んできましたが、少子化が進行する中で、「子どもの立場に立つ」「子どもの視点で考える」という大人は少なくなり、社会的にもその存在は「少数弱者」となりつつあるように思われます。 このコラムでは、出来るだけ「子どもの視点に立つ」ことを考えて行きたいと願っています。 今回の大会は新型コロナウイルス感染症の影響で「開催期間に会場には参集しない」という形式になりました。 自主シンポジウムの内容は、日本保育学会第73回大会論文集(CD-ROM)(J-21〜J-22)に掲載されていますが、当日、配布予定のとが配布できませんでした。 そこでこの二つの資料を公開します。 「」を、新しく掲載しました。 私は北京師範大学珠海分校に教授として赴任(2006年9月〜2007年2月)していたことがあります。 その折、経験した中国の大都市のモデル幼児園と教育大附属幼稚園との比較で見えてきたことを「教育課程」を中心に述べてみました。 2020年度の講演予定を更新しました。 しかし、新型コロナウイルスの影響により、開催はすべて不確定です。 また、すべて一般向けではありません。 「」を、新しく掲載しました。 幼稚園で行われているカンファレンスの中から、印象的であった問題点をいくつかに絞ってまとめてみました。 を新しく掲載しました。 近年の国際学力テストで、日本の子どもの「読解力の低下」がささやかれていますが、この問題は国語の読解力だけではなく、人々の暮らしの多様性や異質なものを読み解く力の不足を表しているように思います。 に、同志社大学「赤ちゃん学」(2019年度)の授業概要を掲載しました。 赤ちゃんが図書館に当たり前のようにやって来ることが、幼児・小学生・大学生の「赤ちゃん像」形成に、どのような影響を与えるかを考えて見ました。 第22回絵本学会大会において、「あかし保育絵本士」養成講座の一年間の実践から得られた研究データを発表しました。 この発表は下記の4名の連名発表ですが、ここでは佐々木宏子の発表レジュメのみ掲載します。 この内容は、2016年7月に東京大学・伊藤謝恩ホールで行われた講演記録です。 この中には、佐々木宏子とクーリングさんの対談も含まれています。 クーリングさんは、自分がなぜ「赤ちゃんと絵本」に関わるようになったかを、ユーモアを交えて語っています。 また、「子どもに良い本とは何か?」の問いに「子どもが楽しんでいて、反応しているものであれば、それがその子にとっての良い本なのです」と明快に言い切っています。 注文は、NPOブックスタートへどうぞ。 (2018年冬号/第69号)の特集「たべもの絵本」で、「たべもの絵本と幼い子どもたち」のコラムを担当しました。 絵本が絵本を飛びだして、遊びや生活を動かすという、子どもと絵本の生き生きとしたエピソードを紹介しています。 どうぞ、ご覧ください。 「絵本 BOOK END」 絵本学会機関紙 2015 の「特集1 赤ちゃん絵本とブックスタート」において「赤ちゃんと絵本で遊ぶ」を執筆しましたが、このたびを掲載します。 これは、2016年 7月 9日(土)にウエンディ・クーリング(Wendy Cooling)さんと対談(Bookstart Japan主催)をしたときに準備をしたもので、少し修正を加えたものです。 鳴門の春 自宅の近くにある「鳴門ウチノ海総合公園」です。 ウオーキングには最適の場所です。 週末以外は静かで、マイガーデン(ウチノ公園)と称しています。 Copyright(C)2005-2019 Sasaki Hiroko All Rights Reserved.

次の