痛風 予防 食べ物。 痛風を自力で治す方法!病院に頼らずに自分でできる改善策10選。

痛風とは?仕組みや原因、セルフチェック、痛風を予防する方法

痛風 予防 食べ物

「高尿酸血症」とは?痛風の原因 昨今の食事をはじめとした生活様式から考えると、痛風は一部の人だけがなる病気ではなく、誰でもかかる可能性が高い病気だと言えるでしょう。 ここでは痛風の前段階でもあり原因にもなっている「高尿酸血症」についてお伝えしていきます。 高尿酸血症になりやすい理由 高尿酸血症になりやすい理由として言われていることは、 ・食べ過ぎ ・飲み過ぎ ・運動不足 ・メタボリックシンドローム(通称「メタボ」) ・高血圧 ・糖尿病 ・ストレス など、一般的には「生活習慣」によって起こることだと言えます。 1 食べ過ぎ 食べ過ぎといっても、バランスよく栄養を取っているのなら問題ありません。 この場合の食べ過ぎとは「動物性脂肪」「高エネルギー食」の食べ過ぎを指しています。 厚生労働省が数年おきに調査している結果では、総摂取エネルギーに占める脂質の割合が増えているという数値も発表されています。 特に20歳から40歳代の摂取量が適正量を超えています。 2 飲み過ぎ 飲み過ぎとは主に「アルコール」による飲酒です。 飲酒は若い世代では習慣になっている人が減っています。 しかし、すでに飲酒習慣のある人の場合は、なかなか減らすことが難しく生活習慣病のリスクとなる量を飲酒している方もいらっしゃいます。 3 運動不足 都会では車は必要ありません。 それは電車やバスといった交通網が充実しているからです。 地方では車がないと生活できません。 それは歩いていけるところにスーパーなどがないからです。 このように現在の日本では、都会であっても地方であっても、自分の足を使って歩くことが減っています。 ということは、1日に消費するエネルギーが少なくなっているということです。 でも、食べる量や飲酒の量は、大きく減少してはいないはず。 そのため体の中で消費しきれないエネルギーが余ってしまい、生活習慣病の原因を作っていることも少なくありません。 4 生活習慣病 ・メタボリックシンドローム(通称「メタボ」) ・高血圧 ・糖尿病 これらは生活習慣病から起こる症状です。 そして生活習慣病は、ここまでにお話したように、 食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足から起こりやすくなります。 5 ストレス 何かと失敗が許されにくい世の中です。 そして社会環境が便利になるいっぽうで、複雑な仕組みができあがっていることもあります。 また、働き方改革が叫ばれている昨今、仕事と家庭におけるストレスも少なからず毎日受けていることは間違いありません。 このようなストレスも、一時的に受けるだけなら私たちは上手く対処できるでしょう。 しかし、生活習慣の中で受け続けると上手く対処できず、神経系へ影響が起こり、その結果として「暴飲暴食」「運動せずに暮らす」という負のサイクルに入ってしまうこともあります。 尿酸が増えるとどうなるの? 健康な人の体にも尿酸はあります。 尿酸は悪者ではなく、私たちの体を守ってくれている役割もあります。 しかし尿酸が適量を超えて増えすぎると「高尿酸血症」を引き起こし、痛風を患う可能性が高まります。 では、どのような原因で尿酸が適量を超えてしまうのでしょうか。 理由は尿酸を作り出す物質である「プリン体」にあります。 プリン体とは、私たちの体を作っている細胞の中核にある「核酸」が分解するときに生み出されます。 この動きからわかることは、細胞が新陳代謝を繰り返した結果「尿酸」が生み出されるということです。 また、プリン体は食べ物からも摂取しています。 代表的なものは「ビール」「レバー」など。 食事から摂取したプリン体も最終的に尿酸になります。 このように作り出された尿酸、一般的には排泄されることで体内に残っている量を調整します。 しかし何らかの原因よって排泄量が低下すると、体内の尿酸があふれてしまい、関節などで尿酸塩として結晶になります。 その結果、炎症が起こり痛みも引き起こされ「痛風」となります。 痛風への進行とは 痛風は激しい痛みを伴います。 しかし最初から痛みを感じることはありません。 痛風には大きく分けて3つの進行時期があります。 1 無自覚な時期 体の中では尿酸があふれています。 しかし自覚症状はありません。 この時期を「無症候性高尿酸血症期」と呼びます。 まったく痛みもありませんので、健康診断や検査を受けていないとわかりません。 2 痛風発症期 ある日突然激痛が走ります。 主に足へ痛みが出ることが多いため、歩くこともままなりません。 床に触れただけでも痛いので、外出などは難しいでしょう。 しかし、2週間くらいすると痛みが治まります。 そして、痛みが治まったので「もう大丈夫」と思い、病院へ行かない方もいらっしゃいますが、尿酸があふれている状態が治ってはいません。 治療をせずに放っておくと、そのうち激痛が戻ってきます。 3 慢性結節性痛風期 治療をせずに放っておいた方がなります。 痛みが慢性化し、関節部分にゴツゴツとした「こぶ」のようなものができることもあります。 ここでは必ず治療に進んでいただきたいのですが、もし放置されたなら合併症を引き起こす可能性が高くなります。 尿酸値と痛風が起きたときの対策 痛風が起きたとき、どのような対策や対処をすれば良いのか見ていきましょう。 知っておきたい応急処置 突然の激痛がやってきた場合、まずは近くに家族や知人がいるかどうかを確認しましょう。 助けが借りられそうなら病院へ連れて行ってもらうのが正しい判断です。 しかし、自分一人のときに激痛がやってきたら、、、大変困ります。 そんなときは次のステップを思い出して対処してみてください。 1 靴下を脱ぎましょう 2 ビニール袋を用意します 3 用意したビニール袋へ氷や水を入れます(保冷剤でも可) 4 患部を冷やします 5 冷やしながら患部を心臓より高い位置にして横になります 6 痛みが落ち着いたら、タクシーを呼んで病院へ向かいましょう 痛みが出たときにやってはいけないことは、お酒を飲むことです。 また近くにあった市販の鎮痛薬を使いたくなりますが、成分によっては悪化させてしまうこともあります。 まずは患部を冷やして痛みを落ち着け、病院へ向かうのが安心できる方法です。 医師の元で治療方針を決めよう 医師に相談して治療方針を決めましょう。 尿酸があふれる原因には ・尿酸が過剰に作られている場合 ・尿酸が排泄されにくい場合 2つがありますので、どちらのタイプかを見極めることが大切なのです。 その後、 ・痛風の発作がどれくらいあるのか ・こぶが出来ているのか ・合併症があるのか などを検査し、どのような治療をするのか決めていきます。 痛みには薬物療法 痛みが出ると何もする気がおきなくなります。 そしてこのような発作が続くと仕事にも暮らしにも影響が出てきます。 そこで痛風にはお薬を使った治療が用いられることがあります。 薬物療法を行うことで、少しずつ痛みを押さえながら尿酸値を下げていくことができるようです。 薬物療法は発作の痛みをやわらげることができるので、普段の仕事や暮らしへの影響を減らすこともできるでしょう。 尿酸値を下げるお薬もある 痛風の原因でもある尿酸値を下げるお薬もあります。 医師から処方される必要がありますが、お薬を上手に使っていくことで本格的に治療を進めることができます。 主に3~6ヶ月で調整しながら進めるようなので、すぐ痛みから解放されることはありませんが、再発防止のためにもしっかり時間をかけて治療に専念してもらいたいと思います。 尿酸値と痛風、怖いのは「合併症」 痛風の痛みで命を落とすことはありません。 しかし尿酸値が高いままの生活を続けると、他の部分に良くない影響が出てくることがあります。 こんな合併症がおこることも 尿酸値が高いままだと、次のような合併症を引き起こす可能性があります。 ・糖尿病 ・高血圧 ・脂質異常症 ・動脈硬化 ・脳梗塞や脳出血 ・心筋梗塞や狭心症 ・尿路結石 ・腎不全 どれも命に関わる症状です。 また、どれも食事制限のある症状でもあります。 そしてこのような症状は、どれか一つだけで終わることはあまりありません。 2つ3つの症状が同時に起こり、治療にも時間と根気が必要になってきます。 やっぱりメタボは何とかしたい そこで合併症を患わないためにも、尿酸値を抑えるためにも、私たちが予防できることはというと「メタボリックシンドローム」を何とかすることだと思います。 通称「メタボ」は内臓脂肪が原因で起こりやすくなります。 そのため必要でない脂肪を溜めないような生活習慣を心掛けることが一番。 もし健康診断で「メタボ」と指摘されたとしたら、放っておかずに今すぐ ・食べ過ぎ ・飲み過ぎ ・運動不足 を解消するように考えましょう。 そして、できるだけ1日の中で気持ちを切り替える時間を持ち、ストレスを解放するようにすることも忘れてはいけません。 高血圧にも要注意 合併症の中でもっとも怖いのが「高血圧」です。 というのも高血圧は様々な病気を引き起こす原因になりやすく、体のあちこちに影響を与えることが多いためです。 このような高血圧ですが、国民病と呼ばれるくらい患者数が増えています。 厚生労働省の推計によると 高血圧症の人が約4300万人。 正常高値血圧の人(高血圧予備軍とも言えます)を合わせると、約5500万人いるということです。 少なくても年に一回の健康診断は受けておきましょう。 尿酸値を下げるためにできること 私たちができる尿酸値を下げる方法として有効なのは、食生活を整えることです。 大切なのは食生活 メタボを予防する有効な方法として最初にできることは、食生活を整えることです。 バランスよく食事をすることで、メタボを予防し尿酸値を抑えることにも良い影響を与えることができるはずです。 ・早食い ・不規則な食事 ・暴飲暴食 まずは、こういった部分から整えるのが良いでしょう。 ・朝食抜きはNG ・かまずに食べるのもNG ・満腹になるまで食べるのもNG ・寝る3時間前には食事を済ませる こういったことに注意するのも大切です。 また外食が多い人は ・揚げ物は避ける ・丼物も避ける これだけでもかなり整ってきます。 賢く取りたい栄養バランス 痛風の原因となる「プリン体」は多く取らないのがベストです。 ・干し椎茸 ・鶏のレバー ・煮干し ・エビ ・かつお ・牛レバー などは控えめにしておきましょう。 反対に私たちの体を作る栄養分である「たんぱく質」は取りましょう。 ・牛肉 ・豚肉 ・鶏肉 ・大豆 ・卵 などをバランスよく取ることで栄養不足になるのを防げます。 食べる順番にもひと工夫 食生活を整えるためには、食事の内容以外にも重要なポイントがあります。 それは食べる順番です。 健康的な順番としては 1番:汁物 2番:副菜 3番:主菜 4番:主食 いきなり「ご飯」「麺類」から手をつけないように意識しましょう。 また、満腹になるまで食べるのではなく、腹八分目を守ることも大切です。 尿酸値と痛風の対策まとめ 痛風は普段の食生活を整えることで予防することができます。 また、痛風になったとしても食生活を整えることは治療に必要なことでもあります。 それだけ食事の内容は私たちの健康に大切だということでしょう。 でも、毎食栄養成分を計算したり、気をつけたりして食事を作るのは大変です。 そこで週に2~3度、栄養バランスを考えた配食を検討されてみてはいかがでしょうか。 私たち「」では、原材料からこだわった栄養バランスの優れた食事を、あなたのお家までお届けしています。 今ならなので、簡単気軽にお試しいただけると思います。 ぜひ一度試してみてください。

次の

痛風 食事 ダメなもの一覧【早見表】

痛風 予防 食べ物

健康診断を受けたさい、尿酸値が基準値(1デシリットル当たり7. いわゆる、痛風の初期段階です。 本格的な痛風の発作を防ぐためには、尿酸値を下げることが何より肝心。 必ず専門医に診てもらい治療を受けてください。 尿酸値を下げるには病院での治療に加えて、自分自身でも生活習慣の改善が必要です。 この記事では尿酸値を下げる可能性がある食品について、専門医の谷口敦夫先生に話を聞きました。 ここでは、乳製品を取り上げていますが、もちろん乳製品だけをとれば必ず尿酸値が下がるわけではないので、その点はご理解をください。 尿酸値を下げるには、プリン体の「多い食品」「少ない食品」を理解しよう 尿酸を減らすための基本はなんといっても食生活です。 中でも気をつけるべきは、尿酸を増やす原因として有名なプリン体の摂取でしょう。 プリン体の多い食品と少ない食品については、下の表を参考にしてください。 実は、食事で体内に吸収されるプリン体は食品全体の10〜20%であり、体内で生成される分量より少ないことがわかっています。 そのため、過度に神経質になる必要はありませんが、尿酸を減らすためにはやはりプリン体のとりすぎはいけません。 上の表を参考に、食品ごとに含まれる量を把握して1日の摂取量が400ミリグラム以下になるように気をつけましょう (日本痛風・核酸代謝学会 「 高尿酸血症・痛風のガイドライン第2版」より)。 尿酸値を下げるには大豆食品や海藻、キノコなどアルカリ性食品がおすすめ 尿酸値を下げるには、尿をアルカリ化してくれる食品の積極的な摂取も大切です。 健康な人の尿はpH6. 0付近の弱酸性に保たれています(ph7が中性)。 しかし、体内に尿酸が多く、高尿酸血症・痛風腎・尿路結石などを患っている人は ph5. 5以下の酸性になりやすい傾向があるのです。 尿酸は、尿が酸性の状態では溶けにくく、かたまりやすくなります。 そのため、尿酸値が高い人は、アルカリ性の食品をとって尿を弱酸性の状態へ戻すのがすすめられます。 尿酸値を下げるためにおすすめの、代表的なアルカリ性食品には、ヒジキやワカメ、コンブといった海藻類や大豆、ゴボウ、サツマイモ、サトイモ、キノコ類があげられます。 これらの食品には、プリン体の含有量も少ないため、まさに尿酸値を下げたい人にもってこいといえるでしょう。 尿酸値を上げやすい食品はプリン体が多い酸性食品。 レバーは要注意 尿酸値を下げる食品としておすすめしたいのが、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品です。 これらの食品は、プリン体が少ない点からもすすめられます。 アメリカのマサチューセッツ総合病院リウマチ科のヒョン・コワ博士らが行った調査によると、牛乳とチーズなら1日当たり計量カップ1杯(200ミリリットル)以上、ヨーグルトなら0. 5杯(100ミリリットル分)以上摂取していた人は、尿酸値が有意に低いことがわかりました(下のグラフ参照)。 また、乳製品をよくとっていた人は、痛風の発症リスクも低減していました。 牛乳はカゼインとラクトアルブミンなどの豊富なたんぱく質を有しており、しかもプリン体の含有量も少なくなっています。 このことが尿酸値を下げるために役立ち、尿酸の排出をスムーズにしてくれるのではないでしょうか。 尿酸値を下げる食品として、低脂肪牛乳を200ミリリットルとろう このように、尿酸値を下げる可能性がある乳製品ではありますが、カロリーや脂肪分が気になる人もいるかもしれません。 実際、肥満と尿酸値との間には密接な関係があり、太っている人ほど尿酸値が高く、減量するにつれて尿酸値が低くなることが知られています。 そのため、毎日とる乳製品としておすすめなのは、低脂肪乳です。 低脂肪乳でも通常の牛乳と同様、あるいはそれ以上の作用が得られると考えられます。 1日当たり200ミリリットル以上を目安に毎日とりましょう。 なお、牛乳を飲むとおなかがゴロゴロして下痢が起こる乳糖不耐症の人は、牛乳や低脂肪乳ではなく、乳糖が分解されている低脂肪ヨーグルトであれば大丈夫な場合があります。 いずれにせよ、高尿酸の人、痛風の人は病院で適切な治療を受けつつ、尿酸値を下げる食品を意識的にとるようにしてください。 この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

次の

痛風の食事療法、尿酸値を改善する食べ物や食べ方などの対策大全

痛風 予防 食べ物

Contents• 足の親指付け根が痛い。。 ある日突然激しい痛みが関節を襲い、歩くことや靴を履くことすらできない。 その痛みはトラウマになる人がいるほど。 このような激痛で襲ってくる痛風ですが、具体的にはどのような病気なのでしょう。 痛風は、血液に溶けきれなかった『 尿酸』が、関節や組織で結晶化し炎症を起こすことで発症する病気です。 特徴として、ある日突然足の関節などが激痛に襲われ数日間痛みが続く痛風発作があります。 尿酸は、体内でプリン体から生成され、血液に溶けて運ばれ尿に混じって対外へ排出されます。 通常では、一定の量が生成され、一定の量を排出することで体内の尿酸の量のバランスを保ちます。 しかし、尿酸の生産が過剰になるか、排出量の減少、またはその両方が起こると体内の尿酸の量が増えていきます。 こうして量が増えると、血液に溶けきることができない尿酸が出てきます。 その結果、血液に溶けなかった尿酸が関節などに留まり結晶化、痛風発作として発症します。 そのため痛風において注目すべきなのが、血液に含まれる尿酸の値である『 尿酸値』です。 この尿酸値で基準となるなのが 7. また、 この7. 高尿酸血症は自覚症状のない病気ですが、尿酸値が改善されないままですと、尿酸の結晶化は進み痛風発作として痛風を発症します。 痛風発作には、足の裏の痺れや足の指に鈍痛、違和感といった初期症状を自覚できる場合があります。 しかし多くの場合は、ある日突然襲われる激痛で初めて痛風という存在を認知します。 痛風は、発作に至るまでなかなか自覚することが難しい病気なのです。 痛風発作は足の関節、特に足の親指のつけ根の関節で起こることが多いです。 そのため痛みで歩くことや靴を履くことができず、外出できなくなります。 突然襲ってきた激痛ですが、実は数日後には痛みが嘘だったかのように収まります。 しかし、痛みが静まったからといって治ったわけではありません。 放置すると確実に悪化していき、より重度な痛風発作がまた訪れます。 濃度が高いままの血液中の尿酸は、様々な箇所で結晶化し大きくなっていきます。 すると次第に、発作の箇所や感じる痛み、頻度が増えていきます。 それだけではなく 生活習慣病や、 尿路結石、 腎不全といった合併症への恐れもあります。 痛風は絶対に放置してはいけない病気です。 そのためには、今から痛風改善のための行動が必要なのです。 肥満度と尿酸値は比例することが多く、痛風発症者の6割以上が肥満であり、また痛風患者もなりやすい合併症の1つです。 肥満による内臓脂肪の増加は、尿酸の生産を促進させます。 また、内臓脂肪の増加は腎臓の機能を低下させ尿酸の排出量の減少にも作用します。 肥満でなくても、普段から食事の量が多いのも痛風の原因になります 尿酸に分解される体内のプリン体は、 食事からの摂取が 20%、体内生産が 80%程度です。 食べる量が多いとその分摂取されるプリン体も多くなりがちです。 そこに、体内生産されたプリン体も合わさり、尿酸の生成が過剰になります。 なので、食べ過ぎの食事が続くと尿酸値も上昇していき痛風へと繋がります。 アルコールには、 尿酸の生成を促進させる作用があります。 それだけではなく、腎臓の機能を低下させ尿酸の対外への排出量を減少させます。 飲酒をすると尿酸の過剰生産と排出の減少が同時期に起こり、尿酸値が急激に上昇するのです。 このため飲酒をした翌日に痛風発作が起こることは珍しくなく、痛風発作の引き金として痛風への直接的な要因とされています。 最近ではプリン体が入っていないビールなどもあります。 しかし、飲酒自体が痛風に多大な悪影響を与えてしまいます。 運動不足は先に述べたような肥満になりやすいです。 また、運動不足によって筋肉が衰えると血行が悪くなってしまいます。 血行が悪くなると、腎臓の機能が低下し尿酸の排出量の減少にも繋がります。 ストレスからの心身の緊張時間が増加することにより、エネルギーの消費量も増加し尿酸の生成が促進されます。 またストレスは、ホルモン分泌を変化させ 尿酸の排出量の減少にも影響があるとされてます。 さらに、ストレスは暴飲暴食にも繋がりやすく痛風に大きな悪影響を及ぼします。 痛風を自力で治したい!自分でできる痛風改善策10選。 突然襲ってきた激痛ですが、数日後には嘘だったかのように痛みがなくなります。 しかし、だからといって治ったわけではなく、そのまま放置していると、さらに重い症状が襲ってきて改善しない限り繰り返すことになります。 そうならないためにも、自分でできる痛風改善を行っていきましょう。 また、枕やクッションに乗せるなどをして患部を心臓より高くして安静にしましょう。 ただし、主成分として アセチルサリチル酸を配合しているアスピリン系の鎮痛剤は返って症状を悪化させてしまうので注意してください。 また、病院で受診している場合には、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が処方されますのでこちらを服用します。 医師の指導する用法用量をしっかりと守ることを忘れないでください。 そのため、高カロリーの食品や食べすぎといった食習慣の見直しが、痛風の改善に繋がります。 コンビニや外食で扱う食品は、見た目や味を重視しカロリーが高い傾向です。 可能な限りコンビニや外食の利用回数を減らしましょう。 また、食べ過ぎる人は一口における時間が短く量が多い傾向があります。 食事時間や噛む回数を増やしたり一口の量を減らすなど、 早めに満腹する工夫をして食べる量を減らしていきましょう。 ただし、張り切りすぎて過度な運動にならないよう注意してください。 過度な有酸素運動は、尿酸の生成を促進させてしまう無酸素運動と同じ状態になってしまいます。 無理なく適度な運動を継続させましょう。 また、水分補給しないまま汗をかくと尿酸を排出する尿の量が減ってしまいますので、こまめな水分補給を欠かさないようにしてください。 痛風対策のためにも、たっぷり睡眠できる時間の確保をしてください。 プリン体の多いビールから焼酎や日本酒への変更は痛風への改善にはなりません。 痛風を改善するためには、禁酒が必要です。 ただ、急な禁酒は返ってストレスの原因、痛風の悪化に繋がる恐れがあります。 無理のない範囲で休肝日を設定し、 徐々に飲酒の量や機会を減らしていき禁酒に繋げましょう。 尿酸は酸性の液体に溶けにくい性質があるため、尿のアルカリ化でより多くの尿酸の排出が痛風改善に繋がります。 そのために 野菜や海草といったアルカリ食品を積極的に摂取するようにしましょう。 また、野菜や海草に含まれる食物繊維は、余分な脂肪の排出も促し肥満の改善にも繋がります。 体調を崩さない範囲で積極的に飲むようにしましょう。 ただし、砂糖の入っているものは尿酸の生成を促進させ、返って痛風悪化に繋がるので無糖のものを選びましょう。 販売サイト: 主要成分のサポニンは、血行を良くすることで腎機能を活発にし、 尿酸を排出するための尿の生産を促します。 また、内臓脂肪をつきにくくすることでの肥満の抑制も期待できます。 その他にも、痛風と併発しやすい合併症の予防に役立つ成分が配合されています。 他の改善策とは異なり費用はかかりますが、毎日の食事だけで痛風に効果的な成分を摂るのは難しいです。 こういったサプリメントを活用して効率的に痛風の改善をしていきましょう。 他にも、痛風の予防・対策に有効なサプリメントをこちらの記事で紹介しています。 また、 腎臓に尿酸が溜まるのも防いでくれます。 水やお茶といった無糖でカロリーの無い飲み物を、1日2リットルを目安に摂取するようにしましょう。 患部を揉みほぐすと、 返って痛みが増すなど症状が悪化する恐れがあります。 痛風発作が起こったら、前述のように冷やすだけにして安静にしましょう。 プリン体は体内で尿酸に分解されます。 尿酸値が高い状態で、尿酸の基となるプリン体を多く摂取するとその分痛風の悪化に繋がります。 痛風の改善には、尿酸値を7. 尿酸値が7. なので、痛風悪化の直接の原因ではありませんが、尿酸値の上昇の要因となるプリン体の多い食べ物は避ける必要があります。 自力で治すよりも、発作が起きたらすぐに病院へ! ご紹介した改善策でそのまま痛風を治ししまう人もいるかもしれません。 しかし痛風は、下げたまま尿酸値を長期間維持することで徐々に尿酸結晶が溶け治っていきます。 そのため、多くの場合は再び痛風発作が起きます。 痛風発作が起きたら、すぐに病院で受診し、薬の処方や指導を受けることをお勧めします。 病院での検査内容は、痛風発作が起きたか起きていないかによって異なります。 また、高尿酸血症の人が併発しやすい合併症を調べるために心電図や内臓の超音波検査も行います。 合併症が確認されなければ、食事療法や飲酒制限といった生活指導で改善を図ります。 X線検査は、痛風には似た症状を持つ別の病気が多くあり、その判別として行う検査です。 痛風であることがわかれば、尿酸クリアランス検査を行います。 尿酸値上昇が原因である痛風には、尿酸が過剰に生成されるタイプ・尿酸が排出されにくいタイプ・その両方のタイプの3つのタイプに分けられます。 尿酸クリアランスは、痛風がどのタイプかを判別するために行う検査です。 検査後は、痛風発作により痛みがある期間に服用する発作を抑える薬と、痛みがなくなっている期間に服用する尿酸値を下げる薬が処方されます。 まとめ 痛風を治すには、尿酸値を下げて維持し続けることです。 尿酸値は一時下がっただけではほとんど意味がありません。 そのためご紹介した改善策は一時的に行うのではなく、生活習慣として組み込むようにしてください。 痛風の治療には継続していくことが最も重要です。 ライター紹介 メンズクエスト編集部 メンズクエスト編集長:アベル 2018年 日本健康マスター検定エキスパートコース合格 メンズクエスト編集長のアベルです。 体脂肪25%から9. 6%までに肉体改造をしたことをきっかけに、その時に実践した食生活、筋トレのことなどの情報をまとめようと思ったのがきっかけでメンズクエストを立ち上げました。 もともと容姿や体型にコンプレックスがあり、カッコよくなりたいという気持ちが人一倍強く、女性にモテるにはどうすればいいかという事にとても敏感。 現在は原宿に住みながら、「カッコイイ男」を目指すための、メンズ美容、ファッションや髪型についての最新情報を常にアンテナを張ってリサーチしています。 また、カッコよくなるには健康であってこそという考えから、2018年、日本健康マスター検定エキスパートコースを受験し、合格。 食生活、運動、睡眠といった正しい健康に関する情報、知識を取得しました。 最新の正しい健康情報を見極めて記事を監修しています。 カッコいい男性を日本中に増やすべく、これからも役立つ情報を発信していきます。

次の