スイッチ ライト 中古。 【入荷情報更新中】ニンテンドースイッチライト 定価で在庫あり!店舗・通販の再販ナビ

ニンテンドースイッチ|中古通販のネットモール(ハードオフ公式サイト)

スイッチ ライト 中古

スポンサーリンク ニンテンドースイッチ中古本体はデメリットだらけ(最終的には高い買い物になります) ゲーム好きな人なら誰でも一度は考えたことがあるかもしれません 「少ない予算で、いますぐニンテンドースイッチが欲しい」 「少しでも本体にかけるお金を節約してその分をゲームにまわしたい」 そんな時に考えること、それは 「ニンテンドースイッチ中古本体を選べば少しでも出費を減らすことができるのではないか?」 そんな疑問に対して、今回、ニンテンドースイッチ中古本体を買うべき理由(メリット)と買わない方が良い理由(デメリット)について分析してみました いま悩んでいる方は是非参考にしてみてください ニンテンドースイッチ中古本体がおすすめできる理由(メリット) 中古ニンテンドースイッチ本体は新品より約1万円安い [amazon] 中古のニンテンドースイッチ本体を選ぶ理由のぼほすべてが、値段が安いことにつきます。 どのくら安いかというと中古本体の個体差にもよりますが付属品全部付き中古品で最低価格は23,000円くらいからとなっています。 新型ニンテンドースイッチの実勢価格が約33,000円くらいなので、ざっと1万円の価格差が新品と中古品ではあるというわけです。 [amazon] たった1万円と思う方もいるかもしれませんが、 新品のゲームソフトがだいたい5,000円から6,000円平均ですので、中古のニンテンドースイッチ本体を選べば、その差額でおよそ新品ゲーム2本分をソフトを楽しめる予算を捻出できるということになります また、新型ニンテンドースイッチ発売で旧型の中古価格は今後ますます値下げが進むと考えられます。 その理由は旧型から新型への乗り換えが加速することで、旧型の中古本体が市場に出回り、かつ在庫がダブついてくることが予想されるためです。 とはいえ、実は中古ニンテンドースイッチ本体を選ぶメリットはこの価格の安さだけであり、実はこの1万円を節約したことで、これから説明するデメリットを受け入れなければなりません。 これから説明するデメリットが約1万円の節約に値するものとして受け入れられるか否かが中古本体をあえて選ぶ上でのポイントになります。 中古品のデメリットとしては、見た目ではニンテンドースイッチ本体の消耗状況がわからない(わかりにくい)という点にあります。 たとえば ・JoyConコントローラーは消耗品 中古品は実際に使われているため各種「入力キー」もゲームに使われています。 実はコントローラーは実際に使われることで、少しづつ消耗していき、そのうち入力が効きにくくなったりしてくるのです。 ・本体メモリーも消耗品 ニンテンドースイッチ本体には32GBの保存メモリーがあります。 メモリー自体が消耗品という発想はなかなか理解しにくいかもしれませんが、データの読み書きを繰り返し行うことで消耗し、エラーが出やすくなっていきます。 傷や汚れは気にしない!という方なら全く問題ありませんが、スマホにカバーをつけて常に綺麗に維持しよう!という考えと同じように、多くの人がゲーム機とはいえ、スイッチ本体の傷や汚れには気が向いてしまうものです。 よって2017年3月3日に購入されたスイッチの保証期間は2018年3月2日までとなり、既に保証期間が過ぎています。 また、製造日から1年ではなく、購入日から1年というのがポイントであり、前オーナーが購入した日を証明できるレシートや保証書への捺印などがなければ購入から1年未満でもメーカー保証が使えません。 中古本体の場合、まず前オーナーが購入した日付がわかるものは同封されていないケースがほとんどですので、中古本体を購入するということはメーカー保証を受けられないということになります。 少し前に 「中古本体は故障する確率が高い、なぜならゲーム機は消耗品だから」 という話をしましたが、理論上は新品より故障する確率が高い上に、新品購入についてくる保証が効かないため 中古本体が新品よりも約1万円安くても故障すると結果的に修理費で高くついてしまうリスクを秘めています。 任天堂から発表されている修理費の参考価格は以下の通りです ・電源が入らない、画面が止まるなどCPU基盤が故障した場合の交換費用13,200円 ・液晶画面のヒビ割れ、映らないなどによる液晶パネルの交換費用8,800円 ・スタンドの破損1,100円 ・画面タッチパネルが反応しない、バッテリーの交換4,950円 これはあくまでも参考金額ですので、実際の費用は変動する可能性がありますが、修理となると結構な出費がかさみます。 一方で新品のニンテンドースイッチ本体なら購入日から1年間は、故意や不注意による破損を除き一般的な使用による範囲での故障に限り無償修理が受けられるとで記載されています。 中古本体はこれらのリスクを踏まえた上での購入が必要となるわけです。 [amazon] 旧型のテレビ出力できる付属品がそろった本体の実勢価格は約23,000円という話をしましたが、新型のニンテンドースイッチライト(テレビ出力はできない)の新品実勢価格は約22,000円となっており 機能差はあるものの、新品と中古で値段が逆転している状態です(2019年10月時点) となると、携帯ゲーム機としてのみ使用を想定している方は、あえて中古本体を選ぶ必要が薄れてしまいます。 実は省電力設計になったメリットはバッテリー持続時間の拡大だけでなく 本体が熱くなりにくいという発熱防止にも役立っているのです。 つまり旧型の中古本体の方が新型よりも熱がこもりやすい本体である、ということが言えます。 熱がこもるとスイッチ本体の熱暴走にもつながりますので [amazon] 旧型の中古スイッチを選んだ場合、追加で熱対策が必要になる可能性もあります。 バッテリーの持ちは新品時と比べると必ず落ちている状態だと思いますので、バッテリーがすぐに切れてしまったりなど、使い勝手の面で問題が出てくる可能性があります。 また、中古のニンテンドースイッチ本体は2017年に発売された初期型ニンテンドースイッチの場合が多いです。 2018年に新型ニンテンドースイッチが発売されてバッテリー時間が大きく改善されています。 旧型ニンテンドースイッチ:約2. 5~6. 5~9. 0時間」 よって、そもそも中古でバッテリーが消耗してヘタっている上に、最新のニンテンドースイッチよりもバッテリーの持ち時間が短いものを中古本体の場合は選ぶことになります。 もちろん、で書いている通り、新型、旧型ニンテンドースイッチ本体を見分けた上で「新型の中古ニンテンドースイッチを選ぶ」という方法もありますが、結構ハードルの高い話になります。 もちろん、バッテリー切れの対策としては下記の記事でも書いていますが、「バッテリーを伸ばす方法」もあります。 しかし、できれば中古のニンテンドースイッチ本体で消耗したバッテリーではなく、新品のニンテンドースイッチ本体を購入すべきです。 まとめ というわけで、新品と中古本体のメリットデメリットを比較してきましたが、みなさんはどう感じましたか? 中古本体とはいえ、同じ中古でも個体差が大きいので、もし、ほぼ新品状態の中古スイッチを手にいれることができたなら、それはラッキーだと思います。 しかし、そんな運任せで中古を選ぶのはちょっとリスキーだと思いませんか? [amazon] [amazon] 今回の記事を書いてみて、改めて感じたのは、 初期投資を抑えるために中古本体を選ぶのはリスクが大きすぎる 一度買ったらずっと使うことになるわけですから、お金をかけてでも新品を選ぶべき というのが今回の結論に至りました。 みなさんはどう感じましたか? それでも中古本体を選びたい!購入検討したい!という方は新型、旧型のニンテンドースイッチ本体の見分け方を知っておく必要があります。 中古であってもバッテリー時間が長くなった新型ニンテンドースイッチを選ぶことで、ある程度のリスクは回避できる可能性があるからです。 詳しくはこちらの記事で書いていますので参考にしてみてください。 【関連記事】.

次の

ゲオ公式通販サイト ゲオオンラインストア【新品】Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ: ゲーム

スイッチ ライト 中古

Switch・Switchライト わずかに入荷致しました!! 近くのTSUTAYAにて。 Switch light ザシアンザマゼンタver. 携帯専用ゲーム機「Nintendo Switch Lite」は、2019年9月20日に発売されました。 発売当初はターコイズ、グレー、イエローの3色でしたが、その後ポケモンモデルのザシアン・ザマゼンタとコーラルピンクの2色が追加されています。 「Nintendo Switch Lite」を持ち寄れば、最大8台までローカル通信でつながって、対戦や協力などのマルチプレイが可能です。 また、「Nintendo Switch Online(有料)」に加入すれば、世界中のプレイヤーとオンラインプレイを楽しむことができますよ。 携帯専用なのでテレビに画面を出力して遊ぶことはできませんが、据え置き型ゲーム機「Nintendo Switch」より価格が安くカラーも豊富なので、人気商品となっています。 セット内容 「Nintendo Switch Lite」が発売される2年前の2017年に、据置型ゲーム機「Nintendo Switch」が発売されました。 2019年には、バッテリー持続時間が長くなった新モデルが発売されています。 「Nintendo Switch」は、テレビにつなぎ大画面でじっくりゲームを楽しめる「TVモード」、本体のスタンドを立てJoy-Con(コントローラー)を分け合って遊ぶ「テーブルモード」、移動中などでも気軽にゲームをプレイできる「携帯モード」と、3つのプレイモードがあります。 テレビに接続して遊ぶことができるのはもちろん、本体を持ち出して自由な場所、自由なスタイルでゲームを楽しむことができますよ。

次の

ゲオ公式通販サイト ゲオオンラインストア【新品】Nintendo Switch Lite ザシアン・ザマゼンタ: ゲーム

スイッチ ライト 中古

スポンサーリンク ニンテンドースイッチ中古本体はデメリットだらけ(最終的には高い買い物になります) ゲーム好きな人なら誰でも一度は考えたことがあるかもしれません 「少ない予算で、いますぐニンテンドースイッチが欲しい」 「少しでも本体にかけるお金を節約してその分をゲームにまわしたい」 そんな時に考えること、それは 「ニンテンドースイッチ中古本体を選べば少しでも出費を減らすことができるのではないか?」 そんな疑問に対して、今回、ニンテンドースイッチ中古本体を買うべき理由(メリット)と買わない方が良い理由(デメリット)について分析してみました いま悩んでいる方は是非参考にしてみてください ニンテンドースイッチ中古本体がおすすめできる理由(メリット) 中古ニンテンドースイッチ本体は新品より約1万円安い [amazon] 中古のニンテンドースイッチ本体を選ぶ理由のぼほすべてが、値段が安いことにつきます。 どのくら安いかというと中古本体の個体差にもよりますが付属品全部付き中古品で最低価格は23,000円くらいからとなっています。 新型ニンテンドースイッチの実勢価格が約33,000円くらいなので、ざっと1万円の価格差が新品と中古品ではあるというわけです。 [amazon] たった1万円と思う方もいるかもしれませんが、 新品のゲームソフトがだいたい5,000円から6,000円平均ですので、中古のニンテンドースイッチ本体を選べば、その差額でおよそ新品ゲーム2本分をソフトを楽しめる予算を捻出できるということになります また、新型ニンテンドースイッチ発売で旧型の中古価格は今後ますます値下げが進むと考えられます。 その理由は旧型から新型への乗り換えが加速することで、旧型の中古本体が市場に出回り、かつ在庫がダブついてくることが予想されるためです。 とはいえ、実は中古ニンテンドースイッチ本体を選ぶメリットはこの価格の安さだけであり、実はこの1万円を節約したことで、これから説明するデメリットを受け入れなければなりません。 これから説明するデメリットが約1万円の節約に値するものとして受け入れられるか否かが中古本体をあえて選ぶ上でのポイントになります。 中古品のデメリットとしては、見た目ではニンテンドースイッチ本体の消耗状況がわからない(わかりにくい)という点にあります。 たとえば ・JoyConコントローラーは消耗品 中古品は実際に使われているため各種「入力キー」もゲームに使われています。 実はコントローラーは実際に使われることで、少しづつ消耗していき、そのうち入力が効きにくくなったりしてくるのです。 ・本体メモリーも消耗品 ニンテンドースイッチ本体には32GBの保存メモリーがあります。 メモリー自体が消耗品という発想はなかなか理解しにくいかもしれませんが、データの読み書きを繰り返し行うことで消耗し、エラーが出やすくなっていきます。 傷や汚れは気にしない!という方なら全く問題ありませんが、スマホにカバーをつけて常に綺麗に維持しよう!という考えと同じように、多くの人がゲーム機とはいえ、スイッチ本体の傷や汚れには気が向いてしまうものです。 よって2017年3月3日に購入されたスイッチの保証期間は2018年3月2日までとなり、既に保証期間が過ぎています。 また、製造日から1年ではなく、購入日から1年というのがポイントであり、前オーナーが購入した日を証明できるレシートや保証書への捺印などがなければ購入から1年未満でもメーカー保証が使えません。 中古本体の場合、まず前オーナーが購入した日付がわかるものは同封されていないケースがほとんどですので、中古本体を購入するということはメーカー保証を受けられないということになります。 少し前に 「中古本体は故障する確率が高い、なぜならゲーム機は消耗品だから」 という話をしましたが、理論上は新品より故障する確率が高い上に、新品購入についてくる保証が効かないため 中古本体が新品よりも約1万円安くても故障すると結果的に修理費で高くついてしまうリスクを秘めています。 任天堂から発表されている修理費の参考価格は以下の通りです ・電源が入らない、画面が止まるなどCPU基盤が故障した場合の交換費用13,200円 ・液晶画面のヒビ割れ、映らないなどによる液晶パネルの交換費用8,800円 ・スタンドの破損1,100円 ・画面タッチパネルが反応しない、バッテリーの交換4,950円 これはあくまでも参考金額ですので、実際の費用は変動する可能性がありますが、修理となると結構な出費がかさみます。 一方で新品のニンテンドースイッチ本体なら購入日から1年間は、故意や不注意による破損を除き一般的な使用による範囲での故障に限り無償修理が受けられるとで記載されています。 中古本体はこれらのリスクを踏まえた上での購入が必要となるわけです。 [amazon] 旧型のテレビ出力できる付属品がそろった本体の実勢価格は約23,000円という話をしましたが、新型のニンテンドースイッチライト(テレビ出力はできない)の新品実勢価格は約22,000円となっており 機能差はあるものの、新品と中古で値段が逆転している状態です(2019年10月時点) となると、携帯ゲーム機としてのみ使用を想定している方は、あえて中古本体を選ぶ必要が薄れてしまいます。 実は省電力設計になったメリットはバッテリー持続時間の拡大だけでなく 本体が熱くなりにくいという発熱防止にも役立っているのです。 つまり旧型の中古本体の方が新型よりも熱がこもりやすい本体である、ということが言えます。 熱がこもるとスイッチ本体の熱暴走にもつながりますので [amazon] 旧型の中古スイッチを選んだ場合、追加で熱対策が必要になる可能性もあります。 バッテリーの持ちは新品時と比べると必ず落ちている状態だと思いますので、バッテリーがすぐに切れてしまったりなど、使い勝手の面で問題が出てくる可能性があります。 また、中古のニンテンドースイッチ本体は2017年に発売された初期型ニンテンドースイッチの場合が多いです。 2018年に新型ニンテンドースイッチが発売されてバッテリー時間が大きく改善されています。 旧型ニンテンドースイッチ:約2. 5~6. 5~9. 0時間」 よって、そもそも中古でバッテリーが消耗してヘタっている上に、最新のニンテンドースイッチよりもバッテリーの持ち時間が短いものを中古本体の場合は選ぶことになります。 もちろん、で書いている通り、新型、旧型ニンテンドースイッチ本体を見分けた上で「新型の中古ニンテンドースイッチを選ぶ」という方法もありますが、結構ハードルの高い話になります。 もちろん、バッテリー切れの対策としては下記の記事でも書いていますが、「バッテリーを伸ばす方法」もあります。 しかし、できれば中古のニンテンドースイッチ本体で消耗したバッテリーではなく、新品のニンテンドースイッチ本体を購入すべきです。 まとめ というわけで、新品と中古本体のメリットデメリットを比較してきましたが、みなさんはどう感じましたか? 中古本体とはいえ、同じ中古でも個体差が大きいので、もし、ほぼ新品状態の中古スイッチを手にいれることができたなら、それはラッキーだと思います。 しかし、そんな運任せで中古を選ぶのはちょっとリスキーだと思いませんか? [amazon] [amazon] 今回の記事を書いてみて、改めて感じたのは、 初期投資を抑えるために中古本体を選ぶのはリスクが大きすぎる 一度買ったらずっと使うことになるわけですから、お金をかけてでも新品を選ぶべき というのが今回の結論に至りました。 みなさんはどう感じましたか? それでも中古本体を選びたい!購入検討したい!という方は新型、旧型のニンテンドースイッチ本体の見分け方を知っておく必要があります。 中古であってもバッテリー時間が長くなった新型ニンテンドースイッチを選ぶことで、ある程度のリスクは回避できる可能性があるからです。 詳しくはこちらの記事で書いていますので参考にしてみてください。 【関連記事】.

次の