スピード ラーニング α。 久々の英語学習の取っ掛かりとしてスピードラーニングαに申し込みました。

【全巻・全コース聞き放題!】コスパ最強の「スピードラーニング・α」を紹介!│イングリ!

スピード ラーニング α

英会話の聞き流しアプリ。 英語の後に日本語が流れるので音楽がわりに聞くだけで英語が どんどん身につきます。 旅行、仕事、自己紹介、目的別に選べます。 定番の『スピードラ ーニング』シリーズはもちろん、日本昔話や大統領のスピーチ、トーク番組など。 通勤や 通学、家事の合間にラジオ代わりに聞いてください。 勉強嫌いな人でも楽しく学べる会員 専用アプリです。 シャドーイングに最適でとても勉強になるのですが、時々音飛びがあったりします。 また、スクリプト画面からの操作が全然できません。 英文と日本語訳を見ながら学習する際に、音声操作ができないため一度スクリプト画面から抜ける必要があります。 なんと、横画面表示だとスクリプトを抜けることもできないため、一度縦画面に戻して、スクリプトを抜けて、ようやく再生操作の画面に戻れます。 ものすごく使い勝手が悪いです。 スクリプト画面から再生操作が出来るようにして下さい。 これからも使っていきたいと思っているので何卒改善をお願いいたします。 通常のスピードラーニングよりも教材の内容が幅広く様々なシーンを学習できるようになっているため飽きがないのはいいのですが、アプリ内の教材を使用する中でリピートの再生をする際にリピートしたいものではない内容(一つ前に戻る)が再生されます。 またスクリプトが用意されてるのはいいのですが、シーンごとにスクリプトを表示し直すのが、とても不便に感じました。 リーズナブルな金額で利用及び英語の学習ができることは、とても良いことですが、利用するのに便利になると他の人に勧めやすいです。 正直とても使いづらいです。 改善の程、宜しくお願い致します。

次の

スピードラーニングを使った効果的な勉強法と効果なかった使い方

スピード ラーニング α

スピードラーニングを試した感想 わたしも スピードラーニングを使って、 少し勉強したことがあります。 暇なときに聞いたり、 冊子を追い読みしたりってのを 3ヵ月くらいやってみました。 その結果感じたことが、 ほんの少しはリスニング力が上がったかな? って感じでした。 TOEICのリスニングは ほんのちょっとアップしました。 でも劇的には上がりませんでした。 まぁ本気で気合入れて、 がっつり取り組んだわけではないので、 こんなもんかな という印象ですね。 聞き流すだけで話せるように なるのはきびしいのかなって感じです。 なので、 スピードラーニングを使って 英語のスキルアップを目指す場合は、 次にお伝えする 効果的な勉強法を 参考にしてください。 スピードラーニングを使った効果的な勉強法 あえてスピードラーニングを使って 英語の勉強をするときを想定して、 効果的な勉強法をお伝えします。 スピードラーニングを使って勉強する場合、 このやり方が 最も効率的だと思うやり方です。 前提として、 ただ聞き流すだけではなく、 ガチで勉強する教材として使う という意識で読んでください。 だらだら聞き流していても、 ボーっとテレビ見ているのと同じで、 なにも頭に入りません。 どういう場面のどういう会話なのか? しっかりイメージして、 真剣に聞くようにしましょう。 こういう場面でどういう言葉を使う というのを聞きながら 頭に少しずつ入れていきましょう。 スピードラーニングには、 会話の文章が書いてある冊子が ついています。 音声を聞きながら それを見て、追っかけて発音してください。 追い読みは、 一番効率の良い リスニング勉強法です。 わからない単語や、 熟語表現なども いろいろ出てくると思います。 登場するたびに調べて、 1つ1つ頭に入れていきましょう。 それが効率よく勉強するために 大切なことです。 スピードラーニングで英会話ができるようになるのか? ここからは、 スピードラーニングで勉強するだけで 英会話ができるようになるのか?? ということについて 私の見解をお伝えします。 ただ繰り返しても英語が話せるようにはならない! 学校のお勉強みたいに、 ひたすら繰り返して、 頭にフレーズを叩き込んでいく。 それはそれで、 すばらしいことだし、 大切なことなんですが、 それだけで話せるようにはなりません。 なので、 ただ繰り返し聞いて、 内容を頭に入れるだけではダメ! ってことを認識しておていてください。 英語を話すためには使うのが必須! 結局英語が話せるようになるためには、 日常的に使うようにするしかありません。 アウトプットが大切です。 覚えたフレーズを 日常生活の中で意識して 使いまくるようにすれば、 少しずつ話せるようには なっていくと思います。 なので、 聞き流すだけで話せるようになる っていうのは、 ないかなぁ~って感じです。 スピードラーニングについて結論。 スピードラーニングについての 見解の結論をお伝えします。 使い方次第で英会話力は身につくけど、 聞き流すだけじゃ無理 ですね。 スピードラーニングは 高額な教材なので、 そう簡単に手が出せるものでもありません。 それなら、 もっとリーズナブルに英会話やTOEICの勉強ができる スタディサプリENGLSHがおすすめです。 月額980円で、 使い放題です。 毎月にローソンで からあげ君レッドを買うのを5回だけ ガマンすれば作れる金額です。 リスニング 発音練習 音読 全部練習できます。 最初に英語のレベルを診断して、 レベルに合わせた勉強ができるのもいいですね。 途中でコース変更も簡単にできます。 成果が出るかわからないスピードラーニングに 10万とか大金かけるより、 スタディサプリENGLSH で英語を学ぶ方が リスクは小さいです。 ローリスクで、 かつ気楽に効率的に学びたい場合は、 ぜひスタディサプリENGLSHを チェックしてみてください。 最後に。 以上、 スピードラーニングを使った効果的な勉強法と効果なかった使い方 でした。 スピードラーニングを 持っているならそれを使うのも 全然アリです。 興味あるなら買ってみるのも 全然アリです。 だけど、 値段が高くて躊躇しちゃう もっとお得に学びたい そんな方は、 ムリせずスタディサプリENGLSHを 使いましょう。 どっちを使ったとしても、 しっかり勉強を積み重ねていけば、 ちゃんと成果は出てきます。 ちなみに、 TOEICでいい点とりたいのであれば、 スタディサプリENGLISHの TOEIC対策コース一択です。 スタディサプリENGLISHの英会話コース スピードラーニングは どっちも 英会話に特化してますからね。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 しょうり.

次の

スピードラーニング

スピード ラーニング α

「1回5分からOK!聞き流すだけで英語が話せるようになる!」のスピードラーニングを全48巻買いました。 はじめまして、英会話学校で講師をしている真央と言います。 TOEICは825点です。 もうかれこれ8年くらい英会話の勉強をしています。 そんな私が必ず人から聞かれることは、 「スピードラーニングって本当に英語が話せるようになるの?」 ということです。 効果があるかどうかは口コミや評判を聞く限り、決していいウワサばかりではないように感じるのですが・・・ 「使ったことがないから分からない」と言うのも期待ハズレなので、お金と時間をかけて全48巻に挑戦してみました。 初めて見て「 解説が1つもない!」と驚いたのですが、これがまさかの48巻まで続きました 汗 テキストの中にはCDで読み上げられる英文と日本語訳が書いてあるだけで、単語や文法についての解説などは一切ありませんでした。 単語や文法はあまり気にする必要がないということらしいのですが、やはり聞き流しただけでは理解できないものや、気になることは自分で調べる必要があると思います。 もちろん、聞き流すだけですべて理解できてしまう人や、調べる作業が大丈夫な人には問題ありません。 しかし、解説がほしい人、調べる作業が苦手な人、調べる作業をしたくない人には合わない内容だと思います。 解説や説明がないため、初心者が1から丁寧に英会話を勉強できる内容というよりも、すでに知識がある上級者に適していると感じました。 他の教材に解説や説明があることを考えると、解説や説明がないのは初心者には厳しいと思います。 英語が話せるようになるための特別・特殊な音なわけじゃない 聞き流すだけで英語が話せるようになるという主張のスピードラーニング、買う前は魔法のような教材かと思っていました。 でも実際に使ってみると、今まで私が聞いてきたような普通の英会話のCDでした。 英語が話せるようになるための特別な音や特殊な音を使っているわけではありません。 これだったらスピードラーニングに限らず英語を聞けるCDであれば、何を聞き流しても得られる効果に大きな違いはないはずです。 もちろんリスニングの上達は期待できますが、スピードラーニングは聞き流すだけで英語が話せるようになる特別な教材だと思っている人はガッカリすることになると思います。 大人は聞くことだけで言葉をおぼえることはできない スピードラーニングは聞き流すだけで英語が話せるようになる理由として、「子どもは聞くことで言葉をおぼえる」ということを挙げています。 だけど私たちはもう子どもじゃなくて立派な大人なので、子どもと同じ方法でというわけにはいきません。 まだ言葉を知らない子どもが英語を聞いた場合、脳が英語を英語としてそのまま理解しようとします。 しかし、大人が英語を聞いた場合は、脳が無意識にも日本語を通して英語を理解しようとしてしまいます。 さらには、日本語の語順や日本語の音が頭の中にできあがっているので、素直に英語の音を受け入れることができません。 頭の中がまだ空っぽな状態の子どもと、すでに日本語が話せて頭の中がいっぱいの大人では状況が違い、大人は子どものように自然に言葉をおぼえることはできません。 そして、子どもは生まれてから毎日1つの言語を聞いて、5〜10年くらい親のサポートを受けながらやっと言葉をおぼえていきます。 もし仮に大人が聞き流しで英語が話せるようになるとしても、1日何時間も英語を聞く必要があると思うし、やはり10年くらいかかるのではないでしょうか。 「1回5分からでOK」なんていう少ない時間ではないはずです。 本当に聞き流すだけで英語が話せるようになるのだったらもっと日本人は英語が話せる人がたくさんいると思います・・・でも英語が話せる人ってそんなにいないですよね。 このように考えると、聞くだけで英語が話せるようになる人はかなり限られそうです。 聞き流す人の能力によって効果に大きな差が出てしまう スピードラーニングの広告やCMでは「 効果には個人差があります」という注意書きがされています。 スピードラーニングも自らこのように書いているとおり、これには本当に注意をした方がいいと思いました。 聞き流すだけで、英語を理解できてしまう人には効果があります。 聞き流すだけで、英語を暗記できてしまう人には効果があります。 聞き流した英語を、自分の口から話す力に転換できてしまう人には効果があります。 私はこのように感じました。 つまり、 結局は誰が使うかによって効果に大きな差が出てしまうのだと思います。 すでに英語の基礎がある人や能力が高い人には問題ありませんが、英語の基礎がない人や暗記が苦手な人とかにはちょっと苦しいと感じました。 「聞くだけだからカンタン」とも取れるアピールがされていますが、聞くことはカンタンでも、聞くだけでおぼえることはカンタンではありません。 頭がいい人や勉強が得意な人など聞くだけでできてしまう人には良い教材ですが、そうではない人は良い意味ではない方の個人差が出てしまう可能性があります。 あまりに日常的じゃない英会話の場面も含まれていて上級者向け スピードラーニングで聞く英語には、アメリカ文化を取り上げるという特徴があるので、他の教材と比べて日常的ではない英会話も多く含まれていると感じました。 たとえば、歴史についての内容であったり、宗教についての内容であったりと、あまり日常的ではないものも含まれています。 そのため、これを聞く人のレベルによって役に立つ度合いが変わってくると思います。 基本的な考え方として、英会話の初心者であれば、自分が出くわす場面で使う日常的な英語からおぼえていくのが効率的な勉強法です。 おぼえても使う機会のない英語は使えない英語になってしまうからです。 それに対してすでにこのレベルを卒業した上級者は、いろいろな英語を聞き取る力が必要になります。 英語の上級者には珍しいシーンや文化に関する英会話が役に立ち、それらを聞くことが楽しいとも思います。 実際に私も聞いてみて、ストーリー性があって楽しいと感じました。 だけど、英会話の初心者はよく使う場面の英会話から学んだ方がいいと私は思います。 初心者でも繰り返し何度も聞き流せば聞き取れるようになるとは思いますが、基礎的な英会話と同時にむずかしい英会話も学ぶという内容から考えても、スピードラーニングは上級者に適していると感じました。 視覚的な発音の学習ができない スピードラーニングは月2回の電話レッスンなどを除けば「ただ聞き流すだけ」なので、英語を聞き流すこと以外は特に学習することができない英会話教材です。 英会話の中ですごく大切な発音についても聞くだけでキレイになるとされているため、テキストとCDで発音を具体的に学ぶことができません。 スピードラーニングを聞き続けることで英語のイントネーションやリズムは体がおぼえてくれるようになるとは思います。 でも、肝心な 発音のときの口の開け方と舌の動かし方が視覚的に学習できないから、正しい発音は身につかないと思います。 英会話で発音はすごく大切なので、初心者は発音については他の教材を利用して学習する必要があるかもしれません。 聞くだけで発音を身につけられる人もたしかにいるとは思います。 でもやっぱりそういう人は生まれつきのセンスがあるものなので、すべての人がうまくいくとは言えません。 むしろ聞くだけで正しい発音が身につく人はわずかだと思います。 あなたはできると思いますか? 私はちゃんと発音の勉強をして発音を身につけました。 すでに発音ができる上級者は問題ありませんが、初心者はただ聞いたまま自己流の間違った発音を身につけてしまわないよう、注意が必要です。 他の英会話教材と比較して金額が高い割に内容が薄いと感じてしまった スピードラーニングは「聞き流すだけ」の教材なので学習メニューは月に2回の電話レッスンなどを除けば聞き流すことしかありません。 この電話レッスンは各1巻につき1回約5分を2回までという使用条件があるとおり、スピードラーニングを買い続けないと使えなくなってしまいます。 他の英会話教材は、聞くことだけでなく、話す練習や発音の練習、テキストの中に解説があったりといろいろな学習メニューがあります。 実際に多くの英会話教材が3万円程度で、スピードラーニングは初回のみなら安く買えますが、すべてを学習しようと思えば全巻まとめ買いで一番安く購入しても16万円程度します。 「スピードラーニング」ほどのネームブランドは他の教材にはなく、この点については一番ですが、 「聞き流すだけ」という1つの学習方法のみを軸にした内容なのに他の教材と比較して金額が高いと感じたのがスピードラーニングです。 まとめとして、スピードラーニングは電話レッスンはあるけれど基本的には聞くことオンリーの教材なので、英会話習得よりも聞き取りに対して効果が期待できる内容でした。 アメリカ文化を反映した内容で、解説がなく、聞くだけで学習していくという教材なので、初心者が1から英語を学べるという他の英会話教材よりも難易度が高いと感じました。 英語の上級者がアメリカ文化を反映したいろいろなシーンの英語を聞いてリスニングを鍛えることに高い効果のある教材です。 英語を聞くことのみで英語が話せるようになることを目指した教材なので、スピーキングよりもリスニングを鍛えたい人が使うとより高い効果を感じられると思います。 多くの人が言うとおり「英会話は聞くことじゃなくて話すことで身につく」ので、英会話を身につけたい人の場合、スピードラーニングは遠回りになるかもしれません。

次の