お 大事 にし て ください 敬語。 「大切」と「大事」の意味の違いと使い分け

「お大事に」の意味や使い方と敬語変換

お 大事 にし て ください 敬語

「お大事に」の意味は「病気が悪化しませんように」「早く良くなりますように」 「お大事に」には ・病気が悪化しませんように ・早く良くなりますように ・お体を大切に ・いたわる という意味があります。 「お大事に」は、 相手の健康状態を気遣い、体調の回復を願う気持ちを伝える表現です。 ちなみに「いたわる」とは「困っている人や病気の人に同情の気持ちを持って優しく接する」となります。 「お大事に」という言葉には、治療に専念して早く回復して下さいという願いと、病気が悪化しませんようにという願いが込められています。 この場合の「大事」は「体を休めてください」という意味ですが、「大事」には「おおごと」「重大なこと」「大変なこと」という「大きなこと」を意味して使用することもあります。 「お大事に」は正しい敬語? 「お大事に」は敬語だが略語なので目上には使えない 「お大事に」という言葉には、敬語の接頭語「お」が付いているので、「お大事に」は敬語表現になります。 ちなみに、敬語の接頭語「お」は、使い方によって尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにでもなりえます。 「お大事に」の「お」は丁寧語と解釈するのが普通です。 「大事」が目上の相手の動作、目上の相手に対する自分の動作を指しているわけではないため、尊敬語・謙譲語とするのは不自然です。 しかし、「お大事に」は「お体大事にしてください」「大事に至りませんよう」というフレーズを省略した言葉です。 敬語であっても略語を目上に対して使用するのは失礼にあたるため、上司や顧客、取引先、先輩に対して「お大事に」のみで使用するのは避けた方がよいでしょう。 「お大事にどうぞ」でも目上には使えない 「お大事にどうぞ」という表現も見聞きすることがあると思います。 「どうぞ」という祈願を意味する副詞を付けても「お大事に」が略語であることに変わりはありません。 よって、「お大事にどうぞ」も敬語だが目上に使うには適さない、ということになります。 また、「どうぞお大事に」に関しても同じことが言えます。 「どうぞお大事に」も省略された表現なので、目上への使用は避けるべきです。 「お大事にしてください」は敬語かつ略語でないが、命令文なので目上への使用は避けるべき 「お大事に」は略語のため、「 お大事にしてください」が一般的によく使われるフレーズです。 「してください」は動詞「する」+ 丁寧語「ください」で成り立っています。 「お大事にしてください」は略語でもないですし、敬語なので目上の人に使えそうなのですが。。 「してください」は敬語ですが命令文であるため少々要求の意味合いが強く、相手によっては失礼だと感じる場合があります。 「お大事になさってください」だと尊敬語となり目上に使える 「お大事に」を目上の人に対して使う場合は、[ お大事になさってください]がベストです。 「なさってください」は、 尊敬語「なさる」+ 丁寧語「ください」で成り立っています。 「ください」は依然として命令文ですが、「なさる」という尊敬語が使われているので目上に使用することができます。 「くれぐれもお大事になさってください」「ご無理をなさらずにお大事になさってください」だとより丁寧 「お大事になさってください」の文頭に言葉を付け加えるとより丁寧な表現になります。 ・ご無理をなさらずにお大事になさってください ・くれぐれもお大事になさってください ・何卒お大事になさってください ・どうぞお大事になさってください ・どうかお大事になさってください などの言い回しがあります。 「ご自愛ください」は目上に対して、メール・手紙の結びの言葉として使う 「ご〜ください」という形はよく使われる定型句で、相手に「何かを要望・懇願などを言うこと」を促す意味合いを持ちます。 「ご自愛ください」の「ご」は尊敬を表す接頭語で、「ください」は丁寧語になります。 「ご自愛ください」は、男性・女性、目下・目上など老若男女関係なく使うことができる表現で、主に手紙やメールの末尾で、相手の健康を気遣う結びの言葉として使われます。 ・お大事に至りませんよう、ご自愛ください。 ・お忙しいとかと存じますが、何卒ご自愛ください。 ・だんだん寒くなってまいりましたので、お風邪など召されませぬようご自愛ください。 ・巷ではインフルエンザが流行ってるそうです。 どうぞご自愛くださいませ。 ・これからも厳しい寒さが続きますので、体調を崩されませんよう何卒ご自愛ください。 ・大沢様におかれましては体調を崩されませんようご自愛ください。 「お大事に」以外の相手の体をいたわる敬語表現 お体を大事になさってください 「お大事になさってください」に非常に似ていますが、「 お体を大事になさってください」という表現もあります。 「お体をお大事になさってください」と「大事」にも接頭語「お」を付けることは可能ですが、少しクドい印象を与えてしまうので「お体を大事になさってください」がベターでしょう。 ちなみに、「お体をお大事になさってください」でも二重敬語ではありません。 二重敬語とは「1つの言葉に対して同じ種類の敬語を複数使うこと」を指します。 「お体」と「お大事に」の「お」はどちらも丁寧語ですが、「体」と「大事」という別の言葉を修飾していますので、二重敬語にあたりません。 お体おいといください 「お体おいといください」は 「お体を大事にしてください」といった意味になります。 「おいとい」は漢字で「お厭い」となり、「厭う」には「かばう、大事にする、労る」といった意味で現代では健康について言われています。 目上の方にも使える丁寧な表現となっています。 「おいといください」は「ご自愛ください」よりも、相手の健康を思いやる気持ちが強いですが、一般的にあまり使わない言葉になります。 ・先日、お母様にお会いしましたが、あなたのご健康を気にかけていらっしゃいました。 くれぐれもお体おいといください。 ・これからますます暑くなってきますので、お体おいといください。 お労りください 「労り(いたわり)」は、「心を用いて大切にすること」「気にかけること」を意味しています。 「お労りください」は、相手の健康を強く願う場面では最適な言葉となります。 「お労りください」は、「お大事になさってください」よりも相手を思いやる気持ちが伝わる表現です。 ・最近は何かと忙しいですが、日頃の疲れがでないよう、お体をお労りください。 ・今日は早く帰って、お体をお労りください。 養生なさってください 「養生」は<ようじょう>と読みます。 「養生」の意味は、「怪我や病気の回復に努めること」になります。 「養生」は「休む」という意味で、治療のために休むという意味合いで使用することが多いです。 「ゆっくり養生なさってください」と言うこともできますが、回復はなるべく早い方が良いのであまり「ゆっくり」「気長に」といった言葉はなるべく使わない方が良いでしょう。 ・この機会にしっかり養生なさってください。 ・しっかり養生なさって、一日でも早いご回復をお祈り申し上げます。 静養なさってください 「静養」は<せいよう>と読みます。 「静養」の意味は、「健康の回復のため心身を静かに落ち着けて休ませること」となります。 「静養」は、病気の人が健康を回復させるためることを目的として、体を休ませるこということです。 ・無理をなさらずしっかりご静養ください。 ・日頃の疲れが溜まっていたのでしょう。 十分に静養なさってください。 お元気で 「お元気で」は、人と別れる場面や、手紙の文末に使用される挨拶のフレーズです。 しかし、「お元気で」というフレーズは、誰にでも使用する言葉ではありません。 親しい友人やいつでも会える距離であれば「じゃあ、またね」というように軽い挨拶をしますよね。 また、「お元気で」という挨拶は、暫く会うことができないといった場面で使用される言葉であるため、お互いの関係を断つことを連想させてしまうといったことから、ビジネスシーンでは好まれません。 「お元気で」は、日常会話で別れたあと暫く会えなくなるような相手に使用することが基本です。 また、なかなか会えない遠い距離に住む方へに手紙を書くといった場合に文中や文末で「お元気で」と使用することもできます。 「お大事にしてください」への返事 「お気遣いありがとうございます」などと感謝・お礼するのがマナー 「お大事にしてください」といった場合は「自分の体を大切に」という意味ですが、「はい、そうします」「どうも」などと答えると不自然に聞こえてしまいます。 「お大事にしてください」と言われたときは、 ・ありがとうございます ・お気遣いありがとうございます ・お心遣いありがとうございます と言うのが適切になります。 「お大事にしてください」と言われた場合は、相手が自分の体を気遣っているということになるので、気遣いに対してのお礼の気持ちを伝えることが大切です。 また、咄嗟に言葉が出てこない場合は会釈のみでも大丈夫でしょう。 「お大事にしてください」の外国語 「お大事にしてください」の英語は「Please take care of yourself」「I hope you get well soon」など 「お大事に」の英語表現はいくつかありますが、最も一般的なのは「Take care! 」となります。 より丁寧にいうと「Please take care of yourself. 」となります。 その他にも、 ・Please get well soon. (早くよくなってください) ・I hope you get well. (早くよくなってください) ・Get better soon. (早くよくなってください) ・I'm sorry. (お気の毒です) などと言います。

次の

「大切」と「大事」の意味の違いと使い分け

お 大事 にし て ください 敬語

荷物や書類等の郵送だけでなく、データやメールでのやり取りも頻繁に仕事で行われる現代。 それらが欲しいときに「送ってください」と伝えるのはビジネスシーンでは失礼になることがあります。 日ごろ良く使う言葉だからこそ、失礼を重ねないためにも誤った認識と誤用は禁物です。 そこで、ここでは「送ってください」を正しく理解して活用できるように、使い方や例文を解説していきます。 「送ってください」を敬語で言うと 「送ってください」は一見丁寧な表現に見えますのでそのまま使ってしまって問題ないように思えますが、実は「~してください」という命令口調の表現を含みます。 「送ってください」という意思を伝える以上は相手に依頼・お願いをすることになりますので、命令口調・命令形である「送ってください」を使うことは失礼な表現であり避けるべきです。 まず「送ってください」を丁寧語にしたのが「お送りください」です。 だた、ビジネスシーンでは敬語が求められますので、敬語表現として一般的な「ご送付ください」を使用するのが無難です。 この表現ならば目上の方にも使うことができますので覚えておくと良いでしょう。 取引などで使う場合は尊敬語や謙譲語を加えて相手に敬意を表すことが重要ですので、例えば、「ご送付くださいますようお願い申し上げます」のように「ご」や「くださる」などの尊敬語や、「申し上げる」などの謙譲語を活用して表現することがおすすめです。 例文 「送ってください」とお願いするときは相手に手間を取らせてしまうことに繋がります。 そのまま伝えては少しきつい言い方と取られてしまう可能性もありますので、「恐れ入りますが」や「お手数をお掛けいたしますが」等のクッション言葉を加えると柔らかい表現として印象も良いです。 【取引相手の場合】• ご多忙中大変恐縮ですが、ご送付くださいますようお願いいたします。 【社内の場合】• お手数ですが、アンケートのご回答をお送りくださいますようお願い申し上げます。 使い方のNG例 前述してきましたように、「送ってください」をそのまま使ってしまうとたとえ社内においても礼を失する行為と捉えられる恐れがあります。 また、基本的には依頼や催促の状況で使用される言葉ですので、クッション言葉「恐れ入りますが、ご送付ください」などとセットで使用するように心がけましょう。 【NG例】• 急ぎの催促の場合でも命令口調は厳禁です。 「~をお送りくださいますでしょうか」と表現を改めましょう。 ただ丁寧語や尊敬語等の敬語表現で伝えるだけでは、冷たい印象やニュアンスを相手に与えてしまいます。 基本はクッション言葉とセットで柔らかく心象の良い表現を心がけましょう。 まとめ ビジネスにおいて敬語やマナーは非常に重要です。 特に「送ってください」のように日常的に良く使用されるような言葉を用いるときは使い方や表現方法に注意を払い、相手に失礼やトラブルが起きないように注意しましょう。 もまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 「事足りる」という言葉があります。 十分である、間に合うという意味をもつ言葉ですが、敬語では何と言えばよいのでしょうか。 ここでは、ビジネスシーンにおける「事足りる」の敬語表現や使い方のNGについて紹介します。 「事足りる」を敬語で言うと 「事足りる」の丁寧語は「事足ります」ですが、それ以外の尊敬語、謙譲語にあたる直接的な敬語表現は存在しません。 「事足りる」は辞書的には「十分である・用が足りる」という意味で、決してマイナスの意味の言葉ではありません。 「相手を立てる」もしくは「へりくだる」という敬語の目的とは相反するといえるでしょう。 そのため、「事足りる」にあたる尊敬語、謙譲語は存在しないのです。 例文 「事足りる」を伝える必要がある際には、失礼にあたらないよう適切な言葉に置き換えなければいけません。 例えば、提案に対する意見を求められ、「十分です」と伝えたい場合には、 支障ありません(ございません) 差し支えありません(ございません) という言葉を使うのが、ビジネスシーンにはふさわしいでしょう。 敬意を含めて表現したいときには、「適任」などに置き換えるとよいでしょう。 そのほかのNGをみていきましょう。 (1)「結構です」は避ける 「支障ありません」、「差し支えありません」と同じように、相手の意見を肯定する言葉に「結構です」があります。 そちらで差し支えありません そちらで結構です どちらも同じ意味のように思えますが、「結構です」は、目上から目下に向けて使われるのが本来の用法です。 敬語的に「事足りる」を言い換える際には、「結構です」は避ける方が無難でしょう。 (2)「~でも」は危険 また、「~でも」と言う言い方も避けるべきです。 まとめ 「事足りる」はネガティブなニュアンスをもって使用されることが多い言葉です。 目上の人に限らず、他人の提案や能力などに対して使うと失礼な印象を与えます。 そのため、「事足りる」の尊敬語、謙譲語にあたる言葉は存在しません。 「事足りる」を失礼にならないように表現するには、差し障りのない言葉に置き換える必要があります。 紹介したような置き換えのパターンを覚えておくと必要に応じて適切に表現することができるでしょう。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 ビジネスマナー ビジネスシーンでも使う頻度が高い「構わない」という言葉。 さまざまなシチュエーションで使われるので、ビジネスマナーを守った使い方を知っておくことが失礼な言動を回避し、良い関係の構築と仕事に繋がります。 ビジネスパーソンとして使い方を確認しておきましょう。 「構わない」を敬語で言うと 「構わない」とは、「それで問題ない」や「差し支えない」と回答するときに使用されるビジネスシーンでも多用する便利な言葉です。 「構わない」の敬語表現としては「構いません」が正しい表現であり、「お」や「ご」等の和語や漢語を特別使用する必要もありません。 ビジネスシーンでは肯定的な意味として「構いません」と回答をしますが、本来「構わない」には「気にしません」という意味もあり、状況によっては失礼となる場合もありますので使い方には注意も必要です。 例文 「構いません」は次のような場合に使用されます。 前項で説明したように「構いません」の使用によって失礼なニュアンスが伝わらないように可能な限り丁寧な表現を付け加えたりして使用しましょう。 いつご回答いただいても構いませんので、ご都合の良いときにお願い致します。 お手にとっていただくだけでも構いませんのでよろしくお願い致します。 お車でお越しになられても一向に構いません。 そのままにしておかれましても、現状は構わないと存じます。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング使い方のNG例 「構いません」は状況や使い方によっては冷たい印象を相手に与えてしまう恐れがあります。 例えば、次のような状況を見てみましょう。 自分:当方はどちらでも構いませんので、お任せします。 【例2】 相手:先日の件の納期はどういたしましょうか。 例1のようにお互いや相手にとって大切なことについての回答等において安易に「構いません」を使用してしまったり、例2のように自分主体での回答として使用してしまうと、たとえそのような意図や意識が無くても相手に冷たい印象を与えたり失礼なニュアンスを含んだ表現として伝わってしまいます。 便利ではありますが使い方には十分な注意と意識を持ちましょう。 まとめ 「構わない」という言葉は何気なく使われますが、ビジネスシーンでは特別に注意が必要な言葉です。 相手に失礼になる場合もあることを十分に理解して使用し、敬語表現の追加や場合によっては類語等で言い換えて使用を控えることも大切です。 マナーを守った適切な使い方を心がけましょう。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 ビジネスマナー ビジネスシーンでは社内外問わず、予定を伺う機会が日常的にあります。 その際に使われる表現が「都合がつく」です。 ここでは敬語で「都合がつく」を表現する場合について詳しく説明していきます。 「都合がつく」を敬語で言うと ビジネスシーンで「都合がつく」を使う場合、ビジネスにおける予定や日程が合うかどうかを示すことになります。 敬語で伝える場面が多くなるため、都合の前に「ご」をつけて「ご都合」とすることで敬語表現になります。 丁寧な表現をする場合、「ご」か「お」をつけることがあります。 「ご」は漢語(音読みのもの)に使用し、「お」は和語(訓読みのもの)に使用します。 例としては、「都合」「連絡」「依頼」などは全て「ご都合」「ご連絡」「ご依頼」となります。 一方、「断り」「話(はなし)」などは「お断り」「お話」となります。 中には「お時間」のような例外もありますが、基本的にはつける言葉が主に音読みか訓読みかによって使い分けをします。 例文 「都合がつく」の具体的な敬語表現の例は次の通りです。 ご都合がつきましたらご参加ください」 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング使い方のNG例 「都合がつく」のNG例は次の通りです。 「ご都合はどうですか」 敬語表現である「ご都合」に対し、「どうですか」はカジュアルすぎる表現です。 「どうですか」は「いかがですか」や「いかがでしょうか」など、丁寧な表現に置き換えるようにしましょう。 「ご都合がつく日程をお聞かせください」 「ご都合がつく日程を」という表現は間違いではありませんが、少々回りくどい印象があります。 こういった場合は「ご都合のほど」という表現に置き換えるとスマートな言い回しになります。 まとめ ビジネスシーンでは、予定を調整して日程を合わせることが日常的に行われます。 その中で「都合がつく」という言葉は予定を調整するためにも必要な表現です。 ビジネスシーンでは相手に敬意を示すことが大切ですから、「都合がつく」も「ご」をつけることで敬語表現をするのが一般的です。 ビジネスを円滑に進めるためにも、正しい言い回しを理解し使い分けることが大切です。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 ビジネスマナー ビジネス上のやりとりで正しく敬語を使うことができないと、いい加減な印象を与えてしまったり、非常に失礼になってしまう可能性があります。 ここでは、使用頻度が高く誤って使うケースも多い「知っている」の敬語表現について、用例やNG例をまとめました。 「知っている」を敬語で言うと 「知っている」を丁寧語にすると、「ます」がついて「知っています」となります。 しかし、尊敬語と謙譲語については、単純に「お知りである」、「知り申し上げる」とはなりません。 尊敬語は「ご存じである」 知るの尊敬語は「ご存じ(ご存知)」です。 「知っている」の尊敬語は「ご存じである」となります。 「知る」に「いる」の尊敬語「いらっしゃる」をつけた「知っていらっしゃる」もありますが、あまりスマートな言い回しではありません。 一般的には「ご存じ」が使われます。 頭に「お」をつけた「お知りである」という表現も誤りとは言い切れませんが、使用される頻度は高くありません。 特に口頭では「お尻である」と聞き間違いやすいなどの理由もあり、避けられる傾向にあります。 謙譲語は「存じている」、「存じ上げている」 「知っている」の謙譲語は「存じている」と「存じ上げている」の2通りあります。 「存じ上げる」の「上げる」には尊敬の意味が含まれ、より強い敬意を表します。 知っている対象が物の場合は「存じている」、対象が人の場合は「存じ上げている」を使うというのが一般的な説です。 例文 実際の会話やメールではどのように使うのかをみていきます。 「相手が知っているかどうか」を訊ねるため、尊敬語「ご存じ」を使います。 【例2】 すでにご存じのことと思いますが~ ご存じのように~ 相手が知っているとして話を進める尊敬語「ご存じ」の用法。 話の前置きとして常套句的に使用されることも多いフレーズです。 知っている(知らない)のはこちら側なので、謙譲語「存じる・存じ上げる」を用います。 正しくは尊敬語を使い「ご存じだったとは」とします。 【NG例2】 「弊社の担当者はその件についてご存じでしょうか?」 自社の担当者=身内が知っているかどうかの問いなので、尊敬語「ご存じ」を使うのは誤りです。 「存じておりますか?」と謙譲語を用います。 「知っている」は尊敬語「存じる」と謙譲語「ご存じ」が似ていることもあり、混同して使用しがちです。 両者を取り違えると敬意の方向が真逆になり、失礼にあたるため注意しましょう。 まとめ 「知っている」は、尊敬語だと「ご存じである」、謙譲語なら「存じている・存じ上げている」と形を変えます。 元の語とは全く違うため、基本の敬語として必ず頭に入れておきましょう。 常套句的なフレーズも併せて覚えておくと、会話の際や文章を書くときにスムーズです。 また、「知っている」は尊敬語と謙譲語を混同して使用しがちな言葉の1つでもあります。 誤って使用してしまうと敬意を払ったつもりが逆に失礼な印象になってしまうため、注意が必要です。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 ビジネスマナー 自分の気持ちを伝えるときにどう話しをすればいいかと悩むこともある敬語表現。 勘違いして使ってしまっている人も少なくなく、間違った認識で使ってしまうと相手に誤解されるだけでなく、ビジネス関係の崩壊やトラブルの原因にもなってしまいます。 そこで、ここでは相手に注意を促すときに使う「気を付けて」の使い方や例文を説明していきます。 「気を付けて」を敬語で言うと 「気を付けて」は相手に「注意」や「用心」をして欲しいときに使用する言葉です。 状況としては外回りなどの外出に行くときや体調などを心配したときに使われます。 「お気を付けて」の敬語表現は「お気を付けて~ください(ませ)」のように、和語である「お」が頭に付く形が基本になります。 伝えたい内容を文頭等に置く場合は「お気を付け(になって)ください」というような表現になりますが、基本の「お~ください」の形はかわりません。 例文 【例文1:出張や外出等の状況を気にかける場合】 例えば、出張や外回り等の外出における道中を気にかけて使う場合は、「お気を付けて~ください(ませ)」という表現を使用すると意図が伝わりやすいです。 天候に不安がありますので、道中お気を付けていってらっしゃいませ。 遠方への出張で長旅となりますが、お気を付けていってらっしゃいませ。 すっかり日も暮れてまいりましたので、お気を付けてお帰りください。 雨の影響でお足元が悪いようですので、お気を付けてお帰りください。 【例文2:体調を気にかけるとき】 体調を気にかけて使う場合は、「~にお気を付けください」を使用するとスマートに伝わりやすいです。 長期の出張となりますが、お体にお気を付けください。 寒くなってまいりましたので、体調にはお気を付けください。 季節の変わりでございますので、体調を崩されぬようくれぐれもお気を付けください。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング使い方のNG例 「気を付けて」を使う場合に注意したいのは「お気を付けてください」という表現です。 敬語表現で使用される「お~ください」の「~」の部分には基本的に動詞がくることは無く、名詞や形容詞がきます。 つまり、「気を付ける」は動詞にあたり、動詞に「お」が付く「お気を付けてください」は不適切な敬語となるので注意しましょう。 例えば、「歩く」という動詞の場合は「お歩く」といわないように、「気を付ける」に対して「お気を付ける」という表現はしません。 「お」が付く場合は「お歩きになる」のように「歩き」という名詞に対してであり、「お気を付けになる」が正しい表現です。 ただし、「お」をつけない場合の「気を付けてください」は問題がありませんので、ややこしいですが注意をしましょう。 【NG】 体調にお気を付けてください。 【OK】 体調に気を付けてください。 体調にお気を付けください。 体調にお気を付けになってお過ごしください。 まとめ 敬語表現はとても難しい表現です。 そのため、正しい使い方を理解していないと意図していなくても相手に失礼な態度で接してしまう恐れがあるのです。 相手を気にかける気持ちがしっかりと伝わるように「気を付けて」の正しい使い方をマスターしましょう。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、TechAcademyは、積極的に情報集取を行い学習、成長していくビジネスマンの今後を応援しています。 そんな方々におすすめなのはIT業界でキャリアを描くこと。 IT業界は成長産業であり、上昇志向や成長志向のある人であれば幅広いチャンスを掴むことが可能です。 しかし、総合職であっても技術職とコミュニケーションが取れる人材が求められています。 TechAcademyにはIT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 ビジネスマナー 面接の場では正しい日本語で自分をアピールすることも重要です。 知らず知らずに間違った敬語を使ってしまわないように、今回は面接時に使う正しい敬語を紹介します。 ポイントをしっかりと押さえ、面接では正しい敬語を使用して面接官に良い印象を与えるように心がけましょう。 まずは復習!敬語の基本とは? まずは敬語の基本を理解しましょう。 敬語は下記の5種類から成り立っています。 学校で習ったものの、忘れてしまっている方も多いことでしょう。 正しい敬語を使うのであれば、敬語の基本をしっかりと理解することが大切です。 尊敬語 目上の人に対し、相手を立てるときに使う敬語です。 美化語 単語の前に「お」や「ご」を付与し言葉を上品に見せる敬語です。 面接で正しい敬語を使うのであれば、最低限、敬語の種類と内容を理解しておくようにしましょう。 面接でよく使うやり取り一覧 続いて、面接の場でよく使うやり取りをご紹介します。 面接官に質問されることが多い内容ですので、しっかりと覚えるようにしましょう。 大丈夫です。 」 〇「はい。 かしこまりました。 」 (面接官)本日の面接は終了です。 ありがとうございました。 」 〇「貴重なお時間をいただきありがとうございました。 」 (面接官)面接の結果は1週間以内にメールで通知します。 待っております。 」 〇「かしこまりました。 ご連絡お待ちしております。 」 以上、面接でよく使うやり取りを紹介しました。 ポイントは尊敬語、謙譲語、丁重語を上手に組み合わせることです。 もちろん、必要最低限の敬語である丁寧語もしっかり使うように心がけましょう。 [PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング間違いやすい敬語NG例 最後に、間違って使ってしまいがちな敬語や表現をご紹介します。 特に焦りが出ると間違えた敬語を使ってしまいがちです。 正しい敬語をしっかりと頭に入れるようにしましょう。 代表的な間違いを紹介しました。 敬語に自信がない方は、まず今回のNG例をしっかり覚えるところからはじめてください。 「バイト敬語」にも十分注意が必要 「バイト敬語」もしくは「コンビニ言葉」という表現を聞いたことがある方も多いと思います。 現代では頻繁に使われている表現ですが、これらバイト敬語(コンビニ言葉)も面接の場では相応しくありません。 無意識のうちに使ってしまいがちですので、十分に注意するよう心がけましょう。 特に「~のほう」や「かたち」は意識せずに使ってしまいがちです。 気にする面接官も多い表現ですので、意識して改善することが重要です。 まとめ 今回は面接での受け答えに失敗しないための、面接で使う正しい敬語をご紹介しました。 まずは、敬語の基本をしっかりと復習することが大切です。 そして、日常生活でも正しい日本語や正しい敬語を使うことを心掛けましょう。 敬語は社会人として必要最低限のスキルですが、正しく使えない人が多いのも事実です。 敬語をしっかり使うことができれば、面接でプラス評価を得られる可能性も十分に考えられますし、入社後も大きな武器となるでしょう。 IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。 また、IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。 そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。 TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。 専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。 IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。 キャリア・転職.

次の

「お大事にしてください」はビジネスに適した敬語?上司や家族への使い方・返事の仕方・英語表現を解説

お 大事 にし て ください 敬語

「お大事にしてください」の正確な意味を、「病気が悪化しませんように」など「早くお体が良くなりますように」などの意味が含まれています。 「お大事にしてください」には、相手を思いやる気持ちと相手のこと心配する感情が含まれています。 「お大事にしてください」には、自分の身近な人や大切な人に贈るポジティブな意味を持つ言葉です。 病気や体調不良の人以外に使うのは間違った表現です。 しかしながら、上司や目上の方、大切な方の体調が悪い時などは積極的に使いましょう。 また、「お大事に」自体にも「相手の健康状態を気遣い、体調の回復を願う気持ち」が含まれており、治療に専念し、病気を早く治してほしいという相手を思いやる願いが込められています。 ビジネスや日常生活で、上司や目上の方には「お大事にしてください」を使うのは一般的です。 しかしながら、無意識のうちに「お大事にしてください」を使っている為、「お大事にしてください」は敬語表現なのか気になる場合があります。 「してください」と要求を求めるような言い回しのため、上司や目上の方に使うのは失礼ではないかと心配になる方もいます。 しかし、「お大事にしてください」は敬語表現であるため、上司や目上の方に使っても全く失礼ではありません。 もし、「してください」の様な要求する言い回しが、苦手だとい方は お大事になさってください ご自愛ください くれぐれもお体にはお気をつけてください このような言い回しを活用してみてください。 上司や目上の方からの印象は非常に良いです。 「どうぞ」や「くれぐれも」などのような言葉をつけるだけで、さらに丁寧な表現になります。 「お大事にしてください」をそのまま英語に直訳する「Take care. 」です。 しかしながら、この表現はビジネスにおいては不適切な表現になります。 なぜなら、この文は命令系であり目上の方や上司に使うのは適していません。 海外の友達が風邪を引いた時には電話やメールで「Take care. 」を使うのはてきしています。 しかし、海外の上司や目上の方に「Take care. 」を用いるのは失礼にあたりますので、目上の人に適した「お大事にしてください」の例文を上げます。 【例文】 Please get well soon. 早く良くなってください このような表現があります。 その他にも、この文に類似した例文を挙げます。 【例文】 Please take care of yourself. (お大事になさってください) Get better soon. 早くよくなってください I hope you get well. (早くよくなってください) このように、日常生活ではあまり利用する事が少ない表現ですがビジネスにおいては英語を話さなければならない状況の際、このような表現を頭の片隅に置いておくといざというときに役立ちます。 メールでは、「ご自愛ください」という使い方が適しています。 メールと違い口頭では「お大事にしてください」、「お身体にお気をつけてください」などのやわらかい表現が適しています。 【例文】 先日から寒さが厳しくなってまいりましたので、くれぐれもお身体大事になさってください。 体調が悪いとお聞きしたので、お電話させていただきました。 今後も、お身体お大事になさってください。 口頭とメールでの違いを、理解し適切な表現で「お大事にしてください」を活用してください。 加えて、友人の家族や子供が体調不良の場合で療養していると聞いた際、より身近な人の親族に対しては「お大事にしてくださいね」のような少しラフな言い方をすると良いです。 「お大事にしてください」と「お大事に」の違いは使う対象に違いがあります。 ビジネスなどで上司や目上の方が風邪や体調を崩した際に使われるのが「お大事になさってください」や「お体をお大事にしてください」のような表現が適しています。 「お大事に」は、日常生活の中で友人や知人が風邪や病気になり病院にいる際に、「お大事に」と一言添えるような形で使います。 「お大事にしてください」と比べて比較的ラフな使い方をします。 ビジネスでは、上司や目上の方に使う機会が多いため「どうかお大事にしてください」などの表現が適しています。 このような小さな違いでも、気を付けることにより美しい敬語表現を使うことができます。 「お大事に」と「お大事にしてください」の大きな違いは、使用する対象や使用する場面が違うということです。 「お大事に」はそもそも敬語表現ではありませんので上司や目上の方に使う言葉としては間違っています。

次の