シャンデラ トリックルーム。 【ポケモン剣盾】トリル軸アマージョローブシン【ダブルバトル】

【単体考察】トリルシャンデラ

シャンデラ トリックルーム

【シーズン3】最高158位トリルシャンデラ・ミミッキュ構築 こんにちは 44 です。 やってますか? S4も終盤ですが、キャプチャをみてS3の構築を記事にし忘れてたのを思い出したので、環境がガラッと変わったS4では役立たないかもですが一応記録として書いておきます。 S3中盤〜後半あたりで自己ベストの瞬間158位になったときの構築です。 (マスターボール級は10万位以下まであるので一応上位約0. ) 好きなシャンデラ・ミミッキュ・カビゴンで戦おうと思って作ったパーティです。 コンセプトと戦術 トリルからトリルエース展開後、最後はスイーパーで詰めるという普通のトリル戦術 シングルではトリルをはったターンで1ターン消費、トリルエースに交代するのに1ターン消費と、実質3ターンになりやすく、弱いと言われがちですが、ダイマックスターンも3ターンなのでこの3ターンだけはトリルエースが圧倒的に強い戦術です。 1ターンも無駄な手が打てないので立ち回りはシビアですが、うまく立ち回れると楽しいですね。 基本は初手トリルシャンデラが圧倒的に安定で、相手が何をしてきてもトリックルームをうつのが非常に重要 下手に読んでトリックルーム以外をうったり交代したときに限ってまんまと相手の術中にはまって負けることが多く、逆に脳死トリックルーム選択すると予想外の動きで相手が自滅行動をとってくれることが多かった。 トリルターンで相手が攻撃してこなければ、すかさずシャンデラはダイマックスしてその試合は自身でトリルエースを務める。 ナットレイ打点がトゲキッスの炎技しかないようなパーティ相手には初手ナットレイを投げるとかなりの高確率でナットレイ・トゲキッス対面ができて99%のトゲキッスを狩るので、こういったパーティ相手には初手ナットレイを投げてジャイロが決まった瞬間に勝ったも同然の状態になる。 展開としては、• 個体紹介 【トリル起点&トリルエース】シャンデラ• 特性:すりぬけ• 個体値:S逆V、A抜け4V• もちもの:きあいのたすき• わざ:シャドーボール・だいもんじ・エナジーボール・トリックルーム 選出率圧倒的1位のポケモン 最遅シャンデラなので無振り56族と同速であり、アーマーガアと素早さが逆転することで結構相手の意表をつけました。 トリックルームからの特殊高火力の一撃が強力で、それだけでなく出し勝ったときに相手が初手交代してきた場合はそのままダイマックスしてダイバーン連打で無理やり突破して勝つことも多かったです。 ダイバーンは火力アップのバフ技だと思ってます。 シャンデラでの3タテも結構できたのが個人的には嬉しい。 相手が出してきたポケモンが圧倒的不利な場合は交代しますが、その場合は後半にミミッキュがトリルをはってトリルエースとして活躍しました。 HPにぶっぱしているのでダイマックスしたときの耐久力はかなり高く、アイアントのダイロックすら耐えるレベルです。 もともとはエナジーボールの枠をおきみやげにしていましたが、エナジーボールが刺さる相手が予想以上に多かったのでS3からエナジーボールに変更しました。 ヌオー• トリトドン• ドサイドン• ガマゲロゲ• 水ロトム などにうちます。 あと、アーマーガア入りには選出すれば100%勝てて、選出しないと100%負けましたので相手の6体にアーマーガアがいたら100%選出するように心がけました。 「」 【トリル起点&クッション】ミミッキュ• 特性:ばけのかわ• 個体値:S逆V、C抜け4V• もちもの:リリバのみ• わざ:じゃれつく・ゴーストダイブ・トリックルーム・のろい 中盤のトリル切り返し要員。 ミミッキュのダイマックス枯らし性能は全ポケモン随一 最遅なので無振りのS70族と同速 初手シャンデラでダイマックスを切って荒らすと、ちょうどいい感じのところでトリックルームが切れてミミッキュでトリックルームを張り直して3体目のトリルエースを降臨させられます。 今回は採用しませんでしたがハチマキウオノラゴンを採用しても良かったかも。 シャンデラがうまく暴れられると相手の3体目に隠されているエースが出てきますが、このときかたやぶりドリュウズが選出されていることがちょくちょくあったのでリリバのみをもたせています。 「」 【トリルエース&スイーパー】ローブシン• 特性:こんじょう• 個体値:6V• 努力値:HA252• もちもの:かえんだま• わざ:マッハパンチ・ほのおのパンチ・かみなりパンチ・れいとうパンチ トリルエースその1。 努力値のあまり4はめんどくさかったので振ってません。 基本的にはダイマックスしてトリル下で上から弱点タイプをうちこみます。 一応サザンガルドの弱点もつけます。 後半のスイーパーとしてのマッハパンチや初手で出てくるヒヒダルマ・バンギラスはほとんどの場合マッハパンチ1発で倒すのが強かったです。 3色パンチをすべて持っているので、交代読みでうった技が相手を吹き飛ばすことが多かったです。 (例えばドラパルト交代読みれいとうパンチやドヒドイデ交代読みかみなりパンチ、ギルガルド交代読みほのおのパンチなど) 火炎玉が発動すれば3色パンチいずれもタイプ一致でうっているのと同じ火力になりますが、火炎玉発動に1ターンのスキが生じるのが難しいポケモンでした。 ドヒドイデ入りには100%選出しましたが、だいたいヌオー・アーマーガアと組んでいたのでシャンデラのエナジーボール・だいもんじ、カビゴンの地割れ・かみなりパンチと合わせていかに交代読みでそれぞれの攻撃を当てていくかが細い勝ち筋になっていましたが、交代読みが決まったときは嬉しいですね。 3色パンチのどれかをなくしてまもるにしたほうが安定した場面もあるのと、カバルドンが爆増したのでHPを削ってカバルドン抜きまでSに振ったほうがもっと強かったかもしれません。 「」 【トリルエース&クッション&一撃必殺】カビゴン• 特性:あついしぼう• 個体値:CS抜け4V• もちもの:とつげきチョッキ• わざ:からげんき・ヘビーボンバー・かみなりパンチ・じわれ トリルエースその2 普通のフルアタカビゴンです。 あまり4はHじゃなくてSに振ったほうが活きた場面が多かった(カビゴン対面が結構あった)ので、次に使うことがあったらSに振り直してから使いたいところ。 ロトム対面ではほぼ確実に鬼火を入れられていたので、からげんきで返り討ちにできることが結構ありました。 かみなりパンチはギャラドスメタで、ギャラドス入り構築に対して3体目においておくと、いい感じで勝ちを拾っていってくれました。 ヘビーボンバーとじわれは相手が残りミミッキュ+1体のような不利状況において、ミミッキュをダイスチルによる防御もしくはダイアースによる特防を上げながら突破したあと、最後の1体もワンチャン超高耐久で耐えて2発で落とす、もしくはじわれで落とすという一発逆転の動きができます。 ただし地震を打ちたい場面も相当数あった(例えば立ち回り上3体目でカビゴンvsエースバーン対面になることが多かったのですが、この場合は地震をうちたい)ので、地震もあり。 実際中盤までは地震を使っていたんですが、このパーティは受けポケモン対策が弱すぎるので地割れ連打で無理やり突破していく勝ち筋を重要視しました。 フルアタですが耐久力があるので、クッション的な役割をすることもありました。 「」 【トゲキッス狩り&ステロ起点】ナットレイ• 特性:てつのトゲ• 個体値:S逆V、C抜け4V• 努力値:HA252• もちもの:オッカのみ• わざ:ジャイロボール・はたきおとす・パワーウィップ・ステルスロック トゲキッス絶対56すマン。 努力値あまり4はめんどくさかったので振ってません。 相手に炎タイプのポケモンがおらずトゲキッスがいるときは100%選出してました。 最初はダイマックスせずとも強いトリルエースとしてハチマキフルアタナットレイ=通称ヤットレイを使っていたんですが、トリルエースとして使うよりもトゲキッスピンポイントで狩るポケモンにしたほうが強いと思い立ってオッカのみ+ステルスロックに変えました。 ちなみにステルスロックの枠はもともとカビゴン対策をしつつ、ダイマックスすればAを上げられるリベンジでしたが使い勝手が悪く変えました。 一般的な受け型ナットレイに有効打を持たないパーティは3〜4回に1回ほど当たっていたのですが、そういったパーティはほぼ必ずトゲキッスを採用していて、トゲキッスはだいもんじ・かえんほうしゃを採用しているので、一般的に初手で来やすい受け型ナットレイに出し勝ちするために初手で投げられます。 初手トゲキッスの最安定択であり正解択は、ナットレイがジャイロボールを持っている可能性を考えると交代読みもしくは怯み狙いのエアスラッシュやマジカルシャインではなく居座っても交代しても負担をかけられる炎技か、全抜き体制に移れる悪巧みなわけですが、それを逆手にとったナットレイですね。 このナットレイを突破する正解択は初手トゲキッスを投げないか、ダイバーンをすることですが、初手トゲキッスのダイバーンはその後の展開が不安定になりやすく撃たれる可能性は限りなく低いため、相手の炎技を耐えてジャイロボールでトゲキッスを吹き飛ばす試合がとてつもなく多かったです。 実はこのオッカのみナットレイが3桁に載せたMVPといえるポケモンかもしれません。 ステルスロックをまいてトリルエースの展開補助も視野に入れていたんですが、それよりもひたすらジャイロボールを打つのが強すぎました。 1体目トゲキッスを吹き飛ばしたあと、相手がダイマックスで切り返してこようとすることも多かったので、ステルスロックよりもワンチャン相手のダイマックスターンを2ターン以上枯らすことができる「まもる」のほうが適切な技かもしれません。 一応当初の想定通りトリルエースとして立ち回ることもありますが、このポケモンをダイマックスさせる決断が1ターン遅かったせいで負けるということがたびたびありましたので、まだ使いこなせてません。 「」 【最速スイーパー&壁抜け】ドラパルト• 特性:すりぬけ• 個体値:6V• もちもの:こだわりスカーフ• わざ:ドラゴンアロー・ゴーストダイブ・はがねのつばさ・だいもんじ 圧倒的最速のドラパルトです。 シーズン3は今どき最速ドラパルトを使っている人はいないという時期だったので、初手サザンドラ・ドラパルト対面で無償突破したり、後半にトリルが切れたときのラストドラパルト対面やダイジェットパッチラゴン対面、すなかきドリュウズ対面で上から殴って相手の意表をつくことができる試合も多かったです。 最速すなかきドリュウズですら抜けないスカーフドラパルトのスイーパー性能はマジでヤバい。 ほとんどなかったですがこのドラパルトでダイマックスを切って荒らした後ダイマックス3ターンが終わったら一回引いて、後半に再び出すとスカーフであることを警戒されなかったのでスイーパーとしての仕事がしやすかったです。 とんぼがえりはパーティ構築的に安定したクッション型のポケモンがいない(カビゴン、ローブシン、ナットレイがぎりぎりクッションとして役立つかどうかというくらい)なのと、スカーフを激しく警戒させる技なので外しています。 とんぼがえりの代わりにドラパルトvsミミッキュ対面になってしまった場合に、ダイスチルで無理やりBを上げつつ突破し、そのまま対面的に立ち回っていくためにはがねのつばさを採用しています。 Bの上がったスカーフドラパルトの対面性能は意外と高いので、ミミッキュ突破だけでなく2体目も突破してしまうことも度々ありました。 「」 まとめ:【シーズン3】最高158位トリルシャンデラ・ミミッキュ構築 いかがでしたでしょうか。 せっかく(一瞬ですが)自己ベストを更新できたのに記事にしてなかったのを思い出してシーズン4の終盤ですがシーズン3の構築記事を書きました。 シーズン4はまた違ったパーティで戦って遊んでいますが、トリル2枚編成はずっと俺のターン感があって面白いのでまたそのうち使って遊んでみたいです。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 引きこもりすぎて頭の回転が遅くなってきたと感じる人は自宅で簡単にできる筋トレがおすすめです。 「」 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【シーズン3】最高158位トリルシャンデラ・ミミッキュ構築

シャンデラ トリックルーム

Contents• はじめに みなさんはじめまして。 今回は剣盾ダブルバトルでのチェリムを軸とした構築を紹介します。 みなさん、チェリムというポケモンはご存知でしょうか? このポケモンの専用特性「フラワーギフト」は晴れ下で味方全体の攻撃と特防を1. 5倍にするという非常に強力な特性となっています。 そんなポケモンを使った構築を紹介します。 ) 構築の経緯 チェリムを軸とするため晴れを展開できる キュウコン。 エースポケモンとして物理型 ドラパルト。 特殊アタッカー兼トリックルーム構築メタおよびトリックルーム要因の シャンデラを採用。 トリックルームと相性がよく構築的に思いバンギラスに強めな ドサイドン。 威嚇によるサポートと格闘打点を持ち、ねこだましを使用できる ズルズキンを採用し構築が完成しました。 この構築では単体性能重視のやどまもチェリムを採用しました。 技構成は一致技の ギガドレイン、天候を晴れにする にほんばれ、居座り性能を上げる まもる、まもると相性が良く詰め筋の一つして使える やどりぎのたねを採用しました。 チェリムの居座り性能を上げるまもるとやどりぎのたねとの相性がとてもよく、チェリム単体としての性能が高い型となっています。 火力がなく、なめられがちですが、特殊ポケモンであればやどりぎまもるで倒すことができます。 実際にジュラルドン、ミロカロス、いたみわけサマヨール等数々のポケモンとのタイマンを制しました。 PPは増やしておきましょう(戒め)。 ギャラドスもダイマックスさえされなけばまもるがあるためとびはねるを拒否でき、5分以上の勝負ができます。 耐久に関してですが、特防特化のこの型であればトゲキッスの晴れ下のダイバーンですら耐えることがありました。 特殊方面に関しては本当に堅いです。 またチェリムの話ではないですが、本構築ではドサイドンやドラパルトといったエースポケモンにまもるを採用しています。 これはエースがまもる(ダイウォール)ことによってエースを無視できない盤面を1ターンでも長くしてチェリムの行動回数を稼ぐ動きがとても強力だからです。 エースポケモン+チェリムといった盤面ではエースのポケモンが狙われやすいためエース:まもる、チェリム:やどりぎのたねといった動きがとても決まりやすかったです。 チェリム入りの選出ではダイマックスでアドをとりつつどのポケモンを残してチェリムで詰めるかを考えながら立ち回るのもとても重要です。 ギガドレインに関してですが、ドラパルトのダイジェットで加速していくこの構築では攻撃できる型のほうが使いやすい印象でした。 また意外と抜群をとることができるので火力をだせることもありました。 フレンドガードピッピ等いろいろなサポートポケモンがいますが、サポートポケモンとして一致草技を放てることは差別化要素の一つだと思います。 このポケモンは使えば使うほど強さを実感でき、スタン系チェリム構築ではこの型はとてもおススメしたいです。 実際にヒヒダルマと対面したことは少なかったですが、対面したときはきっちりと仕事をしてくれました。 こだわりスカーフをもったキュウコンはいつもより1回分多く行動ができるような感覚があり、とてもつかいやすかったです。 とくにダイジェット後のポケモンに一度行動できるのはよかったところだと思います。 中速ポケモンであれば相手が追い風をしていようとも上から行動できたりします。 読まれにくかったためか、アドを取ることが多かったです。 キュウコンはこうげきととくこうで同程度の種族値をもっていますがチェリムやドラパルトのダイホロウとのシナジー、 スカーフ型で高火力技を連打できる点から物理型を採用しました。 技構成は フレアドライブ、 イカサマ、物理ポケモンに打つ おにび、状態異常対策の しんぴのまもりを採用しましたが、 ほどんどフレアドライブしか打ちませんでした。 臆病CS型で採用した理由はシーズン3ではHCベースのシャンデラが体感多いと感じたこと、ふういん採用型なので相手のシャンデラより先に行動し封殺することができるためです。 ふういん自体はトリックルームパーティにも有効です。 サイドチェンジも一考ではあるのですが、素早いポケモンが多いこの構築ではトリックルームをふういんできることを重要視しました。 この構築の臆病シャンデラは読まれにくかったためか、トゲキッスやバンギラスの上から行動し、相手の想定を狂わせることが多かったです。 またゴーストタイプなのでねこだましを気にしなくてもよく、とても扱いやすかったです。 素早さ操作に乏しいこのパーティではシャンデラを構築に入れることが重要で、 エルフーン入りの構築にはドラパルトのダイジェットと組み合わせればトリックルームor攻撃の択ゲーをしかけて勝負することができるので意外と戦えることができました。 トリックルーム+ドサイドンの展開もできますがシャンデラが素早い型となっいるため積極的に狙うべきではないと考えます。 火力についてですが、このポケモンの晴れねっぷうは非常に強力です。 相手をごっそり削ることができます。 過去作をプレイしたことがあるプレイヤーであらばわかると思いますが晴れ下のこのポケモンの火力は実質メガリザードンYです。 そう思うとこのポケモンの火力の高さを認識しやすいかなと思います。 僕個人の所感ですが、晴れとの相性よさや素早さ操作技、 対トリックルーム構築性能まで考えるとシーズン3までのプールできあいのタスキシャンデラはキュウコン+チェリム構築では外せないポケモンであったと思うくらい評価が高かったです。 キュウコンチェリムを使う際にはぜひご一考いただきたいポケモンです。 最速にすることでスカーフウオノラゴンやバタフリーの上をとることができるので最速にしています。 技構成はタイプ一致技の ドラゴンアロー、 ゴーストダイブ、ダイジェット用の アクロバット、 まもるで完結していると思います。 チェリムと相性が良いダイバーン用炎技を仕込むよりはエースとしての性能を意識しました。 実際構築内で炎打点は足りているので必要ないと考えます。 構築的にSを伸ばしたポケモンが多くトリックルーム+ドサイドンの展開よりはこのポケモンで勝負することが多かったです。 アクロバットに関してはダイマックス後に素早くフェアリータイプのポケモンを攻撃することができるため便利でした。 晴れ下のチェリムと並んだこのポケモンの火力はすさまじく、1撃でダイマックスリザードンをほぼ瀕死に持っていけるほどです。 ダイマックスインテレオンはほぼ一撃です。 チェリムと並ぶことで特殊耐久が確保され、抜群をつかれてもしっかりと耐えることができます。 耐久が増えたドラパルトはダイジェットを打つ余裕ができるためダイマックスターンを3ターン消費できることが多かったです。 1加速ドラパルトは砂下のドリュウズより早いため、上から攻撃をしかけることができます。 おいかぜがないこの構築ではありますが、素早さ優勢を相手にとり続けられるわけではなかったです。 晴れ軸のパーティの天敵は水タイプではなく炎タイプなことが多いです。 実際にウインディやリザードンといったポケモンはとても選出されました。 それらのポケモンに強いこのドラパルトはキュウコンチェリム軸のエースとして非常に頼もしかったです。 前述したとおり炎技が半減、優秀な素早さ、威嚇耐性と欲しいものがすべて揃っているため、頭一つ抜けた性能を持っていると個人的には考えます。 エースポケモン候補としては炎技耐性があり一致ダイジェットの打てるギャラドスや威嚇耐性のあるウォーグル等も候補かなと思います。 耐久調整に関してはよくみるADベースでもよいのですが、ダイアースのDバフやチェリムが特殊耐久を強化してくれるので、少し物理方面の耐久も伸ばしてあります。 ダイマックスドリュウズの珠ダイスチルをほぼ耐えくらいの調整です。 この構築で重いバンギラスが採用された構築には選出することが多かったです。 晴れであれば水タイプとも打ち合うことができるのが非常に心強かったです。 トリックルーム構築ではないですが、シャンデラでトリックルーム展開も行うことできるのでその展開も強力でした。 アイアンヘッドはダイスチルによる味方の強化を重視して採用しました。 しかし眠り耐性用のかみなりパンチも一考かなと思っています。 確実にトリックルームを決めたいときにはシャンデラズルズキンと選出してねこだましトリックルームから展開しドサイドンにつなげる動きも強力です。 技構成はねこだまし、インファイト、じごくづき、飛行タイプへの打点となるかみなりパンチを採用しました。 努力値を攻撃に振っているのはねこだまし後にこのポケモンが置物にならないようにするためです。 攻撃に振り切ってもドラパルトを確定で落とせるわけではないほどに火力は乏しいので注意が必要です。 カポエラーも試してみたのですが、対格闘性能よりはねこだまし要因として選出したときにゴーストタイプやエスパータイプに打点があることのほうが安心感がありズルズキンを採用しました。 このポケモンの枠はこの構築で厳しいバンギラスドリュウズ構築に強いポケモンがおススメで、 水ロトムやカポエラーやローブシンなども検討の余地ありだと考えています。 もちろんキュウコンがそのまま攻撃しても強いです。 ヤミラミやオーロンゲ入りの構築ではキュウコンがしんぴのまもり+ドラパルト守る(ダイウォール)スタートするのもありです。 基本選出その2 キュウコン+シャンデラ 裏:エースポケモン+チェリム キュウコンシャンデラで削りをいれてからエース+チェリムを展開する選出です。 相手に天候変化ギミックがなく炎技の通りがよい場合にはとても強力です。 シャンデラの晴れねっぷうとキュウコンのフレアドライブで圧力をかけていきましょう。 トリックルーム対策に薄いパーティはシャンデラ方向に攻撃を重ねることがおおく、ダイジェットポケモンにもキュウコンが2回上から行動できたりするのが非常に強かった印象です。 VSエルフーン軸(例エルフーン+ジュラルドン) ドラパルト:ダイジェット+シャンデラ:ねっぷうorシャドーボール トリックルームからのドサイドンの展開をケアするため相手がシャンデラに対して両攻撃を選択することを逆手にとった動きです。 初手からリスキーな択ではありますが決まれば強力な動きです。 素直にトリックルームをするのも強いです。 いたずらこころ挑発+トリックルームをしてきそうな並び(ヤミラミ+ブリムオン等)では強気に攻撃することも重要です。 ねこだましをもつトリル要因のゴチルゼル+バタフリーの並びならばズルズキン+シャンデラと出したりもします。 改善点としてはバンドリとの勝率をいかにして上げるかというところだと思います。 たとえば構築にトリックルーム要素も追加したいと考えたとします。 このように構築としてトリックルームを行いたいとなった場合にトリックルーム要因として有名なサマヨールやヤレユータンよりもシャンデラを採用することで構築としてトリックルーム展開のパターンができてかつパワーを落とさないということができます。 チェリム構築を組む際の参考にしていただければと思います。 あくまでも参考程度にしていただければと思います。 Special thanks!! この構築を組むうえでとても参考になったチャンネルです。 キュウコンチェリムドラパルトドサイドンのアイディアややどりぎ型のチェリムをおススメしていただきました。 youtube.

次の

【単体考察】トリルシャンデラ

シャンデラ トリックルーム

鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の