お シッコ 泡立つ 原因。 尿が泡立つ原因や消えないのは異常なの?病気のサインかもしれない?

尿が泡立つ原因や消えないのは異常なの?病気のサインかもしれない?

お シッコ 泡立つ 原因

排泄直後の尿は、空気をふくんで泡立つことも多いのですが、大抵はすぐに消えます。 すぐに消える程度であれば問題ありません。 また、尿は濃くなると排尿中に泡立ちます。 脱水や水分摂取の不足、発熱などでも尿が濃くなり、泡立ちます。 病的な泡立つ尿! 常に泡が立つ尿が出る、季節や運動などとは無関係に尿が泡立つ、尿の泡がなかなか消えない、泡が盛り上がるといった場合は、病的な尿であることが考えられます。 ・尿の泡立ちの原因 尿の泡立ちがなかなか消えない主な原因は、「蛋白」が含まれていることです。 腎臓は、血液をろ過して体内の水分量を調整、老廃物などを尿として排泄する働きがあります。 腎臓の機能が低下すると、老廃物をろ過することができなくなり、そのため、血液中の蛋白が尿に混ざって出てくるのです。 ・尿の泡立ちと関連した疾患の具体例 腎臓の機能が低下すると、蛋白が尿に混ざって出てきます。 ネフローゼ症候群、腎炎、尿路感染症などが考えられます。 腎臓以外にも尿道、膀胱などにも原因がある可能性があります。 肝臓機能に問題があると、蛋白尿が出やすくなり、尿が泡立ちます。 脂肪肝や黄疸の出始めに尿が泡立つこともあります。 また、糖尿病でも尿の中に糖が排泄されるようになり、尿糖が増加すると尿の粘稠度が高くなり、尿の泡立ちが目立つようになります。 な人でも、泡立つ! 激しい運動後や疲れているときには、尿蛋白がでることがあります。 また、ストレスがあったり、不足や疲労などが溜まる、不規則な生活などがあると、腎臓の機能が低下して尿蛋白が出やすくなります。 尿に多量の泡や細かい泡がでて消えない場合は、一般内科 腎臓内科 または泌尿器科に受診してみましょう。 尿が泡立つことは即、病気というより黄色信号だと思ってください。 日常生活を見直す必要がありますね。 <執筆者プロフィール> 南部洋子(なんぶようこ) 助産師・看護師・タッチケア公認講師 株式会社 とらうべ 社長。 国立大学病院産婦 人科での経験後、とらうべ社を設立。 タッチケアシニアトレーナー あわせて読みたい•

次の

おしっこに泡がでる=糖尿病なんですか?違うならほかにどんな可...

お シッコ 泡立つ 原因

A:何らかの理由で尿の粘稠度が高くなると尿が泡立つようになります。 病気の場合もありますが、病気でない場合もあるので、次のことを参考にしてみてください。 A 1 :腎臓や全身に病気無い場合にも次の様な時に尿の泡立ちを認めます。 例えば、夏場や運動後に発汗量が増えている時、あるいは冬場の乾燥している場合に皮膚から水分が蒸発している時に水分摂取量が不足すると尿が濃くなります。 尿が濃くなると粘稠度が高くなって尿の泡立ちが目立つようになります。 A 2 :腎臓に病気があって、尿の中に大量の蛋白が排泄されている時にも尿の泡立ちが目立つようになります。 この場合にも水分摂取量を増やすと、泡立ちの程度が軽くなります。 季節や運動とは無関係に尿の泡立ちを認める場合には医療機関を受診して、尿蛋白排泄量を測定してもらうことを勧めます。 A 3 :全身の病気によって尿の泡立ちを認めることがあります。 最も多いのは糖尿病です。 この尿糖が増加すると尿の粘稠度が高くなって尿の泡立ちが目立つようになります。 果物や糖を含む飲料水(ジュースを含む)摂取後、あるいは食後に尿の泡立ちを認める場合には医療機関を受診して、血糖値や尿糖の量を測定してもらうことを勧めます。 A 4 :血液中の蛋白が増加して、それが尿蛋白として排泄される場合があります。 白血病や多発性骨髄腫がこれに相当します。 体重減少や微熱が続く場合や、急に腎臓の働きが悪くなるような場合には医療機関を受診して、白血球数や血小板数の増減、ベンス・ジョーンズ蛋白の有無などを測定してもらうことを勧めます。 尿が褐色や赤くなるのはどんな時? 尿というのは通常、無色から黄色透明です。 黄色の濃い薄いが腎臓の異常を意味することはありません。 黄色以外の色の尿(たとえば赤色、橙色、緑色、紫色など)を自覚した時はただちに専門医に受診してください。 腎臓の病気あるいは他の臓器が障害されている可能性があります。 また尿が透明ではなく濁っている時も専門医に相談した方がいいでしょう。 A:尿に血液が混じっている場合(血尿)、ヘモグロビンやミオグロビンなどの色素が尿に混じっている場合に尿が褐色または赤色になります。 A 1 :尿が褐色または赤くなって、排尿時の痛み、頻尿、発熱を伴う場合には尿道炎、膀胱炎、あるいは腎盂腎炎が考えられます。 医療機関を受診して、尿と血液、時には腹部超音波検査で腎盂が拡張していないか検査してもらうことを勧めます。 1-2週間の抗生物質の服用で治りますが、性感性症の場合には特殊な薬物治療が必要となることもあります。 A 2 :扁桃腺炎を起こした後、あるいは過去に扁桃腺炎を繰り返した経験あって、健康診断で何度か尿潜血反応が陽性であると言われたことのある方、あるいは尿蛋白が陽性であると言われたことのある方は糸球体腎炎である可能性が高いので、腎臓内科専門医療機関を受診して、精密検査を受けることを勧めます。 A 3 :四肢または全身打撲を経験した直後、あるいは中性脂肪を下げる薬剤、稀ですが悪玉コレステロールを下げる薬剤を服用して数日後に全身倦怠感や全身の筋肉痛を伴う場合にはミオグロビンと言う筋肉の中に含まれる色素が血液中に増加し、結果として尿の中に認められることがあります(ミオグロビン尿症)。 ミオグロビンは非常に強い腎障害物質ですので、数時間から数日で腎臓の働きが障害されます(急性腎不全)。 透析治療が必要な場合もありますので、この様な症状を認めた場合には、急いで腎臓内科専門医療機関を受診して、精密検査を受けることを勧めます。 A 4 :下痢や血便と共に尿が褐色や赤くなる場合には、病原性大腸菌による溶血性尿毒症症候群の可能性があります。 透析治療が必要な場合もありますので、この様な症状を認めた場合には、急いで腎臓内科専門医療機関を受診して、精密検査を受けることを勧めます。 A 5 :肩甲骨の下、あるいは背部に激痛を伴って尿が褐色や赤くなる場合には、尿管結石や腎結石の可能性あります。 放置すると尿が腎盂や腎杯に貯留して、水腎症と言われる状態になります。 なるべく早期に泌尿器科または腎臓内科を受診して、精密検査を行うことを勧めます。 A 6 :特徴的な症状が無いにも関わらず、常に尿が褐色や赤くなる場合には腎臓癌の可能性があります。 癌が進行すれば背部痛や骨の痛みなどを伴うことがあります。 なるべく早期に泌尿器科を受診して精密検査を行うことを勧めます。 尿量が減っているのは腎臓がおかしい証拠でしょうか? 学校や会社の健康診断で尿検査の異常を指摘されることがあります。 しかし尿の異常所見がすべて腎臓の病気を反映しているわけではありません。 したがって、体調のよい時を選んで必ず再検査をしてください。 また起立性蛋白尿あるいは血尿といって、単に歩行することだけで尿の中に蛋白や血が混じってしまう体質の方もいらっしゃいます。 この体質の方は、朝一番の起床時直後の尿には全く異常を認めません。 早朝尿を用いて確認する必要があります。 持続的な血尿:尿のなかに血液が混じることを血尿といいます。 通常は尿の中に血液が混じることはありません。 その程度は様々で、見た目に尿の色が赤くなるものから、検査をしては始めて血が混じっていることが分かるものまで様々です。 慢性腎臓病、尿路感染症、尿管結石、悪性腫瘍が否定できません。 血液検査、詳しい尿検査、超音波検査などの追加検査が必要になります。 持続的な蛋白尿:慢性腎臓病が強く疑われます。 特に血尿もあわせて認められる時は難治性の腎臓病も疑われます。 血液検査、詳しい尿検査、超音波検査などの追加検査が必要になります。 最終的には、腎臓の細胞を採るような入院が必要な検査をしなければならないこともあります。

次の

尿が泡立つ原因を解説!生理的な場合と病気の場合があった!

お シッコ 泡立つ 原因

尿の泡が気になったらチェックするべき6つの項目 1|毎日・毎回 尿に泡が立つのかどうか 尿が泡立つのは毎日、朝昼晩と毎回の尿で泡立ちますか? もしそうではなく 一過性のことであれば心配するほどのことではありません。 後でも触れますが、尿の状態は食事や飲み物、 薬など服用した場合などには特に目に見えて変化が出てくるものです。 もし泡が気になったのが朝一番の尿であれば、 一晩寝ているあいだに濃くなっていただけ、ということもあります。 何日間も毎回泡が立つ、という場合は危険信号である可能性もあるので、近いうちに診察してもらうことをオススメします。 2|泡の状態はどんな感じか 泡の状態がキレイに注いだ美味しそうなビールのような キメ細やかなクリーミーな泡の場合は要注意です。 それが続くようならネフローゼ症候群という腎臓疾患の可能性もあるのですみやかに診察を受けたほうがいいでしょう。 ネフローゼ症候群というのは腎臓のろ過機能が低下する病気で、症状としては全身にむくみが出てきたり、酷くなると灰に水が貯まるなどの症状を引き起こすことがあります。 尿の泡が目の粗い状態なら原因は腎臓の疾患ではなく、 蛋白質を処理する肝臓の問題である可能性も考えられます。 この状態も長く続くようなら脂肪肝などの可能性もあり危険ですが、 飲み過ぎた後など一時的に起こることもあるので、 暴飲暴食に思い当たる節があれば、少し様子を見てはいかがでしょうか。 ちなみに「脂肪肝」とは、脂肪が溜まりすぎた肝臓の状態のことで、この状態が長く続くと肝硬変や肝臓ガンといった病気に発展することもあります。 3|身体の疲労度は?疲れすぎてない? 身体に疲労が溜まっている時も泡立つことがあります。 上記と同じように内臓の働きが鈍ることでタンパク質を処理しきれず、 尿と一緒に出ることで泡になっているということもあるんです。 もし疲れが溜まってるからかなぁ~と思いあたるなら、 少し休むか 内臓にやさしい軽い食事を意識してみて下さい。 4|尿の臭いは気になりますか? 泡が立つことと糖尿病が直接関係ないとは言われても、 テレビで言われてたりするとやはり不安になってしまいますよね。 もし泡立ちが気になるようでしたら、尿の 「 臭い 」に注意してみて下さい。 通常の尿の臭いは健康体であればほとんど気になりません。 クンクンと嗅げばアンモニア臭がするかな? という程度のはずです。 少し濃い臭いがする程度ならまだ良いのですが、 甘酸っぱい臭いがしたら要注意のサインです。 関連記事 甘酸っぱさを感じたり、ちょっと臭いがキツすぎるんじゃないか?と感じたら糖尿病のサインであることも考えられます。 5|尿の色が濃すぎるなら要注意です 正常な尿の色は軽く黄色みがかった透明に近い色です。 白っぽく濁っていたり、 茶色みがかっていたりするなら医師に相談ですね。 ただ、これも特に朝起きてすぐの尿は水分が不足して濃くなっているだけのこともあるので、しっかり水を飲んで昼には通常の尿になっているようなら問題ありません。 赤ワインやコーラのように濃い色だったら今すぐお医者さんへ行きましょう! 血尿は身体の危険信号と言われます。 早めの診察を強くオススメします。 関連記事 ・ 6|悩み事や精神的ストレスを抱えていませんか? 身体の肉体的な疲れが溜まっている時も泡立ちやすいですが、 精神的なストレスが溜まっている時も内臓の働きが鈍くなって、 同じように尿が泡立ちやすくなることがあります。 上手くストレスを発散させたり、悩み事を解決するのが一番ですが、 悩んでしまいがちなのは身体の疲れが原因であることもあります。 悩み事の解決となるとすぐにはできないかもしれませんが、 できるだけ心身ともに休まる時間を作るなどして リラックスすることにに努めてみてください。 尿の泡が消えない時のチェックリスト:まとめ 尿の泡が消えない時にチェックすべき項目をまとめておきますね。 チェックリスト• お医者さんで詳しく診てもらうことをオススメします。 その他の項目でも気になる点があればあまり悩まず診察に行きましょう。 何も無ければ無かったで安心ですし、 何かあったなら早期発見で損することは何もありません。 関連記事.

次の