不幸 が あっ た 人 へ の メール。 取引先からの訃報メールにどう返信する? NGワードや例文も【ビジネス用語】

友人の家族に不幸 亡くなった時メールの返信やかける言葉は?

不幸 が あっ た 人 へ の メール

スポンサーリンク 相手別のメールへの返信方法とは? 訃報のメールを受け取った際には、相手側も身内の不幸に心身ともに疲弊し、また葬儀の準備などで忙しいと考えられます。 ですのでメールを返信する場合は文章は短めにし、お悔やみの言葉とともに遺族を気遣う言葉を添えて返信するとよいでしょう。 ここでは、会社の上司や取引先の人などからの訃報のメールに対する返信方法を例文を挙げて述べていきたいと思います。 上司からの訃報への返信の仕方の例文 本文「ご尊父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 心身ともに大変な時とは存じますが、くれぐれもご無理をなさいませんようお願いいたします。 まずは略儀ながらメールにてお悔やみ申し上げます。 」 取引先からの訃報への返信の仕方の例文 本文「この度は、お身内にご不幸があったと伺い、心から哀悼の意を示しますとともに故人のご冥福をお祈り申し上げます。 心身ともにお辛い状況であるとは存じますが、どうかお力落としのないようにご自愛ください。 まずは略儀ながらメールにてお悔やみ申し上げます。 」 訃報への返信メールで注意すべき言葉とは? 身内の不幸を知らせるメールを受け取った場合、メールを返信する際には普段のメールとは違い使用に気を付けなければならない言葉があります。 ここでは訃報への返信メールで注意すべき言葉について述べていきたいと思います。 1 「御愁傷様でございます」 葬儀の際などの一般的なあいさつでは「御愁傷様です」が一番よく使われている言葉でもあります。 御愁傷様という言葉は、元々は相手を気の毒に思う様子を表す言葉で、身内の不幸があった方へのお悔やみの言葉でもあり、また相手への最上級の敬意を表します。 しかしこの言葉は、遺族との会話の中でしか使えない話し言葉です。 ですのでけしてメールの中で「御愁傷様」と使わないように注意しましょう。 2 「頑張って」や「元気を出して」はNG 身内の不幸があった方には、「頑張って」や「元気を出して」は言わないようにしましょう。 遺族は身内の不幸に打ちのめされ、悲しみの中にいます。 そんな時に「元気を出して」言われても、力づけてくれているとは分かっていても中には負担に感じる方もいます。 ですので遺族に言葉をかける際には「お力落としのないように」または「ご自愛なさってください」などの、相手の今の気持ちを配慮した言葉を選んでかけるようにしましょう。 重ね言葉などの忌み言葉は使わない 身内の不幸があった方にかけてはいけない言葉のひとつに重ね言葉があります。 これは不幸が重なるという縁起を担ぐ意味で使ってはいけないとされています。 「重ねる、再び、たびたび、くれぐれも」などがこれにあたり、さらに「続く、追って、繰り返す」などの忌みも使ってはいけないとされています。 また不幸があった際は「死ぬ、死んだ、死亡、死去」など死を連想させる言葉は避け、代わりに逝去という言葉に言い換えます。 同じように「生きる」という言葉も、「生前、お元気な頃は」という風に言い換えた方がよいでしょう。

次の

忌引き明けの同僚にかけるべき言葉は?|メール・言葉・挨拶・連絡|終活ねっと

不幸 が あっ た 人 へ の メール

スポンサーリンク 相手別のメールへの返信方法とは? 訃報のメールを受け取った際には、相手側も身内の不幸に心身ともに疲弊し、また葬儀の準備などで忙しいと考えられます。 ですのでメールを返信する場合は文章は短めにし、お悔やみの言葉とともに遺族を気遣う言葉を添えて返信するとよいでしょう。 ここでは、会社の上司や取引先の人などからの訃報のメールに対する返信方法を例文を挙げて述べていきたいと思います。 上司からの訃報への返信の仕方の例文 本文「ご尊父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 心身ともに大変な時とは存じますが、くれぐれもご無理をなさいませんようお願いいたします。 まずは略儀ながらメールにてお悔やみ申し上げます。 」 取引先からの訃報への返信の仕方の例文 本文「この度は、お身内にご不幸があったと伺い、心から哀悼の意を示しますとともに故人のご冥福をお祈り申し上げます。 心身ともにお辛い状況であるとは存じますが、どうかお力落としのないようにご自愛ください。 まずは略儀ながらメールにてお悔やみ申し上げます。 」 訃報への返信メールで注意すべき言葉とは? 身内の不幸を知らせるメールを受け取った場合、メールを返信する際には普段のメールとは違い使用に気を付けなければならない言葉があります。 ここでは訃報への返信メールで注意すべき言葉について述べていきたいと思います。 1 「御愁傷様でございます」 葬儀の際などの一般的なあいさつでは「御愁傷様です」が一番よく使われている言葉でもあります。 御愁傷様という言葉は、元々は相手を気の毒に思う様子を表す言葉で、身内の不幸があった方へのお悔やみの言葉でもあり、また相手への最上級の敬意を表します。 しかしこの言葉は、遺族との会話の中でしか使えない話し言葉です。 ですのでけしてメールの中で「御愁傷様」と使わないように注意しましょう。 2 「頑張って」や「元気を出して」はNG 身内の不幸があった方には、「頑張って」や「元気を出して」は言わないようにしましょう。 遺族は身内の不幸に打ちのめされ、悲しみの中にいます。 そんな時に「元気を出して」言われても、力づけてくれているとは分かっていても中には負担に感じる方もいます。 ですので遺族に言葉をかける際には「お力落としのないように」または「ご自愛なさってください」などの、相手の今の気持ちを配慮した言葉を選んでかけるようにしましょう。 重ね言葉などの忌み言葉は使わない 身内の不幸があった方にかけてはいけない言葉のひとつに重ね言葉があります。 これは不幸が重なるという縁起を担ぐ意味で使ってはいけないとされています。 「重ねる、再び、たびたび、くれぐれも」などがこれにあたり、さらに「続く、追って、繰り返す」などの忌みも使ってはいけないとされています。 また不幸があった際は「死ぬ、死んだ、死亡、死去」など死を連想させる言葉は避け、代わりに逝去という言葉に言い換えます。 同じように「生きる」という言葉も、「生前、お元気な頃は」という風に言い換えた方がよいでしょう。

次の

身内の不幸のときのメールの書き方・返信方法|結婚式/休み

不幸 が あっ た 人 へ の メール

A ベストアンサー こんにちは。 30代オンナです。 私は5年前に実母を癌で亡くしました。 そのときに会社の皆さん、友人たちにいろいろな言葉をかけてもらいました。 「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらい(お通夜・お葬式は大変だった!)の言葉はどれもありがたいものでした。 ただ、うちの母親の場合56歳という若さで亡くなったのでそれは私自身とても残念で悲しいことでした。 唯一「まだ、若かったのに残念ね・・」という言葉には正直辛く感じました。 わたくしごとをゴタゴタ並べてしまいましたが、やはり何か言葉をかけてあげたほうが良いと思います。 腫れ物を触るように気をつかっていただいたことがあり逆にこっちが気をつかっちゃったりしたことがありました。 ただ、なくなった直後は葬式やら事務手続き等でとても忙しくて亡くなったんだ実感というものが感じられません。 できたら、落ち着いた頃に 49日が終わり、2か月くらいたったころ)食事にでも誘ってお話を聞いてあげてみてください。 A ベストアンサー 私は、友人からメールをもらえて嬉しかったですよ。 私は、この5年間に3人の家族を送っていますが、一番最初に亡くなったのが私の母でした。 今でも毎月のように会っている短大以来の仲間数名がいるのですが、母が亡くなった時に「母が亡くなってしまったので、当分集まりには顔を出せないかもしれない。 」と連絡したところ、「お母さまのご冥福をお祈りします。 葬儀には参列させてもらうけれど、少しでも早くお悔やみの言葉を伝えたくてメールをしました。 電話だと忙しいところにかえって失礼かと思って、メールにしてしまいました。 もし、私でお手伝いできることがあったら連絡してください。 」と返信をしてくれました。 それでよろしいかと思いますよ。 少しでも早く、お悔やみの言葉だけでも伝えて差し上げたい-というご質問者さまのお気持ちは伝わっていると思います。 私の友人の中には、「あら、ごしゅうしょうさま。 」というメールを送ってきた人もいます(文面の軽さに、なんて非常識…と感じました。 「ご愁傷様」は本当にひらがなだったんです)。 それに比べれば、「ご冥福をお祈りします」は、立派なお悔やみの言葉だと思います。 そんな時に届いたメールを見て、こんな人が気にかけてくれているんだ-と思うこともありますよ。 それが慰めになります。 私は、友人からメールをもらえて嬉しかったですよ。 私は、この5年間に3人の家族を送っていますが、一番最初に亡くなったのが私の母でした。 今でも毎月のように会っている短大以来の仲間数名がいるのですが、母が亡くなった時に「母が亡くなってしまったので、当分集まりには顔を出せないかもしれない。 」と連絡したところ、「お母さまのご冥福をお祈りします。 葬儀には参列させてもらうけれど、少しでも早くお悔やみの言葉を伝えたくてメールをしました。 電話だと忙しいところにかえって失礼かと思って、メ... A ベストアンサー お友達はあなたのことを頼りに思っていらっしゃる様ですね。 一般的には 「急なことで驚きました。 お母様のご冥福をお祈りいたします。 あなたは大丈夫ですか? 何かできることがあったらいつでも連絡してください。 お手伝いできることがあれば、何でも言ってくださいね。 とか 中学校時代の友人には連絡しておこうか?etc. 」 といったところでしょうか。 ところであなたは今、お友達の近くにいるのですか? もし、近くにいるなら、あなたの時間が許すのであれば、「行っても良い?」と聞いて上げてください。 そばに居てあげてください。 メールで「何かできることがあったら連絡して」と、送るのも良いと思うのですが。 私の経験から言わせてもらいます。 ハッキリ言って「迷惑をかけるから」と考えたり、そもそも連絡する時間が無くて何も出来ません。 (連絡しなければならないこと、やらなきゃいけないこと満載なので) もう何年も前になりますが、私も母を亡くして呆然としているとき、親友が会社を休んで駆けつけてくれました。 葬儀のことや、親戚・知人・職場・地元の役員さんに連絡したりと、何もかもが一気にやってきます。 悲しんでる暇もないくらいです。 遠い親戚の方たちへの挨拶、父との会話もままならないほどばたばたしていました。 お茶一つ運ぶのもふらふらしていた私を助けてくれたのが、彼女でした。 通夜、葬儀と付いていてくれて、兄弟のいない私にはとても安心できる存在でした。 そして親族と火葬場へ向かう私を静かに見送ってくれました。 しかもその時彼女のお母さんは入院していて。 私の母が亡くなった丁度一ヶ月後に亡くなられました。 そんな時なのに来てくれた彼女には感謝の言葉だけでは表せないぐらい有り難く思いましたから。 後、宗教にも寄りますが区切りのつく日(例えば49日とか)が過ぎたら連絡してあげてください。 一通りばたばたしたことが終わったら、気が抜けて体調を崩してしまったりします。 それと、ふっと思い出しては寂しくなったり、思い出したように泣いてしまったりします。 気持ちが不安定になるのですね。 私は、自分で「ちゃんと気持ちの整理をつけよう」と思えたのが、13回忌を過ぎてからです。 今は悲しみよりも、楽しかったことを思い出す方が多くなっています。 お伺いしてみて「邪魔になるかな」とあなたが感じるのであれば、お暇すれば良いでしょう。 でも私は、ふと振り返ったとき、彼女の顔を見てほっとしたことを今でも覚えています。 お友達のお母様のご冥福をお祈りいたします。 お友達はあなたのことを頼りに思っていらっしゃる様ですね。 一般的には 「急なことで驚きました。 お母様のご冥福をお祈りいたします。 あなたは大丈夫ですか? 何かできることがあったらいつでも連絡してください。 お手伝いできることがあれば、何でも言ってくださいね。 とか 中学校時代の友人には連絡しておこうか?etc. 」 といったところでしょうか。 ところであなたは今、お友達の近くにいるのですか? もし、近くにいるなら、あなたの時間が許すのであれば、「行っても良い?」と聞い... A ベストアンサー No. 再回答のお願いがありましたので、回答させて頂きます。 >うまくいえませんがAさんの家族が死んだ事をそれほど残念にはおもってなくてAさんだけを心配してるだけみたいにおもわれないでしょうか? >(この人、自分の家族(Aさんの家族)が死んだ事は悲しくないんだな。 私のことだけしか考えてくれてないんだな) あなたが懸念されているような事を思う余裕など、私には全くありませんでした。 実際に親を亡くされた事がないと当事者の気持ちは分からないと思いますが、 残された家族は、慰めの言葉なんか耳に入らないほどショックを受けているものです。 訃報を電話で聞いた時に、すぐ体裁のいい慰めの言葉をかけられる方が 不自然な気がします。 お通夜は真っ黒な喪服で行ってはいけない、というのはご存知でしょうか。 訃報を知らされて、お葬式前に慌てて駆けつけるお通夜に喪服で行くという事は、 「相手の死を待っていた、いつ死んでもいいように準備していた」という事に なってしまうんです。 だからお通夜は、喪章を付けただけの平服(とはいえ派手なのは不可ですが)を 着ていくものなんです。 それと同じで、うまい慰めの言葉をあらかじめ用意しておくなんて、不吉で 不自然な事だと思いませんか? >私はAさんの家族にあった事がないのでAさんが可哀想っていうきもちなのですが・・これって親身になってませんか? そんな事ないと思います。 あなたはAさんとお友達であるのですから、Aさんが可哀想っていう気持ちで あるのはごもっともな事です。 一度でもお会いした事があれば「あんなにお元気そうだったのに・・・」とか 言えると思いますが、 お会いした事も無い友達の家族の死を悼む言葉がすっと出て来ないのは、 当然の事なんですよ。 何度も書きますが、あなたのできる事、あなたがすべき事は、この先Aさんの お力になってあげられるように努力する事です。 >「私にできることがあったら言ってね」というのもできることなんかないですし・・ 「できる事がない」なんて思わず、こういった言葉をかけてあげる事が、Aさんの 心の支えになると思いますよ。 ご参考になれば幸いです。 再回答のお願いがありましたので、回答させて頂きます。 >うまくいえませんがAさんの家族が死んだ事をそれほど残念にはおもってなくてAさんだけを心配してるだけみたいにおもわれないでしょうか? >(この人、自分の家族(Aさんの家族)が死んだ事は悲しくないんだな。 私のことだけしか考えてくれてないんだな) あなたが懸念されているような事を思う余裕など、私には全くありませんでした。 実際に親を亡くされた事がないと当事者の気持ちは分からないと思いますが、 残された家...

次の