集団ストーカー 警察 相談。 警察 集団ストーカー監視ストーカー対策

【弁護士が回答】「集団 ストーカー」の相談148件

集団ストーカー 警察 相談

複数の人間を使って一人の人間に嫌がらせをする集団ストーカーですが、何か対策はないのでしょうか。 精神的に追い詰めてくる集団ストーカーの、一番の対策は「相手にしない」ことです。 不特定多数の人間を使って不可思議なことを日常的に仕掛けてきたり、すれ違う際にそれとなく言葉や態度で被害者に示してきたりします。 そういったこともすべて相手にしないことが有効な対策になります。 ただ、すれ違う時の言葉や態度、日常的におこる不可思議なことがどうしても気になる場合は、イヤホンやヘッドホンで耳から聞こえてくるものを遮断したり、サングラスをかけて視界を制限するのも有効な手立てです。 サングラスは被害者の視線の先を分からなくさせる効果があるために、集団ストーカーが視線を気にして仕掛けてこられなくさせる効果もあります。 集団ストーカーって本当にあることなの? 不特定多数の人間からの嫌がらせを想像することが難しいために、被害妄想なのではと言われる場合が多いです。 例えば ・同じナンバーの車が何回も通る ・車は別だけど同じ人が乗車してついてくる ・自分の自転車の駐輪位置が変わっている ・植木鉢の位置が変わっている ・通勤に使っている駅で自分が行くと頻繁に喧嘩が起きたり大声を出したりしている人がいる など、普段は偶然や勘違いで済まされてしまうことがほぼ毎日のように起こります。 そうなると被害者は何かがおかしいと感じます。 しかし、友人や知人に相談しても被害妄想で片付けられたり、頭がおかしい人と自分から離れていってしまう可能性もあります。 そうなると、被害者はますます精神的に追い詰められていくことになります。 被害妄想で片付けられる原因 被害妄想で片付けられる原因は、集団ストーカーという行為があまり認知されておらずに、不特定多数の人間からの嫌がらせ行為を想像するのが難しいというのとはほかに、精神疾患の患者が同じ症状を訴える場合があるのが大きな要因になっています。 例えば、上記のような同じ車が何回も通るや植木の位置が変わっているなど嫌がらせの内容をインターネットで検索すると総合失調症という言葉が出てきます。 この総合失調症は脳内の精神機能がうまく働いていない状態で起こる精神疾患です。 この総合失調症は4段階の経過をたどるとされています。 前兆期、急性期、休息期、回復期の4段階です。 前兆期と急性期の時の症状が集団ストーカーされているときの状態に類似しています。 そのために多くの人が精神疾患ではないのかと疑います。 集団ストーカーの解決方法とは? 集団ストーカーされ精神的に追い詰められているときに、第三者や親しい間柄の人に相談するのにも注意が必要になります。 なぜなら、被害者本人の伝え方によっては、被害妄想の精神的におかしい人と思われてしまう可能性があるからです。 もし第三者や親しい間柄の人に相談するのであれば、具体的な証拠を提示しながら相談するのが得策です。 また、相談相手として集団ストーカーを専門に扱っている機関などもあるのでそういった機関を利用するのも有効です。 集団ストーカーの恐ろしいところは、被害者自身が被害妄想なのかもと思い込んでしまう可能性があることです。 相談相手に被害妄想だと言われてしまうと、自分自身に疑いを向けてしまうこともあります。 そういったことから、集団ストーカーの専門機関に相談してみるというのが一番いい方法ではないでしょうか。 集団ストーカーの目的とは? 悪徳業者が新人調査員などの訓練と称して無差別に対象者を選び行う場合もあります。 対象者に対して尾行の訓練や盗聴、盗撮を繰り返します。 繰り返しの嫌がらせ行為に、精神的に疲れてしまった対象者に接触して親身に相談に乗るふりをして自身の会社の営業をかけます。 悪徳業者は自身の社員の訓練をでき、営業で得た仕事で対象者の家などの盗聴器やストーカーの調査を受けて業者の被害者である対象者から、感謝と報酬をもらえるので一石二鳥になってしまいます。 人間関係や恋愛感情のもつれで周りの人たちを巻き込んでの集団ストーカー行為や、ご近所トラブルなどのさまざまなトラブル要件を自身が優位に進めるための集団ストーカーなどがあります。 ストーカー行為をしてしまうきっかけとは? ストーカーの正体を知るためには自身を振り返る必要があります。 自分自身が ・他人から恨みをかっていないか ・会社の人間関係でトラブルはないか ・政治団体に参加して活動したり、デモ活動に賛同したりはしていないか ・騒音トラブルなどのご近所トラブルを抱えていないか などの思い当たることがないかどうかを考えます。 自身を振り返り、思い当たる節があれば、正体を知ることはさほど難しくはありません。 まったく思い当たる節がない場合は自分自身だけで不特定多数の人間の把握をし、正体を知るのは大変難しいです。 なので、探偵にお願いして嫌がらせ行為をしている人物の特定や調査をしてもらうことや、集団ストーカーの専門家に相談することが相手の正体を知る方法として現実的です。 集団ストーカーについて 今回は集団ストーカーについてご紹介しました。 集団ストーカーの怖いところは自分自身に疑いを向けるように不可解なことを日常で起こしたり、すれ違いざまの嫌がらせなど日常生活に密に入り込んでくるところです。 また、精神疾患と間違えられる可能性もあるために、証拠集めの必要性もあります。 日常生活の些細なきっかけで始まる危険性がある集団ストーカーですが、常日頃から自身の周りに気を配り、おかしいなと思うことが続いたら偶然では片付けずに記録を取っておいたりすることで集団ストーカーの被害に気が付ける可能性があります。 集団ストーカーの被害にあったら一人だけで悩まずに、専門の機関に相談するなどして解決して行くことが必要です。

次の

岩手県 集団ストーカー対策相談事例【10年以上悩まされている】集団ストーカー被害相談窓口

集団ストーカー 警察 相談

被害を警察に相談しても取り合ってくれない• 警察に相談しても真に受けてくれない。 証拠があれば対応すると言われた。 見回りだけは強化しますと言われた。 集団ストーカーやテクノロジー犯罪の被害を受けて、まずは警察に相談する方も多くいらっしゃいますが、集団ストーカーやテクノロジー犯罪による被害を信じてもらえず、真剣に対応してくれなかったと感じて、期待して警察に行ったもののかえって傷ついてしまう方も少なくありません。 警察は事件が起きてから対処するため、被害相談を受けても積極的に事件として捜査することが難しいのが実情なのです。 ただし、今の被害が何らかの事件になった場合を想定して、事前に警察に被害相談をしておくことは大切なことと言えます。 破滅・自滅させる手段 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の手口は日々進化・巧妙化しています。 現在の集団ストーカー行為は、つきまといや待ち伏せ、監視ばかりでなく、電磁波を使って身体的なダメージを与え、同時に被害者の精神も崩壊させる手口に変わっています。 集団ストーカーは組織的に複数の人物が関与するため、どこにいても(逃げても)・いつでも・確実に、ターゲット(被害者)にダメージを負わせて「ターゲット(被害者)を破滅・自滅させる手段」に進化しているのです。 集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害の特徴 集団ストーカーに狙われると、ターゲット(被害者)がこれまで経験したことのない理解しがたい事象が起きるため、周囲に相談しても理解されない場合が少なくありません。 自信、自尊心を奪われ、親しい人達や社会からも隔絶され、生きる気力や希望を失い、人生の破滅に追い込まれていくことになります。 特徴としてはこのようなケースが挙げられます。 <代表的な手口>• 音声や映像送信で睡眠を妨害する。 睡眠を誘発する。 食欲(過食・粗食)を操作する。 性欲(性的興奮・性欲減退)を操作する。 電磁波攻撃• 徹底したストーキング、つきまとい。 <特徴的な手口>• 自分だけが、どこでも、いつでも攻撃される。 意思や思考を支配してくる。 家族や周囲に気づかれずに攻撃してくる。 誰からも理解されないように仕向ける。 近隣住人、職場、知人まで敵に仕向ける。 警察が関与できない方法で攻撃してくる。 集団ストーカーの手口や関連機材の一部をご紹介します。 ターゲットのプロファイル ストーカーはターゲットについてできるだけ多くの情報収集(プロファイル)を行います。 その理由としては、被害者に対するストーカー行為によって効果的にダメージを与えるためとされています。 場合によっては、盗聴器・盗撮器等で簡単で確実に情報を得ることもあります。 名前、生年月日、住所• 両親、兄弟姉妹の情報• 婚姻状況、離婚歴• 勤務先、職場、バイト先• 恋人や友人の名前、住所• 学歴、経歴• 趣味、習い事、行きつけの場所• 移動手段、移動ルート• トラブル、浮気の有無• 預貯金、資産、財産• 収入、所得、借金など マインドゲーム 集団ストーカーの特徴的な手口の一つで、被害者だけが気付く不可解な事柄をし続けます。 「気のせいかな?」、「え?なにが起きたの?」と思う程度の変化を与え続けます。 あくまでも被害者にだけしか感じ取れない変化を与えるため、家族や親しい人たちに聞いても全く理解されません。 自分に起きている事が集団ストーカー行為なのか、思い過ごしなのか、疑心暗鬼にさせる手口です。 これによって、ゆくゆくは被害者の周囲で偶然に起きたことまでもが、「撃された」、「すべてが被害」と認識してしまうようになります。 マインドゲームは、出来るだけ巧妙な手口で実施することで、より効果的になるため、次のような手口がよく実行されます。 家具やデスクの位置を少しだけずらす• 被害者の身の回りの物を隠す• 置いた物の向きを反対しておく• 消えた電気をつけておく• 施錠されたカギを開けておく• 部屋の配置をわずかに変える• 消臭剤や芳香剤のにおいを変える• PCやスマホの画面を変更する• 小石や砂など思いもよらない物を部屋に置いておく コリジョンキャンペーン コリジョンとは「衝突」を意味します。 進路妨害とも言われますが、被害者の進行や行動を邪魔する行為を言います。 被害者の目の前を、不審者、自転車、バイク、車が行く手を遮ったり、わざとすれすれの位置を通り過ぎて脅かしたり、突然前に出てきたり、駅のホームなどでは前に割り込んだり、被害者にあからさまに嫌がらせを気づかせる行為が行われます。 その他、道幅いっぱいに広がりながらゆっくり移動して、被害者の進路妨害をすることもあります。 満員電車でもないのに、明らかに不自然に被害者に寄りかかったり、バッグの角を押し付けたり、被害者の乗った車両だけに人が殺到するなどします。 つきまとい 不特定多数の人物らが、被害者の周辺に意味なく現れることを言います。 尾行するような行動、単にあなたの行く先に現れるだけ、様々な形で現れます。 登場の仕方や仕草は不自然なのですが、毎日体験している者でなければ、その異常性に気がつかないのが特徴です。 彼らは、平静を装いながらあなたの近くに集まってきて、時に尾行していることを知らしめたり、行動の邪魔をしたり、薄笑いを浮かべたり、携帯で写真を撮ったり、奇抜な行動をしたりします。 ノイズキャンペーン 被害者の周囲で四六時中なんらかの「音」を立て、被害者が「音」に敏感になるよう仕向ける行為です。 壁を叩く音や室内でのカタカタ、ゴトゴト音のような小さな音から、水を流す音、洗濯機の音、近隣の騒音、外出、外食時のうるさい会話、突然大声で話したり高笑いをしたりする人物、咳払いを繰り返す人物、いびき、貧乏ゆすりによるカタカタ音、子供を利用した騒ぎ声、放置された携帯電話の着信音、「カツカツ」と音のする靴で力強く歩く音、アイスコーヒーの氷を延々とかき混ぜる音、工事や大工作業による騒音、ブレーキの鳴く音、車やバイクのマフラーによる排気音(爆音)、広報車や宣伝カーの騒音、緊急車両のサイレンまで、あらゆる騒音の演出がこれに含まれます。 あなたの住居付近に加担者が潜伏し、かわるがわる気になる音や神経を逆なでする音を出すことが多くあります。 トリフィールドメーター トリフィールドメーターは、1台で3種類(電場・磁場・マイクロ波)の電磁波が測定可能な電磁波測定器です。 当社も電磁波環境や、あなたの健康に予想されるリスクを調査するため、身の回りの配線、電子・電気機器、家具などを調べる目的でこのトリフィールドメーターを使用しています。 ブラックウィドー(危険) パルスウェーブマイオトロン通称「ブラックウィドー」FBIも使用している本格的な護身用品。 スタンガンの効果とは作用が違い、相手の脳に直接働きかけ、運動神経を一時的に麻痺させます。 随意筋と呼ばれる組織に高周波パルスが直接働きかけ脳波を瞬時にジャミングさせ一時的に動作不能とします。 高周波MIX発生機(危険) 高周波MIX発生機は頭痛、激しいいら立ち、発汗、目まい、むかつき、嘔吐をもたらします。 痛覚電磁界発生機器、及び電磁攻撃銃は畑を荒らす動物対策として開発されてきましたが、人間も痛みを感じるため集団ストーカーでは頻繁に使用される機材のひとつです。 その他のパルス武器の一部(危険) 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の解決には「2つの証拠」が必要です 1. 集団ストーカー・テクノロジー犯罪実態の証拠 集団ストーカー・テクノロジー犯罪を解決するには、被害者の方が現在受けている被害を証拠として記録する必要があります。 「どのような被害を受けているか」を可視化することで、犯人に対して民事・刑事の両面で訴追が出来るのと、これまで取り合ってくれなかった家族や警察・弁護士が被害を認識することが出来るようになり協力を要請することが出来ることになります。 犯人の人物特定 次に、犯人(加害者)を特定する必要があります。 具体的には犯人の「氏名・住所」を割り出します。 犯人の身元と被害状況の証拠が揃うことで、犯人に対して集団ストーカーを止めるよう禁止措置を講じることが出来るようになり、損害賠償責任も問うことが出来るようになります。 集団ストーカーの証拠 ストーカー・嫌がらせ被害対策室の調査報告書は、「裁判で使用できる証拠」として品質と信頼性の高い報告書となっています。 被害者が「いつ・どこで・どんな被害を受けているか」、そして「誰が犯人か」を文章と画像(写真)で詳細に記載された報告書、集団ストーカーの犯行の様子がはっきりと映っている証拠映像(DVD)がセットになっています。 集団ストーカー・テクノロジー犯罪は必ず解決できます!• 集団ストーカーの犯人を捕まえたい!• 誰にも相談できずにつらい!• 元通りの生活を取り戻したい! まずは被害の状況を詳しくお聞かせください。 被害状況に応じた適切な調査・対策プランを詳しくご案内致します。 集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害を解決し、元通りの生活を取り戻すサポートを致します。 集団ストーカー・テクノロジー犯罪緊急相談ダイヤル 集団ストーカー・テクノロジー犯罪による被害を誰にも理解されず、1人で悩み苦しんではいませんか。 体の痛み、睡眠妨害が原因での睡眠不足、監視やつきまとい、緊急時にどうしたらよいのかわからない、相談できる相手もいない、警察は事件が起こってからでないと動いてくれない、そんな時は ストーカー・嫌がらせ被害対策室 緊急相談ダイヤルに今すぐご連絡ください。

次の

ストーカー被害や対策で警察は本当に助けてくれる?

集団ストーカー 警察 相談

ストーカー被害に遭われた女性など、女性の様々な問題に対して、相談・保護・自立支援など専門的支援を行うことを目的とした公的機関です。 都道府県、市町村等が自主的に設置している女性のための総合施設です。 女性問題の解決等を目的として、女性が抱える問題全般の情報提供、相談、研究などを実施しています。 都道府県が設置する婦人相談所その他の適切な施設において、 配偶者暴力相談支援センターの機能を果たしています。 また、市町村が設置する支援センターもあります。 相談、カウンセリング、保護命令制度利用等の情報提供、自立支援のための情報提供を行います。 地方公共団体の犯罪被害者等のための総合的な窓口 都道府県、政令指定都市、市町村において、犯罪被害者等からの問い合わせ・相談があった場合に総合的な対応を行う窓口が設置されています。 精神保健福祉センター 一般相談 心の健康相談、精神医療に関する相談、社会復帰相談など 特定相談 アルコール、薬物、思春期、認知症に関する相談 に応じています。 「ストーカー行為」や「配偶者からの暴力等」、「セクハラ」など、女性に関する人権相談に応じています。 法的トラブルに関する相談内容に応じた相談窓口や法制度に関する情報を提供しています。 民間シェルター等に委託して一時保護が行われることもあります。 民間団体によって運営されている暴力を受けた被害者が緊急一時的に避難できる施設です。 利用者の自立に向け、中長期的に生活を支援する施設です。 生活支援や就労支援を行います。 利用者の自立に向け、就業や新たな居住地についての情報提供や助言を行います。 被害者が自立した生活を望む場合、自立支援のための様々な情報を提供します。 また、詳細についてにも掲載しています。 戸籍の手続における支援措置 申し入れがあった場合、DV被害者等の住所等が覚知されないよう処置を施した上で、戸籍の届書等の記載事項証明書等を発行します。 選挙人名簿の抄本の閲覧の拒否 加害者から被害者に係る閲覧の申出があった場合など、閲覧事項を不当な目的に利用されるおそれがあると認めるときは、閲覧を拒否できるとするなど個人情報保護に配慮し、厳格な取扱いを徹底しています。 登録事項等証明書の交付請求に係る配偶者からの暴力等の被害者のための取扱い 登録情報が不当な目的で使用されることを防止するための取組を行っています。 具体的な取扱いの内容については、最寄りの運輸支局及び自動車検査登録事務所にご確認ください。 検査記録事項等証明書の交付請求等に係る配偶者からの暴力等の被害者のための取扱い 軽自動車検査ファイルに記録されている情報を不当に利用して被害者の住所を探索することを防止する取組を行っています。 具体的な取扱いの内容については、最寄りの軽自動車検査協会事務所等にご確認ください。 不動産登記手続における支援措置 不動産登記を申請する際に、現住所の秘匿の申出をすれば登記記録への現住所の記録を省略し、又は前住所を記録することができるほか、不動産登記関係書類の閲覧請求がされた場合に、当該書類の現住所が記載されている部分についての閲覧の制限などを行います。 供託制度における措置 申出をすれば供託物払渡請求をする際に住所の記載を一部省略することができるほか、供託関係書類の閲覧請求がされた場合に当該書類の住所等をマスキングする等の措置を執っています。 後見登記制度における支援措置 申出があれば、ストーカー・DV加害者等から被害者等である成年後見人等及び成年被後見人等に係る登記事項証明書の交付請求及び当該登記申請書等の閲覧請求があった場合に、これらの請求を制限します。 行方不明者届の不受理の措置 ストーカー・DV加害者等が、被害者についての行方不明届をしようとした場合、被害者から行方不明届の不受理の申出があれば、届出を受理しません。 具体的に、被害を受けた方は、婦人相談所などが発行する配偶者からの暴力の被害を受けている旨の証明書を持って医療保険者へ申し出ることにより、被扶養者等から外れ、配偶者の世帯とは別に公的医療保険に加入することができます。 なお、配偶者からの行為によって生じた傷病についても、被保険者証を提示すれば保険診療による受診は可能です。 また、医療保険者の中には、被保険者の方へ医療費通知の送付を行っているところもありますが、医療費通知の送付により被害を受けた方が受診した医療機関が配偶者に伝わるおそれがありますので医療保険者へお申し出いただければ、配偶者宛の通知には被害を受けた方の情報を記載しないことも可能です。 年金 個人情報が第三者に漏出することがないよう、本人確認を徹底するなどの取組を図っています。 郵便局の転居届 情報が第三者に漏出することがないよう、徹底した取組を図っています。

次の