お手数でございますが。 ユーザーアプリ手数料・取扱金額変更のお知らせ

間違いも多い「お手数ですが」の意味と敬語表現・使い方と例文

お手数でございますが

「お手数おかけしますが」の意味 「手数」の意味 ここでの「手数」とは、「ある物事を達成するために必要な労力、動作、工程の数」をさします。 「ある物事」とは、自分以外の第三者のために行う物事です。 つまり、 「お手数おかけしますが」とは、「こちらの依頼や要求に対して、労力や動作をかけさせますが」という意味になります。 また、「てすう」ではなく、「てかず」とも読み、「手数と報酬の割りが合わない」などの用法もあります。 クッション言葉として活用 「お手数をおかけしますが」という表現は、ビジネスの上では、クッション言葉として多く活用されます。 クッション言葉を添えれば、相手に依頼しにくい内容も、きつい印象を与えることなく伝えられます。 例えば、「ご連絡をお待ちしております」を「お手数をおかけしますが、ご連絡をお待ちしております」と、一言添える具合です。 「恐れ入りますが~」も、このクッション言葉にあたります。 「お手数おかけしますが」の気をつけたい誤用2つ 自分に対しては使用しない 「お手数おかけしますが」は、自分が目上の相手に対して使用する尊敬語です。 そのため、自分自身に対しては使いません。 「お手数おかけしますが、一週間以内にご連絡いたします」とは表現できませんので注意が必要です。 「お手数かけさせますが」は失礼 前述の通り、 「お手数」とは自分が相手に対して要求や依頼をした事項に対する、動作や労力を示す言葉です。 そのため、「お手数かけさせますが」は、誤用になります。 自分が相手に対して「お手数」を要求しているという意味にも捕らわれてしまいがちですので、使用しないように気を付けましょう。 「お手数おかけ致します」は正しい 「お手数おかけします」の「します」の部分を謙譲語のにした、「お手数おかけいたします」という表現もよく目にします。 こちらは一見、「お手数」に更に「いたします」を加えた二重敬語と思われますが、 「お~する」の形に中に「お~いたす」という用法がある為、正しい表現となります。 ただし、これは使用するシチュエーションや文章内容によっては、くどい言い方となってしまう事もあります。 その為、「お手数おかけいたします」を使用する際には、相手へ伝える前に文章内容とのバランスを見直してからの使用がよいでしょう。 「お手数ですが」を使うシチュエーション メールの締めくくりに使う 「お手数ですが」「お手数おかけしますが」は、メールで締めくくりの言葉に使うとしっくりきます。 相手にお願いをする内容のメールや、アポイントメールで日時の調整をお願いする場合のメールの最後に使うことで、丁寧にお願いをする気持ちを伝えることができます。

次の

菓子工房 エピナール

お手数でございますが

「お手数おかけしました」の類語は、「ご面倒をおかけしました」と表現されます。 「お手数」と「ご面倒」は似たような言葉ですが、意味は下記のように違います。 「お手数おかけしました」 相手にいくつもの行動をさせて、手間をかけさせることに対する恐縮の念を表明する言い方です。 「ご面倒をおかけしました」 相手に面倒な思いをさせることを断り、謝意を示す表現。 「ご面倒お掛けし恐縮です」といった意味合いを背景に持った言い回しで、「お手数をお掛けしました」も同様の意味で用いられます。 結論から言えば、言い方の違う同じ意味の言葉だということです。 しかし使い方は同じでなく、場面に応じて使い分けることが必要になってきます。 「お手数おかけしました」という言葉は、ていねいな言葉のようですが、ていねいな言葉に直すと次のようになります。 「お手数おかけいたしました」 2. 「お手数をおかけしました」 3. 「お手数をおかけいたしました」 4. 「お手数をおかけしております」 5. 「お手数おかけいたしております」 手数という言葉は、「お手数を掛ける」または「お手数をお掛けする」が基本的な意味の使い方です。 「手数」が、本来、何かを行うときに取る手段・手法・手続きなどの数を意味することから、「手数が掛かる」の形で「手間取る」・「面倒」・「煩雑」などを意味します。 お手数は人の行動などに敬意を払う尊敬語であり、「お手数を掛ける」、または「お手数をお掛けする」の形で、人に面倒を掛けることに対する謝罪や感謝の気持ちを表します。 メールで「お手数おかけしました」と送る場合は、ほとんどがビジネスメールで謝罪やお礼をする場合になります。 ここでは「お手数おかけしました」のメールでの使い方について考えてみます。 メールで使う「お手数おかけしました」の文章は次のようになります。 この度は大変お手数をお掛け致しました。 お手数をお掛けしましたが、無事終わりました。 お手数を掛けて申し訳ありません。 お手数をお掛けして大変恐縮です。 お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。 このように「お手数おかけしました」のメールでの文章は、「お詫び」と「お礼」の内容が多く、相手に敬意をはらう文章になります。 ただし使い方を間違えると意味がわからなくなるので、注意が必要です。 ビジネスの場合 相手から「お手数おかけしました」とビジネスメールがきたら、どのように対応して返信すればよいのでしょうか。 内容により変化しますが、「とんでもございません。今後ともよろしくお願い申し上げます」などが無難な例でしょう。 「こちらこそ、本来〇〇すべきところを行き届かず申し訳ございません」なども使います。 本当にこちらの配慮次第では、先方の不手際を防げた場合など、先方が不満に感じていても仕事上、「お手数おかけしました」と言わざるを得ないこともありますから、そういう場合にこういう言い方をすれば、相手の不満も和らげることができます。 「していただけると有難いです」となると少し軽いですので、人によっては気分を損ねられる場合もあります。 「していただければ幸いです」の方が美しく決まるので、おすすめです。 「お手数おかけしました」をお礼として返す場合は次のような文章を使います。 「お手数おかけしました。 大変感謝しております」 2. 「お手数おかけしました。 感謝申し上げます」 3. 「お手数おかけしました。 厚く御礼申し上げます」 4. 「お手数おかけしました。 有難うございます」 5. 「お手数おかけしました。 誠にありがとうございます」 「お手数おかけしました」で相手にしてもらったことをねぎらった上で、次に感謝の言葉を付け加えると、より良い感謝の言葉になります。 この言葉は目上、目下どちらにも使うことができますし、メールなどの用途にも活用できます。 メールなどで返信する場合は、感謝の気持ちを早めに使えるように心がけます。 返し 「お手数おかけしました」を返信として返す場合は次のような文章を使います。 「お手数おかけしました。 後ほどお返事させていただきます」 2. 「お手数おかけしました。 確認のうえ、ご返信をさせていただきます」 3. 「お手数おかけしました。 改めてご連絡させていただきます」 4. 「お手数おかけしました。 折り返しお返事させていただきます」 5. 「お手数おかけしました。 至急お返事させていただきます」 この文章はメールで返すことが多いですが、相手にしてもらったことをねぎらった上で、「早く返事をする」ということを、相手に伝えなければならないので注意が必要ですし、早い返信を心がけないと相手に失礼にあたります。 謝罪 「お手数おかけしました」を謝罪として返す場合は次のような文章を使います。 「お手数おかけしました。 誠に申し訳ございません」 2. 「お手数おかけしました。 お詫び申し上げます」 3,「お手数おかけしました。 申し訳ありませんでした」 4. 「お手数おかけしました。 失礼致しました」 5. 「お手数おかけしました。 大変ご迷惑をお掛けいたしました」 この文章はメールで返すことが多いですが、相手にしてもらったことをねぎらった上で、「もうしわけない」ということを、相手に率直に伝えなければならないので注意が必要です。 また、早い謝罪と返信を心がけないと、相手に失礼にあたります。 特に目上の方には、早めの謝罪をしたほうが良いです。 「お手数おかけしました」という言葉は、「お手数をおかけしました」と言い換えることで、ていねいな言葉になります。 しかし、ていねいな言葉に直しても、言葉の本当の意味がわかっていないと、相手に伝わらないことになります。 「お手数おかけしました」という言葉は、相手にとっては、「自分の手を止めてしてあげた」ということに対するねぎらいの言葉であり、感謝の言葉ではありません。 つまり、「お手数おかけしました」でも「お手数をおかけしました」でも、その言葉のあとに感謝の言葉をつなげないと、相手には気持ちは伝わりません。 誰もがした事に対しては感謝の言葉は欲しいとおもっています。 それを上手く伝えるために、クッション言葉として、「お手数おかけしました」という言葉があるのではないでしょうか。 そして、それにつなげる言葉によって、相手に感謝の気持ちが伝わるのです。

次の

「お手数をお掛けして申し訳ありません」の意味と正しい使い方

お手数でございますが

「お手数おかけしました」と相手に言われたら、どのように返せば良いのでしょうか。 いくつか例を挙げていきます。 ・大丈夫ですよ、気にしないでください。 ・かまいませんよ、いつでも言ってください。 ・とんでもないことです。 気にしないでください ・滅相もないことです。 いつでも言ってください。 ・どういたしまして、何でも言ってください。 「お手数おかけしました」と言ってきている相手は、あなたに対して、「迷惑をかけて申し訳なかった」と感じています。 そういった気持ちを打ち消してあげる一言を返すと、会話として自然に流れていきます。 ただし、もし目上の人や社外の人に「お手数おかけしました」と言われた場合には、「どういたしまして」と返してしまうと失礼だと思われることがあります。 注意しましょう。 「お手数おかけしました」のビジネスでの使い方 ビジネスシーンにおいて、「お手数おかけしました」はよく使われる言葉です。 もちろん取引先とのやりとりでも必ずと言っていいほど使います。 この言葉の使い方によっては、商談をうまく進めることができる場合もあります。 ぜひポイントを押さえて使いこなしましょう。 メールで「お手数おかけしました」を使う 相手が社外の人である時は、実際に会うよりもメールでやりとりすることの方が多くなる場合もあります。 そういった時、メールでの常套句として「お手数おかけしました」という言葉を使えるようにしておくと、大変便利です。 後に詳しく解説しますが、メールの文章は書き言葉であり、目に入ってくる情報です。 「お手数おかけしました」ではなく、必ず「お手数をおかけしました」と表記するようにしましょう。 メールで「お手数をおかけしました」を使った例を、いくつかご紹介します。 ・お手数ですが、10日までに請求書をお送りくださいますようお願いいたします。 ・お手数ですが、仕様書の5ページに記載されております内容について、詳しくご説明いただけないでしょうか。 ・お手数ですが、弊社までお越しいただけますでしょうか。 ・この度は、納入の件で大変お手数をおかけし、申し訳ございませんでした。 ・お手数をおかけいたしましたが、なんとか納期までに間に合わせることができました。 本当にありがとうございます。 ビジネスシーンでは、お詫びや感謝のほかに、相手に頼みごとをしたい時にも「お手数おかけします」を使うことがたくさんあります。 頼みづらいことをお願いするときの魔法の言葉として重宝します。 「お手数おかけしました」を、他の言葉に言い換えると? 「お手数おかけしました」と同じように使える言葉には、下記のようなものがあります。 ・ご迷惑おかけしました ・ご面倒おかけしました ・お手を煩わせてしまい、申し訳ございません。 ・お手間をとらせてしまい、申し訳ございません。 「ご迷惑をおかけしました」は、主に自分に非がある時に使う言葉です。 「お手数おかけしました」と同じように使っても問題はありませんが、自分の失敗の尻拭いをさせてしまった場合などは、「お手数おかけしました」よりも「ご迷惑おかけしました」を使う方が良いでしょう。 「お手を煩わせてしまい、申し訳ございません。 」は、かなり丁寧な表現です。 相手が自分よりも目上である場合や、お客様である場合には使っても問題ありませんが、同僚や立場の近い上司には、若干慇懃無礼だと思われてしまう可能性があります。 敬語にあまり慣れていない場合は「お手数おかけしました」を使っておいたほうが無難でしょう。 どっちが正しい?「お手数おかけしました」と「お手数をおかけしました」 「お手数おかけしました」と「お手数をおかけしました」は、どちらが正しいのでしょうか。 「お手数おかけしました」は、「お手数をおかけしました」から助詞の「を」を抜いた表現です。 私たちは普段人と会話をするとき、「ご飯食べる」「テレビ見る」「髪切る」など、よく「を」を抜いて喋っています。 しかし文章にする時は、「ご飯を食べる」と書いていることがほとんどです。 お察しのとおり、「お手数おかけしました」は、話し言葉の発音としては間違っていません。 ただし、メールなど目に見える文章というかたちで表現するときは、「お手数をおかけしました」と表記するのが適当であり、違和感も感じないはずです。 どちらが間違っているということはありませんが、文語表現や書き言葉においては「お手数をおかけしました」とするのが正解ですので、メールではこちらを使うようにしましょう。 「お手数おかけしました」は、日本人らしい挨拶.

次の