ヘッジ 意味。 為替ヘッジ│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券

ヘッジファンドとは?意味や特徴、メリット・デメリットをやさしく解説

ヘッジ 意味

ヘッジの認識(意味) 投資において、リスクをヘッジするということは、裏を返せば、収益拡大の機会を限定することを意味します。 また、潜在的な収益機会とリスクはの関係にあり、通常、ヘッジは収益機会を犠牲にする(縮小する)ことになるので、その実施にあたっては十分な注意が必要です。 ちなみに、ヘッジ自体にかかるコストを除き、の全てのリスクを排除することを「完全ヘッジ」と言います。 ヘッジの種類(手法) 投資において、ヘッジの種類(手法)には様々なものがあります。 例えば、ある取引から生じるリスクに対して、逆サイドのリスクを持つ取引(反対売買)を行うことによってリスクを回避するのは代表的な手法であり、株式・債券・商品・為替等の取引において、の「値下がり損」やの「値上がり損」を防ぐためによく利用されています。 また、の手法以外に、先物・オプション・スワップ等のの利用や、投資対象・投資時期等のなどもあり、どのようなヘッジを行うかは大きなポイントになります。 買いヘッジと売りヘッジ 先物取引等を利用した代表的なヘッジ手法として、「買いヘッジ」と「売りヘッジ」があり、以下のような仕組みとなっています。 買いヘッジ 現時点で将来の買付数量に相当する先物等のを建てておき、将来、現物の買い付けを行う時に、このポジションをによって決済する方法が一般的で、近い将来、株式や債券、商品など、ある現物の買い付けを予定している場合に、今後の価格変動(値上がり)に係わりなく、現時点での価格で手当する目的で用いられます。 例えば、現時点で現物株を購入する資金はないものの、近い将来、資金を得ることができるような状況において、現物株を買う前に株価が上昇してしまうリスクを回避する手法として、先物等を買い建てておく取引などが代表例として挙げられます。 売りヘッジ 現時点で将来の売却数量に相当する先物等のを建てておき、将来、現物の売却を行う時に、このポジションをにより決済する方法が一般的で、現在、株式や債券、商品など、ある現物を保有しており、近い将来に売却を予定している場合に、今後の価格変動(値下がり)による損失を回避する目的で用いられます。 例えば、現物株を保有している投資家が、今後の株価下落が予想される状況下において、現時点で現物株を売却せずに先物等を売り建てることで、現物株に発生するを先物等の利益でカバーしようとする取引などが代表例として挙げられます。

次の

ヘッジファンドとは?意味や特徴、メリット・デメリットをやさしく解説

ヘッジ 意味

両建ての意味• リスクヘッジとしての考え方• 両建てを応用して、リスクヘッジをしながら利益を狙う方法 両建てとは何か 前述の通り、両建てとは同一銘柄において売り玉と買い玉の両方の玉を保有している状態のことを指します。 もし両建てをして、売り玉と買い玉を同数保有していた場合は、株価が上昇しても下落しても利益・損失ともにゼロな状態です。 (正確に言えば手数料等のマイナスはありますが、今回は割愛します) つまり、利益にも損失にもならない状態です。 安全かもしれませんが、これでは投資の意味がありませんよね。 それでは、両建てはなんのメリットもない行為なのでしょうか? 身近な例を見てみましょう。 気になる女性(男性)が2人いるケース 例としては相応しくないかもしれません。 不謹慎だと思われた方、申し訳ございませんがしばしお付き合いください。 あなたが「同じくらい気になる」と感じている人が2人いたら、両方の相手にアプローチをすることもあるかと思います。 「保険」という考えは相手にとって失礼かもしれませんが、どちらか片方にだけアプローチして玉砕したら、ちょっと後悔してしまいますよね。 そう考えて両方に少しずつアプローチをしていたら、片方の意中の相手が少し好意的な反応を示してきました。 そこで、一気に片方の相手の方に舵取りをする、 というようなケースで、両建ての考え方は役立ちます。 同様に株式投資のケースを見てみましょう。 株式投資のケース 自分が買いで保有している銘柄が、上昇トレンドと思っていたら2日連続で株価が下落してしまいました。 ここで、「あれ、上昇トレンドは終わってしまったのか」と考えて、買い玉を手放すのはちょっともったいないなと思う時もありますよね。 そうした際に、買い玉を維持したまま、リスクヘッジの「空売り」をして売り玉を建てれば、株価が下落した際でも対応できるようになります。 そうすれば、もし下落が続くようであれば買い玉を手仕舞いして売り玉にシフトできますし、反転して上昇トレンドに戻るようであれば、売り玉を決済して買い玉を追加していくこともできます。 これが両建てを有効活用するやり方です。 ただし、簡単に解説すると上記のような感じですが、実際にはさまざまな指標や目印、チャートパターン分析を織り交ぜて戦略的に行う必要があります。 両建てのメリット 改めて、両建てのメリットを見てみましょう。 大きく分けると、次の2点が挙げられます。 株価が変動した際のリスクを軽減できる 「マーケットのトレンドが上昇か下落かの見極めが難しいタイミング」において、両建てしておけば株価がどちらに動いても柔軟に対応しやすくなります。 もちろん、両建てを活用する場合でも判断が難しいケースは多々ありますが、選択肢を多く持つことでトレードの幅を広げることができるでしょう。 メンタル的な負担を軽減できる 両建てをしておくことにより、株価がどちらか一方に上振れたとしても、メンタル面での不安を軽減することができます。 どちらか一方にだけ玉を建てていると、想定と反対の動きをした際に「どうしよう、損失が拡大してしまう」という気持ちが働いてしまい、正常な判断がしにくい状況となります。 投資をする上で「正しい判断」を下すには、メンタルはとても重要なものとなるので、このメリットは大きいと言えるでしょう。 両建てのデメリット では、デメリットの部分はどうでしょうか。 大きく分けると次の2点です。 決済タイミングの見極めが難しい 両建ては、売りと買いをどちらも保有している状態なので、利益と損失の両方が出ている状況です。 そのため、利益を手仕舞いするのと合わせて、損失を出している玉をどうするかも考えておかなければいけません。 放置しておくと、損失が出ている玉のマイナスがどんどん拡大してしまう可能性もあります。 マイナスを最小限にするには、マーケットの動きを見極めながら徐々に売り玉と買い玉のバランスを調整する技術が必要になるため、初心者がいきなり手を出すのは難しいかもしれません。 玉の売り買いバランスを調整する技術については、後述します。 資金量が必要になる 両建てをするには、売りと買いの両方に建玉をする必要があります。 つまり、単純に考えれば2倍の資金量が必要になる、ということです。 さらに、売りで玉を持つ(=空売り)ためには、「信用取引口座」の開設が必要になりますが、開設には最低でも30万円以上の資金が必要で、かつ証券会社での審査にも通過する必要があります。 (審査基準は証券会社ごとに若干異なるようです) 以上の事から、最低でも30万円の資金が必要になるため「少額から投資を始めたい」と考えている人には、いきなり両建ての手法を活用したトレードを実現するのは難しいかもしれません。 両建てを活用して、リスクヘッジをしながらさらに上の利益を狙うトレード方法とは 両建てを活用した、リスクヘッジをしたトレード方法とは、「建玉の操作」と呼ばれる手法を駆使したトレードになります。 建玉の操作とは、簡単に言うと「空売り」と「買い」のバランスを調整して、リスクヘッジをしながら利益を最大化させていくための手法です。 これは、当サイトを監修していただいている「相場師朗(あいばしろう)先生」が得意としている手法でもあります。 建玉の操作を行うことで、両建てと同様に資金とメンタルのリスクを最小限にしながら、マーケットにあわせて売り買いの玉のバランスを調整しさらに多くの利益を狙うことも可能です。 建玉の操作をしっかりと、何度も何度も練習しておくことで、上昇トレンド・下降トレンド・トレンドの転換点など、どこでもリスクヘッジをしながら利益を狙っていくことができるようになります。 身に付けるのは苦労する部分ではありますが、「一生使える株の技術を身に付ける」という意気込みがあれば習得することも可能でしょう。 まとめ.

次の

為替ヘッジとは?ありなしの違いをわかりやすく図解&シミュレーション!

ヘッジ 意味

【ポイント】 デリバティブとは金融派生商品のことを指します。 具体的には先物取引・先渡取引・オプション取引等が含まれます。 これらの会計処理の特徴として、以下が挙げられます。 (i)デリバティブとは デリバティブとは金融派生商品のことであり、目的に応じて様々な金融商品により構成されます。 具体的には先物取引、スワップ取引、オプション取引等が該当しますが、これらは金利や為替相場等の変動により価値が変動するという特徴があります。 (ii)デリバティブの会計処理の概要 デリバティブも金融商品の一種であるため、原則として契約時に発生を認識し、期末で時価評価して評価差額を当期の損益として計上します。 ただし、ヘッジ会計の要件を満たすものについては評価差額を繰り延べ、ヘッジ対象の損益が計上されるタイミングに合わせて損益として処理することができます。 会計処理 詳細 原則的処理 時価で評価し評価差額を損益に計上します。 例外処理 ヘッジ手段として適格 原則として時価評価し、評価差額はヘッジ対象の損益計上時期に合わせて損益処理します。 (詳細は次項参照) デリバティブとは、以下のような特徴を有する金融商品です。 ヘッジ会計の会計処理 (1)ヘッジ会計の意義 【ポイント】 ヘッジ会計とは、ヘッジ対象とヘッジ手段の損益計上のタイミングを合わせることによってヘッジの効果を会計に反映させるための会計処理です。 取引によって生じる将来のキャッシュ・フローが市場相場の変動等により影響を受ける場合、これと逆の動きをする取引をしてキャッシュ・フローの変動による影響を相殺することで、経営の安定化を図ることができます。 この対象となる取引をヘッジ対象、手段となる取引をヘッジ手段と呼びます。 後者のヘッジ手段となるのがデリバティブ取引です。 具体的に、ヘッジ会計として繰延ヘッジと時価ヘッジの2種類が挙げられます。 このうち、繰延ヘッジが原則的方法とされています。 方法 詳細 繰延ヘッジ (原則的方法) 時価評価されているヘッジ手段に係る損益をヘッジ対象に係る損益が認識されるまで純資産の部で繰り延べる方法。 時価ヘッジ ヘッジ対象である資産又は負債に係る相場変動などを損益に反映させることにより、その損益とヘッジ手段に係る損益とを同一の会計期間に認識する方法。 (時価ヘッジのヘッジ対象としてはその他有価証券のみが考えられます。 典型例なヘッジ対象・ヘッジ手段は(相場変動しやすい)商品と商品先物ですが、まだ購入しておらず、これから購入する予定の商品に対して契約したデリバティブについてもヘッジと認められることがあります。 具体的には以下の3つが挙げられます。 具体的には以下の2つの取引が挙げられます。 過去に同様の取引が行われた頻度• 企業が当該予定取引を行う能力(法的、制度的、資金的な能力)の有無• 当該予定取引を行わないことの不利益の有無• 同等の効果、成果を有する代替的取引がないかどうか• 当該予定取引発生までの期間(おおむね1年以内)の妥当性• 予定取引数量の妥当性 なお、未履行確定契約でも当該契約を解除する場合の対価が全く不要か又は軽微である場合は、上記と同様の検討を行い、ヘッジ対象になり得るか否かを判断をする必要があります。 (3)ヘッジ会計の適用要件 【ポイント】 ヘッジ会計を適用するためには、事前テストと事後テストの両方をクリアする必要があります。 さらに、行っているデリバティブ取引が、ヘッジを目的としているかどうかは、経営者の主観的な判断によります。 そのため、そもそもヘッジ取引がリスクをヘッジする効果がある(=有効性がある)ものなのか、ヘッジ取引後も継続してヘッジの効果が認められるものなのかを確認する必要があります。 具体的には以下のようにヘッジ取引開始時に事前テスト、ヘッジ取引開始後に事後テストの検討をします。 区分 詳細 事前テスト• ヘッジ対象のリスクとヘッジ手段を明確化する。 ヘッジ有効性の評価方法を正式な文書で明示する。 ヘッジ手段の有効性を事前に予測する。 事後テスト• ヘッジ取引時以降も継続して高い有効性が保たれていることを確認する。 有効性の評価方法にはヘッジ開始時からの時価またはキャッシュ・フロー変動の比率分析等を適用する。 ヘッジの有効性の評価は決算日には必ず行い、少なくとも6ヶ月に1度実施する。 ヘッジ手段とヘッジ対象の資産、負債または予定取引に関する重要な条件が同一である場合には、ヘッジの有効性評価を省略できる場合があります。 具体的には以下の取引が挙げられます。 先渡取引がヘッジ対象となるべき予定購入と同一商品、同量、同期間、同一場所である場合• ヘッジ開始時の先渡契約の時価がゼロである場合• 先渡契約のディスカウントまたはプレミアムの変動がヘッジの有効性から除かれている場合、または予定取引のキャッシュ・フロー変動がその商品の先物価格に依存している場合• なお、ヘッジ対象が消滅した場合は「ヘッジ会計の終了」、ヘッジが有効でなくなった場合やヘッジ手段が消滅した場合は「ヘッジ会計の中止」となり、両者で会計処理の方法が異なるので留意が必要です。 項目 内容 ヘッジ会計の終了 ヘッジ対象が消滅したとき又はヘッジ対象である予定取引が実行されないことが明らかになったときは、繰り延べられていたヘッジ手段に係る損益又は評価差額を当期の損益として処理します。 ヘッジ会計の中止 ヘッジ会計の要件を満たさなくなった場合やヘッジ手段が消滅した場合は、その時点までのヘッジ手段に係る損益又は評価差額はヘッジ対象に係る損益が認識されるまで繰り延べます。 (下の図をクリックすると拡大します) (4)金利スワップの特例処理 【ポイント】 金利スワップの特例処理の要件を満たす場合には金利スワップを時価評価せず、金銭の受払の純額等をヘッジ対象である資産又は負債の利息に加減して処理することができます。 金利スワップとは、異なる種類の金利間で受払条件を変換することを目的として利用される取引です。 そのため、固定金利支払・変動金利受取の金利スワップを利用すれば、変動金利の借入金について、その利息負担を固定金利の借入金に係るものと同等のものに変えることができます。 (金利スワップの例)• A社はX銀行から変動金利で借入れ、B社はY銀行から固定金利で借入れをしている。 A社は市場金利の上昇を予想し、B社は市場金利の下落を予想している。 【金利スワップ前】 A社は将来の市場金利の上昇を予想していますが、X銀行から変動金利で借入をしているため、金利スワップをすることにより金利の変動の影響を回避したいと考えています。 一方で、逆にB社は将来の市場金利の下落を予想していますが、Y銀行から固定金利で借入をしているため、金利スワップをすることにより金利の負担を軽減させたいと考えています。 ただし、金利スワップが金利変換の対象となる資産又は負債とヘッジ会計の要件を満たしており、かつ、その想定元本、利息の受払条件(利子率、利息の受払日等)及び契約期間が当該資産又は負債とほぼ同一である場合には、金利スワップを時価評価せず、その金銭の受払の純額等を当該資産又は負債に係る利息に加減して処理することができます(金利スワップの特例処理)。 そのため、金利スワップの特例処理を適用すれば、会計処理をするにあたり利息の受払額にのみ留意すればよいため、経理の作業は簡便的なものになります。 以上をまとめると、金利スワップの会計処理としては以下の3種類が考えられます。 なお、特例処理は例外的な会計処理であるため、適用するためには以下の要件を全て満たす必要があります。

次の