えんどう豆 枝豆 違い。 えんどう豆とグリーンピースの違いは何?他にどんな豆がある?

さやえんどう、グリーンピース、えんどう豆、スナップエンドウの違いって?

えんどう豆 枝豆 違い

『一体どこに差があるのか?』 違いが 分からないものって けっこうありますよね。 中でも 代表的なものって 豆類だと思います。 コロコロした 見た目も 似ているし、 大きさは多少違いますが まあどれも 小さいですよね。 よく食卓にもあがる 枝豆に グリーンピースに えんどう豆… 皆さんはこれら3つの 豆の違いをご存知でしょうか? 私は全く 分からないです 笑 そこで今回は、 枝豆と グリーンピースと えんどう豆の 違いについて調べてみました! Sponsored Link グリーンピースとえんどう豆の違い まずは グリーンピースと えんどう豆について。 調べてみたところ 実はこの2つ、 元々は 同じ植物だそうです! えー!っと驚いてしまいました。 別々のお豆じゃないんですね。 では同じ植物の グリーンピースと えんどう豆は、 どう 呼び分けられているんでしょうか? それはズバリ、 マメの 若さなんです! えんどう豆は、 しっかりと 成長した状態。 緑色の さやの中に やや 硬めの豆が詰まった お馴染みの姿ですね。 一方のグリーンピースは えんどう豆が 成長しきる前、 つまり 未熟な状態で 収穫したものをいいます。 さやを取り除いて むき身の状態で売られているのが 一般的です。 共通の食べ方としては 炊き込みご飯が定番ですね。 またえんどう豆は 煮豆、 グリーンピースは 焼売にのせたり うぐいす餡の材料として それぞれよく利用されています。 ちなみに… えんどう豆が未熟な内に収穫して、 さやごと食べるのが 絹さや さやえんどう です。 えんどう豆って 成長過程で かなり 呼び方が 変わるんですね。 出世魚みたいなものでしょうか? 難しいですね! 枝豆について えんどう豆と グリーンピースは 同じ植物でした。 それじゃあ 枝豆は?というと 上の2つとは 全く 違う植物なのだそう。 再び えーっ!です 笑 ここまで来たら同じでいいじゃない…。 そもそも えんどう豆は マメ目マメ科 エンドウ属の植物。 対して 枝豆は マメ目マメ科 ダイズ属です。 途中まで一緒ですが 騙されてはいけませんよ。 ダイズ属、とあるように 実は枝豆は 未熟な「 大豆」なんです! 大豆がまだ若く 青い内に 収穫したものが枝豆。 成長過程なので 枝豆は やわらかく瑞々しいです。 逆にしっかりと成長した大豆は 薄い茶色になり、 硬く 風味が 凝縮された豆になります。 ぷりっぷりの枝豆は 茹でただけでおいしいですよね。 大豆は 煮豆にしたり、 挽いて きな粉に加工するのが 定番といえるでしょう。 というわけで! えんどう豆と グリンピースは 同じ植物ですが、 枝豆は大豆なので 全く 別の植物になります。 Sponsored Link 枝豆・グリーンピース・えんどう豆の違いまとめ 枝豆と グリーンピース、 えんどう豆の 違いについて ご説明しました。 ざっくりとですが ・ えんどう豆と グリーンピースは 同じ植物 ・しかし 収穫時期で名前が違う ・ 枝豆は 大豆なので完全なる 別物 まとめてみると こんな感じになりますね。 全部違うものだと思っていたので ちょっと びっくりです。 植物ってなかなか 奥深いものなんですね。 次から豆を見るときは お伝えした 違いを 意識してみると 少~しだけ 鼻高々な 気持ちになれるかもしれません! - ,.

次の

えんどう豆、グリーンピース、枝豆、大豆の違い

えんどう豆 枝豆 違い

えんどう豆と大豆の違いとは? えんどう豆と大豆の違いですが、これはそもそも、種類が全く違っています。 どちらも豆類なので、同じ品種の完熟具合の違いだけではないのかと考える方もいるかもしれません。 ですが、えんどう豆と大豆とでは、そもそもの種類からして、全く違っているのです。 植物学的に見ると、えんどう豆は「マメ科エンドウ属」であり、大豆は「マメ科ダイズ属」となります。 元々の植物を見てみると、えんどう豆はうすいエンドウなどが代表的で、丸くコロコロとした豆になりますね。 グリーンピースなども、えんどう豆の一種になります。 ですが、大豆の元となっているのは、枝豆です。 枝豆は、このマメ科ダイズ族の豆を早い段階で収穫したものであり、熟したものが大豆となります。 このように、豆の種類がえんどう豆と大豆とでは、全く異なっているのです。 豆の中には同じ種類なのに収穫時期によって呼び方が違うものなどもあるのですが、えんどう豆と大豆の違いに関しては、そういったものではなく、そもそもが別の種類、ということになりますね。 えんどう豆には、ビタミンB1やB2といった栄養素が豊富に含まれており、疲労回復などに大変役立ってくれます。 また、粘膜の健康に役立つナイアシンも豊富です。 それから、他には葉酸やパントテン酸などの栄養素もたっぷりで、美容と健康を支えるのに役立ってくれます。 カルシウム、マグネシウム、リンなどのミネラルもたっぷり含まれているので、現代人に不足しがちなビタミンとミネラルを効果的に補給できる魅力的な食材であると言えるでしょう。 これに対して大豆は特にタンパク質が豊富な豆です。 畑の肉とも呼ばれ、質の良いタンパク質をたっぷり摂取することができます。 他にもビタミンA、ビタミンB1とB2なども含まれており、さらには大豆レシチンや大豆イソフラボン、大豆サポニンなど、独特な栄養を豊富に含んでいることでも知られています。 このように、同じ豆類でもえんどう豆と枝豆は栄養面でも大きく異なっていることが分かります。 どちらが良いとは言い切れず、どちらもそれぞれに嬉しい効果が期待できるものですので、バランスよく摂り入れるのがベストと言えるでしょう。 大豆の場合は、納豆や豆腐、きなこなど、幅広く加工されて食べられていますね。 もちろん、火を通した大豆をそのまま煮込んで食べる料理もありますが、豆類のように茹でてサヤから取り出してそのまま食べる、という食べ方は、あまりしませんよね。 これに対してえんどう豆は、サヤから取り出した豆を卵とじにしたり、あるいは豆ごはんにしたり、といった食べ方が主流です。 大豆のように、加工食品にされることは少ないですね。 このように、えんどう豆と大豆は、風味や栄養価など、その特徴に合わせて、食べ方も違いがあります。 それぞれの魅力を最大限に引き出せる食べ方を、古くから多くの人々が考えた結果なのでしょう。 まとめ えんどう豆と大豆は違いが大変大きく、そもそもの種類が全くの別物です。 同じ豆類でも、豆というのは大変奥が深いものであることが分かりますね。 旬を迎えておいしくなっている豆類。 特にビタミンやミネラルが豊富なえんどう豆は、今のうちにたっぷりいただいておきましょう!.

次の

「大豆」と「枝豆」の違いは?

えんどう豆 枝豆 違い

「枝豆」とは、未成熟の 「大豆」を収穫したものです。 「枝豆」は、 「大豆」と比べてタンパク質は少ないものの、 、 が豊富で、甘味もあります。 一般的な 方法である塩茹でをするときに、枝をつけたまま茹でたことが 「枝豆」の名称の由来とされています。 近年では日本食ブームの影響から、海外でも 「枝豆」の塩茹でが注目されており、英語圏においても「エダマメ edamame 」で通じることも多いです。 なお、 「大豆」と 「枝豆」は同一の植物ですが、 「枝豆」には、未成熟状態での収穫に適した専用 を用いる場合が多いです。 「大豆」…マメ目マメ科の一年草で、種子を食用とする穀物 「枝豆」…未成熟の大豆を収穫したもの よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 134• 131• 100• 441.

次の