キングダム 白ナス 無能。 【悲報】キングダムさん、もう滅茶苦茶・・・・・(画像あり)

【キングダム】オルドは史実に存在した?無能説と王翦との勝負に注目!

キングダム 白ナス 無能

オルドはほぼ戦わずして、王翦の心理戦に敗れることになります。 当初は王翦軍の心臓部をピンポイントで攻撃し、函谷関に繋がる裏ルートにたどり着くことに成功しました。 しかし、王翦はすでにオルドの背後に伏せており、誘い込んだ燕軍八千を皆殺しにしてしまったのでした。 オルドは王翦から逃げきりますが、オルドの軍は一気に後退し長時間山の中に足止めされてしまいます。 王翦軍は函谷関援護のためすでに山を下っていましたが、 山に伏兵がいると考えるオルドは身動きをとることができませんでした。 その時点で、王翦による心理戦に敗れていたのでした。 残念キャラになってしまう理由としては、 成恢の最期が最も大きいのではないでしょうか。 成恢は、毒矢で秦軍将軍の張唐の身体を、毒に侵すことを成功させましたが、桓騎の策により張唐軍・桓騎軍は地上に降り、成恢本軍まで迫っていたのです。 成恢の前に張唐が現れましたが、毒に身体を侵された張唐はこれ以上戦えないと判断し、成恢はその場を離れようと背を向け走り出しました。 しかし、それが大きな間違いだったのです。 最期は、猛追してきた張唐に「 大将が背を向けて逃げるな」と、 あっけなく討ち取られてしまいました。 自ら設計した巨大兵器を使用するなど、戦い方にインパクトがあったにも関わらず、大きな活躍が見られなかったことが残念なポイントではないでしょうか。 呉鳳明は井蘭車を使用して、函谷関に橋を架けることに成功しました。 しかし、 桓騎軍による油・火矢によりあっけなく燃やされてしまうのでした。 翌日使用した井蘭車には水をたっぷりと含ませて燃やされないように対処しましたが、 今度は煙をまかれ、桓騎軍が地上に降りたことに全く気付けませんでした。 結果として地上に降りた桓騎軍・張唐軍によって韓軍の総大将・成恢は討ち取られてしまいます。 呉鳳明は巨大兵器を投入したものの、見事に桓騎にやられてしまったと言えるでしょう。 汗明もまた、合従軍編における残念キャラの一人です。 汗明は、楚軍総大将として大戦の幕を開ける号令を任されていました。 しかし、その幕開けさえ秦国将軍の 藨公に先手を取られ、攻撃をしかけられてしまいます。 圧倒的武力を持ち、登場シーンなどもインパクト満載の汗明でしたが、最終的には蒙武に頭を粉々に砕かれてしまうという、残念な最期を迎えます。 汗明の死後、楚軍の将軍として登場する媧燐にキャラ負けしてしまっている点も、残念と言えるポイントの一つです。 龐煖は合従軍で秦国将軍の藨公を討ち取り、秦国に大きな痛手を負わせました。 そんな龐煖ですが、 何よりも、合従軍編後半となる蕞の防衛戦において、登場が遅すぎる点が、残念な理由として挙げられます。 龐煖が登場したのは、 楊端和率いる山の民が蕞に到着した後でした。 合従軍を企てた李牧にとっても、蕞が落とせなければ合従軍の敗北が決まるという、大戦も最終局面となるシーンです。 登場したものの、結局は主人公の信に好戦され、最終的には味方に退がれといなされ、退却していくその姿はまさに残念そのものと言えます。 秦国側にとってはベストタイミングの登場ではあったものの、合従軍側からすれば、もっと早く登場していれば、戦局が大きく傾いていたのでは、とも思える登場の遅さです。 スポンサーリンク 【キングダム】指揮した李牧は本当に無能なのか? 合従軍を企てた李牧は、本当に無能だったのでしょうか? 函谷関の攻防戦では、王翦に転がされてしまった燕軍総大将のオルドや、桓騎にしてやられてしまった韓軍総大将の成恢、魏軍総大将の呉鳳明、蒙武との男と男の戦いに敗れてしまった楚軍総大将の汗明などの影響も考えられるため、必ずしも李牧が無能であったとは言い切れないといえます。 蕞の防衛戦においても、 まさか秦国王である政の登場までは、さすがの李牧であっても予測することはできなかったといえます。 結果として、李牧が無能であるというよりも秦国の武将それぞれが勝った力を持ち合わせていた、政の登場が蕞の勝利に大きく貢献した、と言えるのではないでしょうか。

次の

【キングダム】オルドは史実に存在した?無能説と王翦との勝負に注目!

キングダム 白ナス 無能

この記事の目次• 1ページ目• 2ページ目• 3ページ目• キングダム640話ネタバレ「禍燐と李園」 難攻不落と謳われた鄴が落ちたという情報は、もちろん各国から来た伝令により瞬く間に伝えられました。 楚ではwで宰相になっていた 禍燐 かりん と 李園 りえん が驚きの表情を見せています。 そして、どういうわけか、禍燐の横ではバミュウが半裸で目隠しをした上に頭頂部に 蝋燭 ろうそく を立てられ、熱いロウが垂れる度にアツン!あツッン!と悶えています。 しかし、そうは言っても鄴は咸陽から遠く、補給線を繋ぐには列尾を抜かねばならないので、それは李牧がいる限り容易ではないと禍燐は結論しました。 残念!お二人さん普通はそうなんだけど、オフ王は、あなた達2名の想像を超えるおバカさんなんですよ、、クククどれくらいのおバカなのかですって? それは、もう少し我慢して付き合ってくれたらお教えしますよ。 キングダム640話ネタバレ「復活!亜光将軍(今頃)」 腹一杯飯を食って眠った夜、信がうなされて飛び起きます。 それは 龐煖 ほうけん との戦いで 羌瘣 きょうかい が死んでしまうという悪夢でした。 これはね、実際あるんだけど、人間あんまり腹一杯で眠ると本当に悪夢を見るから気をつけてね。 もちろん、それは夢であるわけで、羌瘣は布団の近くで眠っていたんですが、そこで、羌瘣も目を覚まします。 実は羌瘣も同じ夢を見ていて、それは信をあの世の境で救い出した時に、魂も繋がったからだそうです。 信は羌瘣の回復が非常に遅い事を心配しています。 そして、お前俺のためにとんでもない事をやったんじゃないかと問いただします。 もちろん、寿命を半分あげたとは言えない羌瘣は、何にもしてないと話をはぐらかします。 それでも、羌瘣は幸せそうな顔です。 そこで渕副長から亜光将軍が目を覚まし回復した兵2万を引き連れて鄴から進軍したという連絡が入りました。 亜光将軍、やっと目を覚ましたんですね、びっくりしたでしょうね、昏睡状態から目覚めたら戦争終わってるんですから 【次のページに続きます】 雷伯・カイネ・傅抵・紀彗・馬呈・馬南慈たちは鄴を包囲していません。 雷伯・カイネ・傅抵・紀彗・馬呈・馬南慈たちには鄴を包囲する程の戦力はありません。 鄴を救援に行った際に急行軍であったとはいえ桓騎軍に蹴散らされてしまうくらい疲弊しています。 だから斉国からに運輸物資を無事に鄴に運び込むことができました。 論功行賞なら、一番功は用意周到な作戦で趙南部を奪い取った総大将王翦、二番は数で上回る舜水樹率いる別働軍を破り、リョウヨウの犬戎を平らげた楊端和、三番は鄴陥落に功があった桓騎の3将軍は決定的。 続くのが、朱海右翼の大将・亜光、王賁が倒れた後、敗勢の秦右翼を立て直して、趙峩龍、堯雲、馬南慈、岳嬰と並ぶ趙左翼を撃破、自らも趙峩龍、岳嬰を討ち取った上に、乱入して来た三大天に列せられるワレブまでも倒し李牧を追い詰めた信か。 次が、大将麻鉱を失った秦左翼を立て直し、臨時将軍として趙右翼を率いて離眼軍を牽制し、最後は楽華隊を率いて王翦の危機を救った蒙恬。 王賁は堯雲将軍を倒したものの、敗勢の右翼軍を率いて趙左翼を撃破した信や、臨時将軍として崩れかけた左翼軍を立て直して趙右翼を牽制した蒙恬のような将軍級の活躍はなかった。 また、戦いぶりでも本能型の才で堯雲将軍の奇襲を読んで、羌隗とともに見事に受け切った信に比べて、堯雲の奇襲に嵌って討たれかけ、王翦の危機に隊を置いて単身駆けつけるなど、将軍となるにしては危うい面が目立った王賁。 私なら、信と蒙恬は将軍昇格、王賁の昇格は未だ時期尚早と評価する思う。 邯鄲の目と鼻の先の業にオウセン・カンキ軍10万前後が待機してて 斉と燕はいつ攻めてきてもおかしくない そんな状況で既に半壊状態の国門守りに王都から兵隊遠ざけて一体どうしたいんだ? 実はリボクは叛乱起こそうとしたのをぎりぎりのとこで暗い王様が読み切って 上手く行かなかったことにナスが切れたんじゃねえかって疑っちゃうレベル 正直ここ最近リボク見てるとあまりのできの悪さに作者のことが心配になってくる ナスも守護神様も王様こき下ろしてるけど やることなすこと裏目に出て死罪で当然なのに王様のどこに落ち度があるんだ? リボクを持ち上げる以外城の包囲すらまともにできない配下からすりゃ リボクが失脚は死活問題だからしょうがないのかな• 今回は手堅くバント戦術で幕切れ?キョウカイファンへサービスショット?信ファンはこれでようやく論功行賞にありつける?本来のダブルキャストセイと信の対面を楽しみにしている映画キングダムから流れてきた新規ファンもようやく満足?疑問は史実とのつじつま合わせを重視する原作者がアツ与王翦攻略と桓騎安陽攻略はどうするのか?キングダムワールドでは占領地への物資の大量輸送を可能にするため黄河制河権を握る趙水軍をどうするのか?野放しでは隣国からの援軍渡河作戦で好きなところへ上陸され鄴が再び孤立化?黒羊要塞地への背後からの攻略は? 突然の幕切れは鄴攻略戦が読者から長すぎるとの批判やコロナ禍でジャンプ編集部がてんやわんや?キングダム鄴攻略戦ストーリー展開をスピード感を持って収束に努めたからか?それとも原作者の作業現場を三密を避けるためテレワーク導入でストーリーを単純化したからか? 撤兵して行った白ナス桓騎に大敗北する将軍?キングダムワールドを構築する上で大きな影響力を持つ現趙王は?王宮内クーデターが起こるのか?さっさと亡くなって王族同士の権力抗争となるのか?その中李牧がご赦免になるのか?またまた原作者に一本取られたブログ主の奇想天外な今後の展開予想は? 人生七転び八起きで読者も楽しんでますよ!•

次の

【悲報】キングダムさん、もう滅茶苦茶・・・・・(画像あり)

キングダム 白ナス 無能

「」の人気記事• オルドは史実は実在したか? オルド将軍は燕軍の総大将を務めており、50の山岳族の王です。 もともとは平地生まれでありながら山岳地に育ち山岳族が驚くほどの山読みの技術を持っています。 ただ、調べても将軍の名前が燕の歴史にはないので、オルド将軍自身はオリジナルキャラクターのようです。 ただ、燕の後ろに山脈があるのですがそこの部族が山岳族のモデルになっているのかもしれません。 オルダの来歴 キングダム501話では逆に趙の侵攻に備えて北方の守りが手薄になっているところに、趙の(りぼく)の間をついてオルド将軍が大軍を連れて国付近を侵略しようとします。 いいところをついてきますね。 戦術はいいと思うんですが。 龐煖が燕に攻め込んで燕の領土を奪っていきます。 (かんき)たちを送り込んで趙の領土を蹂躙し鄴(ぎょう)と一緒に九城を陥落させます。 史実では踏んだり蹴ったりの燕ですが1つ言えることができます。 龐煖とオルドは戦うことになります。 龐煖(ほうけん)とオルドは史実通りだと戦うことになるでしょう。 オルド将軍はオリジナルキャラクターなので 勝敗はわからないです。 確かに同じ将軍である劇辛将軍が一撃で負けたので弱いとは思っていないと思います。 ですが、オルド将軍のあの能力とあの自たっぷりな姿を見ていると「遊ぼうか」といっといて首をはねる可能性もあります。 おそらく、龐煖は自分より格下だと思っていた(ひょうこう)に負けたショックがあるので鬼のように自分を鍛えていると思います。 そして、信や(きょうかい)のような強者が近づいていることを本能で感じて焦ると思います。 そんな怒っている状態の龐煖がオルド将軍を取り逃がしてから仕方なく引き返し秦と戦うとおもえません。 オルド将軍の名言・名シーン ・「落ちたのかっ!?次行くぞ!次ぃ」 最初の文字はつぶれていて読めなかったのですがだれか2人負けたようですね。 でそれでもすすもうとするオルド将軍はすごいとおもいます。 よほど自信がるようですね。 ・王翦軍と当たり、山砦の心臓部を襲わせますが、王翦軍の作戦で主力部隊の8000の兵を失ってしました。 8000の兵を失うのはかなり厳しいですね。 これはオルド将軍が甘かったのでしょうね。 これからはそう言うことがないようにしてほしいです。 ・王翦軍との戦いの中に大けがを負い、王翦軍の姿を見失ったために山砦に入り長時間の足止めを受けることになりました。 その後、王翦に自国が有利になるように、相手国の国民の心理に働きかけることに敗れたため、山砦に残り、それが結果的に媧燐の作戦にかからずにすみました。 つまり結果オーライってことですね。 この時、函谷関に向かえば、陥落できたかもしれないのになんというか、運がないですね。 この後もこのままいくのでしょうか。 ・媧燐の策を失策させた後、秦軍の趙王都侵攻の直前に無事大将軍として趙東部に侵攻しますが、青歌を攻めた際に司馬尚によって返り討ちにあい、逆に燕の狸と陽の城を落とされ退却しました。 燕の大将軍としてよくやっていけましたね。 ちょっとびっくりです。 本当に人員不足だったんですね。 オルドのまとめ 燕は何というか人材不足が著しですね。 物語的には荊軻(けいか)という暗殺者の後に出てきますし、おそらく樊於期(はんおき)になり、桓騎(かんき)が連れてきて最後の見せ場を送るとは思いますが、こまでぱっとしないと思います。 史実ではでてこなくても負けそうです。 なんかかっこわるいですね。 名シーンを探したりもしましたが出てくるのはほか武将や主人公・信やもう1人の主人公政のものばかりでした。 たしかに2人とも主人公だけあってかっこいいですからね。 将軍も結構ありました。 その点、燕は噛ませ犬や脳まで筋肉の人が多い気がします。 でも負けないでほしいですね。

次の