まふまふ 女の子になりたい 解釈。 まふまふの歌詞一覧リスト

天月

まふまふ 女の子になりたい 解釈

こんなねむたいせかいなら いっそねこにでもなってしまおうか がいよう 『すーぱーぬこになりたい』とは、にに投稿されたによるオリジナル曲。 は使用せず、まふまふ本人による歌唱版で投稿された。 この曲は、他のまふまふオリジナル曲に含まれるまふまふ独特の意味有り気な世界観要素とは一線を画する、とても軽快なメロディで構成されており、その世界観はまふまふが過去に作曲・投稿した『』と共通している。 但し、この曲に関しては『すーぱーぬこわーるど』には見られなかった、何かを訴えかける歌詞も見受けられるのが特徴である。 この曲も『すーぱーぬこわーるど』も、まふまふの猫への強い思い入れを感じさせる曲だが、それに反して まふまふ本人は猫アレルギーである。 現実とは恐ろしいものなのだ。 そして投稿当日、Twitterでなんと 絵師のまふてるも猫アレルギーであることを告白。 まふてるは『すーぱーぬこわーるど』の担当絵師でもあったが、まさか作曲者・絵師共に猫アレルギーだったとは誰も予想できなかっただろう。 作詞・作曲:まふまふ イラスト・動画:まふてる りずむげーむ へ12月1日付でアップデート収録。 提供曲扱いとして収録された。 どうが すーぱーぬこになりたい/まふまふ - ニコニコ動画 たぐ 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-19 12:00:00• 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-19 13:05:28• 2020-07-19 13:05:08• 2020-07-19 13:05:04• 2020-07-19 13:04:54• 2020-07-19 13:04:54 新しく作成された記事• 2020-07-19 13:05:28• 2020-07-19 13:02:06• 2020-07-19 12:48:15• 2020-07-19 12:39:54• 2020-07-19 13:01:26•

次の

まふまふの顔バレ事件まとめ!すっぴんはブサイク?イケメン?

まふまふ 女の子になりたい 解釈

人物 『まふまふ』とは、からで活動している・である(自称『何でも屋』)。 ・(オリジナル曲)の投稿をメインに行っている。 歌ってみたでは歌唱センスだけでなくMIXやアレンジにも定評があり、ボカロ曲では独特の世界観を基調とした楽曲が評価されている。 まさに『ネットシーンに現れた稀代のマルチクリエイター』(オフィシャルサイトより引用)。 髪はに染めていることが多いが、イラストの髪色は大抵となっている。 また、ほぼ全てのイラストにおいて、本人から見て左の頬にのような模様が描かれている。 これらの理由は、かつて本人がTwitterにて、銀髪で頬の上にバーコードが描かれたイラストをアイコンにして、それを現在まで受け継いでいるためである。 自身の動画のイラストや編集を担当するなど、多方面でまふまふの仕事を補佐していると思われる『まふてる』という人物がいる(まふまふ曰く「守護神」)。 イラストでは照る照る坊主の姿で描かれており、のスタンプにもなっている。 歌い手としての活動 に『闇色アリス』で歌ってみたデビュー(この動画は現在削除されている)とは思えない高音が特徴。 裏声やミックスボイスといった小細工を用いずに、自らの恵まれた声帯から発される高音は歌い手界屈指の高さを誇る。 同じく高音系歌い手のとは声が似ており、かつては『覚声類』や『二乱性騒声児』(赤ティンとのコラボ時)というタグが付くことも多かったが、最近では女子のように高音を難なく出せるようになり、表現の幅も広く女子からの人気も根強い。 また、MIX能力が非常に高く、自身の歌ってみたをはじめ、他の歌い手の歌ってみた動画もMIXを手掛けることが多々ある。 コラボ相手として最も有名なのがで、コラボ動画などでは『』と呼ばれることが多い。 にはユニット『』(略称『AtR』)としてメジャーデビューを果たした。 また、などのコラボで知られるとはかなり密接な関係にあり、こちらは『』と呼ばれる。 最近ではやなどとのコラボも多い。 有名歌い手の中では珍しく、2016年までは活動開始から5年以上経過しているにも関わらず一切ワンマンライブを行ってこなかったが、遂により、Zeppワンマンライブツアー『』 通称 を東名阪で開催。 更に同年には追加公演として、なんと 初ワンマンツアーにしてでの公演も開催した。 も『ひきこもりでもLIVEがしたい!〜明日色ワールドエンド発売記念公演〜』と題し、・の2日に渡って幕張メッセでの公演を開催した。 そして2017年にはなんと……なんとあの にて大型フェス『』 通称 を開催した。 ・・・・などをゲストに迎えた。 一歌い手から始まりかれこれ7年、まさか日本最大級のアリーナを掌中に収める日が来ようとは……。 そしてそしてその3ヶ月後である2017年・には、二日間に渡ってなんと でAtRの2days公演を行った。 もはやとっくにひきこもりを卒業している気がするのだが。 ミリオン達成曲 他歌い手とのコラボ歌唱曲は除く。 ( 300万再生)• ( 200万再生)• ( 200万再生)• ( 200万再生)• ( 200万再生)• ( 500万再生)• ( 500万再生)• ( 200万再生)• ( 200万再生)• ( 200万再生)• ( 200万再生)• ( 200万再生)• ( 300万再生)• ( 200万再生)• ( 200万再生)• ( 500万再生)• ボカロPとしての活動 に『』でデビュー。 どの曲にも独特の世界観があり、意味深な歌詞と中毒性のある曲調が評価されている。 使用VOCALOIDはが多い。 別名「」。 また、自身が歌い手ということもあってか、や、などの歌い手のアルバムには積極的に書き下ろし曲を提供している。 以降、VOCALOIDを用いず、まふまふ自身が歌唱しているオリジナル曲の投稿が多くなっている。 また、最近はまふまふ名義としてアニメやゲームの楽曲を手掛けることも増えてきており、ニコニコ動画内に収まらず、ネットシーンを牽引するマルチクリエイターとして幅広く活動している。 オリジナル曲一覧 VOCALOID・まふまふによる歌唱曲 (括弧)内は使用VOCALOID、または歌唱者名。 After the Rainの曲は項目参照。 第1作:() 「2つに1つは始まりの時。 夢見がちな恋の行方。 」 第2作:() 「明日私が消えるのなら 君は笑ってくれますか?」 第3作:(IA) 「ようこそ、僕の世界へ。 」 第4作:() 「カミサマなんて大嫌いだ。 」 第5作:(IA) 「教えてよ。 」 第6作:(IA) 「内緒だよ。 " 第36作:(鏡音レン) 「やっぱりぬこになれんかいにゃ」 第37作:(まふまふ) 「思い出も 後悔も あの放課後の向こう」 第38作:(まふまふ) 「忍び偲べ 心隠して」 第39作:(まふまふ) 「安易には終われない、生み出されたが故に。 他歌い手への書き下ろし曲 (括弧)内は書き下ろし先の歌い手。 (そらる)• (luz)• (天月)• (XYZ)• (XYZ)• (浦島坂田船)• (浦島坂田船) 楽曲提供• 天手古舞()• 禁忌と月明かり()• BOARD GAME NAKED() 他ジャンルの動画投稿者への書き下ろし曲• (OVA ED、作詞・作曲・編曲)• ( OP、作詞・作曲・編曲)• (、作詞・作曲・編曲)• 、作曲・編曲 ディスコグラフィ これまでに同人・メジャー含め、シングルの発売は無い。 同人1st『夢色シグナル』はを除けば全曲他からの書き下ろし曲だったが、同人2nd『刹那色シンドローム』以降は半分以上の曲がまふまふ自身の作詞作曲となり、まふまふ作曲のインストが挿入されるようになった。 そしてメジャー1st『明日色ワールドエンド』では、全曲まふまふによる作詞作曲となった。 同人アルバム 楽曲詳細は省略する。 (1st 発売)• 明鏡止水(VOCALOIDアルバム 発売)• (2nd 2013年発売)• (3rd 発売) メジャーアルバム• (1st 発売) ジャケットイラスト:• (2nd 2019年発売) 関連イラスト.

次の

なりたい女性像

まふまふ 女の子になりたい 解釈

人物 『まふまふ』とは、からで活動している・である(自称『何でも屋』)。 ・(オリジナル曲)の投稿をメインに行っている。 歌ってみたでは歌唱センスだけでなくMIXやアレンジにも定評があり、ボカロ曲では独特の世界観を基調とした楽曲が評価されている。 まさに『ネットシーンに現れた稀代のマルチクリエイター』(オフィシャルサイトより引用)。 髪はに染めていることが多いが、イラストの髪色は大抵となっている。 また、ほぼ全てのイラストにおいて、本人から見て左の頬にのような模様が描かれている。 これらの理由は、かつて本人がTwitterにて、銀髪で頬の上にバーコードが描かれたイラストをアイコンにして、それを現在まで受け継いでいるためである。 自身の動画のイラストや編集を担当するなど、多方面でまふまふの仕事を補佐していると思われる『まふてる』という人物がいる(まふまふ曰く「守護神」)。 イラストでは照る照る坊主の姿で描かれており、のスタンプにもなっている。 歌い手としての活動 に『闇色アリス』で歌ってみたデビュー(この動画は現在削除されている)とは思えない高音が特徴。 裏声やミックスボイスといった小細工を用いずに、自らの恵まれた声帯から発される高音は歌い手界屈指の高さを誇る。 同じく高音系歌い手のとは声が似ており、かつては『覚声類』や『二乱性騒声児』(赤ティンとのコラボ時)というタグが付くことも多かったが、最近では女子のように高音を難なく出せるようになり、表現の幅も広く女子からの人気も根強い。 また、MIX能力が非常に高く、自身の歌ってみたをはじめ、他の歌い手の歌ってみた動画もMIXを手掛けることが多々ある。 コラボ相手として最も有名なのがで、コラボ動画などでは『』と呼ばれることが多い。 にはユニット『』(略称『AtR』)としてメジャーデビューを果たした。 また、などのコラボで知られるとはかなり密接な関係にあり、こちらは『』と呼ばれる。 最近ではやなどとのコラボも多い。 有名歌い手の中では珍しく、2016年までは活動開始から5年以上経過しているにも関わらず一切ワンマンライブを行ってこなかったが、遂により、Zeppワンマンライブツアー『』 通称 を東名阪で開催。 更に同年には追加公演として、なんと 初ワンマンツアーにしてでの公演も開催した。 も『ひきこもりでもLIVEがしたい!〜明日色ワールドエンド発売記念公演〜』と題し、・の2日に渡って幕張メッセでの公演を開催した。 そして2017年にはなんと……なんとあの にて大型フェス『』 通称 を開催した。 ・・・・などをゲストに迎えた。 一歌い手から始まりかれこれ7年、まさか日本最大級のアリーナを掌中に収める日が来ようとは……。 そしてそしてその3ヶ月後である2017年・には、二日間に渡ってなんと でAtRの2days公演を行った。 もはやとっくにひきこもりを卒業している気がするのだが。 ミリオン達成曲 他歌い手とのコラボ歌唱曲は除く。 ( 300万再生)• ( 200万再生)• ( 200万再生)• ( 200万再生)• ( 200万再生)• ( 500万再生)• ( 500万再生)• ( 200万再生)• ( 200万再生)• ( 200万再生)• ( 200万再生)• ( 200万再生)• ( 300万再生)• ( 200万再生)• ( 200万再生)• ( 500万再生)• ボカロPとしての活動 に『』でデビュー。 どの曲にも独特の世界観があり、意味深な歌詞と中毒性のある曲調が評価されている。 使用VOCALOIDはが多い。 別名「」。 また、自身が歌い手ということもあってか、や、などの歌い手のアルバムには積極的に書き下ろし曲を提供している。 以降、VOCALOIDを用いず、まふまふ自身が歌唱しているオリジナル曲の投稿が多くなっている。 また、最近はまふまふ名義としてアニメやゲームの楽曲を手掛けることも増えてきており、ニコニコ動画内に収まらず、ネットシーンを牽引するマルチクリエイターとして幅広く活動している。 オリジナル曲一覧 VOCALOID・まふまふによる歌唱曲 (括弧)内は使用VOCALOID、または歌唱者名。 After the Rainの曲は項目参照。 第1作:() 「2つに1つは始まりの時。 夢見がちな恋の行方。 」 第2作:() 「明日私が消えるのなら 君は笑ってくれますか?」 第3作:(IA) 「ようこそ、僕の世界へ。 」 第4作:() 「カミサマなんて大嫌いだ。 」 第5作:(IA) 「教えてよ。 」 第6作:(IA) 「内緒だよ。 " 第36作:(鏡音レン) 「やっぱりぬこになれんかいにゃ」 第37作:(まふまふ) 「思い出も 後悔も あの放課後の向こう」 第38作:(まふまふ) 「忍び偲べ 心隠して」 第39作:(まふまふ) 「安易には終われない、生み出されたが故に。 他歌い手への書き下ろし曲 (括弧)内は書き下ろし先の歌い手。 (そらる)• (luz)• (天月)• (XYZ)• (XYZ)• (浦島坂田船)• (浦島坂田船) 楽曲提供• 天手古舞()• 禁忌と月明かり()• BOARD GAME NAKED() 他ジャンルの動画投稿者への書き下ろし曲• (OVA ED、作詞・作曲・編曲)• ( OP、作詞・作曲・編曲)• (、作詞・作曲・編曲)• 、作曲・編曲 ディスコグラフィ これまでに同人・メジャー含め、シングルの発売は無い。 同人1st『夢色シグナル』はを除けば全曲他からの書き下ろし曲だったが、同人2nd『刹那色シンドローム』以降は半分以上の曲がまふまふ自身の作詞作曲となり、まふまふ作曲のインストが挿入されるようになった。 そしてメジャー1st『明日色ワールドエンド』では、全曲まふまふによる作詞作曲となった。 同人アルバム 楽曲詳細は省略する。 (1st 発売)• 明鏡止水(VOCALOIDアルバム 発売)• (2nd 2013年発売)• (3rd 発売) メジャーアルバム• (1st 発売) ジャケットイラスト:• (2nd 2019年発売) 関連イラスト.

次の