パソコンからiphoneに写真を入れる方法 簡単。 5つの方法でパソコンからiPhoneに写真を送る

パソコンの写真をiPhoneに送るカンタンな方法

パソコンからiphoneに写真を入れる方法 簡単

iTunesでiPhoneに写真を送る まずはiTunesで送信する方法です。 カンタンに流れを説明します。 iPhoneでiCloud写真をオフ• iTunesで写真を選択• フォルダを選ぶ たったこれだけ! と言うことで、説明をスタートします。 まずiPhoneの設定アプリで自分のプロフィールを選択し、 「写真」を選択、 「iCloud写真」をオフにしておく必要があります。 上部メニューからiPhoneを選択し、左にあるリストの「写真」を選択します。 「写真の共有元」で、「ピクチャ」を選択して iPhoneに送りたい写真をまとめたフォルダを指定しましょう。 あとはiTunesとiPhoneを同期すればオーケー。 写真アプリにフォルダ名が付いたアルバムが作成され、写真や動画が送られています。 カンタンに流れを説明します。 iPhoneでiCloud写真をオン• iCloudのページに入って…• 写真をアップロードする iTunesよりもお手軽ですよね! これを利用するには、まずiPhoneの設定アプリで自分のプロフィールを選択し、 「写真」を選び、 「iCloud写真」をオンにしておく必要があります。 まずブラウザを開いてにアクセス。 Apple IDでログインしたら、「写真」をクリック。 右上にある 「アップロード」を選択しましょう。 まずiPhoneのWi-FiとBluetoothをONにしましょう。 そしてパソコンから写真を送りたいiPhoneのロックを解除しましょう。 すると、iPhoneが表示されます。 後は選択するだけで写真を送ることができますよ。 ということで、 以上3つの写真送信方法でした。 他にもサードパーティ製アプリを利用することで写真を送ることができますが、そういったものを使わないのであればこれらの方法が便利だと思います。 チェックしてみてください。

次の

パソコンからiphoneに写真を入れる(送る)方法|簡単に転送アプリで昔の写真を移す

パソコンからiphoneに写真を入れる方法 簡単

これを使えば、写真や画像をPCからiPhoneに便利に転送できます。 App StoreからAirMoreアプリをお使いのiPhoneにインストールします。 Google Chrome、FirefoxまたはSafariで「」を開きます。 ブラウザ上にQRが表示されます。 iPhone側でAirMoreアプリを起動し、「スキャンして接続する」をタップしてからそのQRコードをスキャンします。 接続ができるように、iPhoneとパソコンを同じWi-Fiネットワークに接続してください。 接続が出来たら、インターフェイスの左側にある「画像」アイコンをクリックし、「画像」タブを開きます。 すると、選ばれた写真がPCからお持ちのiPhoneに移動されます。 ネットの調子が良ければ、転送スピードがかなり速いです。 iPhoneに転送された画像は、iPhoneの「カメラロール」、またはAirMoreアプリの「メディア」から確認します。 メリット:• 完全に無料。 仕組みが簡単で、使いやすい。 デメリット:• ネットワークが必要。 iPhoneにアプリをダウンロードしたくなければ、PCからiPhoneに画像を転送するには、次のiCloudを使用する方法があります。 iCloud — iOSユーザー向けのオンラインストレージサービス iCloudが写真や画像を保存できるオンラインストレージで、そこへアップロードした写真にはiOSデバイスやパソコンからアクセスできます。 iPhoneのiCloudにサインインした後、同じアカウントで写真をPCから「iCloud. com」にアップロードすると、それらの写真がiPhoneでも見られるようになります。 次は「写真」の「マイフォトストリーム」を有効にします。 PCで「iCloud. com」にアクセスし、同じApple IDでサインインします。 「Photos」アイコンをクリックして画像タブに入り、右上にある「Upload」ボタンを押下して、パソコンから写真をアップロードします。 デメリット:• 完全に無料なサービスではありません。 無料で使える容量はただの5GBです。 今のiPhoneカメラの画素が結構高いので、写真の一枚でも何MBの容量を食います。 そこで、5GBは明らかに今のユーザーにとって足りないです。 5GBを越えた場合は、容量を追加購入するしかありません。 アップロードされた画像がiPhoneですぐに確認できません。 まとめ 以上はパソコンからiPhoneに写真を送る2つの便利な方法です。 比較的に言えば、写真の総サイズに制限がないAirMoreがもっと良い選択です。 実はこのアプリが写真だけではなく、動画、ドキュメント、またはできます。 興味がある方はどうぞ使ってみてください!.

次の

初心者でもわかりやすい!iPadに写真を入れる方法

パソコンからiphoneに写真を入れる方法 簡単

iPhoneの写真など画像をパソコンに取り込むには、• や、といったWEBクラウドサービスに画像データをアップロードしてからパソコンに取り込む• など対応のアプリを使いデータを取り込む• 外付デバイスとして直接アクセスする• メールやLINE、SNSなどを介して送る といった手段があります。 今回はApple製のアプリやクラウドサービス、SNSやメールを使ったりダウンロードしたりせずに、 Windows10の標準アプリ「フォト」を使い、 iPhoneを直接接続してデータを取り込む方法をご案内いたします。 iPhone側で操作を許可する ライトニングケーブル(充電で使うケーブル)をiPhoneに挿し、パソコン本体にUSB端子を挿します。 パソコンにiPhoneを接続すると、 iPhoneの画面に「このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか?」という表示が現れますので、許可をタップします。 間違えて「許可しない」を選択してしまった場合は、USBを一度パソコンから抜いて、挿しなおして再接続してください。 安全な取外し方についてはにて説明しております。 フォトを使って写真を取り込む Windows10に標準インストールされているアプリ、「フォト」をWindows(スタート)メニューから立ち上げます。 右上にあるフォトのメニューから「インポート」をクリック、「USBデバイスから」を選択します。 「インポートする項目の選択」画面が表示されます。 取り込みたい写真をクリックしてチェックマークを入れ、 「選択した項目のインポート」ボタンをクリックして取り込みます。 保存先を指定したい場合などは「 インポートの設定」をクリックして設定完了後、「選択した項目のインポート」ボタンを押します。 枚数が少ないのでさっくりまとめたい場合は「月ごと」、枚数が多く日付で確認したい場合は「日付ごと」などお好みで選択を変えると管理しやすいでしょう。 パソコンにデータを移動するからiPhoneの容量を空けたいなどの理由があれば、チェックをいれて削除してもいいかもしれません。 指定したインポート先(特に設定しない場合はピクチャフォルダ)にフォルダが作成され、パソコン内に保存されました。 エクスプローラーで直にiPhoneへアクセスする フォトを使わずに、外付けドライブとしてエクスプローラーで直にiPhoneのファイルを覗いたり、パソコンにデータをコピーすることもできます。 エクスプローラーのショートカットメニュー「PC」の「デバイスとドライブ」から「Apple iPhone」を開きます。 そのApple iPhoneの階層下、Internal Storage、DCIM以下がカメラ関係のフォルダです。 PC > デバイスとドライブ > Apple iPhone > Internal Storage > DCIM > 100APPLE 写真や動画は「100APPLE」に入っています。 保存したい画像データを選び、パソコンの保存したい場所へ手動でコピーを保存できます。 データの拡張子がHEICで編集できないとお困りの方は、をあわせてご確認ください。 パソコンからiPhoneを安全に取り外す Windows(スタート)メニューから「設定」(歯車アイコン)をクリックして「Windowsの設定」画面を開きます。 「デバイス」をクリックして「Bluetoothとその他のデバイス」画面を開きます。 「その他のデバイス」から「Apple iPhone」を選択すると、削除ボタンが現れます。 「デバイスの削除」をクリックすると、パソコンとの接続が切断されます。 ケーブルからiPhoneを取り外します。 または、パソコンの電源OFF後にも安全にiPhoneを取り外すことができます。

次の