下半身 痩せ 筋 トレ。 下半身を鍛えていない「見せ筋」野郎は人生損していると思う。

【体験談】下半身太りが悩みだった私が脚痩せ成功!太ももトレの方法3選

下半身 痩せ 筋 トレ

Contents• 大きな筋肉を刺激できるので、代謝アップや多くのカロリーも消費できる。 鍛えれる主な筋肉 大腿四頭筋(太もも前)、内転筋群(内もも)、大臀筋(お尻) フォーム 1、スタートポジションの姿勢は、胸を張り、背筋を伸ばして背骨が自然と湾曲した姿勢を作る。 2、足は肩幅よりやや広く、つま先はやや外に開く。 3、1の姿勢を維持したまま、(開いた)つま先方向に向けて膝を屈伸する。 4、屈伸は、太ももの裏が床と平行になるまで降ろす。 屈伸時、膝がつま先よりあまり前に出ないようにする。 コツとしては、まっすぐに1の姿勢を保ったまま、お尻を少し後ろに引く。 ポイント 屈伸時、膝がつま先よりあまり前に出ないようにする。 まっすぐにフォーム1、の姿勢を保ったまま、屈伸しながらお尻を少し後ろに引く。 動きを通して、かかとにしっかり体重を感じながら行う。 膝や腰に不安がある人は、ウォーミングアップをしっかり行い、始めは浅くゆっくり行う。 呼吸は上体を降ろす(屈伸)時に「吸って」、上体をあげる時に「吐く」。 足の位置を広く(ワイドスタンスに)すると、より内転筋や大臀筋に効かすことができ、狭く(ナロースタンスに)すると、より太ももの前や膝上に効かすことが出来る。 そのナロースタンスでのスクワットの際、内腿にクッション、雑誌などを挟んで行うと内転筋(内もも)に効かせる事が出来る。 悪い例 姿勢が前傾になりすぎると、脚ではなく腰に負荷が逃げてしまう。 猫背になると腰や背中を痛めやすい。 ・レッグランジ 鍛えられる主な筋肉 ヒップアップや太もも裏の筋肉に効果的で、片方ずつの脚で行うのでバランス感覚も鍛えることが出来る。 大腿四頭筋(太もも前)、ハムストリングス(太もも裏)、大臀筋(お尻) フォーム 1、スタートポジションの姿勢は、胸を張り、背筋を伸ばして背骨が自然と湾曲した姿勢を作る。 2、1の姿勢を維持したまま、片脚を前に一歩踏み出して、そのまま屈伸する。 3、屈伸の時、膝がつま先よりも前に出ないようにする。 ポイント 動作中は常にフォーム1の背筋を保つ。 膝を前に屈伸するというよりは、一歩踏み出して、上体を下に沈める感じで行う。 前に踏み出した脚は、かかとで体重を感じながら屈伸し、かかとで床を蹴って上体を戻す。 前に踏み出して屈伸をした際は、フォーム1の姿勢を保つために、胸を張ってお尻を前に入れるようにする。 呼吸は、屈伸時に「吸って」上体を戻す時に「吐く」。 悪い例 猫背になる。 バランスを取ろうと下を向くと姿勢が崩れる。 ・レッグカール 鍛えられる主な筋肉 ハムストリングス(太もも裏) フォーム 1、つま先は外や内に向けずにまっすぐにする。 2、かかとをお尻に当てるイメージで膝を曲げる。 ポイント 上体を反らせすぎると腰に負担がかかる トレーニングチューブの片方を足首に付けて、もう一方の足首にトレーニングチューブを固定して負荷をかけるとより効果的。 誰かいる場合は、タオルを足首にかける、または手で足首を後ろに引っ張ってもらう。 立って行うことも出来る。 その場合は、かかとを上げる時は膝(支点)が前後に動かないように注意する。 2、脚を置く位置は、身体よりも遠くにすると大臀筋(お尻)とハムストリングス(太もも裏)により効いて、身体に近いと大臀筋(お尻)と背筋部により効く。 3、スタートポジション時はお尻や腰は床につけずに浮かす。 ポイント 膝から肩のラインが真っ直ぐになるまでお尻を上げ、そこで3秒ほど止めると筋肉を意識しやすい。 かかとでしっかりと床を押すようにするとお尻を効かせやすい。 お尻を下ろした時はフォーム3、のようにお尻や腰を床につけない。 お尻を上げた時に片足を真っ直ぐに伸ばすと、強度が上がる。 安定した台やイスに足を乗せるとより強度が上がる。 悪い例 お尻を上げ過ぎると腰に負担がかかる。 腕で床を押しすぎるとお尻よりも背筋群に負荷が逃げやすくなる。 ・ヒップアダクション 鍛えられる主な筋肉 大臀筋(お尻)、中臀筋(お尻横) フォーム 1、床に横になり、両手でバランスを取る。 2、スタート時は膝を伸ばし、下になる脚から少し浮かす。 3、脚を上げるのは、股関節とかかとの角度が約45度くらいまでにする ポイント かかとまで意識を持って行き、かかとを上にあげるように意識する。 脚を上まで上げた時に、3秒ほど止めるとより意識しやすい。 悪い例 かかとではなく、つま先を上に向けて行うとお尻には効きにくくなる。 膝を曲げない。 2、膝を曲げずに背伸びをするようにかかとを上げる。 ポイント トレーニングセット中は、かかとを床につけて休まないようにする。 アキレス腱の反動を使わずに、ゆっくりをした動作で行う。 まとめ トレーニング初心者の方は最初は無理せずに、上記の中から1〜2種目を選んで始めてみて下さい。 下半身は筋肉量が多く、 自宅トレーニングによっても消費カロリーは多くなります。 よって、トレーニングに取り入れる事によって、体脂肪も効率よく燃焼したいと思っている方は下半身のトレーニングは有効です。 さらに、下半身の筋肉は静脈(血液が心臓へ戻る血管)のポンプ活動を助けてくれるので、下半身の筋トレによって、血液循環のサポートも期待できます。 老化は足腰から来るとも言われますので、無理をせずしっかりと足腰を鍛えましょう。 あー、僕もお笑いの足腰を鍛えてお笑いが老化しないようにしないとなー。 ほらだって、僕のお笑いは弱ってるでしょ!? やかましわ!!(大爆笑) 身体の足腰の筋肉はしっかりしてるわ!! 「お笑いの方」にはツッコまないんかい!!(どんどん成長してますね さすがです 大爆笑) 以上 なかやまきんに君でした。 パワー スポンサードリンク•

次の

下半身の鍛え方決定版!初心者から上級者までおすすめの最強トレーニングメニュー | VOKKA [ヴォッカ]

下半身 痩せ 筋 トレ

約7割の女性が脚に悩みを抱えている 16~25歳の女性758名を対象とした「コンプレックス・整形に関する調査」(出典:)の調査によると、 ・ 体 に対してコンプレックスを 持っている……75. 6% さらに、体にコンプレックスがあると答えた方に、コンプレックスのある部位を調査してみると、 68. 2%もの女性が「脚」にコンプレックスがあると答えたのです。 (以下、体毛55%・ヒップ51. 5%・ウエスト50. 8%と続く) また、別の調査によると、ダイエットに取り組むにあたり最初に行うこととして 「運動(筋トレ)」と答えた方が66. 3%いることがわかりました。 (出典:) これらのことをまとめると、ご自身の脚にコンプレックスがある方は非常に多く、コンプレックス解消のために脚やせに取り組むにあたり、「まずは筋トレ」を始めてしまう方が多い傾向にあると考えられます。 脚やせできない本当の原因は「長時間のデスクワーク」 そもそも 脚やせできない本当の原因はというと、私は ズバリ 長時間のデスクワークだと考えます! シドニー大学の研究員が、世界20カ国の成人を対象に「平均座位時間」を調査した結果、日本人の1日の平均座位時間は最も長い8~9時間程度だったそうです。 そんな状態で筋トレをしてしまうと、 本来鍛えたい箇所とは別の部位(特に前もも)に負担がかかり、筋肉太りによって逆に脚は太くなってしまいます。 ですから、筋トレより先に 股関節の柔軟性を高める必要があります。 まずはそこから始めてみましょう! 脚の筋トレ前に柔らかくするべき「3つの筋肉」とは? デスクワークで硬くなる3つの筋肉って? デスクワークで硬くなりやすい筋肉は、脚のつけ根の筋肉(腸腰筋)、前ももの筋肉(大腿直筋)、お尻の奥にある筋肉(梨状筋)の主に3つです。 この筋肉が硬くなると、過剰な反り腰が原因となり、前ももにかかる負担を増やしてしまいます。 この筋肉が硬くなると、ガニ股やむくみ、冷え症の原因にもなります。 上記の硬くなった筋肉への 対処法はストレッチです! 前述したように、これらの筋肉が硬い状態での筋トレは、逆に脚を太くしてしまう可能性があるので、柔軟性を獲得するためストレッチを行いましょう。 では次に、脚やせに効果的な股関節ストレッチを3つご紹介します。 脚やせ股関節ストレッチ1. 股関節パタパタ 様々な筋肉を同時にストレッチすることが可能です。 テレビを観ながらパタパタしてみましょう! 1. 脚を肩幅より広く開き、つま先を床から上げて踵で床を押すようにする。 動作2 床に向けた指先を、床に近づける。 後ろ脚のつけ根にストレッチを感じたら30秒キープ。 左右1セットずつ行う。 自然な呼吸を心がけること。 脚やせを成功させる秘訣は「継続力」 あなたの目的は筋トレや、一時的な脚やせではなく、 脚やせした状態を長くキープすることではないでしょうか? だとすると、エクササイズを頑張りすぎて途中で挫折してしまったら何の意味もありません。 脚やせを成功させる秘訣は頑張ることではなく、「どのようにしたら長く続けられるか?(継続力)」という視点でエクササイズに取り組むことです。 今回紹介した股関節ストレッチは、テレビを観ながらでもできる簡単な方法です。 ぜひ脚やせキープのエクササイズとして活用してみましょう! 【関連特集】.

次の

【脚トレのメリット】下半身を鍛えると上半身も大きくなる理由!

下半身 痩せ 筋 トレ

下半身筋トレ 脚トレ のメリット 脂肪燃焼にかなり効果的 下の筋肉の大きさを見てもらえばわかる通り、上位3つの筋肉は下半身にあります。 大きい筋肉を使っていけばいくほど消費するエネルギーも大きく脂肪燃焼に効果的です。 しかしながら、下半身のトレーニングは脂肪燃焼に効果的なのは単純に消費エネルギーが大きいからです。 ここを誤解しないようにしてください。 脚トレしないのはどうですか? 僕自身を始めた当初は上半身だけやっていました。 僕は上半身しか鍛えないのはOKだと思います!ただ、僕はとある筋肉芸能人のチキンレッグっぷりをみて 「これはダサすぎる」と思って脚トレを始めました。 なので上半身しか鍛えてない人は一度、上半身しか発達してない人の画像を検索してみてください。 もちろん、この記事を見て脚トレしようと思ってくれた人がいきなり脚トレガチ勢と同じくらい下半身を鍛える必要はないです! 脚トレってめっちゃきついの? 脚トレ=めっちゃきついと教えられてきました。 脚トレにビビってる人、全然大丈夫です。 確かにきついですが、大胸筋や背中のトレーニングよりも少し上の程度でのほうが十倍きついです。

次の