ピロティ 意味。 ピロティとは?構造のメリットや耐震性などの注意点 [注文住宅] All About

ピロティ構造の建物は倒壊の危険が高い。耐震診断と補強工事について|生活110番ニュース

ピロティ 意味

建築用語ですが、一般の方や不動産業者さんでも使うことがあります。 しかしピロティの意味が誤解されているケースも少なくありません。 今回は、ピロティ形式の意味や、ピロティの耐震性について説明します。 ピロティ形式とは? ピロティ形式とは、「1階に壁が無く、柱だけで外部に開かれた空間」です。 皆さんは下図のようなマンションを見たことがあるでしょうか。 1階が駐車場になっていて、壁がありません。 2階以上は部屋をつくるため壁があります。 この形式をピロティといいます。 元々ピロティは建築家のル・コルビュジェが提唱した近代建築の5つのルールの1つでした。 そこには、建築の地面からの解放(建物を浮いているように見せたい)がありました。 コルビュジェは日本の建築家に多大な影響を及ぼしており、ピロティ形式は一気に広まったのです。 現在は、「建築を地面から切り離す」という美意識よりも、1階に開けた空間ができる実用性を意識してピロティにします。 ピロティ形式の耐震性 1階が広い空間ができて良さそうなピロティですが問題もあります。 ピロティ形式は耐震性が低いのです。 下図をみてください。 ピロティ形式の建物は、1階と2階で地震に抵抗する部材の強さが全く違います。 2階は主に耐力壁が地震力を負担します。 一方、1階は柱だけです。 つまり1階と2階でとてもバランスの悪い構造形式です。 専門的に剛性率が低い、などといいます。 2階は耐力壁があるので変形は小さいですが、1階は柱だけなので大きな変形になります。 さらに、1階と2階でバランスが悪い影響で、1階に変形が集中します。 結果、1階の柱が先に壊れやすい構造です。 兵庫県南部地震では、ピロティ形式の崩壊が多く見られ問題視されました。 そのため現在では、「各階でバランスの悪い構造にしない」というのが基本です。 ピロティ形式は、普通の建物に比べ耐震性に難があります。 その分、適切な構造設計が求められます。 しかし、一見ピロティ形式に見えても、「構造的にピロティでない場合」があります。 後述します。 構造的なピロティと、意匠的(デザイン)なピロティは違う 実は「ピロティ」は、2通りの意味があります。 見た目はピロティだけど耐震的(構造的)にはピロティではない場合です。 では構造的なピロティとは何でしょうか。 構造的なピロティは、 耐力壁、袖壁、腰壁、垂れ壁、方立壁などの量が上階と比較して急激に少なくなっていること です。 また、そのような階をピロティ階と言います。 それぞれ図解します。 構造的なピロティ 下図をみてください。 2階は耐力壁が配置してあります。 1階は駐車場で柱だけです。 これは意匠的にも、構造的にもピロティです。 前述したように、1階に比べて上階の壁量が急激に多いからです。 上階に地震力を集める壁やブレースがあると、より揺れやすくなります。 また1階は柱しか無いので、その弱い部分が壊れやすくなります。 意匠的なピロティ 下図をみてください。 冒頭で説明したピロティと一見同じです。 しかし、2階の壁はスリットを切っています。 スリットを切ると、壁は地震力を負担しなくなります。 耐力壁でなくなるので、1階と2階は柱と梁で地震力に耐えます。 簡単に言えば、1階と2階で地震力に耐えるバランスが同じです。 これは意匠的にピロティですが、構造的にピロティではありません。 1階に壁が無い建物でも、スリットを切っているならピロティによる耐震性の問題も該当しません。 それらの情報は、不動産屋さんい聞いても詳しく教えてくれない(そもそも知らない)こともあります。 構造的にピロティかどうか、気になって不安な方は、不動産屋経由で設計者へ聞くこと、あるいは建築士会などに問い合わせすると良いでしょう。 まとめ 今回はピロティ形式について説明しました。 ピロティの意味が2通りあることは、案外知らない人も多いです。 一見、ピロティに見えてもスリットを切っているから耐震性に問題ない場合も多いです。 見た目だけで、一概に判断しないよう注意したいですね。

次の

ピロティの床面積

ピロティ 意味

ピロティとは?ピロティ 意味 概要 説明【不動産用語辞典】 ピロティ 不動産 Real estate に関する用語を集めた不動産用語集サイト ピロティ の意味を紹介しています。 「このサイトの主旨」 当サイト、 不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。 例えば、アルファベットで「 R」は アになります。 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、 少しでも立てれば嬉しいです。 住宅では1階を車庫に利用するケースなどにみられます。 耐震性を損なわないために、建物を支える構造に注意が必要です。 ピロティを庭のような外部空間や、単なる通路に利用する場合には床面積から除外できます。 車庫面積を取りたい場合に、ピロティの一部を車庫や自転車置き場、倉庫などに使用する場合は、その部分の面積を床面積に算入しなくてはならないので注意が必要です。 スポンサードリンク ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・・・ ・・ ・・・・ Copyright C. All Rights Reserved.

次の

ピロティとは何のことですか?/耐震Q&A

ピロティ 意味

ピロティとは、1階部分の壁がないだけで支えた空間です。 ピロティ(pilotis はフランス語で建物を支える杭を意味します。 2階建て以上の建物で、1階部分の一部あるいは全部を、壁で囲まれていないだけの空間にしたものです。 このような空間を持った構造の建物自体をピロティと呼ぶこともあります。 マンションでは1階部分をピロティにして、や通路として利用するケースがあります。 一戸建てでもピロティを設けて、アウトドアや車庫として利用する例もあります。 では、ピロティを通路として使用する場合には床面積に算入しませんが、にする場合には床面積に含めなければなりません。 また、についてはピロティも含めます。 なお、ピロティのある建物は地震に弱いことがあります。 1995年の阪神・淡路大震災でピロティを採用した多くの建物が被害を受けました。 そのため、ピロティ形式の採用には耐震補強などの対策が欠かせません。 一方、東日本大震災では津波の被害から流出を守られたケースもありました。 ピロティの構造上の利点と弱点を踏まえた対策が望まれます。 建築基準法 建築基準法とは、建物を建てるときの基本的な法律です。 建築物の敷地・構造・設備・用途の最低基準を示し、用途地域や日影規制などエリアによって守るべき事項などが定められています。 建物の利用者や近隣住民の生命・健康・財産を守ることを目的に、1950年に施行されました。 基準の具体的な技術水準などは、建築基準施行令や施行規則などで詳細が規定されています。 また、基準が実効性をもつように、着工前の建築確認や工事中の中間検査、完了検査、違法建築物の是正措置なども定められています。 建築基準法はこれまでに何度も改定を重ねています。 1981年には現在の耐震基準が導入、2003年にはシックハウス対策の規定導入、2007年には耐震偽装事件を受けて建築確認審査の厳格化が図られました。 中古マンションを選ぶ際には、いつ建てられたかによって基準が異なるため、築年は大まかな安全性を見るときの一つの目安にもなります。 リビング リビングとは、居間のことです。 Living-roomのことで、家族だんらんのスペースになります。 かつての日本家屋では、「茶の間」と呼ばれた空間です。 家族が一緒に寛ぎ、コミュニケーションの中心になる場所なので、家づくりや物件購入で重要視されます。 マンションではダイニングと一体となったLDや、キッチン・ダイニング・リビングが一体となったLDKが主流です。 コミュニケーション重視かプライバシー重視か、居住空間が縦長か横長かなどでリビングの配置は違ってきます。 リビングを通らずに各居室に出入りできるタイプや、あえてリビングインとしてLDから個室に出入りするタイプもあります。 また、ゆっくりと眺望を楽しめる工夫なども施されます。 家で過ごす時間を考慮して、ライフスタイルに合ったリビングの広さや形状を決めるといいでしょう。 柱 柱とは、建物の軸組みで、土台に対して垂直に立てて、屋根や床の荷重を土台や基礎に伝えるものです。 木造軸組工法やラーメン構造では、梁などとともに建物を支える最も重要な部材です。 柱の太さは、柱の位置や部屋の大きさ、支える重さによって決めます。 木造2階建て以上の場合には、土台から軒まで通った継ぎ目のない「通し柱」が建物の四隅に使われます。 「通し柱」は、上下階を構造的に一体化させて耐震性を高めるために重要なものです。 各階ごとに梁や胴差しなどで区切られた柱を、「管柱(くだばしら)」といいます。 「管柱」も各階の荷重を受ける構造体です。 このほか、柱と柱の間に壁の補強のために入れる柱を「間柱(まばしら)」と呼びます。 また、壁に取り付けた装飾用の柱を「付け柱」といいます。

次の