人参 冷凍。 にんじんの保存方法

人参は冷凍保存するとまずくなる?黒く変色したり食感が悪くなる?

人参 冷凍

<目次>• 思わずたくさん買い込んでしまった野菜。 賢く冷凍保存されている方も多いと思いますが、冷凍することで、野菜やお肉が持つ栄養は減少してしまうことが多いのです! もともと冷凍野菜として売られている野菜は、家庭ではなかなか出来ない特別な処理をしているのでそんなに栄養価は失われないと言われていますが、新鮮な野菜を自宅で冷凍しようとすると確実にその栄養価は損なわれます。 ビタミンは熱に弱いものが多く、加熱の段階で、いくらかは死滅してしまいます。 加熱の時間が短いほどビタミンの損失量は少ないので、普段の食事では、ビタミンの量もそれほど減ることはないと思いますが、冷凍するとなるとそうはいきません。 例えば、ほうれん草を冷凍しようとする時、まず茹でてから冷凍しますよね。 でも、茹でてから凍るまでにかなりの時間がかかってしまうので、この間にビタミンがどんどん死滅していってしまいます。 ですから、ご自分で作った冷凍野菜を食べる時は、新鮮な野菜よりビタミンの効果を期待できないと思って下さい。 でも、せっかく買った野菜を捨てるのはもったいないし、できるだけ栄養価が高いまま上手に冷凍して食べたいですよね。 野菜の冷凍方法……こうすればビタミンが破壊されにくい! お肉はトレイから出し、ラップでぴっちり包んで冷凍しましょう 新鮮な野菜はそのままでは冷凍できないので、熱処理をしてから冷凍しますが、凍るまでに時間がかかればかかるほど、ビタミンがどんどん死滅していってしまいます。 ということは、少しでも短い時間で冷凍するように気をつければ、ビタミンや栄養成分は損なわれにくくなります。 そこで家庭で冷凍する時には、次の3つのことに気をつけて頂けたらと思います。 また、お肉や魚は買ってきたパックのまま冷凍するのではなく、ラップでぴっちりと包んで冷凍するようにしましょう。 また、冷凍庫のニオイ移りや乾燥を避けるには、さらにフリーザーバッグなどに入れるといいでしょう。 冷凍できる食品・できにくい食品 カレーやシチューは、具のじゃがいも、にんじん、かぼちゃを潰してから冷凍しましょう。 家庭でよく使う食品の冷凍の仕方について、少しですがお伝えします。 基本的に冷凍食品として販売されているものは冷凍できると思いますが、先ほど申し上げた冷凍する時のコツを守って下さいね。 冷凍できる食品 ・じゃがいも、さつまいも マッシュポテトにして薄く平らにのばし、1食分ずつ分けてラップに包み、フリーザーバッグに入れて冷凍する ・ブロッコリー、カリフラワー 小房に分けて茹で、茹で上がったらキッチンペーパーで水分を取り、1食分ずつ分けてラップに包み、フリーザーバッグに入れて冷凍する ・ネギ、パセリ ネギは小口切り、パセリはみじん切りにし、キッチンペーパーで水分を取り、一回に使う量ごとに分けてラップに包み冷凍する。 ・カレー、シチュー 作りすぎたカレーやシチューは具として入っているじゃがいも、にんじん、かぼちゃを潰してから冷凍しましょう。 できにくい(できない)食品 ・牛乳、マヨネーズ、生クリーム(油が分離するので冷凍は出来ません) ・生野菜 ・イクラ、うに ・生卵 いくら冷凍しているからといって、何ヶ月も保存するのは考えものです。 霜が付き、味や栄養が落ちてしまいます。 冷凍した日付を記載し、2ヶ月を目安に食べきって下さい。 また、一度解凍したものは、必ず使いきりましょう。 再び冷凍すると栄養や味が落ちます。 【関連記事】•

次の

冷凍野菜一覧|冷凍水煮大根・冷凍野菜なら三鈴商事

人参 冷凍

それになんだか味も、甘みがなくて美味しくない… そもそも、ニンジンはなぜ冷凍するとまずくなるんでしょうか? 実は生の人参には酵素が含まれており、品質を保つのが大変な野菜です。 そのため、生の人参をすぐに冷凍しても品質は落ちてしまうのです。 品質の落ちた冷凍人参は、味に甘みを感じにくいです。 そのこともあり、まずく感じやすい点が挙げられます。 さらに水っぽく歯ごたえがなくなってしまう原因は、人参の細胞が壊れてしまっているからです。 人参は水分が多いため、冷凍した瞬間からどんどん氷が張ってしまいます。 氷で閉じ込められてしまった人参の水分は、行き場をなくしてしまうんですよね。 そのため、人参を解凍した瞬間に水が溢れ出し、栄養素と一緒に水分が抜けてしまうんです。 その為水っぽくてまずい冷凍人参が出来上がってしまうんですね。 このように水分の多い人参は、冷凍方法、解凍方法に気を付けないと食感を悪くしてしまうため注意が必要です。 生のままが良いのか、加熱してからが良いのかどっちだろう? 結論から言うと、断然「加熱」した人参の方が良いです。 なぜなら、ニンジンの中の水分が抜けにくく、さらに調理の時には時短になるからです。 加熱する場合ですが、人参はなるべくみじん切りや千切りにしておきましょう。 丸ごと一本で冷凍してしまうと、冷凍にも時間がかかる上に解凍後に切るのも大変です。 そして切った人参は、しっかりよりササっと茹でるぐらいがおススメです。 事前に下茹でをしておくことで、下ごしらえの必要がなくなり使いやすくなりますね。 すぐに料理に合わせることができ、とっても調理が楽でおススメです。 忙しい時にちょっとでも時短できると、得した気分になりますよね! もちろん生のままの人参でももちろん、冷凍は可能です。 生のままの場合は、なるべくすりおろしやみじん切りなど小さく切るのがおすすめ。 ラップやジップロックなどに薄く広げて、箸で押さえつけてラインを入れておけばパキパキと使う分だけ割れるのでとっても便利です。 例えばすりおろしはドレッシングや、みじん切りはミートソースやドライカレーなどにすぐに使えて便利ですよ。 けれど生のままの人参の冷凍には、注意点があります。 それは、保存期間が短いということです。 冷凍と聞くとずっと保存しておけるイメージがありますが、生のままの人参はたっぷり酵素が含まれているため、冷凍庫の中でも少しずつ腐敗が進んでしまうんです。 そのため冷凍しているからと安心せずに、早めに食べることが大切です。 スポンサーリンク 人参の正しい冷凍方法とポイント 加熱した人参を冷凍することはおススメですが、保存方法に気を付ければもっと美味しく冷凍できます! まず加熱した人参は粗熱を取り、キッチンペーパーなどで水分をよく拭き取ることが重要です。 そして人参は大量に袋に詰め込まず、小分け袋に入れましょう。 水分が多い野菜のため、氷がついたり霜がつかないように予防してあげることも大切です。 そして空気をしっかりと抜き、素早く冷凍するように心掛けましょう! アルミのバットなどがある場合は、その上に置いて冷凍庫に入れるのがおすすめです。 アルミの熱伝導率の速さで、急速冷凍が可能ですよ。 水分を拭き取るだけで解凍した時の美味しさにも変化があるため、ぜひ試してみてください。 冷凍人参を上手に解凍する方法は? 冷凍人参を解凍する場合、注意したい点があります。 それが自然解凍などで解凍をしないこと。 自然解凍をしてしまうと、ニンジンの中の水分がゆっくりととけて出てきてしまうので、食感の悪いニンジンになってしまいます。 そうならない為にも、調理に直接使うのがおすすめ。 例えばみじん切りやすりおろしのニンジンは、凍っているまま煮込み料理に入れたりソースに混ぜるのがいいですね。 また千切りにして茹でて冷凍した人参も、しっかり解凍をしてしまわずに凍ったまま使うのがおすすめです。 一度火を通しているので、そこまで長時間加熱する必要もありません。 炒め物などにするなら、ササッとフライパンで炒めて溶けたら味付けをするだけです。 もしカレーなどに入れるために大き目のニンジンを冷凍した場合は、軽くレンジで加熱してから使うことで、調理時間は短縮できます。 ただ大き目のニンジンは、冷凍するとやっぱり食感がよくないので、なるべく小さく切ったニンジンの方が冷凍に向いていますよ。 ニンジンのドレッシングも、冷凍人参を使うとあっという間にできてしまいます。 すりおろして冷凍しておいたニンジンは、すぐに溶けるので解凍も不要です。 たまねぎのすりおろしとしっかり合わせれば出来上がり。 たまねぎの辛味が気になる時は、作って半日~1日ほどおいておけば辛味も抜けますよ。 ドレッシングでも野菜をたっぷりとれる、ヘルシーなサラダになりますね。 ニンジンの冷凍はまずい? まとめ 今回はニンジンの美味しい冷凍方法と解凍方法をお伝えしました。 このように冷凍人参は冷凍保存しても全く問題ありません! むしろ、調理を時短にしてくれる頼れる野菜といえますよね。 忙しい時に時短できる食材は、積極的に使いたいところです。 冷凍方法をマスターしてしまえば、まとめ買いしても使い切れそうじゃないですか? ただし人参は、生の状態でも冷凍した状態でも、美味しいうちに早めに食べるようにしましょう。 解凍方法もバッチリ守って、冷凍人参を味方に付けてくださいね!.

次の

にんじんを冷凍保存する方法|味の農園

人参 冷凍

Sponsored Link 冷凍保存した人参を食べたらまずい!その原因と対処法は 人参は冷凍できる食材です。 しかし「冷凍保存した人参を食べたらまずい!」という方が多くいらっしゃいます。 人参は冷凍保存できる食材なのに、どうしてまずいのか疑問を感じますよね。 これは【冷凍障害】という現象によるものです。 人参には多くの水分が含まれており、冷凍すると水分が凍り、人参の周りに氷を張ります。 これは【氷衣】と言われています。 氷衣ができると、人参の水分が行き場を失い、加熱されると水分が人参を包み込み食感が悪くなってしまいます。 加熱したニンジンはトロリとした食感やシャキシャキとした食感ですが、「ブヨブヨ」としたゴムのような食感になり、まずいと感じてしまうのです。 このブヨブヨとした食感の人参にしない対処法があります。 それは下茹でです。 冷凍する前に軽く、下茹ですると食感を維持するができます。 熱湯に30秒~1分程軽く下茹でしてからしっかりと水気を拭き取り、密閉性の高い袋や容器で冷凍すると食感を損なわせず冷凍保存する事ができます。 人参を冷凍保存していたら黒く変色している!原因は?たべられるの? 人参を冷凍保存していたら黒くなったなんて事もあります。 一見すると「腐っている」と思ってしまいますが、人参は保存方法によって変色しやすい食材となっています。 黒く変色していると食感や味は衰えてしまいますが、食べる事はできます。 ただ、見た目が悪いので来客時等には提供しない方がよいですね。 冷凍保存した人参はどうやって料理するのがいいの? 冷凍保存した人参は解凍せず、そのまま加熱料理として活用すると良いですね。 完全解凍してしまうと、食感が損なわれてしまうのでサラダ等では美味しくありません。 あとがき 人参は冷凍保存すると「まずい」と言われていますが、冷凍保存の前に下茹でする事で、食感が損なわれず美味しく味わう事ができます。 冷凍保存すると、黒く変色する事がありますが、食べる事はできるので、色味が気にならない場合はそのまま食べて大丈夫です。

次の