ちょんぼ 語源。 チョンボ!

江戸時代からあった言葉「バカチョン」が差別用語になった経緯

ちょんぼ 語源

Contents• 方言 おちょんぼ 方言の地域 岐阜県 方言の意味 岐阜弁で「おちょんぼ」とは髪の毛をゴムで結ぶことを意味する言葉です。 「おちょんぼする」と言います。 ポニーテールとツインテールで言い方が異なり、前者が「ひとちょん」で後者は「ふたちょん」と言います。 方言が使われている地域 このおちょんぼが方言として使われている所は岐阜県だけではなく、他にも愛知県や静岡県などの主に東海地方で使われています。 東海地方以外の地域では使われていない所が多いようです。 方言の語源 語源はあの字と同じ? このおちょんぼという方言ですが、 江戸時代に男性が用いていた髪形の「丁髷」から来ているとされています。 実はこの語源、紙類で用いるフォントや文章を締め括る時に用いる踊り字の1つでも知られている「ゝ(チョン)」と同じなのです。 このゝ、おちょんぼと同じく丁髷のまげ所謂頭のてっぺん中央部から後頭部辺りに集めている少し垂れた髪の毛の部分、そこの形に似ていることから語源とされたと言われています。 思えばゝもおちょんぼもこの「ちょん」が含まれている所は丸っきり同じですので、丁髷経由で思い付いた言葉が2つあっても何ら不思議ではないかもしれませんね。 丁髷も特徴的且つ独創的な髪形ですし、其処からインスピレーションを受けて何かを発明したとしても、至極普通のことかもしれません。 「おちょんぼ」を使った例文.

次の

【岐阜弁】髪を結ぶことを方言で「おちょんぼ」と表わす!?

ちょんぼ 語源

現在の医学用語では、が悪い状態を なんちょう といい、聴力が非常に悪くなった状態、換言すればきわめて高度の難聴を聾という。 その難聴の程度については、平均聴力レベルが90デシベル以上の難聴を聾ということが多いが、まだ完全に統一された見解ではない。 一方、聾教育界では難聴と同意義に使用しており、たとえば軽度の聾とか高度の聾といったり、その種類を伝音性聾とか感音性聾といったりする。 その反面、聾学校では高度の難聴をもつ生徒のみを対象としている。 このような混乱は、英語のdeafという語の訳に原因がある。 欧米でもdeafは日本の医学界でいう難聴の場合と、聾の場合とがある。 最近ではdeafを重症の難聴のみに使うべきであるという人が欧米の医学界にもいる。 聾にしてもdeafにしても、近代医学が発展する以前から一般の人が使用していたことばであり、それをそのまま医学あるいは教育学で特定の定義をして採用しようとしたところに混乱の原因がある。 聾ということばは非常に古くから使用されてきた漢語であり、耳が聞こえない状態をいう語である。 その聞こえないということの解釈の差が見解の差になってくる。 実際に完全に聞こえないということはないといってもよいほどまれであり、非常に聞こえが悪い人でも、ある周波数の非常に強い音は感知でき、これを残聴という。 言語習得前に高度の難聴となった者は、特別の言語訓練を受けなければ、ことばを話せない唖 あ の状態になる。 [河村正三].

次の

面白い岐阜弁★訳の分からない方言のセリフ10選

ちょんぼ 語源

「ちょんぼ」は「差別語」ではない! 「ちょんぼ」は「差別語」ではない! The Japanese word, CHOMBO, is NOT for racial pejorative use! 「ちょんぼ」は「差別語」だという御指摘がありまし た。 そのため、それに当たるかどうか、ちょっと調べてみました。 これを中国語では錯和(ツァホウ:間違ったあがり)または冲和(チョンフォウ:虚しいあがり)といい、この いずれかが変化してちょんぼになったとされる。 ここから1970年代後期にはうっかりミスや間違いのことをちょんぼというようになる。 自分の常識が間 違っているかもしれないという「健全な警戒心」をもちましょう。 【補足説明】私の所感。 ちなみに、僕の青春時代に は、狭山裁判闘争、指紋押捺拒否運動など、反人権差別など沢山ありました。 今日のマスコミによる言葉狩りは、筒井康隆筆禍事件以降、ヒステリックになり、 ヤバイことばが使わないほうがいいという風潮になっています。 しかしNHK-eテレ「バリバラ」などの当事者からの発語や自己復権運動などをみるにつけ て、言葉狩りそのものは、反差別運動には奇妙な捩れ=言葉を抑圧して差別構造を温存するという副産物を産んだようです。 現在、ヘイト・スピーチに対して毅 然とした態度をとることが、大学人にも求められていますが、その重要な問題は、コンテンツの内容の論理性/非論理性であり、その用語の使用如何ではないと 思います。 リンク• For all undergraduate students!!! , you do not paste but [re]think my message. Remind Wittgenstein's phrase, "I should not like my writing to spare other people the trouble of thinking. But, if possible, to stimulate someone to thoughts of his own," - Ludwig Wittgenstein.

次の