両国 タピオカ。 ホブソンズ 両国店 (Hobson's)

【タコスとタピオカのお店 M's】上野・浅草・両国・カフェ

両国 タピオカ

タピオカミルクティーが台湾で発祥してから現在までおよそ30年、その美味しさはもちろん、その特徴的な見た目とタピオカの楽しい食感に多くの人を虜にして止まない。 タピオカとは、そもそも何からできているかご存知でしょうか。 これは、キャッサバの根茎から取れたでんぷんのこと。 小さな球状のでんぷんがタピオカと呼ばれています。 感触も色もキャッサバに使われた材料によって異なるので、見た目は同じに見えても、タピオカには同じものは存在しないとも言われています。 また、タピオカミルクティーと言えど、今日の"タピオカティー"には単なるタピオカミルクティーの枠に留まらない多様な種類が存在する。 シンプルで一番ポピュラーなものといえば、当然ミルクティーにタピオカを混ぜたタピオカミルクティー。 ただ、今日の日本では、フルーツテイストをあしらったもの、抹茶、ジャスミンティー、ほうじ茶など、ミルクティーだけに留まらず、あらゆるテイストが登場し人気を博している。 日本にタピオカティーという文化が入ってきてある程度年月は経過しているが、近年日本でも急激にタピオカティーの認知度は上がっており、そのムーブメントもより大きなものとなってきている。 2017年8月に表参道に日本第一号店をオープンさせて以来、タピオカミルクティー好きの人々の心を掴み、日夜行列の絶えない、台湾発の人気タピオカミルクティー店、「THE ALLEY LUJIAOXIANG ジ・アレイ ルージャオシャン」。 ・表参道エリアと言えば、竹下通り等いわゆる旅行者が多く行き来するスポットだが、同店が位置するのはこうした混雑するエリアから数分離れた裏路地にある隠れ家的な場所。 一見すると、本当にここがタピオカミルクティー専門店なのかと目を疑ってしまうほど、高貴でオシャレな外観だが、それもそのはず、同社のオーナーが元デザイナーということもあり、外観も内観も、カップのデザイン等お店の至るところまで細部までこだわってデザインされているのだという。 タピオカブームの大きな理由のひとつは、その味はもちろんだが、各社独自に開発された独創的で個性的なメニューにある。 ここは近年のムーブメントの中でも特にその独創性が際立つお店で、タピオカミルクティーだけに留まらず、わたあめ・タピオカ・台湾茶などをあわせた、目にも味にも楽しい画期的なメニュー「もこもこミルクティー」を提供するほか、クリームチーズを盛り込んだ「岩塩チーズティー」など、他の店とは一線を画す創造性高いメニューで人気を集めている。 こちらは岩塩チーズティー。 商品とともにイラスト付きで飲み方の案内が提供されるのでるのだが、おすすめの飲み方は、まずは上層の岩塩チーズクリームだけを味わい、そのあとにストローでお茶を、最後に全体をよく混ぜて飲むスタイルだという。 一見想像のつきにくい味だが、岩塩をトッピングした甘く濃厚なチーズクリームとお茶とが織り成す絶妙なハーモニーが素晴らしく、上層のチーズクリームはとても濃厚。 チーズとお茶の相性がこんなにも良いのか、と驚くこと請け合いだ。 印象深い名前に相反しコク深いチーズクリームの味わいに、爽快でフレッシュなお茶が加わって、これが想像以上に美味しいのである。 ここにタピオカをトッピングすることもできるので、更なる味わい・食感が加わること間違いなし。 一度トライしてみれば、その美しい見た目と味わい深さに虜になるはず。 人々の想像の一歩先をいくユニークな発想や美味しさが口コミで広がり、すでに多くのメディアにも取り上げられている台湾茶カフェ「彩茶房」。 一風変わった現在のタピオカミルクティーやドリンクを味わってみたいあなたにも推薦したい。

次の

浅草のティースタンド(タピオカ)全20選!全部飲んできました♡【2020年最新版】

両国 タピオカ

外観 ジ アレイ(The Alley)さんは、東京スカイツリータウンソラマチの1Fの路面にございます。 以前にレビューしているさんの隣に位置しております。 東京スカイツリーへは、地下鉄もしくは東武スカイツリーライン の押上駅から直結しております。 路面店なのでイートインスペースは店の片隅にちょこっとある程度なので、基本は食べ歩き(いや飲み歩きか)となります。 ジ アレイ(東京スカイツリータウン)さんのポイント こちらのお店は、のティー(Tea)スタンドでございます。 ティーブームが続く限り日本への店舗展開も急激に進むのかと思います。 こちらのお店のポイントをまとめました。 私たちはいい飲み物は味覚だけではなく、生活に感動を起こせるものだと信じています。 お茶を飲むことで心を満たし、味わうことで幸せを感じる。 あなたの心に潜んでいた、言葉で表すことのできない神秘的な世界を。 より引用致しました。 こちらのお店はお茶で日常生活に潤いを与えるといったコンセプトを掲げております。 日本でもお茶の文化はありますが、台湾のTeaは違った趣があります。 茶師のオリジナルブレンドのお茶は個性的で実に楽しく飲めますね。 タピオカにこだわりあり カテゴリ• 407• 102•

次の

【タコスとタピオカのお店 M's】上野・浅草・両国・カフェ

両国 タピオカ

Contents• 1983年に台中で誕生し、その後タピオカミルクティーのブームを台湾に巻き起こします。 の店構えはどの店舗も落ち着いており、麺類等の食べ物も豊富なのが特徴です。 日本での運営は。 代表取締役は関谷有三氏です。 2020年2月時点の情報なので最新店舗または東京以外の店舗について知りたい場合はからどうぞ。 日本には2015年に上陸を果たし表参道や中央線沿線に店舗を出してましたが、本格参戦をしたのは2017年末の渋谷と新宿出店のタイミングといえるでしょう。 そこから世間のタピオカブームの波に乗っかり出店数を増やし続け、今では日本のタピオカブームを代表するお店となりました。 日本国内では、日本での営業権を取得した韓国のゴンチャ・コリア社100%資本のゴンチャジャパン(同)が、リヴァンプ(港区北青山2)に経営を委託している。 引用: 日本のゴンチャに関しては、台湾発祥のブランドではあるものの、韓国資本で設立されました。 2020年2月時点の情報なので最新店舗または東京以外の店舗について知りたい場合はからどうぞ。 2017年に日本初上陸を果たしました。 個人的には CoCo都可が2017年2月に渋谷センター街に出店したのがタピオカブームのきっかけだったと思います。 渋谷センター街に行列を作ったCOCO都可がきっかけで、タピオカの美味しさが若い年代を中心に拡散されていき、同年末からタピオカ出店ラッシュにつながっていったと思います。 運営は。 代表取締役は齋藤香緒理氏。 台湾本国のCoCoを運営する億可國際飲食股有限公司との合弁会社だそうです。 2020年2月時点の情報なので最新店舗または東京以外の店舗について知りたい場合はからどうぞ。 運営はで、代表取締役は轉充宏氏。 台湾大手ティースタンドの中では一杯あたりのボリュームも多く、コストパフォーマンス高めです。 店内の写真映えを意識した内装が印象的です。 日本ではフランチャイズ展開が中心のようです。 2020年2月時点の情報なので最新店舗または東京以外の店舗について知りたい場合はからどうぞ。 台湾国内で店舗展開行った後に2016年よりグローバル展開をはじめ、2018年7月に日本初上陸を果たしました。 春水堂系の台湾茶がベースではありますが、春水堂とは違ってフルーツ系ドリンクや大粒タピオカ(春水堂では小粒タピオカ)などの取り扱いもあります。 タピオカミルクティーソフトクリームなどの、次代を先取りしたメニュー展開も特徴です。 2020年2月時点の情報なので最新店舗または東京以外の店舗について知りたい場合はからどうぞ。 台北や上海などに100店舗以上を展開しており、紅茶中心の台湾市場においてもフルーツティーのトレンドを作ったブランドともいえます。 フルーツが贅沢に入った「一芳フルーツティー」や、「青梅緑茶」など台湾そのままのメニュー構成を可能な限り日本に持ち込んでいるのも大きな特徴です。 2020年2月時点の情報なので最新店舗または東京以外の店舗について知りたい場合はからどうぞ。 その後は高田馬場、池袋、表参道と続々と出店数を伸ばしているブランドです。 コンママークという一点に凝縮されたシンボルが印象的で、多くを語らないブランディングはティースタンド界隈でもより異彩を放っています。 ターゲットは大人層で、 大人のタピオカミルクティーといった甘さ控えめで飲み口のよいミルクティーを売りにしています。 より大人層に対して現代版ミルクティーをアプローチしている、独自展開をみせるブランドです。 2020年2月時点の情報なので最新店舗または東京以外の店舗について知りたい場合はからどうぞ。 日本にタピオカを広めたともいえる有限会社ネットタワーの氏が立ち上げたブランドです。 このブランドの一番の特徴は国内の自社工場でタピオカを製造している点になります。 日本国内にタピオカ工場は少ないので、ほかブランドでもこちらの工場から仕入れている会社は多いと思われます。 お茶によりフォーカスした姉妹店のパールレディ茶バーもあります。 池袋・新宿・青山などの都内の主要エリアにも出店を果たしています。 【海外資本】日本でのシェア拡大を狙うティースタンド happy lemon 世界に650店舗以上以上展開するhappylemonが新宿西口にオープンしました。 台湾というよりは中国で出店数を伸ばしているブランドになります。 紅茶の種類は多くはないのですが、この店が置いている四季春茶ミルクティーは都内ではなかかなお目にかかれない絶品です。 台湾系とはまた違った独自のポテンシャルを感じるブランドになります。 彩茶房 クイーンズ伊勢丹仙川店(2016年) 上で紹介した世界に650店舗以上を展開する『happylemon』が、京王グループと手を組んで日本出店を果たしたのが彩茶房です。 原宿店の他には京王線沿線にも出店しております。 以前、「岩塩チーズティー」が 嵐にしやがれでも取り上げられ話題となりました。 台湾料理の魯肉飯や鶏飯を食べられるので、テイクアウトより店内で飲食する方がターゲットでしょう。 冬場は、熱々のタピオカミルクティーや湯圓(台湾式ぜんざい)も魅力的です。 TEA18 渋谷マルイ店(2017年) 2017年に有限会社ネットタワーが、中国や台湾で海外展開をするティーブランド TEA18の日本出店を果たしました。 希少な高級台湾茶葉を利用した 「台茶18号」が有名で、専用なボトルに入っており持ち歩くにも便利です。 2019年4月には大阪に続き国内3店舗目のそごう横浜店を出店します。 , ALFRED TEA ROOM LA発のティーブランドで、2017年10月に日本出店を果たしました。 内容やブランディングに特に気を遣っているブランドで、中華系タピオカ店とはまた違った魅力を出しています。 店内には自社ブランドの雑貨も販売されており、常に混雑している人気店です。 Urth Caffe 代官山店(2013年) 表参道店(2014年) LAに第一号店を出店したアメリカのオーガニックカフェです。 地球環境を汚染しないため化学物質を一切使用していない無農薬のコーヒー豆を使用し、栽培農家とはフェアトレード(コーヒー労働者に公正な賃金を払うこと)を行うなど、オーガニックコーヒー店としての明確なコンセプトを持っています。 店内の内装や開放的なテラス席などの人気も手伝い、人気の店です。 幸福堂 2019年夏に幸福堂が原宿竹下通りにオープンしました。 黒糖タピオカが人気のスイーツ系のタピオカ店です。 台湾をはじめ、アジアや欧米など世界に300店舗近くを展開するティースタンドです。 西日本には何店舗かあります。 世界に向けてみますと、アメリカ、スペイン、シンガポール等に1800店舗以上あるとのこと。 日本ではクイックリージャパンが、2015年より台湾本部と契約して、日本での運営を行っております。 【台湾スイーツ系】タピオカの質も高い台湾スイーツブランド 台湾甜商店 台湾で老若男女に愛される豆花などの台湾スイーツを専門にしたブランドが台湾甜商店です。 日本在住の台湾人からも支持されるような本場の味です。 芋園や、台湾スイーツをミッックスしたタピオカドリンクは、絶品でスイーツ系店舗ならではのメニューも多いです。 運営はリープ株式会社の管卓明氏。 大阪にあるも同会社の運営になります。 2020年2月時点の情報なので最新店舗または東京以外の店舗について知りたい場合はからどうぞ。 ICE MONSTER 特大のかき氷のインパクトを引っ提げ、2015年オープン当初表参道に大行列を作ったアイスモンスター。 かき氷以外にもタピオカドリンクも販売しており、そのクオリティは高いです。 台湾の大人気店を日本に持ち込み運営するのは。 空間設計を軸に、様々な業態の店舗開発を得意とする会社です。 との合弁会社でアイスモンスタージャパンを設立してます。 台湾スイーツの芋園・仙草・豆花の他にもタピオカミルクティーも飲むことができます。 赤羽店の空間づくりがとても洒落ているのですが、日本での運営はという空間デザインを得意とする一級建築士事務所です。 もともとの本拠地が赤羽ということもあり、赤羽に一号店を出店したようです。 【東京タピオカMAP】東京近郊のタピオカ店をエリアごとにまとめてみた 山手線沿線 渋谷のタピオカ 西口方面に店舗数が増えるも、それでもピーク時は行列店多数。 東口方面に点在するThe Alley、Ming teaなどは比較的通いやすい。 原宿・表参道のタピオカ 日本初出店の地にも多く選ばれる流行の最先端エリア。 店舗数が急増したため、大人気タピオカ店を除き行列は分散されがち。 タピオカ店を梯子する際にもおすすめエリア。 新宿のタピオカ ここ1、2年でタピオカ店が激増。 どのブランドも駅周辺に一店舗は出店しているタピオカエリア。 新大久保のタピオカ 韓国系・台湾系を中心にアジア系のタピオカ店が多数。 有名タピオカ店が出店せずとも激戦区。 高田馬場のタピオカ 学生をターゲットに有名店と中華系個人店がしのぎを削るタピオカ激戦区。 秋葉原のタピオカ 2019年に入り秋葉原にもタピオカ専門店ができました。 有楽町・銀座のタピオカ 出店数は多くないが、明確なコンセプトのあるタピオカ店が点在しているエリア。 恵比寿のタピオカ お隣の渋谷に比べて店舗の混雑は少ない。 The AlleyやComma Teaなどが落ち着いた営業をしているタピオカエリア。 その他路線 浅草のタピオカ GongChaやイーファンなどの有名店と、和風テイストを取り入れた個人タピオカ店が集うタピオカエリア。 お台場のタピオカ 土日の商業施設の混雑に比べ、タピオカ店の母数が追い付いていない典型的土日混雑エリア。 下北沢のタピオカ The AlleyやCOCO都可を中心に、個人経営のタピオカ店も点在するエリア。 代官山・中目黒のタピオカ 店内に座席を構えた、落ち着いた店舗設計をしているブランドが多数(春水堂、Urth Cafe、The Alley)。 ゆっくりタピオカを飲みたい方におすすめのエリア。 自由が丘のタピオカ Gong Cha、The Alley、Chatimeといった有名店に加え、個人店が点在するタピオカ激戦区。 客層が主婦層の方にまで及んでいるタピオカエリア。 飯田橋のタピオカ これまで飯田橋の春水堂くらいしかなかったエリアですが、2019年初頭頃から一気に中華系個人店が乱立してきたエリアです。 吉祥寺のタピオカ タピオカブームが本格化する前より出店しているタピオカ店が多いエリア。 タピオカのみならず台湾フードや台湾スイーツも同時に販売している店舗も多い。 赤羽のタピオカ 赤羽駅構内に出店したGong Chaはその立地ゆえに行列店。 駅周辺にもタピオカ店あり。 大宮のタピオカ 春水堂、Chatimeなどの有名店があるエリア。 横浜のタピオカ 都内のタピオカ店が続々と出店中のエリア。 鎌倉のタピオカ 2019年4月に本格派のタピオカ店が2店舗増え、タピオカを楽しめるエリアとして認知されはじめました。 Uber Eatsでタピオカミルクティーを注文してみた 最近街でよく見かけるになったUber Eatsですが、 実はタピオカを注文することも可能です。 公園や街中でも気軽に受け取れるので、タピオカ店に並ぶのが苦手な人にもおすすめです。

次の