新生児 黄疸 基準 値。 新生児黄疸は危険?原因と数値の読み方、光線治療の基準値

新生児黄疸とは?数値の基準値は?黄疸には種類があるの?

新生児 黄疸 基準 値

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 生まれたばかりの赤ちゃんは、皮膚や目などが黄色くなることがあります。 これは「新生児黄疸」と呼ばれるもので、初めて見ると不安になりますよね。 黄疸のほとんどは生理的なもので、生後1〜2週間で改善しますが、なかには病気が原因になっていることもあります。 そこで今回は、新生児の黄疸にきちんと対処できるように、その原因や症状、治療法、ビリルビンの数値の基準値などをご説明します。 黄疸とは?新生児期の赤ちゃんに現れる? 「黄疸」とは、体内でビリルビンという物質が増加して起こる現象です。 ビリルビンは黄色い色素をもっているので、血液中のビリルビンの濃度が高まると肌や粘膜が黄色く見えるようになります。 生後2~3日ほどの新生児に症状が現れることが多く、新生児の黄疸を特に「新生児黄疸」と呼びます。 出産後、産婦人科でも経過を見ていきますが、ママとしても次のような症状に注意してあげましょう。 目や肌が黄色くなる 生後2~3日目に肌や白目の部分が黄色くなり、その後1~2週間かけて徐々に消えていきます。 新生児黄疸の特徴的な症状です。 うんちが白くなる 通常増加したビリルビンは自然と体外に排出されるのですが、生後2週間を経過しても黄疸があり、白い便がみられるときは胆道閉鎖症を疑います。 関連記事 新生児黄疸の原因は?黄疸には種類がある? 黄疸が現れる原因は、血液中のビリルビン濃度が高くなってしまうことです。 ビリルビンは血液中の赤血球が分解されて発生しますが、普通は肝臓で処理されて体外に排出されるので、体内のビリルビン濃度が高まることはありません。 しかし、新生児黄疸がよく知られていますが、様々な原因によって次のような種類の黄疸が現れます。 新生児黄疸(生理的黄疸) 生まれたばかりの新生児の血液には赤血球・ヘモグロビンがたくさん含まれており、生まれると同時にこれらの大量の赤血球が徐々に分解されるため、ビリルビンが一時的に増加します。 新生児期は肝臓の働きが十分ではないため、大量のビリルビンを処理しきれず、新生児黄疸として症状が現れてしまうのです。 新生児の肝臓の働きは、時間が経てば成長して処理能力も上がりますので、自然に黄疸が治癒されます。 そのため、病気ではない黄疸として、生理的黄疸とも呼びます。 母乳性黄疸 新生児黄疸は遅くとも生後2週目には消えますが、母乳育児の赤ちゃんは生後1ヶ月を過ぎても黄疸の症状が残ることがあります。 これは母乳性黄疸の可能性が高く、母乳に含まれるホルモンが肝臓の酵素の働きを弱めるため、赤ちゃんの体内でビリルビンの処理が遅れてしまい、黄疸の症状が続きます。 母乳性黄疸であれば、新生児黄疸と同様に自然に回復しますが、生後1ヶ月を過ぎて症状が残る場合には、他の病的な黄疸の可能性もあります。 ミルクに切り替えて様子を見たり、1ヶ月健診で相談するなど、原因を明確にしておく必要がありますね。 関連記事 新生児黄疸と診断するビリルビン数値の基準値は? 新生児の黄疸が生理的なものか、病的なものかを見分けるために、経皮的ビリルビン検査と呼ばれる方法で皮膚の上からビリルビン濃度を測定します。 また、生後24時間以内に見た目で確認できるほどの黄疸が現れる場合には、治療が必要となります。 新生児黄疸はミノルタ黄疸計で診断するの? 肌や目の色から黄疸が疑われるときに、まず経皮的ビリルビン検査を行いますが、その際に利用するのがミノルタ黄疸計です。 採血する必要がないことから、赤ちゃんに優しく、採血よりも簡単に測定が可能です。 基準値は出生体重にも左右されますので、数値が高くても慌てずに産婦人科の先生に相談しましょう。 新生児黄疸に治療は必要? 生理的な新生児黄疸なら治療の必要はありません。 しかし病的黄疸の可能性があり、血液中のビリルビンの値が日齢ごとの基準値を超えている場合は、麻痺などの神経症状が残る核黄疸を予防する目的で、ビリルビン値を下げる治療が行われます。 日光や蛍光灯の光に当たると血液中のビリルビンの濃度が減少することがわかっているため、まずは光線療法が行われます。 青い光や緑色の光を当ててビリルビンの値を下げます。 ただ、光線でもビリルビンの値が下がらなければ、体内の血液の一部を置き換える「部分交換輸血」、原因によりガンマグロブリン投与などが行われます。 ちなみに、昔は黄疸が出た場合に、血液中のビリルビン値を下げるために日光浴をしたほうがいいという指導がされていました。 しかし現在では、日光を当てても劇的な治療効果は見られないため、きちんと光線療法を行うことが一般的です。 日光に当てていないから黄疸が治らないといったことはないので、気にしすぎないでくださいね。 新生児黄疸はいつまで続くの? 本来は排出されるビリルビンが長く体内に留まると、ビリルビンが脳神経細胞を壊して「核黄疸」という病気を引き起こす危険があります。 早期の治療をすれば回復が見込めますが、3日以上過ぎると発熱やけいれんなどが現れ、1週間以上過ぎると筋緊張がなくなりグッタリとしてきます。 ここまで症状が進むと、脳性麻痺などの後遺症が現れ、場合によっては命にかかわってくるため、早期治療が大切です。 関連記事 黄疸と癌の関係は? 黄疸の原因の一つに肝臓機能の低下が挙げられますが、肝臓癌が発症しているのではと心配になるママも少なくないようです。 ただ、小児での肝細胞癌はごく稀です。 心配になりすぎることはありませんよ。 また、黄疸の治療で使用する光線療法が、赤ちゃんの癌に影響するのでは、という意見もあるようです。 しかし、小児がん自体の症例が少なく、因果関係ははっきりとはしていません。 新生児黄疸になっても目に影響はないの? 黄疸の症状の一つに、目の白い部分が黄色くなることがあります。 目には毛細血管が張り巡らされているため、黄疸の原因であるビリルビンの血中濃度が高まると、白眼が黄色くなってしまいます。 ただ、新生児黄疸であれば自然と治癒していくもので、目に影響はないとされています。 「光線療法が目に悪いかも」と心配になるママも多いようですが、アイマスクをかけて行う、足元から光線を当てて目には強く当たらないようにする、など対処もされます。 もし不安が強いときには、産婦人科医に相談してアイマスクをしっかり固定するなど、考慮してもらうといいでしょう。

次の

新生児黄疸のビリルビン基準値は?病的黄疸の光線療法と副作用

新生児 黄疸 基準 値

赤ちゃんはなぜ黄疸になる? 産まれたての赤ちゃんの体では、 ビリルビンがたまりやすいので、体が黄色くなります。 ビリルビンがたまる理由はふたつあります。 赤ちゃんの赤血球は壊れやすいので、一時的に大量のビリルビンが作られる• 赤ちゃんはビリルビンを排泄するしくみができあがっていない 赤ちゃんの体は急激に成長します。 出産から数日のうちに、壊れやすい赤血球はどんどん壊れてしまい、寿命が長い赤血球に入れ替わります。 このとき壊れた赤血球から大量のビリルビンができます。 実は赤血球が入れ替わることは、赤ちゃんが子宮の中から出て、 外の空気の中で生きていくために必要なのです。 お腹の中は酸素が少ない環境です。 そこで胎児の赤血球は、酸素が少ない環境でも全身に酸素を運べるようにできています。 ところが、産まれて空気を吸えるようになると、胎児の赤血球ではむしろ効率が悪くなってしまいます。 そこで産まれてすぐに赤血球を入れ替える必要があるのです。 赤血球を入れ替えたことで大量のビリルビンができます。 赤ちゃんの体は大人ほど効率よくビリルビンを排泄できません。 そのため、一時的に血液にビリルビンがたまってしまいます。 これが新生児黄疸です。 赤血球の入れ替えが進み、たまったビリルビンもしだいに排泄されていくことで、新生児黄疸は自然に消えます。 普通、生後2週間ほどで黄色くない皮膚になります。 血液型が違うと何が起こる? お母さんと血液型の違う赤ちゃんがお腹の中にいると、お母さんの身体には赤ちゃんの赤血球に対する 抗体が作られてしまいます。 運悪く抗体ができてしまうと、お母さんの抗体は胎盤を通して赤ちゃんの体に入ってきます。 すると赤ちゃんの赤血球が持続的に破壊されます。 赤ちゃんの赤血球が破壊されるので、2週間以上過ぎても大量のビリルビンが作られます。 このため黄疸が消えません。 溶血による黄疸は治療が必要です。 親子でABO式血液型が違うときは軽症のことが多いですが、Rh式血液型が違うときは危険な事態を引き起こします。 このため、最初の出産直後に薬を注射して、抗体が作られないようにします。 うんちの色に注意!胆道閉鎖症による黄疸とは とは、ビリルビンを排泄する 液の流れが止まってしまった状態です。 ビリルビンは肝臓で作られます。 肝臓からは胆道(たんどう)という管が出ていて、ビリルビンを含む胆汁(たんじゅう)は胆道を通って排泄されます。 上の図で言うと緑色の管が胆道です。 部分ごとに「総肝管」「総 胆管」という名前がついています。 図の上のほうで枝分かれした先は肝臓の内部につながっています。 正常なら、ビリルビンを含む胆汁は胆道を通って十二指腸に排泄されます。 は、 生まれつき胆道が塞がっている状態です。 出口が塞がっているので、胆汁は 逆流して血液に混ざってしまいます。 すると血液の中に大量のビリルビンが混ざるので、黄疸になります。 本来腸に流れるはずの胆汁が流れ出せない状態なので、 放っておくと危険です。 黄疸の数値が高いと危険? ビリルビンが 高ければ危険というわけではありません。 赤ちゃんのビリルビンが高くなるのは正常です。 子宮の外の空気を吸って生きるために必要なことです。 生後7日ぐらいまでビリルビンがある程度高いままの赤ちゃんもいます。 ほとんどは何事もなく数値が下がってきます。 何度も検査をされるとそれだけで不安な気持ちになりますね。 一度でも「異常値」と言われれば、どうなってしまうのだろうと思います。 けれども、検査は ひとつの手がかりでしかありません。 危険かどうかは、ほかの症状など全身の状態を総合的に見て判断する必要があります。 検査値が高めで何日か下がらなくても、お医者さんに「様子を見ましょう」と言われているようなら、「あまり危険はない」と判断されているのかもしれません。 今の状態が どれぐらい危険なのか質問してみてください。 光線治療が必要な基準値は? 光線療法とは、新生児黄疸に対する治療法です。 赤ちゃんに目隠しして体の外から重点的に光を当てます。 光に当たると血液中のビリルビンが変化して肝臓から排泄されやすくなるという仕組みです。 光線療法はどんな赤ちゃんにでも行うべき治療ではありません。 ビリルビンの基準値があります。 基準値に当てはまらなくても光線療法をすることはあります。 非抱合型ビリルビンとは? 非抱合型ビリルビンとはビリルビンの一部です。 非抱合型ビリルビンは体の中で変化して抱合型ビリルビンになります。 非抱合型ビリルビンのままだと排泄されにくいのですが、抱合型ビリルビンになることで排泄されやすくなります。 非抱合型ビリルビンを間接ビリルビン、抱合型ビリルビンを直接ビリルビンとも言います。 血液検査の「総ビリルビン」というのは、非抱合型ビリルビンと抱合型ビリルビンを足したものです。 「ビリルビン」の数値が気になるときは、目の前の数字が総ビリルビンなのか、非抱合型(間接)ビリルビンなのか、抱合型(直接)ビリルビンなのかに気を付けてください。 抱合ビリルビンの値が高くても、光線療法を行う基準には当たりません。 新生児黄疸の治療費は? 新生児黄疸の治療費は、住んでいる自治体(都道府県)によっては 助成で無料になります。 自治体の窓口で、助成が受けられるか相談してみてください。 助成がない場合、医療保険の範囲内なら 自己負担は2割です。 光線療法の費用は診療報酬点数で決められています。 に対する光線療法(1日につき) 140点 1点を10円として計算し、そのうち2割が自己負担になります。 光線療法自体に対して 1日あたり280円を支払うことになります。 同時に支払う初診料や検査費用などのほうが高いでしょう。 ほかに交換輸血やガンマグロブリン大量点滴療法といった治療法もあります。 どの治療をしたかで治療費は変わります。 自治体によって医療費を補助してくれる制度(自治体によって乳幼児医療費助成制度、子ども医療費助成制度、児童医療費助成制度などといいます)がありますので、実際に支払う金額は、治療を行う病院に聞いてみてください。 寝すぎで起きない子は新生児黄疸? 生まれたての赤ちゃんは2-3時間に一度起きることがほとんどです。 しかし、これ以上寝たまま起きない赤ちゃんがいます。 どうしてこんなにも寝すぎてしまうのでしょうか。 病気でしょうか? 確かに病的な新生児黄疸で眠りやすくなることはあります。 しかし、ほかの原因でも赤ちゃんが眠りやすくなることはあります。 まったく健康な赤ちゃんでも3時間以上眠ることはあります。 寝過ぎる子どもがみな危ないということはありません。 肌が黄色い赤ちゃんが一度に3時間以上眠って起きなければ、便の色や体温を見てください。 便の色が白いとき、体温が38度以上あるときは、一度小児科で相談してください。 新生児黄疸が出たら日光浴したほうがいい? 新生児黄疸を治そうとして日光浴をする 必要はありません。 光線療法は必要なだけ行われます。 日光浴を足さないと効果が足りないということはありません。 適度に日光を浴びるのは赤ちゃんの健康のために良いことです。 極端に日光に当たらないでいた子供は「くる病」という病気になることもありえます。 しかし、日光の浴びすぎは や 脱水の原因にもなります。 大人と同じです。 新生児黄疸が心配になったら、日光浴よりも先に、一度病院で相談したほうがいいでしょう。 もちろん光線療法が終わって家に帰ってきたら、家の中でも日当たりの良い部屋で赤ちゃんを生活させるのは良いことです。

次の

KAKEN — 研究課題をさがす

新生児 黄疸 基準 値

新生児黄疸が起こる原因 新生児黄疸になると、肌や白目の部分が黄色くなってしまいます。 この新生児黄疸は90%以上の新生児に起こるといわれています。 よって、生まれたばかりに体が黄色く色づくことがあっても、通常のことなので安心してください! それでは、どうして生まれたばかりだと体が黄色に変色してしまうのでしょうか? 先ほども紹介したように、ビリルビンという物質が 体内で通常より多く存在すると体が黄色くなってしまうのです。 ビリルビンは血液に含まれる赤血球によって運ばれて、肝臓で処理されて、体の外に排出されます。 しかし、新生児は生まれたばかりなので、肝臓の機能が未熟です。 その結果、十分に体外へ排出しきれず、血液中にビリルビンがたまってしまうのです。 その後、徐々にビリルビンが体外へ排出できるようになるので、新生児黄疸はだいたい生後2週間ほどで治ります。 だいたい20%ぐらいの新生児はこの数値を超えてしまうので、けっこう確率が高いですね。 ビリルビンの過剰によって引き起こされる病気としては、 核黄疸というものがあります。 この核黄疸という病気は、ビリルビンが多くなりすぎることによって脳の神経細胞が破壊されてしまうのです。 これにより初期症状としては、聴力に影響がでて、悪化していくと、筋肉の麻痺などが起こってしまいます。 ビリルビン値を基準値まで下げる治療法 このような病気を防ぐために、ビリルビン値が基準値を超えている場合はある治療法が行われています。 それは 光線療法というものです。 体に光を当てると、ビリルビンの値が下がることが分かっています。 このことを利用して、特別な治療用の蛍光灯に当てることによりビリルビンの値を下げることができるのです。 昔は、 日光浴も治療に効果的だといわれていましたが、最近では、紫外線の影響も考えて、あまりおすすめされていません。 まとめ 新生児黄疸のビリルビン値の基準値やビリルビンが赤ちゃんに及ぼす影響についてお伝えしました。 生まれたばかりの赤ちゃんの体が黄色くなるのは心配してしまうと思いますが、普通の生理現象なので、不安にならないで大丈夫です。 ただし、基準値を超えるような場合は、特別な治療が必要となるので、注意しましょう。

次の