エリザベス 女王 杯 2019 出走 予定。 エリザベス女王杯(2019)出走予定馬の予想オッズと過去10年のデータから傾向を分析!

エリザベス女王杯2019出走予定馬と過去データ

エリザベス 女王 杯 2019 出走 予定

Contents• エリザベス女王杯は秋に行われる牝馬最強決定戦です。 (写真は2018エリザベス女王杯 リスグラシュー) エリザベス女王杯は秋に行われる牝馬最強決定戦です。 秋華賞で覇を競った3歳馬と 府中牝馬ステークスなどの古馬重賞から エリザベス女王杯に出走する強豪古馬牝馬が 激突する見ごたえのあるGIレースとなっています。 以前は勢いのある3歳馬の活躍が目立つレースでしたが 昨年は古馬であるリスグラシューが 悲願のGI初勝利と成し遂げたように近年は クイーンズリング、マリアライト、ラキシス と、古馬の活躍が目立ちます。 今年は3歳馬と古馬、どちらが勝つのか注目ですね。 そんなエリザベス女王杯2019にどんな馬が出走してくるのか? 出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。 < 出走予定馬&予想オッズ > ラヴズオンリーユー デムーロ 2.8倍(ジャパンカップと両にらみ) クロノジェネシス 北村友一 3.5倍 スカーレットカラー 岩田康誠 5.3倍 ラッキーライラック スミヨン 7.0倍 クロコスミア 戸崎 10.4倍 ポンデザール マーフィー 14.2倍 ウラヌスチャーム 17.5倍 フロンテアクイーン 18.2倍 シャドウディーヴァ 20.3倍 サトノガーネット 25.0倍(除外時はアルゼンチン共和国杯) センテリュオ 36.1倍 サラキア 48.9倍 レッドランディーニ 61.7倍 ゴージャスランチ 70.1倍 ミスマンマミーア 86.6倍 レイホーロマンス 90.4倍 ブライトムーン 104倍 レッドラフェスタ 142倍 アルメリアブルーム 163倍 ミッキーチャーム(出走回避) サラス(出走回避) ソウルスターリング(出走回避) パッシングスルー(出走回避) < MOTOの競馬メールマガジン > 馬券の回収率を上げるための方法論や 予想力を上げる馬の見方については 無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。 予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は 以下をクリックして申し込んで下さい。 < 今週の重賞注目馬 > 毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を ブログランキングで公開しています。 今年に入って重賞2勝の ミッキーチャーム 年明け初戦の中山牝馬ステークスこそ激しい流れに巻き込まれて 惨敗してしまったミッキーチャームですが 阪神牝馬ステークス、クイーンステークスと重賞を2勝しているように その能力をいかんなく発揮しています。 ディープインパクト産駒の逃げ馬らしく、馬群に揉まれたり 激しい流れになると脆さを見せるタイプですが 持っている能力は秋華賞2着が示す通りGI級 展開一つで勝利する事が可能な馬です。 (出走回避) 紫苑ステークス勝ち馬の パッシングスルー 前走の紫苑ステークスでは今までの詰めの甘さが 嘘のような形でしっかりと勝ち切ったパッシングスルー 4着に敗れたシンザン記念やフローラステークスでも その素質の高さを見せていましたが、 秋に入った一気に本格化した形。 GIは初挑戦となりますが、今のパッシングスルーの勢いなら エリザベス女王杯を制してもおかしくありません。 (出走回避) デットーリが騎乗する ソウルスターリング 3歳時はオークスを1番人気で完勝して リスグラシューやディアドラを抑えて 世代のトップに立っていたソウルスターリング 今は不振を極めていますが、今回は神の手デットーリが騎乗を予定 デットーリならソウルスターリングを復活させられるかも… という期待が沸きますね。 (出走回避) 以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

次の

エリザベス女王杯 2019 データ分析 出走予定馬 血統 動画 有名人予想

エリザベス 女王 杯 2019 出走 予定

Contents• エリザベス女王杯は秋に行われる牝馬最強決定戦です。 (写真は2018エリザベス女王杯 リスグラシュー) エリザベス女王杯は秋に行われる牝馬最強決定戦です。 秋華賞で覇を競った3歳馬と 府中牝馬ステークスなどの古馬重賞から エリザベス女王杯に出走する強豪古馬牝馬が 激突する見ごたえのあるGIレースとなっています。 以前は勢いのある3歳馬の活躍が目立つレースでしたが 昨年は古馬であるリスグラシューが 悲願のGI初勝利と成し遂げたように近年は クイーンズリング、マリアライト、ラキシス と、古馬の活躍が目立ちます。 今年は3歳馬と古馬、どちらが勝つのか注目ですね。 そんなエリザベス女王杯2019にどんな馬が出走してくるのか? 出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。 < 出走予定馬&予想オッズ > ラヴズオンリーユー デムーロ 2.8倍(ジャパンカップと両にらみ) クロノジェネシス 北村友一 3.5倍 スカーレットカラー 岩田康誠 5.3倍 ラッキーライラック スミヨン 7.0倍 クロコスミア 戸崎 10.4倍 ポンデザール マーフィー 14.2倍 ウラヌスチャーム 17.5倍 フロンテアクイーン 18.2倍 シャドウディーヴァ 20.3倍 サトノガーネット 25.0倍(除外時はアルゼンチン共和国杯) センテリュオ 36.1倍 サラキア 48.9倍 レッドランディーニ 61.7倍 ゴージャスランチ 70.1倍 ミスマンマミーア 86.6倍 レイホーロマンス 90.4倍 ブライトムーン 104倍 レッドラフェスタ 142倍 アルメリアブルーム 163倍 ミッキーチャーム(出走回避) サラス(出走回避) ソウルスターリング(出走回避) パッシングスルー(出走回避) < MOTOの競馬メールマガジン > 馬券の回収率を上げるための方法論や 予想力を上げる馬の見方については 無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。 予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は 以下をクリックして申し込んで下さい。 < 今週の重賞注目馬 > 毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を ブログランキングで公開しています。 今年に入って重賞2勝の ミッキーチャーム 年明け初戦の中山牝馬ステークスこそ激しい流れに巻き込まれて 惨敗してしまったミッキーチャームですが 阪神牝馬ステークス、クイーンステークスと重賞を2勝しているように その能力をいかんなく発揮しています。 ディープインパクト産駒の逃げ馬らしく、馬群に揉まれたり 激しい流れになると脆さを見せるタイプですが 持っている能力は秋華賞2着が示す通りGI級 展開一つで勝利する事が可能な馬です。 (出走回避) 紫苑ステークス勝ち馬の パッシングスルー 前走の紫苑ステークスでは今までの詰めの甘さが 嘘のような形でしっかりと勝ち切ったパッシングスルー 4着に敗れたシンザン記念やフローラステークスでも その素質の高さを見せていましたが、 秋に入った一気に本格化した形。 GIは初挑戦となりますが、今のパッシングスルーの勢いなら エリザベス女王杯を制してもおかしくありません。 (出走回避) デットーリが騎乗する ソウルスターリング 3歳時はオークスを1番人気で完勝して リスグラシューやディアドラを抑えて 世代のトップに立っていたソウルスターリング 今は不振を極めていますが、今回は神の手デットーリが騎乗を予定 デットーリならソウルスターリングを復活させられるかも… という期待が沸きますね。 (出走回避) 以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

次の

エリザベス女王杯2020予想

エリザベス 女王 杯 2019 出走 予定

1 優勝騎手:C. スミヨン 馬場:良 レース後のコメント 1着 ラッキーライラック(C.スミヨン騎手) 「GIを勝てて嬉しいですが、オルフェーヴルの子供という事で、この馬には縁を感じていました。 あの時の無念を晴らせた思いもあり、良かったです。 本当はもう少し前で競馬をと考えていたのですが、すぐ前に、人気の1頭、クロノジェネシスがいましたから、慌てずに乗りました。 4コーナーから直線、外に行こうと思っていたのですが、運良く内が開いたので、内を回って追うと、しっかり伸びてくれました」 (松永幹夫調教師) 「ここまで長かったですし、やっと勝てて嬉しいですし、本当に良かったです。 ここに向けてやることはやりました。 レース前、騎手には何も言いませんでした。 流れが遅いので、大丈夫かと思いましたが、脚は溜まっていましたし、内が開いて脚を使ってくれました。 マイルで勝っていましたが、決してマイラーではなく、この距離でもやれることは分かって、幅が広がりましたし、力を示せて良かったです。 この後は、馬の状態を見て、オーナーサイドと話をして決めたいと思います」 2着 クロコスミア(藤岡佑介騎手) 「初騎乗でしたが、厩舎サイドにアドバイスは頂いていました。 単騎で行けましたし、良い雰囲気で1~2コーナーを迎えられました。 1分2秒くらいのペースで行って、3コーナーでは後ろから来るのが分かっていましたが、待たずに流していくイメージ通りの競馬が出来ました。 あそこまで行くと勝ちたかったです」 3着 ラヴズオンリーユー(M.デムーロ騎手) 「初めての敗戦は辛いです。 色々敗因はあると思いますが、3歳で半年ぶりだったこともありますね。 直線で右にモタれる所がありましたが、それより内がなかなか開かなかったことも大きかったです。 勝った馬は強かったです。 次回に期待です」 4着 センテリュオ(騎手) 「ペースが遅かったですが、反応は良かったです。 このメンバーでもよく頑張ってくれています」 5着 クロノジェネシス(北村友一騎手) 「馬自体は秋華賞の時よりゲートに辿り着くまでは、落ち着いていると思いました。 スタートもしっかり出て、良いポジションを取れました。 前走よりペースが遅く落ち着いた分、少し行きたがった所がありました。 3~4コーナーの下りで、ペースアップして戸惑い、その分前走のような持続する脚がありませんでした」 6着 サラキア(川田将雅騎手) 「4コーナーまで非常にスムーズに運べました。 精一杯頑張った結果です」 8着 アルメリアブルーム(騎手) 「流れに乗って勝ち馬と同じ様な位置でレースが出来ました。 最後もよく伸びていますし、GIIIくらいなら通用すると思います」 10着 フロンテアクイーン(津村明秀騎手) 「クロコスミアの後ろに入って予定通りのレースでした。 4コーナーではオッと思いましたけど、もう一つギアが入らなかったです」 12着 ゴージャスランチ(幸英明騎手) 「ゲートの中では大人しかったのですが、係員が離れてからうるさくなって、出遅れてしまいました。

次の