田中 秀幸。 田中秀幸(声優)

田中秀幸とは (タナカヒデユキとは) [単語記事]

田中 秀幸

フジテレビは5日、国民的アニメ「サザエさん」(毎週日曜 18時30分〜19時)で、1978年6月から40年以上にわたってフグ田マスオの声を担当してきた、声優の増岡弘(82)が番組を卒業し、新たに声優の田中秀幸にバトンタッチすることを発表した。 今回の交代は、増岡本人より高齢による番組卒業の申し出があったことを受け、制作スタッフが相談の上、決定したもの。 オーディションの結果、近石真介、増岡に続くマスオ役に田中が決定した。 増岡によるマスオは、先日都内で行われた8月18日放送分のアフレコで最後となり、翌週の8月25日から新たなマスオが登場する。 田中は「ドカベン」の山田太郎役、「キン肉マン」のテリーマン役、「スラムダンク SLAM DUNK」木暮公延役などで知られる実力派。 長年にわたって愛されるキャラクターを引き継ぐにあたり「このたび増岡弘さんから、フグ田マスオ役を引き継がせていただくことになりました。 これまで同様、皆様に愛されるマスオでいられるよう、精一杯演じさせていただきます。 よろしくお願いいたします」と意気込みをコメントしている。 また、フジテレビの渡辺恒也プロデューサーも増岡へ感謝。 同時に田中のマスオについて「オーディションを行った中で、マスオさんのいろいろな場面での感情表現を、バリエーション豊かに演じていただける確信を持ち、スタッフ満場一致で決定しました。 これまでのマスオさんのキャラクターを引き継ぎつつも、田中秀幸さんならではの新しいマスオさん像を作っていってくださることを期待しています」としている。 増岡はこの日、同じく国民的人気アニメ「それいけ!アンパンマン」(日本テレビ系)で、30年以上にわたって務めてきたジャムおじさん役からの卒業も発表。 こちらの後任は、同番組で「めいけんチーズ」や「かばおくん」などを担当している声優・山寺宏一が務める。 (編集部・入倉功一) 外部サイト.

次の

衆議院議員 田中ひでゆき 公式サイト

田中 秀幸

私の研究室では、情報通信技術の浸透に伴い、ますますネットワーク化する経済・社会現象を実証的に解明すべく、研究を進めています。 学生の皆さんとは、理論的な考察と実証的な分析の相互作用を通じて、新たな発見をすることの楽しさを共有していきたいと考えています。 実証分析 研究室では、定量的な実証分析と定性的な実証分析のいずれにも取り組んでいます。 定量的な実証分析としては、第1に、企業の財務情報や産業連関表等の政府統計などの経済データを用いた分析を行います。 政府サイトで公表されている データだけではなく、特別に提供されたデータや有償で入手しなければならないデータを用いた分析を行うことができます。 第2に、インターネット上のログ データ等の分析にも取り組んでいます。 例えば、関係市町村等の協力を得て、地域SNSのデータを収集し、定量的な分析を行っています。 定性的な分析としては、ケース・スタディ等を行っています。 たとえば、地域情報化研究の一環として、各地域の市役所や市民の方々にヒアリングさせて いただく機会があります。 また、電通コミュニケーション・ダイナミクス寄付講座の特任研究員の方と協力して、地域のベンチャー企業との社会実験を進めるこ ともあります。 理論的枠組み こうした実証分析の裏付けとなる理論的な枠組みを徹底的に議論します。 特に、修士の大学院生の方には、各自にテーマに即してその基礎となる理論的枠 組みが構築できるようになることを目指しています。 そのために、関連の研究を提示するとともに、学生の皆さんの納得の行くまでやりとりを重ねます。 具体的な研究テーマ 最近取り組んでいるテーマを紹介します。 これらの研究テーマの中には、研究室の院生の方々に参加してもらっているものも多くあります。 東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 The University of Tokyo Interfaculty Initiative in Information Studies Graduate School of Interdisciplinary Information Studies 本郷キャンパス 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 Hongo Campus 7-3-1 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-0033 JAPAN 駒場キャンパス 〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1 Komaba Campus 3-8-1 Komaba, Meguro-ku, Tokyo 153-8902 JAPAN•

次の

田中秀幸とは (タナカヒデユキとは) [単語記事]

田中 秀幸

・本名 田中秀幸(たなかひでゆき) ・生年月日 1950年11月12日 ・年齢 68歳 ・出身地 東京都大田区 ・血液型 B型 ・身長 172cm ・所属 青二プロダクション なんと田中さん、 現在68歳なんですね!これには驚きました。 年齢を重ねても声が衰えないとは、さすが声優さんですよね。 ダンディーな声も納得です。 田中さんは、 5歳の頃にラジオドラマ番組の主役に一般公募で合格 し、以来小学校在学の6年間収録に参加したという、すごい経歴の持ち主なんですよ。 そこから役者を目指すようになったそうです。 桐朋学園芸術短期大学演劇専攻を卒業しており、以前は劇団に入っていたりと俳優としても活動していました。 声優でデューは1974年の「科学忍者隊ガッチャマン」のヘムラー役です! 演じ方については 「割と見たまま、感じたままにやるほうなんです」 と答えています。 ナレーションと吹き替えでの息の出し方については、「自分では変えてるつもりはないんだけど、きっと変わってるんでしょうね」と話していました。 自然と切り替えられる、というのは、天性のものだということですよね。 68歳まで声優を続けられるわけですよ!本当に凄い人です。 これからもお元気に頑張って欲しいですよね。 他にも 「カードキャプターさくら」の木之本藤隆なんて、すごくいい声ですよ! 「ONE PIECE」の ドンキホーテ・ドフラミンゴのような役も素敵です。 このように人気キャラが多いのも特徴ですよね。 知らないうちに誰もが聞いている声ではないでしょうか。 また、アニメでのナレーションも多く担当しています! 「聖闘士星矢」や「燃える! お兄さん」「SLAM DUNK」 などでもナレーションをしているので、是非チェックしてみて下さいね。 田中さんの出演作を知れば知るほど、知っているキャラクターばかりでどんどんファンになっていきます。 自分の好きなアニメにももしかしたら出ているかもしれませんね。 田中秀幸の名前を一度探してみましょう! まとめ コナンの父親、 工藤優作の声優は田中秀幸さんです。 68歳の大ベテランでもありながら、未だ衰えないダンディーな声で視聴者を虜にしています! 田中さんのことを知れば知るほど好きになること間違いなしです。 是非他のアニメもチェックしてみて下さいね。 コナンも最終決戦に近づき、工藤優作も日本に帰国しました。

次の