風化 雪 月 クラスチェンジ。 【ファイアーエムブレム風花雪月】踊り子へのクラスチェンジ方法

【FE風花雪月】全クラス(兵種)性能一覧まとめ

風化 雪 月 クラスチェンジ

ヒルダかイングリットを副官にして、さらに回避率を上げると良い。 速さは基本能力値ボーナスで引き上げられる。 中盤以降は「応撃の備え」状態にして敵陣に飛び込ませよう。 攻撃、回復、補助を臨機応変に使い分けられる。 戦力にならなければラファエルの副官にしよう。 上級職で守備12になれば一撃は耐えられる場面が増える。 ビショップのままでも問題ない。 クロードと一緒に行動するか副官にすると良い。 その際はアロイスを副官にすると良い。 , LTD. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

次の

【FE風花雪月】青獅子の学級のおすすめクラスチェンジとその理由を解説!【ファイアーエムブレム風花雪月】│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

風化 雪 月 クラスチェンジ

もくじ• クラスチェンジとは? クラスチェンジとは、FEシリーズではお馴染みのシステムです。 各キャラには初期職が設定されており、 クラスチェンジでその他の職業へと変更が可能となります。 そして、その職業の上位職と呼べるものがあり、それが 「中級職・上級職」というものです。 中級職以上になると、目に見えてキャラが強くなるため、全キャラで中級職以上へのクラスチェンジをしましょう。 なお、 今作では「マスタープルフ」は必要なく、「試験」によってクラスチェンジへの資格を得ます。 クラスチェンジのやり方 クラスチェンジをやるには、 「資格試験」を受ける必要があります。 資格試験を受けるには、 兵種のランクごとにレベル条件があり、なおかつ「試験パス」が必要です。 初級なら初級用のパス、中級なら中級用のパスが要りますね。 初級職…レベル5• 中級職…レベル10• 上級職…レベル20 そして、 一定の技能レベル 一覧を参照 も必要となり、その数値は職業によって異なります。 その目安を超えていれば、合格率が100%となり、確実に試験に合格できますよ! 試験に合格してクラスチェンジが可能になれば、戦闘前に「兵種」から自由に切り替え可能です。 マップによって敵の特徴も異なるので、適した兵種でバトルに挑みましょう。 慣れてきたら、成長の仕方も考慮して、ステータス上げの為にクラスチェンジも活用して下さい。

次の

クラス/クラスチェンジ

風化 雪 月 クラスチェンジ

序盤は斧ではなく剣を持たせて、特に速さを伸ばしたい。 特殊職では重装に似て守備が伸びやすいため、後半は壁役としても使える。 【 スカウト不可】 【育成ルート:魔法アタッカー】 初級:(理D) 中級:(理C) 上級:(理A) 最上級:(槍Cと理Bと馬術A) 【育成解説】 ヒューベルトは理学をメインに育てよう。 指揮と信仰を半分ずつ伸ばしておくと、攻撃以外の役割もこなせるようになる。 【育成ルート:格闘術をメイン】 初級:(斧Dか格闘D) 中級:(斧C) 上級:(格闘A) 最上級:(斧Aと格闘A) 【育成解説】 カスパルの戦闘は序盤は斧、中級以上は格闘で行うのがおすすめ。 中級の職業は力を伸ばすためにブリガンドにする。 最上級へ進むために、 常に斧と格闘に目標設定をしておくと良い。 ソシアルナイトになってからは斧を戦闘で使っておくと、パラディンへのクラスチェンジもしやすくなる。 ヒューベルトは魔法アタッカー ヒューベルトは、 魔力と速さの高いアタッカーとして優秀。 敵を弱らせたり、射程1〜3で遠くの敵も狙える闇魔法が扱いやすい。 計略威力アップのスキルを持つので、サブプランとして計略でのダメージにも期待できる。 カスパルは貴重な前衛として育てる 黒鷲の学級では、 前衛を務められるキャラが少ないことが特徴。 カスパルは序盤から格闘術を伸ばして、HPや技、速さを高めよう。 ウォーマスターまで成長すれば、エースアタッカーにもなれる可能性を秘めている。 ロードをマスターしたら、 同じ中級である傭兵へ転職しよう。 【 スカウト不可】 【育成ルート:重装を経て他の兵種へ】 初級:(斧Dか格闘D) 中級:(斧Cと重装D) 上級:(斧Bと重装B) 上級:(斧A) 【育成解説】 ドゥドゥーは序盤の適正から重装系列へ進むと良い。 斧と重装を上げておけば技能レベルは問題ない。 終盤になると移動の少なさが気になるためウォーリアーへの転向がおすすめだ。 【育成ルート:剣をベースにアサシンへ】 初級:(剣D) 中級:(剣C) 上級:(剣A) 上級:(剣Bと弓C) 【育成解説】 フェリクスは剣をベースに少しづつ弓をあげよう。 最上級職にする必要はなく、むしろ低い耐久をクラススキルで補えるアサシンがおすすめ。 【育成ルート:回復特化キャラへ】 初級:(信仰Dか理D) 中級:(信仰C) 上級:(信仰A) 最上級: 【育成解説】 個人スキル(奉仕の喜び)がヒーラー向き。 個人目標は信仰と理学をあげて、全ての魔法使用回数が2倍になるグレモリィを目指す。 合唱も利用して信仰を上げると、常に優秀な回復役として連れていける。 【育成ルート:最終的に破裂の槍を活かす】 初級:(槍D) 中級:(剣C) 中級:(槍Cと馬D) 上級:(槍Bと馬D) 【育成解説】 破裂の槍を存分に扱えるパラディンを目指す。 ただし 中級からソシアルナイトへ転職すると速さが伸びづらく、追撃を受けやすい。 まずは中級で傭兵となり、速さを上げるついでに待ち伏せを習得する。 傭兵までは剣と馬術を、傭兵からは槍と馬術を伸ばすとパラディンへCCできる。 ディミトリは上級職にしなくて良い ディミトリがなりたい上級職は、どれも苦手な斧を要求される。 中級でも十分エース級の成長をするため、1部では兵種マスタースキルの習得に専念しよう。 メルセデスは回復役として万能 個人スキルに加えて、リブロー(離れた味方にライブの効果)と、信仰Aでリカバー(範囲内の味方全員を回復)を覚える。 ヒーラーとしては最優秀で、他の学級でも十分に活躍できる性能となっている。 金鹿のおすすめクラスチェンジ 金鹿の学級で育てておきたいキャラ キャラ名 育成ルートと育成解説 【 スカウト不可】 【育成ルート:2部で活躍するスキル構成を目指す】 初級:(弓D) 中級: 中級:(斧C) 上級:(2部突入時) 【育成解説】 クロードは最終的に飛行ユニットとなり、斧と弓を使う。 これに合わせて1部ではアーチャーとブリガンドをマスターしておこう。 【 黒鷲のみ条件あり】 【育成ルート:高火力のドラゴンマスターへ】 初級:(斧D) 中級:(斧C) 上級:(斧Bと飛行C) 最上級:(槍Cと斧Aと飛行A) 【育成解説】 ヒルダは斧をメインにした育成がベスト。 序盤から目標設定で斧と飛行を伸ばしておくとLv20ピッタリでドラゴンナイトになれる。 以降は槍をCに上げるよう目標設定を変えれば、Lv30でドラゴンマスターへなれる。 【育成ルート:味方の後ろで魔法を撃ち続ける役】 初級:(理D) 中級:(理C) 上級:(理A) 最上級: 【育成解説】 魔力の伸び方がトップクラスで、魔法アタッカーにさせたい。 信仰も一緒に伸ばしておくとワープ(隣接する味方を遠くへ移動させる魔法)も使えるため、理と信仰を常に上げておこう。 【育成ルート:物理に対する壁役へ】 初級:(斧Dか格闘D) 中級:(斧Cと重装D) 上級:(斧Bと重装B) 上級:(斧A) 【育成解説】 ラファエルは見た目からして、力と守備が上がりやすい。 序盤から重装と斧を上げておき、フォートレスを目指そう。 途中からは技を伸ばすためにウォーリアーへ転向しても良いだろう。 ヒルダを中心に男性ユニットで固めて行動するだけで火力アップが見込めるので使いやすい。 男性との相性がいいため、 主人公を男にしておくといい。 リシテアのワープを戦い方に入れられる リシテアが信仰Bで覚えるワープは、使用するキャラの魔力によって移動距離が決まる。 魔力の伸びやすいリシテアとは相性が良く、クロードやラファエルを遠くに飛ばして先に雑魚を倒してもらう戦略も使える。 スカウトおすすめキャラ キャラ名 育成ルートと育成解説 【育成ルート:有用なマスタースキルだけ習得】 初期:(剣A) 中級:(剣C) 中級:(斧C) 上級:(剣A) 【育成解説】 加入時点から剣Aと格闘Cを持ち、かつソードマスターという破格のユニット。 レベルの上がりやすい20まではソードマスターで斧を使い、兵種マスタースキルが強力な傭兵とブリガンドになろう。 得意な技能と上級職が噛み合わないため、ブリガンドまでマスターしたらソードマスターへ戻して運用しよう。 【育成ルート:スナイパーを続投】 初期: 中級: 最後: 【育成解説】 スナイパーの専用戦技であるハンターボレーが強すぎるため、兵種変更は必要としていない。 戻すタイミングは、シャミアがLv20を超えたあたりがおすすめ。 教員研修と食事で親密度を上げておく 序盤で特におすすめなのは、教員であるカトリーヌとシャミア。 どちらも時期に関係なく上級職で加入するため、優先してスカウトを行いたい。 スカウト方法としては、キャラが出てきたら 教員研修や食事に誘って支援レベルを上げよう。 ファイアーエムブレム風花雪月のその他攻略記事 FE風花雪月の初心者向け記事.

次の