ピアス 危険。 ピアスのトラブル!危険すぎる7つの症状

ピアス穴から膿が出たら危険!膿が発生する原因と正しい対処法

ピアス 危険

気軽にできるオシャレとして人気のピアスなのですが、最近では耳以外にピアスを開ける人が増えていますよね。 鼻や口ならまだ「 痛みや リスク・ デメリット」を深く考える人は少ないのではないでしょうか。 しかし「 舌」にピアスを開ける場合、少なからず 痛みや リスク・ デメリットが気になってしまうところです。 これから舌ピアスに挑戦してみようと考えている人もいるかと思いますので、ここでは 舌ピアスの痛みやリスク・デメリットにはどういった事柄があるのか見ていきたいと思います。 舌ピアスを開ける前に痛みやリスク・デメリットを知っておこう! 舌ピアスと聞いてまず思うのが「 痛そう・・・」ではないでしょうか 笑 痛み・ リスク・ デメリットという言葉がすぐに浮かび上がる「 舌ピアス」なのですが、いくつかのデメリットを見ていきましょう。 傷付いた患部から雑菌や細菌が繁殖し、様々な病気につながる恐れがあるようです。 舌は細菌感染を引き起こしやすく「 感染症」のリスクもあるのです。 ピアス自体やピアスホールに 汚れや食べかすが溜まり、そこからバクテリアが発生し「口臭」の原因になるのです。 学生さんならアルバイト、社会人なら仕事で不利になってしまうかもしれません。 働く場所にもよりますけどね 笑 また、口の中でピアスを「カチカチ」と 音を鳴らしてしまう癖の人もいるので注意が必要です。 どうやら少なからず舌ピアスが原因で「 舌ガンになる」ことがあるようです。 舌にピアスを開けることで慢性的な刺激を舌が受け、 細胞がガン化してしまうといわれているようです。 喫煙や飲酒による刺激や、かみ合わせによる刺激からも引き起る原因のようです。 喫煙や飲酒をする人は注意しましょう。 いかがでしたか? 個性的でおしゃれな「舌ピアス」にも考えたことがないようなデメリットがあるのですね。 舌ピアスを自分で開けるにしても、病院で開けるにしても「 舌にピアスを開ける」こと自体にこのようなデメリットがあることを知っておきましょう。

次の

サージカルステンレスと樹脂ピアスの比較 金属アレルギーでも安心なステンレスジュエリーの通販|ステンシーナナ

ピアス 危険

ピアスは開けたいけど、ホールは隠したい!目立たせたくない!という方は多いと思います。 そんな人にとっては是非とも透明ピアスをファーストピアスに選びたいところですよね。 でも、ネットで調べてみると 「透明ピアスはファーストピアスには危険!」 「樹脂製シリコンは癒着するけどバイオプラストなら大丈夫」 「樹脂製シリコンを付け替えれば平気」 「透明ピアスを付けて化膿して病院に行きました・・・」 「寝る時痛くないからファーストピアスに透明ピアスがおすすめ」 などなどなど・・・・・・ サイトによって言っていることがバラバラ過ぎて、何を信じていいかわからない状態になってしまっています。 そこで、この記事では実際にファーストピアスに透明ピアスをつけることは危険なのか大丈夫なのかをプロの お医者さんの意見を元に検証していきます。 ページコンテンツ• 透明ピアスがファーストピアスには危険と言われる理由 透明ピアスのほとんどが樹脂製シリコンで出来ており、ファーストピアスによく使われるステンレスやチタンなどの金属と比べ柔らかく、目に見えない細かな傷が表面に付きやすい素材です。 傷に菌が入り込むと繁殖しやすく、滅菌も難しいため、ホールが完成していない(傷がふさがっていない)状態で付けると化膿や腫れなどの原因になってしまいます。 腫れてしまうと透明ピアスが埋没し、耳の中に入ってしまって取り外しできなくなってしまい、皮膚を切って取り出さなければならなくなる危険性があります。 また、化膿してしまうと分泌液が出てきて、ホールと癒着する可能性が出てきてしまいます。 トラブルが起きると、ピアスを外して処置を行う必要が出てくるため痛いだけでなく、折角開けたホールもふさがってしまうので、ファーストピアスに透明ピアスは不向きとされています。 お医者さんが教えるファーストピアスを透明ピアスにする方法 多くのお医者さんがおすすめする透明ピアスをファーストピアスに使う唯一の方法はズバリ! 病院で開けてもらう時に透明ピアスを付けてもらう! です。 正直、どのお医者さんもチタンなどの金属製の方が安全!という意見ですが、病院で透明ピアスを付けることに対しては肯定的な人が多いです。 病院で開けるのであればファーストピアスに透明ピアスを使っても問題は無いという意見が多いようです。 ただし、あくまでも耳たぶピアスに対しての意見であり、軟骨ピアスなどの硬い部位に関しては病院に直接問い合わせてみるのをおすすめします。 セルフで開ける時に透明ピアスはNG! 上で紹介したお医者さんの意見でも以下のように言われています。 「・・病院で開けられたものなら問題ないと思います。 」 「医療用の滅菌してある透明なピアッサーを用いてクリニックで開けた場合は特に危険なわけではありません。 」 つまり裏返せば、病院以外であれば問題だし、危険ということです。 なぜセルフで開ける場合は危険なんでしょうか? 適切なファーストピアスの素材を選ぶことが難しい ネットでも「バイオプラストというデンプン由来の素材ならファーストピアスで大丈夫」とか、「医療用樹脂製シリコンだから大丈夫!」という意見が見られますがこれは都市伝説に近いです。 バイオプラストとはデンプン由来の素材で一般的にシリコンなどと比べると癒着しづらいと言われていますが、ちゃんとした研究結果が提示されておらず、雑菌の繁殖を抑えるという研究はありません。 医療用樹脂製シリコンも特に傷口に使用するのを目的に作られておらず、定義も曖昧なため、普通のシリコンと比べてどういった点が優れているのかをちゃんと説明している販売元はほとんどありません。 滅菌できない 病院と同じ素材、同じ透明ピアスを手に入れることが出来たとしてもやはりセルフではおすすめできません。 理由は、個人ではちゃんとした滅菌が難しいからです。 雑菌が繁殖しやすい透明ピアスの場合、チタン製などと比べても付ける段階でちゃんと滅菌処理されている必要があります。 しかしながら、医療従事者で無い限り、完全な滅菌を行うことは難しく、ピアスを滅菌しても、その後に滅菌していない指や耳に触れてしまったら意味がありませんし、手袋をしても、手袋に雑菌がいないわけではありません。 ファーストピアスに透明ピアスを使う方法まとめ ネットには「医療用」「ファーストピアスOK」などというキャッチフレーズの付いた透明ピアスがたくさんありますが、これらのほとんどは根拠はありません。 透明ピアスをファーストピアスに付けたい!という消費者の心に漬け込んでたくさん売りたいというショップ側の戦略であることが大半です。 もし、本当にファーストピアス用、医療用なのであれば、どういった研究結果を元に雑菌が繁殖しにくいや、どういった製造方法で医療用の何に使われている素材と同じかをしっかりと表記するはずです。 (その方が安心感もあって売れるはずですし) ピアスを開けるのは気軽に思われていますが、誤った方法で行うと一生しこりが残ってしまったり、痛みに数ヶ月悩まされたり、耳がただれてひどい外見になったりと、トラブルが多いので自分の体を大切にしましょう。

次の

【ファーストピアス】透明ピアスを使うのは危険?その理由を徹底調査してみた|rinapple

ピアス 危険

chiebukuro. yahoo. また見た目に美しく見えるかも考えて一番良い場所を選びます。 穴は上下まっすぐに開ける 舌ピアスは上下にまっすぐ開いているときれいに見えます。 中には舌の中心線が左右にずれている人もいますが、舌の状態に合わせて上下バランスを見ながら位置を決めるといいでしょう。 個人差がある舌の厚さに合わせて形を選ぶ 舌に合っていないピアスでは、食べるときや話すときに邪魔になります。 さらに、衛生的にも悪く、歯が欠けたり、口の中を怪我してしまう場合もあります。 自分に合った形・長さ、材質のピアスを使って、舌ピアスを開けることが大切です。 ピアス専門店や美容クリニックなどでアドバイスを受けましょう。 穴の開け方 基本的どのようにして開けるのでしょうか?動画で見てみましょう。 デメリットってあるの? 舌ピアスを装着した人の感想をチェックしてみました。 「周りからのイメージが良くない場合もある、ピアスを歯でカチカチしたりする変な癖がつきやすい」 「ピアスを装着している部分はハミガキがしにくいので最近が繁殖しやすい」 「就職の際不利になる場合がある」 「食事中に噛んで、歯が欠けてしまうことがある」 また、ある歯科医のブログで、舌ピアスを開けてトラブルになった以下のケースを紹介していました。

次の