ジンギスカン。 店舗一覧|松尾ジンギスカン公式サイト 北海道の札幌・滝川・千歳などに展開

ジンギスカン鍋 | ジンギスカンのあんべ

ジンギスカン

2020年6月5日 UPしました! 2020年4月24日 UPしました! 2020年3月28日 UPしました! 2020年1月25日 「あんべの特別感謝祭」UPしました! 2019年11月6日 「2019冬の贈り物」UPしました! 2019年9月29日 「2019秋のジンギスカンまつり」UPしました! 2019年6月12日 「2019夏の贈り物」UPしました! 2019年4月7日 「春のラム祭り2019」UPしました! 2019年2月1日 「冬の特別感謝祭 2019」UPしました! 2018年12月1日 新発売です! 2018年11月27日 に 2018年11月2日 「あんべのジンギスカンギフト 冬の贈り物 2018」UPしました! 2018年9月13日 「2018 秋のジンギスカンまつり」UPしました! 2018年8月29日 に 2018年6月6日 「2018 夏の贈り物」UPしました! 2018年5月10日 に 2018年4月11日 UPしました! 2018年4月11日 「春の行楽 ジンギスカン祭り」UPしました! 2018年2月5日 「2018 あったか鍋まつり」UPしました! 2017年12月1日 「2017 クリスマス特集2017」UPしました! 2017年11月3日 「2017 Winter Gift 冬の贈り物」開催中です! 2017年9月9日 「秋のジンギスカンまつり 2017」開催中です! 2017年6月1日 「2017 Summer Gift 夏の贈り物」開催中です! 2017年3月22日 「春だ!花見だ!ジンギスカンだ!」開催中です! 2017年3月20日 を入荷しました。 2017年1月25日 「あんべのあったか鍋まつり」を開催します! 2016年12月22日 「クリスマス特集」実施中です! 2016年12月17日 新発売いたしました! 2016年12月3日 「2016 Winter Gift キャンペーン」ただいま好評実施中です! 2016年11月1日 価格改定を実施致しました。 2016年7月4日 に 2016年5月14日 、、、を入荷しました。 2016年4月18日 とを入荷しました。 最近、ご家族そろってご飯食べてますか? 子どもからお年寄りまでなにかと忙しいこの世の中、一家団らんの時間ってホント貴重ですよね。 思えば、昔は「8時だヨ!全員集合!」が日本の家庭の一家団らんをささえていましたが、近頃は家族そろってテレビを見ようとするだけでもなかなか大変なものです。 でも、そんな貴重な一家団らんのひとときにこそ、ジンギスカンがオススメです。 え?なぜって?家族で食べるジンギスカンは、笑顔と楽しい会話が 至高のスパイス。 楽しいから美味しい、美味しいからもっと楽しい!もっと楽しいからもっと美味しい!!・・・ 幸せがどんどん、どんどん膨らんでいきます(^^) そう、ジンギスカンには家族をホンワカ幸せにする「小さな力」があるんです。 この餌の種類には「穀物(グレイン)」と「牧草(グラス)」があるんですが、よく言われる「臭み」とは違う、ラム肉の本当の「旨み」をお楽しみいただくには自然の牧草を与えられて育った羊が最高であると当店は考えました。 そして、そんな羊を探し当てた場所、それが 「BSEがもっとも起こりえない国」(欧州食品安全期間:EFSA認定) 広大な自然、肥沃な大地が広がる「オーストラリア」。 南オーストラリア州南部は大地が肥沃で、そこで育った牧草も自然の恵みがタップリです。 当店が扱う羊肉は、アデレード南東に位置する広大な牧場で、自然の牧草のみを与えられて育ちます。

次の

【みんなが作ってる】 ジンギスカンのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ジンギスカン

調理中のジンギスカン ジンギスカンは、(成羊肉)や(仔羊肉)などのを用いたの料理。 に分類されることもあるが調理方法はの調理方法である。 一般的にはを代表するとされる 他、 、 など一部地域でも盛んに食される。 発祥は・の店という説もあり 、現在では各地にジンギスカン料理を出す飲食店や、家庭調理用の肉・を販売する小売店がある。 中央部が凸型になっている ジンギスカン鍋を熱して羊肉の薄切りと野菜を焼き、羊肉から出る肉汁を用いて野菜を調理しながら食す。 北海道の地方によっては、中央が凹型のジンギスカン鍋(円板状)を使用する場合もある。 使用する肉には、調味液漬け込み肉の「味付け肉」、冷蔵(チルド)肉の「生肉」、冷凍肉の「ロール肉」があり、一般的に「生」とは1度も冷凍されていない肉を示し、調味液に漬けたかどうかは問わない。 国産の生ラムなどは、近年高級肉として扱われる場合もある。 ジンギスカンの元になったとされる烤羊肉串 起源については、俗説で「かつてを率いたジンギスカン()が遠征の陣中で兵士のために作らせた」と説明される場合もある が、実際にはとはかけ離れている。 ジンギスカン料理の起源自体はにあると言われ、大日本帝国陸軍の旧(現中国東北部)への進出などを機に、前述の 烤羊肉から着想を得たものが日本人向けにアレンジされ、現在のような形式となったものとみられる。 料理の命名には諸説あり、が北海道を経由してモンゴルに渡ってジンギスカンとなったという都市伝説()から想起したものであるとも言われている。 命名した人物として、農科大学(の前身)出身で、の建国に深くかかわったが、(大正元年)から9年間の社員時代に命名したものであるとする説がある。 この説は全日本司厨士協会北海道本部相談役の日吉良一が北海道開拓経営課の塩谷正作の談話(冗談)を元に『L'art Culinaire Moderne』にに投稿した「蝦夷便り 成吉斯汗料理の名付け親」 や、駒井徳三の娘の満洲野(ますの)が(38年)に発表した「父とジンギスカン鍋」が根拠となっている が、いずれも後の伝聞によっている。 日本では時代から北海道で肉用を含めた綿羊の飼育が行われており、(7年)に軍隊、、鉄道員用の素材となる自給を目指す「緬羊百万頭計画」が立案され、滝川や札幌の月寒など全国5カ所に種羊場が開設された。 このため北海道は(大正14年)の時点で全国の42. 7%が飼育される最大の飼育地となっていた。 計画の早期実現のために羊毛のみならず羊肉をも消費させることで、農家の収入増加と、飼育頭数増加が企図され、その流れの中からジンギスカンが出現したものと考えられている。 しかし、当時の日本人には羊肉を食べる習慣がほとんどなく、日本で受け入れられる羊肉料理を開発する必要に迫られ、農商務省は東京女子高等師範学校(の前身)に料理研究を委託している。 それらを裏付けるものとして、北海道の(現・北村)で(大正9年 に北海道初の羊食会が北村飼羊組合員の間で実施されていた事、その後(大正13年)に北村緬羊組合によって『羊肉料理法』のパンフレットが発行されていた事、その中に記載された「羊肉の網焼」のレシピが後の(昭和2年)に糧友會の『羊肉料理講習会』で紹介される「鍋羊肉(成吉思汗鍋)」のレシピと類似していた事などが記録されている。 「成吉斯汗鍋」(じんぎすかんなべ)という言葉が初めて掲載されたのは(大正15年)の『素人に出来る支那料理』 で、(中国)在住の日本人が命名したもので「本当の名前は 羊烤肉と云う」とあり、当時のものは屋外で箱火鉢や鍋に薪の火をおこし、上に金網や鉄の棒を渡して羊肉をあぶり、現地の醤油をつけて食べた「原始的な料理」としている。 この説明通りであれば、当初、「鍋」は食品を加熱するためではなく、火鉢代わりに使われたことになる。 に満田百二が雑誌『糧友』に書いた「羊肉料理」という記事でも、羊肉網焼の別名の「成吉斯汗鍋」は、本名式には 烤羊肉というと書かれていて 、鍋料理ではなかったことがわかる。 かつてがあり、などに羊肉を出荷していたが発祥地とする説もある。 他にも、 や 等がそれぞれ、上記の東京や北海道のものとは発祥を異にする、独自のものとしてのジンギスカン鍋の起源を主張している。 での普及は、綿羊の飼育が(5年)に始まった 後の(昭和11年)に開催された「料理講習会」から始まる。 羊の臭みを減らして食べやすくするために、地元名産の信州を使用した特別なタレに羊肉を漬け込む。 ジンギスカン鍋が一般にまで普及したのは、後のことと言われている。 最初のジンギスカン専門店は、(昭和11年)にに開かれた「成吉思(じんぎす)荘」とされる。 北海道での営業としての最初の店は、に札幌にできた精養軒である。 にはの一つに 、にはの主催で選定されたで北海道のの一つに 選出されている。 頃から頃にはによる牛肉離れの影響に加え、牛肉と比べ脂肪分が少ないイメージからジンギスカンはブームとなった。 しかし、ブームが下火となった頃にはやからの羊肉の輸入も大きく減少し、牛肉や豚肉の価格が下がった。 羊肉は相対的に割高になり、特に国産の羊肉を使ったものは高価となったことから、北海道でもジンギスカン離れが指摘されるようになった。 一方、のにはに開業した 烤肉苑飯荘やに開業した 烤肉季飯荘などが、薄切りの羊肉と野菜を鉄鍋で焼いて作る、現在のジンギスカンに類似した料理、の「 烤羊肉」を提供している。 後にこの方式が日本に取り入れられるようになったのか、偶然似たのかは定かでない。 ジンギスカン鍋 [ ] 穴なしタイプのジンギスカン鍋(左:生肉用 右:味付け肉用) 調理には専用の鍋であるジンギスカン鍋が用いられる。 この鍋は、など、主に製で、中央部分がのように盛り上がった独特の形状をしており、その表面には溝が刻まれている。 これは盛り上がった中央部で羊肉を、低くなった外周部で野菜を焼くことによって、羊肉から染み出した肉汁が溝に沿って下へと滴り落ちて野菜の味付けとなることを意図した設計である。 1950年代当時は北海道でもジンギスカン料理そのものが一般に普及しておらず、精肉店がジンギスカン鍋を貸し出すなども行っていた。 その後、北海道の花見や運動会、海水浴などで現在の形のジンギスカンパーティーが広まっていった (「ジンパ」と略称されることもある )。 なお、鉄板 や焼き網、などで代用する場合もある。 種類 [ ] 専用鍋には主に2種類がある。 鉄・アルミ製で穴なしのものと、スリット状に穴が開けられているものである。 穴なしのものは、味付け肉でもたれが落ちない構造であり、穴あきのものは、主に・炭火焼きで行われる生肉用で余分な脂を落とす役割を持っている。 近年のジンギスカンブームにより、店舗オリジナルの鍋など様々なものが製造されている。 「専用鍋は鍋が焦げ付きやすく使用後に洗うのが面倒」「数を揃えやすく片付けも簡単」などの理由から、北海道では屋外での「ジンギスカンパーティー」等の場合を中心に、アルミ製の穴なし簡易鍋を使い捨てすることも多い。 道内では等で、100円〜500円程度の安価で販売されている。 で2015年、過去に使われた各種の専用鍋を溝口雅明教授が集めた「ジン鍋博物館」が仮オープン。 私設博物館の形態で2016年11月には正式に開館した。 その他 [ ] では、ジンギスカン鍋に専用の焼き台を用いて調理される。 東北地方のジンギスカンの定番品である。 メディアでの紹介もあり、現在は北海道でもアルミ製で鍋付きのものが販売されるようになった。 で開催される、では、を焼き台にしたジンギスカン「しばれ焼き」が名物となっている。 調理 [ ] 味付け肉以外の場合 ジンギスカン鍋・などを炭火やガスなどで下から熱し、油を引いてから、、、、のほか、、、などの季節の野菜などを(ジンギスカン鍋の場合外周部周辺に)広げ、上方でスライスされた羊肉を焼き、専用のタレに付けて食する。 野菜の上に羊肉を乗せて蒸すように焼いて食す場合もある。 味付けの場合 同様に調理し、そのまま食する。 下茹でした玉や焼きそば用の中華麺、角が加えられる場合もある。 ただし、北海道の名寄などでは煮込みジンギスカンと言い、漬け汁と野菜を肉と共に煮込むものもある。 前述のように、ジンギスカン鍋を用いる場合は凸状に盛り上がった中央部分で肉を焼き、低くなった外周部で野菜を焼く。 観光名所となっている店舗では、調理の際の油跳ね防止用のビニールもしくは紙製の専用が支給され、それを着用して食するのが一般的である。 使用肉とたれ [ ] ジンギスカンは、事前にタレ(調味液)に漬け込んだ「味付け」 と、味付けではない肉を焼いてからタレにつける「後付け」に大別される。 ラム肉は味付け、後付けの両方で好まれる。 一般的な味付けジンギスカンは、肉をスライスし、タレに漬け込み、それを冷凍保存されて販売される。 また、味付けに使うたれも様々なを組み合わせて使うことで多種のものが作られている。 生ジンギスカン [ ] 成吉思汗たれ(ベル食品) 羊肉の臭みを抑えて、食味を向上させる技術は、明治時代から色々試みられており、などと同様にを使うことは大正時代までに知られていた が、改良が進んだのは昭和時代からである。 現在、タレは味付け、生ともにベースと味噌ベースのものがあり、主流は、醤油ベースである。 タレには醤油、味噌、、果汁、、、などが配合される。 市販されるジンギスカンの付けダレもと同様に多種多様存在する。 北海道ではとの醤油ベースの製品が代表的である。 また、青森県のタレメーカーが当初ジンギスカンのタレとして開発した「スタミナ源たれ」は、醤油、野菜、リンゴ、ニンニクを材料としており、現在は焼肉・など多用途に使用されている。 この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2017年8月) 地域によって、使用する肉の種類や事前に味付けをするか否かなど、習慣、好みが分かれる。 北海道では、などの上川地域やなどのといった道央内陸部では「味付け」、のほかやなどの道央海岸部、を中心とした道南海岸部、などの道東海岸部では「生肉」が主流だった。 この二つの食文化の境目にあたるのが、滝川市と札幌市の中間付近に位置する岩見沢市と考えられており、昭和50年代に同市で営業していた温泉宿の名前が刻印された、二つの食べ方を同時に行える「仕切り付きジンギスカン鍋」が発見されている。 また上川地区の地域や地域では独特の「豚ジン」と呼ばれる豚肉を使った味付きジンギスカンも有り、ジンギスカンは羊肉に限らないという事実も有る。 豚ジンは一般スーパーでも販売されている。 北見市は北海道としては例外的にジンギスカンよりも一般的な焼肉店が多く、市も焼肉の街としてPRするほどで、市民でジンギスカンは一般的ではない。 ジンギスカンで知られる店として、滝川市に本店を構える「松尾ジンギスカン」、岩見沢市にある「タレ付きジンギスカン発祥の店 松龍」、の「かねひろジンギスカン」、札幌市の「さっぽろジンギスカン」「だるま」などがある。 道内の観光地には、ジンギスカン料理を売りにしている所が多く有る。 多くの観光地で今も「ジンギスカン」の旗を立っているが郷土料理としての取り扱いであり地場産肉を売るという事ではない。 しかし逆に地場生産を売りにする地域もあり、士別市や滝川市など道内各地でサフォーク種などの羊を飼養して地元に食肉提供している。 観光名所となっている各園の主流も生ラムジンギスカンである。 ただし、近年では双方の地域でどちらの食べ方も浸透が進んでおり、違和感なく受け入れられている。 本州では地域別に分類することは難しい。 では「生肉」が好まれる。 地方には独自のブランドをもった味付けジンギスカンのメーカーが存在する。 北海道の他にも、ではの県北沿岸部や、、長野県、同県、の、の、、古殿町など、局地的に常食されている地域がある。 また、のやのなどでは、創業以来ジンギスカンが名物メニューとなっている。 これらの地域では、をはじめとした宴会や集会の打ち上げなどで食べられることが多い。 北海道では、アウトドアで行われる「焼肉」がすなわちジンギスカンを指す場合が多い。 また、「ジンギスカンパーティー」略して「ジンパ」の語句も生まれ、出演のののでも使用された。 頃には全国的なジンギスカンブームがあり 、関東地方などにも急速に広まった。 これは()が注目され牛肉の需要が減少し 、羊肉に多く含まれる「L(エル)-」という物質が注目されるなど 、健康需要 がその要因と言われている。 後半になると外食でのジンギスカン専門店は減少したが、スーパーなどの小売店での羊肉の扱いは安定するようになった。 北海道のジンギスカン店では羊肉しか提供していない場合が多いが、東京や、ブーム後の後発地域などのジンギスカン店ではたいてい、羊肉を食べなれない客のために牛肉なども提供していることが多い。 そのほか店によるが豚、鶏、鴨、猪、畜肉加工品、海鮮物なども出される。 近年では、北海道のビール園などでも、本州からの観光客を多く受け入れるために羊肉以外の牛肉・豚肉・鶏肉や海鮮物を提供する店が増えている。 ただし「ジンギスカン専門店」を称する場合は、ほぼ羊肉のみである。 長野県では、の一部を「信州新町ジンギスカン街道」と呼んでいる。 多くのジンギスカン料理店が並び、伝統的な漬け込んだ調味法 の他にオリジナルな味付けの店など多様である。 (昭和57年)より、味の優れた「」も飼育されるようになった。 高知では、の終戦直後の時期に羊毛を刈るための羊を食肉にも用いることが推奨されていた時期があり、ジンギスカンの店が何軒も開店した時期もあったものの、一時的な流行に留まった。 脚注 [ ]• 財団法人農村開発企画委員会 2007年. 2010年4月18日閲覧。 の2012年2月3日時点におけるアーカイブ。 2012年1月31日閲覧。 探偵団がたどる ジンギスカン物語. 2003年1月8日. 2012年2月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年3月1日閲覧。 『読売新聞』 東京 : pp. 2013年8月10日• モーニング娘。 2020年6月26日閲覧。 探偵団がたどる ジンギスカン物語. 2003年1月9日. 2010年1月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年4月18日閲覧。 日吉良一、「蝦夷便り 成吉斯汗料理の名付け親」『L'art Culinaire Moderne』昭和36年10月号、1961年、p29、東京、全日本司厨士協会• www. city. takikawa. hokkaido. 2018年11月9日閲覧。 農林省畜産局、『本邦内地ニ於ケル緬羊の飼育』pp23-26、、東京、農林省。 山田喜平、『緬羊と其飼ひ方』、1935年、子安農園出版部。 2019年7月23日閲覧。 岩見沢市議会議員 平野義文 Official Web Site. 2019年7月23日閲覧。 山田政平、『素人に出来る支那料理』p141、1926年、東京、婦人之友社• 満田百二、「羊肉料理」『糧友』昭和6年1月号 第6巻1号 p110、東京、糧友會• 【探訪・繁盛店】ひつじや(千葉県成田市)ジンギスカン「発祥」PR『』街づくり面(2017年2月12日• 福田克彦『三里塚アンドソイル』平原社、2001年、447頁。 2008年3月9日, at the. (元祖ジンギスカン・シロー)• (昭和30年創業の店 ジンギスカンのあんべ)• 日吉良一、「農村食事閑談 成吉思汗料理事始」『北海道農家の友』昭和36年12月号、1961年、札幌、北海道農業改良普及協会• 北海道遺産構想推進協議会. 2010年5月26日閲覧。 財団法人農村開発企画委員会 2007年. 2010年5月26日閲覧。 490. , (), , , 2010年4月18日閲覧。 北海道経済産業新聞 2006年6月14日• 北海道新聞(2016年11月12日)2016年11月13日閲覧• 北海道ねっと. 2019年6月24日閲覧。 探偵団がたどる ジンギスカン物語. 2003年1月7日. 2010年1月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年4月19日閲覧。 永峰春樹、『緬羊の飼方』p103、、旭村、子安農園。 読売新聞 夕刊 東京 : pp. 2005年3月11日 関連項目 [ ]• - を展開• - ジンギスカンPRキャラクターとして2013年にデビュー。 - 南部地方(東部と北部・中部)の郷土料理。 - の郷土料理。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 信州新町観光協会.

次の

ジンギスカン

ジンギスカン

概要 [ ] にデビューした西ドイツの出身の男女6人組(後に5人組となる)のアーティストグループ。 『』や『』などが世界的に大ヒットし、1979年にはドイツ映画『』でDschinghis Khanとして出演しパフォーマンスしたりもしている。 に解散したが、にスティーヴの尽力で再結成され、から20年ぶりにDschinghis Khanの活動を再開させることが報道された。 1994年11月12日に43歳の若さで他界していたルイスと、社長業で議員を目指してた事もあり逮捕されかねなかった事で参加を見合わせたレスリーを除くオリジナルメンバー4人にシュテファン、エプル、ダニエルのゲストダンサー3人を加えたメンバーによる初のライブがにのアリーナで行われた。 ちなみにスティーヴはこの時既に末期肺癌であり、メンバーも周知の上で再結成し歌い踊っている。 その後の以降、ヴォルフガングがパフォーマーを引退しており、オリジナルメンバーはエディナとヘンリエッテの2人のみとなっている。 エディナとヘンリエッテは2018年3月25日 にラルフ・ジーゲルと再度長期契約を結んだ。 2018年より、本家Dschinghis Khanとヴォルフガング・シュテファンのDschinghis Khanに別れて活動しており、ヴォルフガング・シュテファン側については本家も把握出来ておらず分裂状態である。 ヴォルフガング・シュテファン側は2019年のDschinghis Khan40周年には各国ライブ 日本含 を行う予定で進んでいる 本家側は知らない。 グループ名 [ ] グループ名は、建国の「」の表記の ジンギス・カン Dschinghis Khan に由来する。 このグループ名は英語圏でもドイツ語表記のままで受け入れられている。 しかし、版CDでは契約の関係から、表記に由来する ジンギスカン Genghis Khan が用いられている。 しかし、2018年4月6日 よりヴォルフガング・ハイヒェルが本家とは別に "Dschinghis Khan" を名乗り、シュテファンと組んで活動している。 2019年に40周年記念ライブで日本含む各国を回りたいと語っていたが、ファンの質問メールに本家側は「ヴォルフガング・シュテファンとは全く活動していないし、40周年記念ライブについても知らない」と答えており、実質Dschinghis Khanは分裂状態となっている。 結成 [ ] 、西ドイツの音楽、 と、であった が、当時人気を博していた西ドイツのアーティスト、のヒット曲『怪僧』 Rasputin をモデルとして『ジンギスカン』という楽曲を作った。 それをののでもある「」に応募するために6人のメンバーが集められ、結成したのがこのグループである。 6人のうちルイスは企画当初からメンバーとなることが決まっており、彼を除く5人はオーディションで選ばれた。 のユーロビジョン、ドイツ国内予選ではグランプリを獲得したものの、本選では4位に終わりグランプリはならなかった。 歌と振付の練習では、プロダンサーのルイスとヘンリエッテはダンスの素養があったのでそうでもなかったが、他のメンバー4人は大苦戦していた。 17日間、朝から晩まで練習を続けた。 そして、ヴォルフガングとヘンリエッテ以外のメンバーは全くの初対面であったので、お互いをよく知り合う為に、練習の合間に一緒に散歩に出たり、買い物にも全員揃って出かけたりしてコミュニケーションをとっていた 色んなところに出かけたりもしている。 楽曲の多くの作詞はマイヌンガーが、作曲はジーゲルがそれぞれ担当したが、後にはグループのメンバーも作詞や作曲を手掛け ようになった他、スティーヴ・ベンダーはジンギスカンと目指せモスクワの英訳も担当していた。 メンバー [ ] オリジナルメンバー [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 身長184cm(体重は公表していない)、髪と目の色は茶色。 ポットギターと読まれることもある。 また、パトリック・ベイリー (Patrick Bailey) の別名でも知られる。 喫煙者。 好きな食べ物はフライドポテトとインド料理と野菜、好きな飲み物は紅茶(家では)とビール。 話せる言語は、英語、聞き取りは出来るものの上手くは話せず英語訛りが強いがドイツ語。 建築会社の販売ディレクターの父ルイ・ヨハネス・マテウス・ポトギターと元秘書の母親アンナ・ズザンナ・ポトギターとの間に6人兄弟の2番目として生を受けた。 兄のヨハン、妹のアンネリーゼ、カレン(軍務に初めて合格した女性)、エルナ、タラナが居る。 でとを修めた後、に渡欧。 結成前までミュンヘンのゲルトナープラッツ劇場でソロのダンサーとして活躍していた。 上記のとおり、企画当初から唯一メンバーとなることが決まっており、オーディションを受けていないのはルイスだけである。 基本的には冠を付け、動きやすいながら王族的な衣装という出で立ちだが、Rom以降の後年に行くにつれて周りと変わらない衣装になっている(ルイ曰く、普段は扮装をしていないのでバレないのが他のメンバーより有利とのこと)。 番組などで名を呼ばれる場合はルイと呼ばれることが多い。 基本的にはダンスのみの担当(彼によれば契約に関して金銭面を含め他のメンバーとの差は無かった)で、一部の曲のボーカルでは他メンバーの補佐的な役割で曲によっては共に歌う感じ(ロッキング・サンのみソロ有り)であったが、1981年のスティーヴ脱退以降は本格的にボーカルも担当するようになり、低音を担当した(男性陣内では一番低音)。 「めざせモスクワ」の低音パートではスティーヴのポジションで歌っている。 ドイツ国内のテレビドラマ「derrick」にも悪役と思しき役で出演していた(途中で撃ち殺される)。 解散後はの担当として、レスリー、ヘンリエッテらと共に短期間の活動を経た後、南アフリカに帰国。 帰国後はホテルの支配人を務めていた。 1994年の11月12日、にてによる合併症によって死去、享年43。 ルイスの死はスティーヴが2005年に再結成するためにメンバー探しに奔走した際に発覚した。 ガリガリに痩せ細っていたようで、当時80代の母親に看取られてルイスは43年の生涯を閉じた。 本名はケーシュマールキ・マリカ()。 好きな食べ物は辛くて酸味のあるエキゾティックなもの、好きな飲み物はワインとたまにトロピカルカクテル。 話せる言語はハンガリー語、英語、ドイツ語。 洋服屋や車掌、給油係をしていた父ケーシュマールキ・カルマンと主婦の母ケーシュマールキ・マリカとの間に生まれた。 ダンス教師をしているケーシュマールキ・カルマンという兄弟がいる。 エディナの本名である「マリカ」という名前はエディナの出生当時前後にハンガリーで大流行した名前で、ハンガリーの60代以上の女性はかなりの確率で名前が「マリカ」である。 音楽学校卒業後から高級ホテルやコンサート、テレビなどを舞台に歌手活動をこなし、にに進出。 に Bei jedem Kuss (直訳:どの口づけの時にも)でデビューを果たし、のユーロビジョンのドイツ予選では Meine Liebe ich will dir geben (直訳:あなたに捧げたいわたしの愛)で7位を獲得する。 私生活ではにドイツ人俳優ギュンター・シュトル と結婚しているが、に死別。 ジンギスカン解散後もドイツで音楽活動をしている。 Dschinghis Khan当時の着ている服は、典型的な女性の格好でスカートを履くというスタイルが定番だった。 Dschinghis Khan時代には2ヶ月休みの際に彼女の考えで動物園に行ったりしていた。 再結成時は髪がショートになっている。 近視で、ジンギスカン加入前は眼鏡がトレードマークだったが、Dschinghis Khan加入後は外した姿になっていたが、彼女によるとメンバーを含めた周りが助けてくれていたので事故が起きることは無かったとのこと。 日本語盤アルバムのパッケージに記されているメンバーのプロフィールでは、彼女の名前が DEINA POP と誤記されている。 ドイツ語を話すとハンガリー訛りが強い。 同じハンガリー出身のレスリーや年代の近いスティーヴとは親しい間柄だった。 スティーヴの娘メラニーによれば、スティーヴ・ベンダーの闘病時は常にスティーヴの体調を気にかけていた。 その為メラニーからは感謝されている。 再結成でのトークによると、他のメンバー曰く電話病(電話で話すのが大好き)らしく、本人は電話代がかさむと話し、スティーヴにEメールを教わっていた。 好きな食べ物は東洋料理やエビ料理、ラムの腿肉、好きな飲み物は生オレンジジュース(たまにスパークリングワインで割る)。 話せる言語はオランダ語、英語、ドイツ語、スイスドイツ語。 趣味は。 歯科医の父ヘルムート・カール・シュトローベルと元秘書の母親カタリーナ・ヤネッテ・シュトローベルの間に長女として生を受ける。 セールスマネージャーの兄ヘルベルト・パウル・シュトローベルがいる。 の女学校を卒業後、西ドイツので(ちなみに彼女の実家はである)、、、の個人レッスンを受ける。 フィギュアスケートではセーターを脱ぎながら滑って居た時に右足から転び、張られた線に引っかかって両足と片くるぶしを骨折、リハビリを経て滑ったが再度怪我をした事でフィギュアスケートを辞めている。 結成前はマヌカンをしており、にメンバーのヴォルフガンクと結婚。 ジーゲルの「もう1人女性がほしい」という話にヴォルフガングが「ヘンリエッテはどうか」と提案、歌も上手かったため合格し、ジンギスカンに加入(ヴォルフガングにジンギスカン加入についての事を言われた時、ヘンリエッテ本人は断ったものの、結局ヴォルフガングにラルフ・ジーゲルの元にひっぱられ、大恥をかかないように精一杯歌った)。 ヘンリエッテ自身は自分の歌声が酷い(上手くない)と思っていたようだが、たまに歌っているのを聴いていた夫のヴォルフガングは良い声だと評価していた。 ジンギスカン活動時は ハイヒェル姓であったが、解散後に離婚。 その後は友人と共にのでファッション関係の仕事をしていた。 再結成後は シュトローベル姓で活動、髪型も一つ結びやストレート等変化している。 男性風の服(ズボン系)や身体にぴったりした服を着ることが多かったが、曲によっては上記のエディナ・ポップの服と似た服を着ていた(現在は男性風の服は着ていない)。 本名はカール=ハインツ・ベンダー Karl-Heinz Bender。 身長171cm、68kg(Dschinghis Khan当時)。 髪色はダークブロンドで目は明るい青色(写りによって濃い水色にもみえる)。 生年がとされているものもあるが、それは彼自身が申告したもので、本当の生年は1942年である。 愛称はGlatze(グラッツェ、ドイツ語でハゲ頭の意)。 ヘビースモーカー。 好物は、好きな飲み物はコーヒー。 話せる言語はドイツ語と英語。 肉屋の父カール・ベンダー(スティーヴが幼い頃に戦死)と販売員の母ヴィルヘルミーネ・レジーネ・ベンダーとの間に長男として生を受ける。 7つ離れたアンネマリーと2つ離れたヨハンナという2人の姉がいる末っ子。 本人によるとほんの小さな頃に父が戦死した為に母親は朝から晩まで働き通しであったという。 後にエルフリーデ・ベンダー(旧姓ビッゲラー)と結婚し、娘は歌手の。 義務学校を終えると実務学校へ進み、彫版師、家具職人、塗装などを学んだ後に塗装で働いていたが、働く中でに師匠と揉めて辞めている(師匠は直ぐにビンタする人だったと話しているため、それが原因と思われる)。 結成前には2年間の渡米経験があり、数々のロックバンドで兼ボーカリストとして活躍。 結成後もパフォーマーの他に『ディスコ・ドラゴン』『キャプテン・ネモ』などの作曲や、『ジンギスカン』『めざせモスクワ』などの英語版の作詞を担当したが、の悪化が原因でドクターストップがかかり、脱退(ヘルニア持ちだったという)。 脱退後はドイツの音楽プロデューサーとして活躍、事務所を構え後にサイトも運営していた。 ジンギスカン在籍当時はにしており、一日に二度髪を剃っていた(最初にスキンヘッドにした際は自分の風貌がひどく恐ろしく見えて泣きそうになり、家に4週間引きこもっていた)。 1995年にエディナ、レスリーと共に来日、番組に出演し頭を2回剃っていた事などを話した他『』と『』を歌っている。 なお、エディナ・ポップとレスリー・マンドキとは特に仲が良かった。 2005年の再結成のためメンバー探しなど奔走しモスクワのライブにも参加したが、2006年5月7日、により死去。 享年63。 再結成の前年夏にが発覚し余命宣告を受けていたが、死の2ヶ月前まで事務所には公表されていなかった。 声はややハスキーで声域は基本的にヴォルフガングとレスリーのほぼ中間だが、コーラスでは低音を出すことも多い。 また後年はもあってかなりハスキーかつ少しガラガラな声になっている。 2005年の再結成時の「ロッキング・サン」では、不参加のレスリーのパートを歌った(スティーヴによる「ロッキング・サン」は後にファンから伝説と言われるようになった)。 生前最後のインタビューでは当時と変わらずタバコを片手に答え、ジンギスカン(曲)の練習が6時間あり、そのおかげでみるみる痩せていった為に衣装を3回縫い直したと笑って話している。 グループ加入へのいきさつは、スティーヴが所属していた事務所にジーゲルが現れ、スキンヘッドのスティーヴのレコードジャケットを見て「これだよ、僕が欲しかったのは!」となったのがきっかけだった そのジャケットではスティーヴが日本のをモチーフに撮るため、面白半分にハゲのかつらを着用し撮影したもの)。 その後ラルフ・ジーゲルから白羽の矢を立てられ、グループへの加入が決定し、スキンヘッドが定着したという。 曲のパフォーマンスでは振り付けをよく間違えていた。 Dschinghis Khanファンからは紳士と言われており、海外からのファンレターやメールは高性能の翻訳を使い、家族との時間を大切にしながらも日本のを含む全てに目を通して返事をしていた。 また、日本のファンにも優しく、高性能の翻訳ソフトを使ってファンサイトにも訪れていた。 また、死の数ヶ月前にはいくつかのサイトにコメントを残しており、主に英語やドイツ語で書き込まれたが、そのうちのひとつは翻訳を通した日本語でコメントを残していた。 コメントの際にはサイトの運営者が書いたジンギスカン当時のスティーヴ自身のアイコンを使うなど、気さくさと茶目っ気を見せている他、自身の事務所サイトにDschinghis Khan時代や自身の画像を沢山アップし、ファンを喜ばせてもいた。 身長188cm、80kg(Dschinghis Khan当時)、髪と目の色は茶色。 芸術教育学を修めたが、は自業自得で物理学を落としてしまい中退している。 喫煙者。 好きな食べ物は日本食(特に寿司とうどん)と中華で同時にベジタリアンでもある。 好きな飲み物はミネラルウォーター、シャンパン、スイス風コーヒー。 犬好きで結婚していた時はコリーを飼っていた。 話せる言語はドイツ語、英語、オランダ語と少しだけフランス語。 機械工学技師の父アルフレート・ハイヒェルと看護師のアンナ・ハイヒェルの間に長男として生を受けた。 異母兄弟のクリスティアンとマチアスがいる どちらもヴォルフガングとは20近く歳が離れている。 完璧主義者な性格で、学生時代は文武両道でガリ勉野郎(本人談)ながら運動神経も抜群だったと話している。 結成前は兼として活躍していた。 そんなある時にディスコでワイルドなパフォーマンスをしてマイクに歯をぶつけて歯が折れ、ディスコの支配人がヘンリエッテが歯科助手である事を知っていた為、頼まれたヘンリエッテが父の歯医者に予約を入れたことがヘンリエッテとの馴れ初め。 結成後もパフォーマーの傍ら『』などの作曲も担当した。 Dschinghis Khanでは1番のイケメンだったため、結成当初から女性からの手紙やプレゼントが数多く届いたという。 に上記のヘンリエッテと結婚するが、解散後1986年に離婚。 解散後しばらくは、ジーゲルがプロデュースするグループ "That's Life" で音楽活動を続け、には"Telefon"(直訳:電話)でユーロビジョンのドイツ予選に参加するも、最下位に終わっている。 その後はスイスに移住して生活していたが、2006年のジンギスカン再結成に際して音楽活動を再開。 06年再結成では太ったのと濃いメイクからファンすらヴォルフガングとはわからなかった程。 Dschinghis Khanで歌っているときはハモリでは低音パート(ハジなど1部はレスリーと共に中心パート)、地声の高さを生かしたソロパートの両方をこなしていた。 後年では太ったために声が少し低く太くなっている。 スティーヴ亡き後も話し合いの末にジンギスカンの再結成を続けていたが、2014年以降はパフォーマーを引退している。 それ以降はジンギスカン及び特別ゲストとしてモンゴルの祭典等に呼ばれたりロシアにも呼ばれる事があるようで、2018年にはシュテファン側と合流してDschinghis Khanを名乗り、モスクワにジンギスカンとして2005年に再結成で共演して以来の再会となるシュテファン・トラックと共に特別ゲストとして呼ばれ、ライブをこなすなど新たなジンギスカンとしての活動は今も引き続いている様子であり、2019年の40周年ライブの為にも動いている様子。 ハンガリー名はマーンドキ・ラースロー。 身長174cm 体重は公表していない。 髪色はブラウン、目の色は青緑。 話せる言語はハンガリー語、ドイツ語、英語、ロシア語。 当時はワイルドハンガリアンと称されていた。 非喫煙者。 男性メンバーの中でタバコを吸わないのはレスリーだけ。 財務省の監査役の父マーンドキ・ラズロとレストランチェーンの人事マネージャーの母マーンドキ・イローナの間に長男として生を受けた。 マーンドキ・ピーターという弟がいる。 当時学生だったロミーと結婚したが離婚、その後今の妻エヴァと結婚しララ、ガボール、ジュリアの1男2女をもうけた。 音楽の専門学校でとを学び、自らジャム Jam という名のを率いて兼として活躍。 政権の弾圧を逃れるため、にの らと共にへ渡る。 レスリー本人によれば、自由が欲しかったのもあった模様。 それ故にハンガリーに帰ることが出来なくなり、本人曰く「帰ったら処罰されるか監禁されてしまうかもしれない」と話しているが、それが落ち着いた現在では自由に故郷のハンガリーに行けるようになっている。 しかし、ジンギスカン結成前まで酒場のとして苦しい生活を送る。 もともとはになることを希望していた。 見た目(の奇妙さ)と歌もうまかったことで加入が決定し、それによりボーカル及びダンサーとして活動することとなった。 このことに当初彼は違和感を覚え懐疑的ではあったが、その後はハンガリーを題材にした『』などの作曲をするようになる。 1977年にロミーと結婚、ジンギスカン時代も同棲していたがファンによる嫌がらせもあってか途中で離婚し、後にエヴァと再婚して娘2人と息子1人、合わせて3人の子宝にも恵まれている。 同郷ハンガリー・ブダペスト出身のエディナとスティーヴ・ベンダーとは親しい間柄だった。 解散後も友人と会社経営をしながら音楽活動を続けた。 、エディナ・ポップ、スティーヴ・ベンダーとともに来日。 会社経営をしている事実を公表し話題を呼んだ。 2005年の再結成の際はスケジュールの都合(当時は議員を目指しており、テレビに映ると広報活動になってしまい、最悪逮捕されてしまう)もあり、現在存命のメンバーの中では唯一再結成後のジンギスカンへの参加を見合わせていたが、後にスティーヴの娘のメラニーによると、ラルフ・ジーゲルと共にスティーヴ・ベンダーの葬式に出席している。 今現在、Dschinghis Khanが会社の広報活動になるのを避ける為、Dschinghis Khanからは身を引いており、サイトからもレスリーの部分のみ削除された状態になっている。 だが今でも歌ったり、自身の音楽スタジオでドラムを叩いたりパーカショニストとして楽器に触れていたり、映画音楽を作ったりして音楽には触れている。 癖のあると唇の上の大きな髭がで、長髪は時折一つに結んでいることもある。 趣味および特技は。 好きな飲み物は 食事時のみ ハンガリーワイン。 ヴォルフガングとは対照的に地声は低いが、歌っているときの声は少年のように聞こえる事がある程高め。 ドイツ語を話すとエディナ同様にハンガリー訛りが強い。 シュテファンは帽子に赤色系の衣装で長い髪と髭の姿にルイの役を演じ、ダニエルはトゲトゲしたモヒカン頭に黒い衣装のやんちゃなロッカーといった見た目の人物で、エプルはオレンジ系衣装の可愛らしい紅一点の女性。 には同じメンバーでとしてデビューした。 このうちシュテファンは、メンバーとトラブル ヴォルフガングがDKOで話したシュテファンの契約破棄の理由はグループ内での役割に関して行き違いがたびたびあり、報道関係にも尊大・無礼であった。 そしてオリジナルのメンバー4人と同等の立場を要求した を起こしたために1月をもって契約破棄となり脱退した。 またダニエルともその年限りの参加となった。 には、2005年のコンサートの やがあり、シュテファン・エプル・ダニエルの記述やパフォーマンスを見ることができる。 この内シュテファンは2018年11月24日にロシアのモスクワにDschinghisKhan及び特別ゲストとして呼ばれ、2005年の再結成以降10年以上ぶりにヴォルフガング・ハイヒェルと再開している。 ザ・レガシー The Legacy のメンバー [ ] 2007年に招集された以下のメンバーは、公式サイトで『遺産』 The Legacy あるいは『ジンギスカンの遺産』 (The Legacy Of Genghis Khan と呼ばれるダンサー集団である。 ミュージカル俳優として訓練を受けた人々で、コーラスも担当する。 2016年1月にはエゲダイ、イゲイ、エルトゥヤ、ヤッサの4人がエディナ、ヘンリエッテと共にジンギスカンのメンバーとしてモスクワでのライブに参加した。 ヤスガンは途中から居なくなり、今現在はイベントなどによるのかオーラとキャッシュは居たりいなかったりしている。 演じているのは ベンヤミン・ショーベル Benjamin Schobel。 元々ルイスのポジションだったが2011年のライブツアー以降は、付け髭を外している。 イゲイ Igei 現在テレビなどに出演する際にルイスのポジションを担当している。 こちらもジンギスカンの息子という設定。 演じているのはクラウス・クプライト Claus Kupreit。 海賊のような容姿をしている。 『ロッキング・サン』を歌う際は再結成に不参加のレスリーのパートを担当する。 エルトゥヤ Eltuya 女斧使いという設定。 髪の毛を1本三つ編みにしている。 ヤスガン Yesugan 女剣士という設定。 おだんごヘア。 双剣使いのようで、両手に剣を持っている。 演じているのは アンジェリカ・ニンバッハ Angelika Nimbach。 2008年のライブツアーには参加していない。 オーラ Ohla お姫様という設定。 演じているのは ターニャ・ミューラー Tanja Mueller 、または エヴィ・ヴァイガンド Evi Weigand。 風の衣装を着ている。 現在はDschinghis Khanホームページの画像のメンバーの中にはおらず、居たりいなかったりしている。 ヤッサ Yassa モンゴルの戦士という設定。 剣を片手に持つ、髭のワイルド系で、毛の帽子や腰の飾りの他、たまにマントを羽織っていることもある。 スティーヴのパートを歌う場合もある。 演じているのは トーマス・グラバー Thomas Graeber 、または シュテファン・ゾーター Stefan Sauter。 キャッシュ Cash 危険な黒の戦士という設定。 唯一の黒人で辮髪。 演じているのは アッティラ・マリオ・ディアロ Attila Mario Diallo。 他界したスティーヴのパートを歌うことが多いが、ロッキング・サンなどレスリーパートも歌ったりする。 現在はDschinghis Khanホームページの画像メンバーには入っておらず、Ohla同様居たりいなかったりしている。 2016年以降 [ ]• エディナ• ヘンリエッテ• プリンス・イゲイ・カン(Claus Kupreit) 2007年から加入。 エゲダイ(Johannes Kupreit)2011年から加入。 エルトゥヤ・カン(Angelika Erlacher) 2016年から加入。 ディスコグラフィ [ ] ドイツのチャートでは「ジンギスカン」が1位、「めざせモスクワ」が3位、「ローレライ」が6位、「ハッチ大作戦」が7位と4曲のTOP10入り楽曲がある。 楽曲は国や地名・特定の人物をモデルにしたものが多い。 なお()内は邦題。 アルバム [ ]• Dschinghis Khan ジンギスカン、1979年 B面• Loreley• What Shall We Do with the Drunken Sailor 酔いどれ水兵• Goobye Hawaii グッバイ・ハワイ• Aladin 英雄アラジン• We Love You ウイ・ラブ・ユー• Corrida 1983年,"Bullfighting"• 7 Leben 2007年 シングル [ ] 発売日 品番 面 タイトル 備考 1979年7月 VIP-2747 A Dschinghis Khan ジンギスカン B Sahara 砂漠の国サハラ 1979年9月25日 VIP-2766 A Moskau めざせモスクワ B Rocking Sun Of Dschinghis Khan ロッキング・サン 1979年11月 VIP-2815 A Hadschi Halef Omar ハッチ大作戦 B Komm Doch Heim 家に帰って 1980年11月21日 VIPX-1544 A Machu Pichu インカ帝国(マッチュ・ピッチュ) B Rom 栄光のローマ 1981年4月1日 VIPX-1568 A Pistolero 哀愁のピストレーロ 本作から5人体制となった。 B Sierra Nevada シェラネバダ 1981年6月 VIPX-1584 A Loreley ローレライ 本作を最後に日本でのシングルリリースをしていない。 B Windjammer ウィンドジャマー• Wir sitzen alle im selben Boot 1981年• Klabautermann 妖精クラバウターマン、1982年• Der Dudelmoser アルプスのドゥーデルモーザー、1982年• Himalaja 前人未到の地ヒマラヤ、1983年• 1983年• Mexico めざせメキシコ、1985年 その他 [ ]• レスリー・マンドキとのエヴァによるデュエット曲。 『めざせモスクワ』のように、に行われたをモチーフにして制作された。 日本でもが英語と日本語でカバーした。 日本への影響 [ ] オリコン洋楽シングルチャートで1979年8月6日付から5週連続1位を獲得した。 ジンギスカンは、楽曲『ジンギスカン』の強烈なインパクトにより、後半からなどのダンスシーンでなどとともに人気を博した。 また、それにより当時のと呼ばれる若者にも多大な影響を与え、数多くの曲も生まれた。 の楽曲『』などでフレーズが引用されたこともある。 後にBerryz工房がカバーしたりもしている。 だが、いつからか日本でのDschinghis Khanはジンギスカン 羊肉 の時の曲と化してしまっている。 エディナ・ポップ、スティーヴ・ベンダー、レスリー・マンドキの3人が来日して『』に出演した(日本公演を行っていないため、この日が初来日)。 ヴォルフガング・ハイヒェルはスイスに、ヘンリエッテ・シュトローベルはマヨルカ島に移住して居た為未参加、ルイスは既に亡くなっていた為参加不可能。 この時3人は『』と『』を生で歌っている。 また、インタビューの時レスリー・マンドキは「友人と会社を経営しています」と答えていたという(を参照)。 また、2005年に『』が、いわゆる空耳ソングとして注目を集め、『もすかう』のタイトルで、ネット上で多数のが制作され、話題になった。 タモリ倶楽部の空耳アワーではDschinghisKhan、moskau、Hadschi Halef Omar の他、DschinghisKhanでのエディナのソロ曲Komm doch heimなどの空耳が紹介されていた。 関連アーティスト [ ]• Rocking Son• Ebru Kaya 出典 [ ] []• 「」に "25. 分裂後初の曲のリリース日が "6. April 2018" とある• の記事"による。 "Internationales Comeback von Dschinghis Khan", musikwoche. de 11. ,など。 (2020. 20閲覧)• ,,,)(2020. 20閲覧)• ,,)(2020. 20閲覧) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の