バッテリーが危険にさらされています。 【意外と危ない!!】バッテリー液がこぼれると・・・

「警告、あなたのパソコンが危険にさらされています。」といったアナウンスが流れたり&#

バッテリーが危険にさらされています

ワイヤレス充電(Qi)は遅い? ワイヤレスで充電するにあたり、有線接続と比較して充電されるスピードが遅いのではないかという疑問です。 これに関しては2つの点で本当です。 「わざわざワイヤレス充電器を買ってまで遅くなるなんて嫌だ!意味不明!」 という人もいるかもしれません。 もちろん置くだけで充電できるというのは十分なメリットと考える人もいるでしょう。 ではなぜワイヤレス充電の方が遅くなるのでしょうか。 エネルギーロス ワイヤレス充電の場合、ケーブル接続での充電に比べてどうしてもエネルギー効率が悪くなってしまいます。 電磁誘導を利用して電力の伝送を行う仕組み上、仕方ないことなんです。 今後このロスを抑えるための改良がされるかもしれませんが、ロスを完全になくすというのは難しいでしょう。 そう考えると早く充電することが最優先の場合は、ワイヤレス充電は向いていないことになります。 ワット数 スマートフォンには充電の際に対応しているワット数というのが存在しています。 例えばiPhone11やPixel3で受け取れるのが最大18Wとなっています。 最大18Wとは一般的に急速充電と言われているもので、ケーブルや充電器などUSB PD(SB Power Delivery)の明記がされているはずです。 iPhoneで言えばiPhone8以降でUSB PDに対応しており、専用のACアダプタやケーブル(USB Type-C-Lightning)が必要になります。 ちなみにiPhoneXSまでに付属している充電器のワット数は5Wなので、それと比べるとワイヤレス充電とほぼ同等と言えます。 この最大18Wという数字は有線接続での数字になっており、ワイヤレス充電の場合はさらに低い数字になります。 iPhone8以降• 有線接続による充電:最大18W• ワイヤレスによる充電:最大7. 5W Pixel3• 有線接続による充電:最大18W• ワイヤレスによる充電:最大10W 数字を見てわかるように、どれだけ頑張ってもワイヤレス充電では有線接続充電よりも早く充電することができないんです。 「充電が遅い」と感じる体感スピードで言えば、5Wでの充電と変わらない程度には改良されているというわけですが、相対的に見ると確実に遅いです。 余談ですが、記事執筆時点で最も充電速度が速い端末は、おそらくHuaweiのMate30 Proだと思います。 有線接続による充電:最大40W• ワイヤレスによる充電:最大27W 発熱について ワイヤレス充電を行うと端末や充電器などが発熱する現象が起きます。 電気から磁気に変換され空間を跨ぐわけですが、その際にエネルギーのロスが発生しますね。 ロスと言ってももちろん消えるわけではなく、熱に変換されたりします。 さらに通常よりもバッテリーへの負荷がかかることから、有線接続の充電よりも発熱しやすくなります。 端末の温度が高くなりすぎると、充電の出力を抑える仕組みが働く場合もあり、この点からも充電効率が悪くなります。 電源をオフにしても発熱することが多く、なかなか悩ましいところです。 速く充電をしたいならワット数を上げる必要がある反面、ワット数を上げると発熱しやすくなります。 発熱対策については機種やワイヤレス充電器にもよりますが、ヒートシンクなどを利用して物理的に冷却するのが一番効果的です。 最近はある程度改良されており、信用できるメーカーのものを選ぶだけでも発熱はある程度抑えられています。 バッテリー劣化や危険性 ワイヤレス充電を行った際のバッテリーの劣化も気になりますね。 スマホにはリチウムイオン電池が使われており、基本的にこの電池は充放電の繰り返しにより劣化します。 通常の使用範囲ではそこまで気にする必要はなく、エネルギーのロスがあるからと言って有線と無線で大きな違いはありません。 しかしリチウムイオン電池は熱により電極自体の劣化が加速します。 そういう意味では発熱しやすいワイヤレス充電は、劣化しやすいと言えますね。 危険性についても発熱が関連します。 よく聞くのは安物を使うことで充電器が溶けてしまったり、過熱による火傷などがあります。 またワイヤレス充電器に限ったことではありませんが、安全性の低いものやメーカー不明のものなど発火する可能性もあるでしょう。 電磁波の人体への影響を気にする人もいるかもしれませんが、その点も今のところ悪影響はないというデータがあります。 そもそも携帯電話を使っている時点で電磁波に晒されているので、そこまで気にしても仕方ない気がします。 おすすめのワイヤレス充電器 ワイヤレス充電器については、あまり安いものを買うべきではないというのをお伝えしました。 聞いたこともないメーカーや製品名のものは利用を控えるべきです。 ECサイトでは中国製の商品が数多く出回っているので、評価が良くてもメーカーや商品名を調べたときに十分な情報が出てこないと危険です。 そうなると既に知名度のあるAnkerやエレコムなどが選択肢に入ると思います。 その中で個人的におすすめするのが「Belkin(ベルキン)」です。 BelkinはAppleの純正付属品を製造しているフォックスコン(Apple公式の委託業社)の傘下にある企業で、Apple直営店でもベルキン製の商品は取り扱っています。 その中でワイヤレス充電器にも力を入れており、排熱機構を取り入れた7. 5Wや10Wでの充電が可能です。 メーカー保証3年間あるので、なにかあったときのサポート面でも安心です。

次の

モバイルバッテリーは危ない?リチウムイオン電池の危険性について再確認しよう

バッテリーが危険にさらされています

現在ほとんどのドローンが、エネルギー密度が高く高出力で軽量なリチウムポリマー電池をエネルギー源として、強力なブラシレスモーターのプロペラを力強く回転させて飛行しています。 飛行前にフル充電したつもりでも、バッテリーが劣化しているとスペック通りの飛行時間が得らず、思い通りのフライトができなかったり、シャッターチャンスを逃したりしかねません。 消耗する商品としては、決して安くはないドローン用バッテリー。 これを少しでも長持ちさせたいものですよね。 そこで今回は、バッテリーの正しい保管方法や長持ちさせる方法についてご紹介します。 ドローンのバッテリー管理について ドローン用のリチウムポリマー電池は、エネルギー密度が高い一方で、軽量化のため決して堅牢とはいえない構造です。 取り扱いを誤ると発火などの危険が伴うケースもあります。 保管環境や充電方法などの注意点を見てみましょう。 保管環境に注意する リチウムポリマー電池は、アルミラミネートの袋に電解質を封入したもので、トイドローンなど小型機ではそのまま単体セルで利用されています。 中型機などでは、セルをプラスティックケースにまとめてバッテリーパックとして使っています。 いずれの場合も、リチウムポリマー電池は構造が繊細なため、衝撃や水分、高熱にさらされると、故障、発火や爆発なども考えられ、正しい管理が望まれているのです。 保管は、振動や子どものイタズラなどで落下する心配のない、風通しが良く、乾燥した場所が適切とされています。 高温には特に弱いので、直射日光の当たる場所や夏場の車中は禁物です。 冬場ストーブを置く場所から遠ざけておく配慮も必要でしょう。 100 %充電状態を避ける フル充電状態での長期間保管はバッテリーの劣化を早めます。 しばらくドローンを飛ばす予定のないときは、予備電池を含めて放電しておきましょう。 アプリを利用して自動的に充電状態を調整できる便利なバッテリーもありますが、そうでない場合は、ホバリングなどで放電調整すると良いでしょう。 機体のバッテリーを長持ちさせるには? バッテリーを機体とともに日陰に置いて冷気に晒していると、予想以上にバッテリーを消費しているケースがあります。 電池の性能は低温環境下で著しく低下してしまうので、保温ケースに入れるなどの対策が必要です。 また、フライトを楽しんでいると電池の残量が少なくなっているにも関わらず、あと、もう少しと、帰還を遅らせがちですが、リチウムポリマー電池の特性上、残量が減ると急に電圧が低下します。 負荷をかけ過ぎない 行きは追い風に乗ってスイスイ目的地まで行けたのに、帰りは逆風のため電池を使いすぎ、海に落下するのを目撃したことがあります。 目的地に向け、風向きが追い風なのか、逆風なのか、風をうまくつかむこともバッテリー消費を遅らせてフライト時間を伸ばすことにつながります。 また、自動車の運転同様、急発進・急停止は禁物です。 加速や制動に余計にプロペラを回転させねばならず、電力の消費を早めるからです。 ドローンを急上昇させたり、急制動をかけたりするとプロペラの風切り音が大きくなることで実感できるのではないでしょうか。 正しく充電する 安全にリチウムポリマー電池を利用する上で大切なことは、購入したバッテリーに適合した充電器以外で充電しないことです。 純正の充電器以外で充電して故障や事故を起こした場合は、電池メーカーは何ら保証してくれません。 一日中フライトを楽しむために、何度も充電を繰り返すことが多くあります。 このとき注意したいのがバッテリー本体の温度。 飛行直後は電池の温度が上昇しているため、冷めるまで充電を待つことが大切です。 長時間のフライトには予備電池は必携。 バッテリーのローテーションを組んで無理なく運用できるので、長持ちにもつながるでしょう。 電池に番号ラベルなどを貼っておけば、均等な運用に役立ちます。 長期間の未使用は NG 当分飛行の予定がない場合、万一の液漏れ故障などを避けるために機体から取り外して保管します。 リチュウムポリマーバッテリーでも長期間放置しておくと自然放電していきます。 過放電の状態が続くと劣化して充電できなくなることがあるので、定期的なチェックがオススメです。 最低、月に一度は、操縦技術の維持向上を兼ねたバッテリーチェック飛行をしてはいかがでしょうか。 正しいバッテリー管理で安全で安心なフライトを ドローンのエネルギー源として欠かすことができないバッテリー。 使用上の注意事項を理解し、正しい充電方法や保管方法に従って管理していけば、リチウムポリマーバッテリーは決して危険なものではありません。 また、自動車の燃費同様、急の付かない安全な操縦がバッテリーの長持ちにもつながります。 正しいバッテリー管理を心がけて、安全で安心なフライトを楽しみましょう。 ドローンのビジネス活用をご検討されている方は、までお気軽にお問い合わせください。

次の

「スマホのバッテリーがウイルス感染」表示はウソ!対処方法と原因

バッテリーが危険にさらされています

手順を簡単に説明すると• 救援車を呼ぶ• ケーブルが届く位置まで、2台の車を近づける• 車内の電気機器をすべてオフにする• ボンネットを開ける• 車内の電気機器がすべてオフになっているかもう一度確認する• 救援車のエンジンをかける• アクセルを踏みエンジン回転数1500~2000を維持し、5分ほど継続する• バッテリーが上がった車のエンジンをかける(かかったらエンジンは切らない)• 救援車のエンジンを切る• だいたい、エンジンルーム内のデカいボルトに挟めばアースはとれます。 つなぎ方のポイントは、 スポンサーリンク 具体的には、ブースターケーブルのつけ方を間違えてしまうことで、バッテリーから膨大な電流が流れます。 いわゆる過電流状態になるので、ヒューズが飛んで、オーディオが故障したりします。 そして火花が散り ブースターケーブルへ引火 燃えてしまいます。。。 バッテリーはからは微量の水素が発生しているので、次に水素に引火し爆発、車の燃料であるガソリンにまで引火していく可能性もあります。 被害がどんどん大きくなると、故障どころではなく、車自体が丸焦げになり、自分の身も危険にさらされます。 それほどの危険性があると言うことを忘れずに作業しなければなりません! 大げさだと思っている人もいるでしょうが、用心するに越したことはありませんからね! 手順やつなぎ方はきちんと確認しながら、正確に行っていく必要があります。 バッテリーが上がる原因は? みなさんも、車のバッテリーが上がってしまった経験があると思いますが、一体なぜバッテリーが上がるかしていますか? バッテリーが上がるには原因がいくつかありますが、その中でも最も多い原因は、電気の使用量がバッテリーに充電された電気量を超えてしまうことなんです。 具体的に言うと• ライトや室内灯の点灯• 電装品の使用• エアコンの使用 などなど…。 これらを併用して使用することで、電力消費量が増えて、バッテリーに大きな負担をかけてしまうんですね。 そして、どんどん充電された電気が使われていき最終的にバッテリーが上がってしまうというわけなんです。 知らない方も多いと思いますが、車は走らせることで充電し、ライトがついたり、シガーソケットから電源を取ったりできるんですね。 逆に、車に乗らない状態でバッテリーを放置しておくと、自然放電という現象が起こり、これもまたバッテリー上がりの原因になります。 要は、走ると充電し、放置すると放電する。 そして、充電と放電のバランスが取れないと、バッテリーが上がる原因になるということです。 冬はバッテリーが上がる確率が高いって本当? ずばり、本当です。 バッテリーは寒いと性能が落ちてしまうからです。 どういうことかというと、バッテリー内にはバッテリー液が入っていてその液体の温度が下がることで、バッテリーの性能が落ち、結果バッテリーが上がりやすくなると言うことなんですね。 新品のバッテリーだから大丈夫!というわけではないので、注意が必要ですね。 ちなみに、気温が低くなることでエンジンオイルが固くなることも一つの原因です。 エンジンをかけるときに、より多くの電力を使うことになるので、バッテリー上がりにつながります。 バッテリーの寿命も原因? バッテリーにも寿命があるのはご存知ですよね?ただ、どのくらいか知ってる人は意外と少ないんですよね。 車の使い方によっても異なりますが、バッテリーの寿命は約2~5年と言われています。 あまり乗らない• 夜間走行が多い• 「ちょい乗り」中心 上記に上げたような乗り方をしている車のバッテリーは極端に寿命が短くなってしまい、バッテリーの交換時期が早まる場合があるので注意が必要ですね。 頻繁にバッテリーが上がってしまうようなら、それはバッテリーの交換時期かもしれませんよ! バッテリー上がり対策法 バッテリーも対策をすることで、寿命が伸びたり、バッテリーが上がりにくくなります。 ここでは、バッテリー上がりを防ぎ、快適に使うための対策方法を紹介します!• 1ヶ月に1回は車を走らせる• アクセサリ状態で電気を使わない• 定期的に点検する 1ヶ月に1回は車を走らせる 長期間乗らないと、バッテリーが自然放電してしまい、バッテリーの寿命が短くなってしまいます。 エンジンをかけるだけ、という人もいますが、それだと車の発電を司るオルタネーターがまわらず、発電量より消費電力量が多くなってしまいます。 最低でも1ヶ月に1回は、車を走行させるようにするといいですね。 ですが、約10分程度のいわゆるちょい乗りでは意味がないどころか、余計にバッテリーの劣化につながりますので、なるべく長時間走行することをおすすめします。 アクセサリ状態で電気を使わない バッテリー上がりの一番の原因です。 電気を使う一方になるので、極力避けるようにしましょう。 特にライトや室内灯のつけっぱなしには注意しましょうね! 定期的に点検する バッテリーの異常をいち早く知るためには、定期的に点検する必要があります。 自分でチェックするには、下記の3項目を見るといいでしょう。 膨らみがないか• 白い粉がついていないか• バッテリー液は規定の量が入っているか ガソリンスタンドなどでは、電圧のチェックもできますので、給油のついでにみてもらうといいですね! まとめ ブースターケーブルのつなぎ方と、故障や引火の危険性についてご理解しただけたでしょうか? つなぎ方の手順やポイントも頭に入れておいて、いざという時に役立てていただければと思います! 実際、ケーブルを繋ぐだけなので、作業自体は簡単なのですが、少しの油断がだいさんじを招く結果になるということを忘れないで下さいね! 車だけでなく、自分自身の身を守るためにも、正しい方法で、作業を行うようにしましょう!.

次の